2020年4月4日土曜日

幼児期からの宗教教育はアリ? ナシ?

 幼児期からの過剰な宗教教育は虐待と紙一重。
 テレビ禁止、マンガ禁止、ゲーム禁止、映画禁止、日曜に活動のある部活動禁止、クリスマスには同級生を3人以上連れてこないとダメ、毎週礼拝しないと地獄に堕ちる……。
 親や指導者は「子どものため」と思っているかもしれない。しかし、本当は自分の満足や安心のためなのでは? と思ってしまう。

 たとえば「同性愛は罪」と教えられ続け、そう信じて疑わなくなった子が、ある年齢になって、自身の同性愛指向に気づく。 「こんなことあってはならない。治さないといけない」と強迫的に思ってしまう。しかしどうやっても「治らない」。その葛藤の深さ。それが「子どものため」なのか。

 ちなみに一部のキリスト教会が言う「あなたはそのままで愛されている」の「そのまま」は、ヘテロであり、明るく従順であり、よく奉仕し、何の障害もなく、十分な献金で教会を支えることができる、という「正常なマジョリティの属性」が前提となっている。そうでないと「祈りが必要」「矯正が必要」と言われる。全然「そのまま」ではない。

 幼い子への徹底した宗教教育を肯定する意見として、「子ども自身が望んでいるから/喜んでいるから」というものがある。けれどそもそも、子ども自身に選択するだけの知識や判断力があるのだろうか。大人側の巧妙な(あるいは半ば強制的な)誘導はないと言えるのか。

 子どもは幼いほど親や大人を絶対視するし、間違ったことを言わないと信じている。そこに宗教教理を植え付けてから、「子どもが自ら望んでいる」というのはフェアでない。幼児のうちから行う教会学校(CS)など、よくよく注意しないと、教師側の自己満足を満たすためだけのものになってしまう。

 極端な例だけれど、JESUS CAMPの子どもたちはもはや洗脳レベルだと思う。「あんな極端なことはしない」と言うクリスチャン親もいるだろう。けれど規模の差はあれ、誘導的な宗教教育(たとえば信じないと地獄行きだ! とか)は、どこの教会でも行われてきたのではないだろうか。

 何十年か前は、日曜の部活動禁止とかクリスマスの同級生勧誘ノルマとか、当たり前に行われていた。けれど今それをやると、子どもたちが集まらないという。だから方針転換して、だいぶ緩くなった教会もあるようだ。しかしそういう態度が既に、子どもたちの意思を尊重するより、教会として頭数を揃えたい、という大人の身勝手さを表しているように思う。

 子を持つ親や、教会学校の先生がた、教会の教職者にはぜひ考えてほしい。

2020年3月31日火曜日

デマ・クリスチャンにならないために

 COVID-19の蔓延により、短期間に様々な変化が生じている。

 世界中で日毎に感染者が増え、死者が増え、ロックダウンする国や都市が増えている。日本は今のところ(2020/3/31現在)「自粛要請」にとどまっているが、今後どうなるかはわからない。そのうえ自粛による休業補償ははっきりせず、買い占めが起こり、悩み事は感染症だけではない。

 先日は「4月から東京がロックダウンされる」というデマが流れ、少なからぬ人々が混乱させられた。わたしの周囲にもいた。急いで米を買いに走った人もいる。
 混乱に更なる混乱を加えて楽しむ(?)輩がいるということだ。フェイクやデマには十分注意されたい。

 ところがクリスチャン界隈にも、この混乱を「世の終わりのしるし」とか「終末の前兆」とか言う人たちがいる。何度も言うが浅はかだ。悪質なデマを流す輩と一緒になって人々を不安に陥れてどうするのか。

 今後のワクチン開発等で、数年後にCOVID-19が終息するなり克服されるなりしたら、彼らはちゃんと訂正なり謝罪なりするのだろうか。終末騒ぎを起こすだけ起こしておいて、無事に済んだら「なかったこと」にするつもりではないだろうか。そうだとしたら「デマ・クリスチャン」と命名するしかない。

☆ ☆ ☆

 終末騒動は今までもいろいろあった。けれど何も起こらなかった。そして率先して言った人たちは、訂正や謝罪をするどころか、「神が思い直された」などと言い訳して同じこと繰り返してる。

「○○は終末のしるしだ」
↓ 何も起こらず収束

「神が思い直されたのだ」

(しばらくすると)
「△△は終末のしるしだ」

何も起こらず収束

「神が思い直されたのだ」

(しばらくすると)
「××は…(以下無限)」

 しかしそう言う人たちは、基本的にみんな「いい人」だ。個人的に接してみると悪い人は(たぶん)いない。ただみんな、教会で言われたり、周りのみんなから言われたりすることを疑わないのだ。半分くらい思考停止に陥っていると言ってもいいかもしれない。

 冷静に振り返ってみて、同じことを繰り返してるとそろそろ気づいた方がいい。

☆ ☆ ☆

 今はみんなにとって辛い時期だ。
 不安が募り、ストレスで押し潰されそうになっているかもしれない。
 だからこそ、教会は人々に安心感を与えるところであってほしい。

 なのにCOVID-19を「神からの警告」とか「神の大いなる計画のうち」とか「試練」とかと位置付けて、人々を恐れさせたり、過剰な希望を持たせたりする教会がある。立場の強い人間が講壇から「神が語られる」と言えば、誰も反論できない。どういう目的か知らないけれど、やっていることはスピリチュアル系と同じだとわきまえてほしい。

☆ ☆ ☆

 ちょっとビックリする話だけれど、「信仰があればコロナに罹らない」と主張して礼拝を通常通り行っている「正統的」キリスト教会があると聞いて、「正統って何だろう」って改めて考えさせられた。

 以下、デマ・クリスチャンにならないための注意点をいくつか。

・「神が○○と語られた」という文脈で極端なことを煽る言説(今は終末だ、備えよ、等)にはくれぐれも注意。

・今が終末かどうかは誰にもわからない。繰り返すが、誰にもわからない。だから「終末だ」と断定する輩を信用してはいけない。

・感染症に限らずだが、恐れすぎてはいけないし、楽観しすぎてもいけない。

・一つ一つの事象に「神の意思」を見出すことはできないし、すべきでもない。

・自分がはっきり確認していないこと(確認できないこと)を人の伝えてはいけない。

 では皆さん、今はできるだけ外出を控え、人との接触を控え、手洗いを励行し、咳エチケットを守り、フェイクに気をつけて、どうぞ健やかにお過ごしを。