2016年2月6日土曜日

【体験談】・牧師の信徒差別・守秘義務違反・被害妄想

 今回はいただいた体験談2つを紹介したい。できるだけ原文のまま掲載するけれど、一部編集させていただいた。当然ながら内容には触れていない。

■田中さんの体験

 私は数年前にできた某プロテスタントの教会に通っていました。
 けれどそこの牧師の無神経な言葉にいっぱい傷つけられて来ました。
 私は重大な悩みを抱えていて話を聞いてほしいのに、いつも「軽い」の一言で終わらせられてしまいます。牧師はお気に入りの信徒とばかり話しています。重い相談には乗りたくなくて、楽しい交わり(雑談)をしたいだけなんだと思います。きっと面倒なことはしたくないのです。

 私は学生をしているのですが、色々辛くて、いつも教会で愚痴を言っていました。すると先輩信徒のAさんがこうアドバイスしてくれました。
「そんなに辛いなら学校やめるのも選択の一つだね」
 すると近くにいた牧師もそれに同意して、「Aさんの言う通り。教会に来れないほど辛いならその学校は辞めるべき」と言いました。
 教会に来ることと学校を辞めることは関係ないはずなのに、なんだか「学校を辞めて教会に来い」と言われているようでした。でも学校を辞めるのは人生計画が狂うことで、教会のためにそこまで出来ないと思いました。

 決定的にその教会に行かなくなったのは、学校の試験前の大変な時に、教会に来いと言われたからです。(勉強があるので)断ったら、「教会で祝福されたらかえって成績が良くなった、という人をたくさん知ってる。それがクリスチャンだ」と言われました。もうついていけないと思いました。親しい信徒に相談すると、他にもひどい話があるのがわかりました。たとえば家族を介護しているから教会になかなか行けないという人に対して、家族にはオムツを履かせておけばいい、あなたは教会に来なさい、と言ったそうです。

 それで私が教会に行かなくなると、牧師は私に個人的にメールを送ってきて、「相談にいつでも乗るよ」と書いてきました。教会に行かなくなってからそんなこと言われても、と思いました。なぜなら相談に乗ってほしくて何度も話しかけたのに、牧師は別の人との「交わり」に夢中で、私に時間を割いてくれたことなどなかったからです。

 そのくせ、牧師は公には綺麗ごとばかり言うのです。
「人間関係がこじれることが教会の中でもありますが、教会は『主に対して個々が応答する場』であって、主が行われていることに人間的要素を混入させて、清流のような聖さを混濁させてはいけません」

 確かにそうかもしれません。でも私は現実として教会の人の言葉に傷ついてきたのです。

■はるさんの体験

 私の通っていた教会は単立でした。
 牧師は頑固で人の意見を聞かず、自分の意見を押し通す人でした。

 私は幼い頃の虐待が原因でパニック障害と摂食障害を患っています。その事も言いたくは無かったのですが、言わないと悪霊の足場になると言われ、仕方なく話しました。しかし話したら、「自分だけが辛いわけじゃないからね、みんな辛いから」と言われ、何だかなと思いつつ疑問を持たずに通っていました。
 心療内科に通っていると話すと、医者は駄目と言われ、服用している薬は飲むなと言われました。そして摂食障害になる人の気が知れないとも言われました。
 挙句の果てには、心療内科に通っていることを皆にバラされました。そしてある信徒から「心療内科に通ったりなんかしたら頭がおかしくなるだけだ」と2時間に渡って叱責されました。
 それから体調を崩し、不眠症になり、摂食障害がより酷くなりました。
 人を責めたてるのが教会なんだろうか、と今も疑問に思います。

 また牧師は日頃から、自分の意見の賛同者でなければ他の教会に行けばいい、とよく言っていました。
 教会を出ていった人は牧師や信徒を見ているからいけない、神様だけ見ていたら教会に来れるはずだ、と言いました。
 献金額が多い信徒、牧師を褒める信徒を贔屓にしていました。

 他にもたくさんのことを言っていました。
 バチカンは悪の巣窟だ。ローマ法王はNWOを企んでいる。
 世界はイルミナティとフリーメーソンが操る世界だ。
 日本は駄目な国だ、韓国やアメリカは素晴らしい。
 レディ・ガガは悪魔崇拝者だ。
 音楽や映画は悪霊の支配下にあり、サブリミナルで操られてしまう。
 焼香を拒否するのは当然だ。
 ハリウッドは悪魔崇拝者の集まりだ。
 医者より祈りだ。
 日本は気象兵器で狙われている。東日本大震災は人工地震だった。・・・

 テレビも悪だと言っていて、牧師の家にはテレビはありませんでした。
 いろんな事がおかしいと気づき、最近は教会を休んでいます。体調が良くなったら転会したいと言おうと思っています。

■感想を少し

 前半の田中さんの体験は、牧師による差別の典型的なものだと思う。こういう差別は、残念ながら少なくない。似たような話をイロイロ聞いてきたし、実際そういう現場も見てきた。けっこうあからさまな差別を平気でする牧師もいる。

 もちろん牧師も人間である以上、相性の合わない信徒の存在は避けられない。けれどそこには最低限のモラルがあるはずで、可能なかぎり公平・平等に配慮するのが、対人援助職としてあるべき姿だ。つまり個人的感情がどうであれ、仕事として割り切って接するのが「プロ」なのである。
 逆に言うと、苦手な相手にどう接するか、という点にその人の本質が現れる。だから差別を平気でする人間はその程度の人格しか持ち合わせていないということだ。たとえ「霊的」であったとしても、何かの能力に秀でていたとしても、キリストの愛を実践できる人間ではない。

 後半のはるさんの体験談に出てくる牧師は、明らかに守秘義務違反をしているうえ、精神疾患かと疑うくらいの被害妄想を持っている。

 もちろん牧師職には明文化された守秘義務はないけれど、対人援助を基本とする以上、それに準じた扱いをされるのが妥当だと私は思う。
 それに、守秘義務違反ウンヌンを言う以前に、相手が愛すべき信徒であるなら、その秘密を簡単に漏らすことなどできないはずだ。相手を愛していればいるほど、その秘密の取り扱いには注意が向くのではないだろうか。だからそういう注意が全然向かないということは、相手を全然愛していないということなんだと私は思う。

 またこの人の被害妄想には本当にすごいの一言である。イルミナティとかフリーメーソンとか出てくると、私の感覚としてはすでに「末期」である。たぶん自分でも何を言っているのかわかっていないのであろう。わかっていて言っているとしたら、そっちの方が深刻だけれど。

12 件のコメント:

  1. ・聖日礼拝厳守を強制する
    ・医療や焼香を拒否する
    ・情報遮断
    ・守秘義務違反
    ・韓国礼賛

    いずれもカルト化した新興宗教系プロテスタントによくあることです。
    キリスト教の知識がある人なら「数年前にできた」とか「単立」ときくと、「あ、それは新興宗教だ。怪しいところが多いから近づかないほうがいいな。」とわかるのですが・・・

    田中さんのような学生さんにはカトリックはお勧めするでしょうが、プロテスタントをお勧めすることにはどうしても消極的にならざるをえません。卒業後の就職先や海外転勤の可能性までかんがみると、プロテスタントで、しかも数年前に開業したばかりの新興宗教系の教会をおすすめしますという人は一人もいないといってもいいと思います。

    はるさんの体験談にある教会は、新興宗教系プロテスタントの聖職者(単立ですので教祖といったほうがいいのかもしれませんが)によくいる電波系基地外でしょう(笑)。オカルト雑誌をよく見ており、おかしな陰謀論を真剣に信じているのも、こういった新興宗教系プロテスタントに多いと思います。

    返信削除
  2. 守秘義務違反、とは厳密には違うだろうけど、
    似たような事例を。

    去年のクリスマスに久々に礼拝に出たのですが、
    所属教会ではなくて、そうでないリベラルの教団の。
    洗礼式があって、そのコトが週報に書かれていたのですが、

    受洗者の名前、住所、電話番号が堂々と載っていたのです。

    つまり、よそ者の私でも、見られる個人情報というコトで。

    私は、教会の週報を廃棄するとき、誕生日のお祈りの欄に人名が載っていたら、シュレッダーにかけるくらいなのですが、
    正直、名前が載っているだけでも人目にふれるし、そのまま週報を生ゴミの袋につめていいのかと思ってしまうのに。

    住所、電話番号!いやー、キリスト教会って怖い怖い藁

    しかもそれ、どの教会でも起きる恐れがあるし。
    大丈夫大丈夫、って、大丈夫ではないから。

    せめてこの文を読んだひとは気にしてほしいと、私は思います。

    返信削除
  3. 私たちの教会はとても閉鎖的でどこの教会に行くのも牧師に許可を入れなければならないルールがあった。何故かと訪ねたら「霊が混ざるから」(おかしな霊がはいる)と牧師にいわれた。真面目にどこにもいかなくなったが、これってマインドコントロールじゃね?って後になって怖いコトだなと判断出来るよーになった。よその教会のことを霊がおかしいって言える牧師もそうそういない。

    返信削除
    返信
    1. どこかに行くにも許可が必要とは、まるで北朝鮮そのものですね。たぶん他に行くことによって、自分たちにとって不利な情報が入るのを非常に恐れているからではないかと思われますが。

      削除
    2. 今では ホントそーだと思っています。情報を遮断するためだったと思われます。カルト化とマインドコントロールの特徴だと気づきました。

      削除
  4. 韓国経由のT訓練学校があるが、そこは聖書的霊的訓練学校と題しておきながら、その学びDVDを他に漏らしてはいけないらしい。良いことであれば他のクリスチャンにもシェアするべきだと思うのだが、それを知らない生徒(信徒)が他のクリスチャンに見せたらしく、こっぴどく牧師に怒られていた。「T訓練学校に泥をぬったんですよ」的な。で、牧師がみんな生徒に警告してた。どうやら教えDVDだけがひとり歩きするらしい。だから貸したり見せたりするなということだった。なんだかなークリスチャンが守秘って全世界に広げないんか?って突っ込みたくなったよ。やってること言ってることカルト的ってきっと当の牧師本人達が気づいてないのよね、きっと。

    返信削除
    返信
    1. T訓練学校の学びDVDを他の人に貸与したり、見せたりするとこっぴどく怒るのは、たぶんそのDVDをコピーされたら、自分たちの儲けが減るからではないでしょうかね(笑)。
      そのDVDの販売代理店にでもなっているのではないかと思いますよ。そりゃあ買った人が「私のがあるからそれを使えばいいよ」と誰かに渡せば、渡された人は絶対にDVDを買うことがありませんからね。本当なら二人に売って二人分の収益が得られるところなのに、一人分の収益しか入ってこないではありませんか!
      あっちが怒り狂うのは当たり前のことですよ。誰だって腹を立てるでしょう。だっておあしがからんでいるのですからね。

      削除
    2. 教会なのに福音や伝道よりもお金ですか?ビジネスと変わらないじゃん。神の宮でビジネスみたいだな。ちょっとびっくり。今思えば、お金で霊的なものを手に入れようとしてたんだからどっちもどっちかな。そんな事知らずにはいったんだけども 後の祭り。(ヽ´ω`)トホホ・・

      削除
    3. そうなんですよ。
      「神殿で商売をしている」それが!キリスト教会です。
      イエスの言葉・行動を織り交ぜながら、旧約の律法を織り交ぜながら、
      それをネタにして金儲けをする。それがキリスト教です。
      だからイエスは「目を覚ましていなさい」と言われたのです。

      削除
    4. 忘れてはならないことは、その教会が新興宗教系プロテスタントであるということなのですよ。
      「ビジネスと変わらない」・・・一般のお寺と創価学会の会館を混同していませんか?

      昭和三十年代だったか、立正佼成会が問題を起こしたことがあったようで、そのときに衆議院予算委員会の席で、社会党の某代議士がこう発言したのだそうですよ。
      「新興宗教は一種の企業である」

      私達はこのセリフを常に心にとめておかなくてはならないと思うのですね。新興宗教系の宗教団体は、仏教だろうがキリスト教だろうが、
      「一種の企業である」以上、「ビジネスと変わらない」ではなく「ビジネスでやっている」ということなのです。

      削除
    5. 「新興宗教系プロテスタント」というと、どこの教団や福音派聖霊派でも、

      それはモルモン教とかものみの塔とか統一家庭連合とかでしょう。
      私たちは違いますからwww

      とすっとぼけるので、ハッキリ書きましょう。
      2chで検索すればいいのですよ、とかは甘い甘い。

      削除
    6. 福音派や聖霊派では「新興宗教系プロテスタント」というと、「それはモルモン・・・違いますからwww」とすっとぼけるのですか。敵もさるものひっかくものです。
      そういえば統一教会なんかは「あなた方は統一教会ですよね?」と聞くと、必ずと言っていいほどすっとぼけると聞いています。
      新興宗教系プロテスタントは、統一教会と似ているとよく指摘されていますが、教義的な方面だけではなく卑怯者ですっとぼける方面も似ているのですか。これは驚いた。

      削除