2015年6月22日月曜日

カルト被害者の回復方法について

 カルト化教会かそれに類似した教会で、何らかの被害に遭った人々がいる。
 その被害を一言で言えば「信仰的虐待」と表現されるのだろうけれど、内訳は暴言や暴力、性的虐待や金銭搾取、不当労働、非常識な行為の強要など様々だ。またその程度もイロイロで、中にはひどい後遺障害を抱える人もいる。もちろんそこまでいかない人もいる。
 だから「カルト化教会の被害者」と一口に言っても被害状況はイロイロで、同じ教会であっても皆違う。問題教会から離れてすぐ別の教会に通えるようになる人もいれば、しばらく距離を置かないとならない人もいる。だから何らかの回復が必要なのは皆同じだけれど、回復の仕方は皆違う。
 という前提のもと、そういう被害者らがどのように回復していくのか、あるいは回復していけるのか、今回は書いてみたい。
 これから書くのは私自身や知り合いが実際に通った(そして今も通っている)回復のプロセスや方法であって、カルト被害者全員に当てはまる訳ではないと思う。またこれが最善とも思っていない。むしろ本当にこれで良かったのか、他になかったのか、と今も考えてばかりいる(でも結局、他に何もなかったという結論に辿り着くのだけれど)。だから何かを強く勧めることはできないし、参考程度に紹介することしかできない。
 また、カルト被害の結果として何らかの精神症状に苦しんでいる方は、心療内科などの専門機関を受診するべきだと私は考えている。素人考えで対処できるものではないし、精神論や根性論、中途半端な「牧会カウンセリング」等で悪化させることがあってはならないからだ。

 前置きが長くなったけれど、カルト化教会被害者の回復方法について書く。
 
・まずは離れる
 
 回復の第一のステップは、とにもかくにもそこから離れることだと思う。問題の場所から、物理的にも精神的にもある程度距離を取る必要がある。
 
 虐待の現場にいる限り虐待は続く。だから虐待に気づいた被害者(虐待と気づかない人々はそれを「訓練」とか「信仰」とかと思っている)は、それを拒絶するのであれば、脱会なり転会なりすることになる。
 ある人にとってそれは決死の脱出になるかもしれない。多くの痛みを伴う別離になるかもしれない。そうでなくても脱会自体エネルギーが必要で、ストレスの大きい作業だ。周囲の人々の協力がどうしても必要な場合もある(自分一人では脱会までいけないケースもある)。

・環境を変える

 これは上記の脱会も含むけれど、もう少し大きな視点で自分自身の環境を変えることだ。
 たとえば、脱会したけれど教会そのものが近所にある、という場合がある。その場合、どうしても教会が目に入るし、教会の記憶がよみがえるし、たぶん牧師本人に会う羽目にもなる。場合によってそれは非常に危険なことかもしれない。

 その場合は、思いきって引っ越すのが有効だと思う。住まいを変えることで住環境がガラリと変わり、今までのシガラミが途切れることで、心身に変化が現れるのは普通に想像できるだろう。

 もちろん仕事や学校の関係で、そう簡単に引っ越しなどできない人もいるだろう。費用だってかかる。けれど被害状況によっては、なんとしても引っ越さねばならないという状況があるのも事実だ。
 ちなみに私が知っているあるケースでは、信徒の大半が引っ越してその地域を離れていった。

 また引っ越す必要がない場合でも、何らかの小さな変化が良い効果をもたらすことがある。たとえば部屋のレイアウトを変えてみるとか、服装や髪形を変えてみるとか、通勤方法やルートを変えてみるとか、そういうことでけっこう心境は変化する。

「教会スタッフ」みたいな立場で教会に入り浸りだった人は、普通に働くだけでも大きな変化を体験するだろう。ブラックでなければ何でもいいと思うけれど、ちゃんと時間で区切られたまっとうな仕事を毎日するだけで、その人の環境は大きく変わる。毎日労働で疲れて、教会のことなど考える暇がない、という状況なら尚更いい。

・べつの教会に行ってみる

 これは被害者全員に勧められることではない。中にはしばらく教会に行かない方がいい人がいるからだ。
 けれどそこまで被害が大きくなく、信仰を捨てた訳でもなく、むしろ礼拝だけは続けたいと思っている人は、べつの教会に行ってみるのがいい。一つの教会に決めるのが不安だという人は、複数の教会に行ってみたらいい。またすぐに次の教会を決めなくてもいいと思う。

 カルト化教会は複数あるし、それに類似した教会も多い。以前書いたことがあるけれど、脱会したカルト被害者が次の教会を探して、また新たなカルト化教会を選んでしまうというのがある。だから次の教会選びはかなり慎重にした方がいい。そのためにはじっくり時間をかける必要もある。もちろん完璧な教会などないけれど。

・アウトプットする

 これは被害体験を表出させることだ。
 私の場合このブログが表出方法なのだけれど、べつに書くだけが全てではない。人によっては話すこともそうだし、被害者の会みたいなところで皆に話を聞いてもらうのもそうだ。親しい人に手紙で状況を書いてもいいし、誰にも見せない日記に書くのもいいだろう。

 いずれにせよ思いのたけを言語化することで、脳内の情報整理を進めることができる。モヤモヤ考えているうちは心に雲がかかった状態なのだけれど、それを言語化することでカテゴライズされ、客観的に見られるようになっていく。すると問題から一定の距離を置くことができて、結果的に心の負荷が減っていく。
 もちろん一朝一夕にそうなるのではない。じっくりコツコツ表出していく必要があるだろう。

・運動をする

 これは私個人の話だけれど、教会を離れた後、ある程度時間ができた。それまで教会奉仕で自分の時間が全然なかったのだ。
 それでどうしたかと言うと、なんとなくランニングを始めた。運動不足だったし、教会時代に若干健康を害していたからだ。それにもともと走るのが好きだった。
 それで走る始めると、最初はきつかったけれど、次第に体調が良くなっていった。続けることでより長く走れるようになった。体力も戻ったし、仕事も楽になった。夜も眠れるようになった。
 結果、教会のことをあれこれ考える時間が減ったし、あまり気にならなくなった。

 やはり心と体はつながっていて、体の状態が良くなると、心もその影響を受けるようだ。

 もちろんこれは私のケースであって、ランニングが絶対的に良いという話ではない。人それぞれにリフレッシュ法があるだろうし、その中には運動もあるだろう、というだけの話だ。中には運動できない人もいる。
 要は心身のバランスを取ることだろう。心ばかり使うと、人によっては鬱っぽくなる。体も適度に使ったほうがいい。

・最後に

 積極的な方法ではないけれど、回復にとって「時間」は大切な要因だと思う。何でも時間が経つことで風化していくからだ。次第に忘れていくし、気にならなくなっていく。
 もちろんそれは被害の度合いにもよる。中には何年経ってもいっこうに忘れられないほどの大きな被害もある。けれどそこまでの被害なら、専門的な援助が必要になるだろうから、ここに書いてあるようなことは初めから何の役にも立たない。

 今回復の過程にある人、あるいはこれから回復を要する人にとって、この記事が何かの参考になればと願ってやまない。
 また他に有効な回復方法をご存知の方がいるなら、是非共有していただきたいと思う。

・追記(2015.6.23)

 さっそく有効な回復方法についてコメントを匿名にていただいたので、紹介したい。
 以下、匿名様からのコメント。

 今まで出来なかった自分磨きをしたよ。
 ジムに行って、美味しいもの食べて買い物行って、今まで教会と奉仕三昧で、出来なかったことしてみた。barでお酒も飲んだ。訓練学校の教科書も全部処分して、預言のテープも処分して、ありとあらゆるメッセージのCD処分して、聖書以外の教会にまつわるもの家から排除した。いろんな友達とご飯たべて、なんだか昔の自分に戻ったような気がした。そしたら、私にしかできないこと少しだけ見えてきた。(匿名)

※ちなみに一つだけ書いておくと、預言テープやCD、映像の類は、私はすべて保管している。どんなバカなことが行われていたか、どんな逸脱があったかを検証する為だ。またいつか証拠として提出する必要があるかもしれない、とも考えている。
 匿名様ありがとうございました。

19 件のコメント:

  1. カルトかな?と思っても「いつくしみ深き」とかポピュラーな賛美歌を歌う教会だと、いや普通かなと思ってしまうんですよね。そこが難しくてズルズルと居続けてしまう。
    牧師の神格化、十一献金の強要、奉仕の強要、信徒間の密告のしあいなどあったら、すぐに距離を置くべきでしょう。いや、離れてしまうべきです。

    返信削除
  2. 今まで出来なかった 自分磨きをしたよ。ジムに行って、美味しいもの食べて買い物行って、今まで 教会と奉仕三昧で、出来なかったことしてみた。barでお酒も飲んだ。訓練学校の教科書も全部処分して、預言のテープも処分して、ありとあらゆるメッセージのCD処分して、聖書以外の教会にまつわるもの家から排除した。 いろんな友達とご飯たべて、なんだか昔の自分に戻ったような気がした。そしたら、私にしかできないこと 少しだけ見えてきた。

    返信削除
    返信
    1. 匿名様
      コメントありがとうございます。

      その通りですね。それらもとても大切なことだと思います。
      本記事中に、追記として掲載させていただきました。
      ありがとうございます。

      削除
  3. 本来キリスト教って、人(個)を生かすもののはず。
    大切な君とか、君は愛されるため生まれたんだとか、一人一人がかけがえのない存在である事を説かれているのが、本来のキリスト教のはず。
    それが、人(個)を殺し(精神的な意味で)、多数に埋没させ、牧場の家畜のように管理する。
    個々人の信仰生活を教会に合わせようとし、精神的に、または奉仕と言う名の名目を持って肉体的に支配する。
    これこそカルト化教会と言われる、教会成長ー繁栄の神学ー弟子訓練ーリバイバルムーブメントーメガチャーチ・・etc・・の流れにある教会のマインドコントロールシステムであって、完全にイエスの言われる教えからは遠い存在ではないでしょうか。

    おかしな事に捉われ、騙されていたのですから、人間の教えを捨てて「自分の頭でよーく考えて」、本来の「自分」を取り戻すべきと思います。

    返信削除
  4. >・運動をする

    運動はいい、運動は。

    つかカルト韓流ペンテコ福音派の信徒の子どもが最初に背負う試練は、

    中学校の部活、それも体育会や吹奏楽部に入りたいのを、どう親に納得させるか、だから。

    体育会入れば、教会学校や礼拝なんか部活で消える、
    それを神の名前や地獄絵見せて、または無しでも信仰を強要する親にどう対峙するか、
    克服せよ、納得させよ、
    それができなくても、泣かれようがにらまれようが、無視されようが、
    なんなら力を使ってでもいい、
    事実上黙認でもさせれば、その子は将来も一応安心と言えるのである。
    ほかでもない学校の体育会ならいいじゃないか、学校からも一般社会からも認められている。
    BBAのブログを読まなくても、
    体育会の実績を持ってるオトコを姉妹方は結婚相手に選ぶわけだし。

    だからやりたいスポーツがあったら、いまからでも取り組むといい。

    運チなら、それを受け入れて、別の道を歩むだけである。

    返信削除
  5. 唐突ですが、月約献金は皆さんどのくらいされていますか。
    1割は無理としても、1万円はと思ってきましたが出費の多い中、それでも趣味や娯楽に回せずにきつい状態です。5000円でも十分ではないかと思いますが不信仰者でしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 其の人ができる金額で十分ではないかと思いますよ。献金額は信仰心の多寡とは何の関係もありません。だいいち神様は金銭の多寡で人間に対する愛情を変えるなどというケツの穴の小さい存在ではありませんのでね。
      神様は私たちに貧乏暮らしをしろとは教えていないではありませんか。もちろん趣味や娯楽を一切楽しむなとも教えていませんよ。どうぞ世間に対して恥ずかしくない生活レベルをずっと続けていってください。もちろん人並みに海外旅行やグルメやショッピングも楽しんでくださいよ。
      もしご家族をおもちでしたら、幼稚園や小学校のお受験に毎月多大な塾の費用をかけてくださっても全然OKですし、子供が私立の医学部に行くから献金なんてやっていられません!と大声で宣言しても神様のばちが当たることなんてありません。宗教なんて家族の前には二の次三の次どころか、一番後回しにすべきものなのですよ。
      神様は自分があずかり知らない宗教法人のために、あなたが貧乏こくのを絶対に望んでいません。金光教の神様だってこんなことをいっています。「ひもじい思いをして神を信じても神は喜ばない」
      キリスト教の神様もこのあたりは同じなのです。金光教の天地金乃神が喜ばないことは、やはりキリスト教の神様だって喜ばないのです。安心して五千円でも三千円でも千円でも、そのときの懐具合でお決めくださいね。それで何か文句を言われるのであれば、さっさとその教会は捨ててしまいなさい。宗教法人なんて人間が勝手に作ったもので、神様にとってはあずかり知らぬもので、こんなもの加入していてもしていなくても、神様からみれば一緒です。加入していない人であっても加入している人であっても、みんな同じようにかわいいのですからね。

      削除
    2. 返信ありがとうございます。教会では「働いている人は、席上献金に小銭入れないで紙幣を入れなさい」「現金に貯金箱を置いておいて小銭が出たら入れ、貯まったら貯金箱ごと献金しなさい」と言われます。その他に感謝献金もあるので、月平均は2万位になります。ですからせめて月約献金は5000円でいいかなと思いました。しかし、よく考えたら金額で神様が喜ばれるかどうかなんてことありませんよね。ありがとうございます。

      削除
    3. 訂正します

      誤 現金に貯金箱を置いて
      正 玄関に貯金箱を置いて

      それにしても教会員が少ないので(10家族ほど)牧師家族を支えるのは大変です。50家族位いないと無理ではないでしょうか。

      削除
    4. 教会につらなる人が少ないなら、牧師は平日になんらかの仕事をすべきでは?と感じます。集会の献金にたよるのに執着するならいわゆる依存ですわ。
      もし献金するなら自分の生活に悪い影響がでない範囲にしてほしいと思います。
      「献金」については、いい思いはしていません。私の通う教会の支出状況で牧師の給与だけならいいと思いますがそれに加え活動費や自宅の水道料等が払われています。活動費は第2の給与じゃないのと考えますよ。献金をしていくなら、きちんと教会の収支を知ることも重要ですよ。もし教会側が収支について開示しないなら、その教会には通わない方がよいのではないでしょうか。

      削除
    5. 出家している人ならともかく家庭もちなわけですよね?それなら最低でも50家族はいないとやはり支えていくのは無理がありますよ。たった10家族でなにもかもやらなくてはならないというのであれば、確かにその教会は守銭奴にならざるをえませんよね。
      たまったら貯金箱ごと献金しろとか感謝献金とか、明らかにぼったくりがひどすぎますよ。イスラムの聖職者が平日は毎日額に汗して働いて、信者の献金で生活するということを絶対にしていないのを思い出してくださいな。
      その聖職者夫婦には新聞の求人欄や職安の案内をつきつけて、「まず夫婦とも介護でもよいとまけでもいいからまともに職につけ!」と怒鳴りつけることです。一万円を稼ぐのにどれだけしんどい思いをして働かなければならないかを身を以て知るのは、ああいう人たちにとっていい薬になりますからね。
      まあ現実問題としてそんなことをするのはやはり難しいでしょうから、その教会からは離れなさいというのが、こちらでできる最良のアドバイスですよ。月約献金が三千円で席上も百円とかせいぜいしても五百円くらいで、もちろん感謝献金なんてものも要求されない教会が世の中にいくらでもありますよ。
      今の時代一寸先は闇で、先の見通しがなかなかたてられない状況になっています。景気は回復したとマスコミは報道していますが、タクシーの運転手に本当のところはどうなのかな?と聞いてみてください。「いやーお客さん、バブル期のような忙しさですよ」という返事は決して返ってこないと思いますよ。
      そんな中でなんのかんのいっても毎月二万円もふっとんでいく教会にこのまま通い続けていくとどうなるのかな?と冷静に考えてみるべきではないでしょうか。今すぐシミュレーションを作成してみてください。毎月最低でも二万円、もしあちらの子供たちが海外の私立学校にお留学しそうなら教育献金、また自分の失職や減収のリスク等も盛り込んで。作成すれば自分の資産状況がどうなるのかがわかってくると思いますよ。

      削除
  6. ある程度の経験者として言わせて頂きます。
    「神への献金」と言う名目で経済を縛り付け、自分や家族の生活・学業・趣味等などを制限し、
    「神の喜ばれる生活を」と言う名目で生活を縛り付け、自分や家族の自由を奪う。
     教会と言う所は、そう言う場所です。
    宗教に拘ると、洗脳されて目が覚めなくなってしまいます。
    自分と言う存在がどれだけ貴重なものか。

    あらゆる動植物の中で、人間とはどれだけこの地球上で責任と自由で、管理する事を任されているのか。

    キリスト教世界の行ってきた事は、外国に侵略して行って、植民地化した人たちを奴隷化したり殺戮したり、尊大な行動によって罪のない大勢の人たちを抹殺し、経済動物と称し牛・羊・鶏等を平気で殺戮し、もちろん今では我々もその恩恵にあずかっている訳ですが、一方でクジラがどうのとか、訳のわからない論法で日本を叩く。
    自己中心の世界です。自分たちが正しいと。

    私たちは目を覚まして、欧米や韓国から来る教理に気をつけて、出来れば教会からは離れるのが良いと思います。
    日本人は無意識のうちに、そうしたキリスト教の背景を知ってか知らずか。
    キリスト教人口が極端に少ないのは、我々が優秀だからではないでしょうか?

    返信削除
  7. カルト化した教会は表ではイエスの愛を語るが、裏は抑圧、欲にまみれ、排他的で、また牧師はなにかにつけ権威を振り回す。
    疲れ果て「教会」を離れた私が今思いかえすだけでも苦しいけど、心の整理は時間がかかる。

    返信削除
  8. 約束献金といって、5万,10万円献金 今思い出しても 頭にくるぜ。
    二回もその手にのってしまったよ。沖縄の泡瀬教会で。いったい 何を約束したんだろー・・・・((>ω<。))

    返信削除
    返信
    1. 約束献金って、「一年間に私はこれだけ捧げます」って約束をして、教会はそれをもとに一年間の予算を建てたりするものですよね。
      5万円ってことは、月に4000円ちょっとかな・・
      それとも、違う目的で約束献金を募ることもあるのでしょうか。

      削除
    2. ただの聖会で韓国からきた牧師に献金に金額の五万か十万の2社択一があるんだよ。年間をとおしてではなく、自分の教会には別で十一献金感謝献金快堂設立のための献金してたんだよ。十一・感謝・快堂設立とはべつで。一回の給料まるごと持っていかれるか、貯金をくずすかってところだ。だいいち、神様が金額指定するか?今 考えても、こんな詐欺っぽい事に引っかかった自分が情けない。しかも、2回も。あれは、彼らに捧げたんじゃない、神様に捧げたんだ、と自分に言い聞かせて慰めるしかない。

      削除
  9. コリア、リバイバル、チャーチスクールと三拍子揃っていますね。

    それにしてもチャーチスクールってどうなんだろう?我が子は通わせたくないな。

    http://homepage2.nifty.com/visionawase/noahsannai.html

    返信削除
    返信
    1. どんなに間違っても、そんな選択は絶対に止めてください!
      どんなに学校が駄目だと言う状況でも、荒れて荒れてどうしようも無い状況の学校で無い限り(そんな学校であれば、教育委員会に言えば良いのです)、学校教育を施してください!

      削除
  10. 韓国人の牧師は教会のお金を使い込んで逃げましたとさ。
    これまでの献金を返してください!
    http://www.nishichurch.com/vision.html

    返信削除