2015年7月3日金曜日

【雑記】映画「レフトビハインド」・同性婚合法化とその影響

■映画「レフトビハインド」が酷評

 いわゆる「携挙」を題材にしたクリスチャン小説「レフト・ビハインド」が、この度また映画化された。

 主演はあのニコラス・ケイジ(最近はクセのあるB級映画にばかり出ている。本作もたぶんそう)。お金もかかっているようだ。だからハリウッド的パニックスペクタクルになりそうで、それなりに(映画として)楽しめる気がする。けれど巷のレビューを見るかぎり、残念な結果に終わっているようだ。

 未見だから映画のデキをどうこう言うつもりはないけれど、やはり内容的に宗教映画という括りから抜け出ることはないだろう。だから本国アメリカはともかく、日本で一般受けすることはないと思う。日本の配給会社もそれはわかっていて、予告篇は明らかにパニック映画路線の作りになっている。キリスト教など微塵も感じさせない(だからパニックものを期待して観に行く人は大いに肩透かしを食らうことになると思う)。

「レフトビハインド」予告篇↓


 デンゼル・ワシントン主演の映画「フライト」だと、ペンテコステ派クリスチャンを明らかに変人扱いしている。韓国映画「ザ・タワー」も同様である。それが一般的な傾向なのかどうか知らないけれど、「クリスチャン=変人=理解不能」みたいな見方は一般に存在する。本作のレビューにも「劇中のキリスト教徒が狂人にしか見えない」という意見があるから、同様の傾向があるんだと思う。
 あるいは、映画としてクリスチャンを正しく描いているとしても、それを鑑賞した一般人(未信者)が、「クリスチャンってやっぱおかしい」みたいな感想を持つのかもしれない。

 だから宗教映画はあくまで宗教映画の枠から出られない訳で、どうしても観る人を選ぶ。「携挙」を信じるクリスチャンらは盛り上がって本作を観るだろうけれど、彼ら自身の信仰が一般に受け入れられないように、その映画も一般に受け入れられることはない。なのに「この映画良いから観て」と、クリスチャンが一般人にこういう宗教映画を勧めるのは、余計にその宗教を倦厭させることになりかねない。と私は思う。

 ちなみにこういう終末映画には「旬」があって、現代の社会背景、現代のテクノロジー、現代の流行の中でしかリアリティを持つことができない。だからもし10年後、100年後の今からは想像もできない世界の中で終末が訪れたとしたら、「ああ、レフトビハインドって単なる想像の産物だったのね」という話になる。とするなら、その映画を作ることも見ることも宣伝することも、キリスト教信仰とは何の関係もないってことになる。
 また仮に今から数か月後に終末が訪れるとしても、その様相は本作とまったく同じはずはないので、「やっぱり想像の産物だった」という話になる。
  だからこういう映画を大絶賛して真顔で押し付けてくるクリスチャンには要注意。

■同性婚合法化とその影響

 アメリカの連邦最高裁が、全州で同性婚の合法化を認めた。その決定は世界を巡り、ここ日本でも似たような動きが起こり始めている。賛否両論いろんな議論を起こしながら。

 いずれにせよこの動きは、LGBTの方々にとって少なからず追い風であろう。もちろんまだまだ障害は沢山あると思う。けれど人権問題という観点からみて大きな前進ではないかと思う。おそらく事情は国によっていろいろだと思うけれど。

 ただそういう動きには反発も付き物で、同性婚を認めたくない人や団体がいろいろ声を上げている。そして特に声が上がっているのは、キリスト教界においてだ。

 産経ニュース記事のデータをそのまま引用させていただくと、アメリカ合衆国で自らをクリスチャンとするのは全体の70.6%で、およそ1億7300万人いることになる。そのうち同性婚を支持するのはカトリック教徒の56%、プロテスタント教徒の40%だそうだ(ピューリサーチセンター、2014)。
 およそ半数近くが支持していることになる訳だけれど、無宗教の人々の同性婚支持率が85%であるのを見ると、やはりキリスト教界においては同性婚はまだハードルが高いということがわかる。

 それを示唆するような記事があったので簡単に紹介してみる。こんな話だ。ワシントン州に花屋を営むプロテスタント教徒がいる。彼女は普段から同性愛の顧客にも花を売り、同性愛の従業員を雇用していた。けれど2013年、合法化された同性婚の結婚式でのフラワーアレンジメントの依頼を断った。

 フラワーアレンジメントは創造性と芸術性を必要とする作業で、自らの信仰心も反映することになる。その信仰心には、結婚は男女のものと聖書が教えている、という聖書観がある。だから同性婚でそういう仕事をするのは聖書に逆らうことになるからできない、というのが彼女の主張。
「法律や裁判がどんな結論を出そうとも、聖書の教えは変えられない」と彼女は言う。
 自分の信条を貫くという点では、尊敬に値する人だと思う。
 けれど「聖書の教えは変えられない」という表現はちょっと違うと私は思う。すなわち彼女が変えられないのは「聖書の教え」でなく、「自分の聖書解釈」だからだ。

 聖書という絶対的な価値基準があって、現代社会の基準がどう変わってもそれだけは変わらない、変えることができない、という話は理解できる。

 けれど聖書に唯一絶対の解釈があるのなら、キリスト教は今日のように分裂していない。解釈にある程度の幅があるからこそ、いろいろな宗派が存在している。

 だから同性愛の是非だけでなく、たとえば什一献金の是非とか、洗礼は浸礼であるべきかとか、預言の是非とか、五役者は本当に回復するのかとか、癒しは現代でも起こるのかとか、そういう各論部分でも解釈が分かれている。
 その中に唯一絶対の、完全に正しいと誰もが認める一つの聖書解釈があるのなら、おそらく誰も迷わない。そして分派の存在しない一つのキリスト教になっているだろう。

 だから「聖書は同性婚を認めていない」というのは一つの解釈であって、まったく反対の解釈もある。もちろん両者に言い分があるのだけれど、どちらが絶対的に正しいかを言い切ることはおそらくできない。

 という訳で「聖書は変えられない」と言う時、それが純粋に聖書の内容は不変だという意味なのか、あるいは自分や自分の教派の聖書解釈に固執しているだけなのか、ちょっと考えてみるべきだと私は思う。

6 件のコメント:

  1. いました。真顔でその類いの映画を薦める人が。
    そして、天国と地獄は本当に有ると真顔で説き、地獄の音声まで聞かせて恐怖を煽り
    だからイエス様に帰依しましょうね…と。

    あれ?クリスチャンって恐怖で人を頷けさせるって…
    どっかの学会と変わらないよね?
    それが、私の疑問点の一つに成ったのは確かです。
    教会に絶対に行きましょう・祈りをわすれずに・神様に精一杯捧げましょう。
    それって、自分たちの忌み嫌っている王国なんとかとレベルが同じだよね。
    視野狭窄な事でおめでたい方々ですね、全く。

    返信削除
  2. 映画を布教の手段にするのは北朝鮮のプロパガンダ映画と同じようなものと思われます。
    むかしエクソシストという悪魔が出てくる映画が流行ったことがあったそうです。そのときに某新興宗教系プロテスタントの教会では、信者全員をつれてエクソシストを鑑賞しにいきました。なぜそんなものを「信者全員をつれて」見に行ったのでしょうか?
    その理由はたった一つ。悪魔の存在を強く認識させて「うかうかしているとこの映画のヒロインのように悪魔に憑依されてしまうぞ!」と半ば脅迫のような形で教育するためでした。

    同性愛の解釈で思い出した話。ある牧師ですが、宝塚や歌舞伎にまで「そんなものを見るな!自分は大嫌いだ。なぜならホモやレズにつながるからだ」と文句をつけたという(笑)。
    信者が宝塚や歌舞伎を見ると目くじらたてるとは。ここまで来るとその牧師の頭のほうを一度検査してもらったほうがいいでしょう。

    返信削除
  3. その昔・・・。B連盟と言う教派に所属していましたが、アメリカから来た伝道チームの一人の女性(かなりおばさんでしたが・・・)に、「地球最後の日」(レフトビハインドの元になっている本で、ハル・リンゼイ著。一般向けには「今は亡き大いなる地球」題)を頂きました。
    それからというもの「艱難前携挙」と言う教理に引き込まれて、はっきりと書いてあるわけではありませんが、世界は1984年位には終わるようなニュアンスであったのを覚えています。
    「これこそ究極の聖書の真理だ」と信じて疑いませんでした。そしてありとあらゆる関連する「終末教理」にのめり込み、世界情勢が変化すれば「聖書の通りだ」等と、評論家のように過ごしていた日々・・・思い起こせばくだらない事にうつつを抜かしていた者です。
    その後、福音主義系統に転会して一層拍車をかけた思想家(笑)
    またその後、カリスマ団体に転会して「携挙は艱難中だ」と言われれば「そうだ!」となり、慌ただしく信仰を変え(笑)、目まぐるしく次々と「終末詐欺」(笑)に身をやつしていました。
    本当にばかばかしい事に、色々な教理に教えに振り回されていたのです。
    それが「また」映画化されて(笑)

    同性愛は「罪だ」とずっと思わされて来ました。でも現にそう言う人がいる。牧師にもいるそうで(笑) 臭い者には蓋をしてと言う考え方でした。
    人は色々。考え方も価値観も千差万別。好みも違えば生き方も違う。

    宗教は本来、そんな物全てを超えて包み込む物のはず。特定の教理や解釈で、あれはダメこれもだめと、本当に勝手に一人でやれよ!とつくづく思わされました。
    やはり「教会」には拘わらない方が身のためです!

    返信削除
  4. 同性愛については、ある日の説教で牧師は同性愛は「悪霊によるものだ。」と話していました。以前ある集会で同性愛者が按手の祈りによって「その思いから解放された。あれは惑わしによってのものだった。」という証言を聞いている。と話しをしていました。その話に、私の心中穏やかではありませんでした。「牧師はきちんと広く勉強してほしい。」と感じていました。
    同性愛、LGBTには、きちんとした医療的ケアや精神的なケアが必要な面はありその中で生きていく自信をもっている人もいます。しかし偏見を恐れ誰にも話せず自死を選んだケースも多くあります。課題は大きいですが、世間の認知を進めていく動きは必要です。しかし、教会は、いろいろな課題を持つ者に対し偏見なく対応する姿勢をもつ必要を持ち続けてほしい。と感じでいますが、牧師や信者がエリートぶっている状態の教会ならその姿勢はないでしょうね。

    返信削除
  5. 同性婚については、私はどちらにも首をまだ振れない。どちらかというと花やの主と一緒で たぶん何故かココロでは残念に思っている。正直に言うと、私にもゲイやレズの知り合いやお友達はいるが、彼らが前に「自分は間違って性をうけた」と言っていた。男のカラダに女の心みたいな、あるいはまた、その逆で、ってなことだったと思う。彼ら個人を否定するつもりはないが、彼らは、人間性にも芸術的にもとても色彩豊かだ。ひとつ気になる点は 神様は間違って彼らに性を与えるだろうか?人を間違って創るだろうか?もしそうなら、間違う神をどうして信じることが出来るだろう?もし私が間違って創られたら、又間違うかも知れない神に委ねたりしない。
     私の神は完璧で失敗などしない。 だから、神が間違ったのでは無く、人がどこかで違えたのであろう。(個人的には傷からだと思っているが)ここでこれらについて討論する気はないが、だからといってフラワーアレンジメントの依頼を断ったりはしない。やっぱりどっちの意見もあるのだろうな、というのが本音である。また、例え世論の少数派であっても 自分の意見をまっすぐに言える世の中であることはまだ救いだと思う今日このごろである。

    返信削除
  6. <レフト・ビハインド>
    福音派韓流ペンテコステがドヤ顔で推薦して、こちらの反論にガンシカトこきそうな映画ですが、制作者は福音派からカネ取ってやろうという考えで作ったのかしらんと。
    どうせヤツらハレルヤハレルヤで、レフビの映画!ハレルヤ!!となるから、見に来てくれるべwwwとか思ってなきゃ作らないわな、こンなの。

    <同性婚>
    愛情のあり方が多様化して、それが認められてきたのは、オイラのような2次オタにも悪い話ではありません。
    そのうち、アニメやゲームのキャラクターとの婚姻届を出そうとするひとが出てくるかもしれないし藁

    冗談はさておいて、ひとつ気になることは、
    たとえば自分にその考えがないのに、同性から愛を告白されるという状況を、
    今後はひととして生ける者全員が考える必要が出てくる、というコトでしょうね。

    好きです!
    先輩、私と付き合ってください!

    いや、きみは同性だから。

    どうして同性ではダメなンですか!
    結婚だってできるのですよ!!

    それでも、ね苦笑

    うあああああああああ!!!!!!

    というやりとりが、特に別学校で出てきそうだし。

    もしLGBTの方が読んでたら、考えてくれるとうれしいのですが。

    返信削除