2015年6月28日日曜日

カルト被害者の回復を阻むもの

「脱カルトの経験がなく、カルトを擁護するのでもなく、カルトも脱カルトも客観的に観察して学びたい」という人がいる。
 学んでどうするんだと思うけれど、まあそこは個人の自由だから何も言わない。しかし「客観的に観察して学びたい」という点はちょっと気になる。

 客観性の問題だけれど、カルト側にも脱カルト側にも客観性など期待できないし、期待するべきでもない。と私は思う。

 カルト側には特に何も期待できない。その問題点はここでいつも書いているけれど、彼らは聖書も神も信徒も都合よく利用する。聖書の言葉から都合のいい部分だけ抜き出し、都合よく解釈し、都合よく信徒らに押し付ける。たとえ反対されても「神様にそう語られたんだから仕方がない」で済ませる。「霊的」という言葉ですべてをウヤムヤにする。
 つまり自分たちは完全に「正しい」のであって、一切の反対を受け入れない。どんなに「客観的な」証拠を突きつけても無駄だ。たとえ法的に罰せられても「悪魔の策略だ」とか言ってとことん自己正当化する。
 だからカルトに客観性など期待できない。彼らが言う「客観性」は都合のいい彼ら自身の主観でしかない。

 それを糾弾する脱カルト側も、客観性を持つのは難しい。
 そもそも彼らが被害者であることを忘れてはならない。そして被害者心理は同じ被害者かそれに近しい人間にしかわからない。
 彼らが自分の被害について語るのはすごく大変なことだ。そして語ることができたとしても、その話に何かしらの客観性を求めるのは難しい。彼らにとって優先されるのは被害について語ることでなく、回復することだからだ。

 たとえばレイプ被害者がやっと重い口を開いて、被害についてポツポツと話してくれたとする。聞いたあなたは、どんな状況だったのかもっと詳しく話せとか、その話の証拠はあるのかとか、事件を客観的に分析してみろとか、自分に非がなかったと言えるのかとか、そんなことが言えるだろうか。とてもじゃないが私にはできない。警察や検察ならそれをする義務があるのだろうけれど、少なくとも「観察して学びたい」だけの人間にそんなことする資格も何もない。
 そしてそれはカルト被害についても同じである。

  カルト問題の難しさの一つは、誰に相談すべきか見極めるのが難しいという点だ。
 下手に他教会の牧師に相談してしまうと、「牧師批判はやめなさい」とか「牧師だって間違いを犯すのだから許しなさい」とかと簡単に(そして無情に)言われてしまう。またカルトについて理解のないクリスチャンらは「批判してはいけません」とか「神様を見上げていれば大丈夫です」とかと能天気に言う。まるで被害者自身に非があるみたいな言いっぷりだ。

 それはいわゆるセカンドレイプ被害だ。痛めつけられた人が、助けを求めた相手から更に痛めつけられる。相手は一見、助けてくれるように見える。善意の人のように見える。しかしカルト被害について何も知らないから、適切なことが言えない。良かれと思って人を深く傷つける。そしてそのことに全然気付かない。

  カルトや脱カルトを「客観的に観察して学びたい」というのは、そういう訳で全然お呼びでないどころか、害をなす行為だと私は思う。余計なお世話でしかない。

 これを有名な「良きサマリヤ人」のたとえで言うと、カルト被害者は強盗に襲われた瀕死の人である。祭司やレビ人はそれを見て見ぬフリで通り過ぎた。 次に「客観的に観察して学びたい人」がやってきて、被害者を「客観的に観察」し、何かを「学んだ」つもりになって去っていった。その後から本物の良きサマリヤ人がやってきて、あとは聖書に書いてある通り。

 カルト・脱カルトの問題に中立的立場など存在しないと私は思う。少なくとも当時者にとってはそうだ。カルトの側に付くのか、脱カルトの側に付くのか、そこが明確になっていなければどちらにも近づけない。どちらからも受け入れられない。そしてどちらの側にも付かない立場は「中立」でなく「無関係」だ。そして無関係であるなら、無関係でしかない。
 もちろん無関係でも発言するのは自由だけれど、いったい誰が耳を貸すだろうか。

  カルト被害者に近づくのは覚悟のいることだ。本気で関わりたい、本気で助けたい、途中で投げ出さない、とことんまで付き合う、という心づもりがなければ、結果的に相手を傷つけるだけになりかねない。そこには犠牲が付き物だし、そもそもそれを犠牲と思うなら動機を見直すべきだ。それにくわえてカルトに関する知識や経験も必要で、気持ちだけではどうにもならない。

  カルト関連の掲示板など見ていると、時々無関係な人間が「きれいな正論」でセカンドレイプしていることがある。本人は良かれと思って言っているだけに複雑である。それもあってこの記事を書いてみた次第だ。

■追記

 本記事は、いただいたコメントから発想を得て書いたものだけれど、そのコメントに対する返答ではない。またそのコメントの趣旨を無視して一部抜粋したものでもない。むしろそのコメント全体から滲み出る「態度」から発想を得たものである。

■関連記事

「カルト被害者の回復方法について」

8 件のコメント:

  1. 日本中どころか世界中でカルト化した新興宗教系プロテスタントの問題があります。こういったことに関して傍観者的な態度をとるのは理解しがたいことではないかと思うのです。
    なぜならこの問題は人権問題としてとらえるべきものだからです。幼い子供がまともに食事も与えられず、毎日のように母親からひどく虐待されているとしましょう。これをみて「自分の目の前でこの幼な子が母親にまさに殺されかかっていますが、私は児童虐待を客観的に観察したいと思います」という人がいたら、それは児童虐待や幼児殺しに加担しているのと同じことになってしまいます。

    返信削除
    返信
    1. 同意です。
      それを「牧会倫理だから傍観する」という理屈に閉口したことがあります。
      牧会的判断、牧会的配慮、牧会的・・・という名の虐待がよく起こりがちに思います。

      削除
    2. 教会とは、即ち「牧場」に等しいと思います。「人間牧場」です。
      しかも「舎飼い」の羊・牛・豚扱いです。
      僅かなイエスキリストの説いた教えよりも、聖典とされている旧約の歴史書・預言書、大勢の書いた文書や、パウロの書いた文書より教説を編み出した物(パウロ教)から、都合のよい所だけを抜粋・悪用し、聖書と言う書物を崇拝対象とし(レ―マ)、何となく洋風の雰囲気で惹き付けられた人々をマインドコントロール・システムで支配し、時間とカネを自分の王国に捧げさせるために、神の名を利用して商売をしているのが、新興宗教系福音主義・カリスマ・ペンテコステの教会です。
      カルト化教会と言われている所で無くとも、似たような教会は沢山あります。
      リバイバル・弟子訓練・ディボーション(QT)等などが語られる所がそうです。

      削除
    3. 「牧会倫理だから傍観する」というより、「ひとの仕事にはケチをつけられないのが業界の不文律になっていまして・・・」が本当のところでしょう。また献金トラブルを筆頭に様々な問題を起こす聖職者は、必ずといっていいほど人格障害者ですので、この手の人間とはかかわりをもちたくないという事情もあります。
      現実におかしいことをおかしいという人もいますが、こういう人は業界の中では完全に浮いてしまって、ときには嫌がらせをされることもあるくらいなのです。あの業界は一般社会とは完全に感覚があべこべになってしまっていまして、一般社会ではおかしいといわれていることが正常とされています。つまり一般社会の感覚では生きていけない場所といえましょう。新興宗教系のプロテスタントの問題は、宗教を信じていない人に相談したほうがいいと思います。宗教を信じていない人は正常ですので、非常に示唆に富んだアドバイスをしてもらえるでしょう。

      削除
    4. 健全な批判をしようとすると「人のアラを探すのはよくない」「良い面を見ましょう」
      「牧師も神父も人間」と 洗脳された信者はいう。
      よってトップと取り巻きにモノが言えない空間ができている。

      そんな空間に献金! もったいないことです。
      自分が居心地がいい空間であるからこそ 神に救われてる実感があるからこそ
      この教えを広めるために教会を維持しようと献金するのです。

      なのに現実は・・教会にもやもやしているのに・・教会活動していても幸せでないのに違いますよね。
      消費税値上げや子育て費用が生活圧迫する中 無理して献金する必要もないっす。でもしないと罪悪感。 その罪悪感を感じること自体が洗脳されてるってことですよね。 

      教会活動にシアワセとやりがいをかんじている熱心信者牧師取り巻きだけ 金をはらえばいいことだ。

      削除
    5. 本当にひどいですね。そんなときは献金を止めてみましょう。きっと「什一しないのは神のものを盗んでいる!」とか向こうは「健全な批判」をいってくるでしょう。そんなときはこういったらいいのですよ。もちろん洗脳されきった目で(笑)
      「人のアラを探すのはよくない」「良い面を見ましょう」「信者も人間」

      削除
    6. もう既に止めています!
      さあ!どう出てくるか?見ものです!

      削除
  2. 被害に遭った方や、身近に支えている人がどう感じ、
    必死に過ごしておられるか。

    そういったことに心を配ることなく、
    野次馬根性で事例を見聞きする。
    そして、個人的な好奇心を満たすだけの人が
    世の中に存在する。
    それはそれで社会の厳然たる事実だ、と
    私の知性は私を説得しようとしましたが、、、


    カルト教会やらDVで、実際に時間や人間関係、
    大切な自分のものを損なわれた経験がある
    いち個人としては、
    けったくそ悪い話ですわ。はっきり言って。

    自らは、関わるわけでもなく、
    何かしらの援助なり啓蒙なりをするでもなく
    安全な場所からの物見遊山ですか?と
    辟易としました。

    な~にが客観的に、だ。

    カルト教会の経験を言語化してもなかなか
    理解されず、
    カルト教会のリーダーからの具体的なメールの文面を、
    他教会のクリスチャンの友人に見てもらいました。

    そしてようやく、そこから出たほうが良いと理解してもらえました。

    ブログ主さんが、証拠を残していると言っておられたのは、私は賛成です。

    返信削除