2017年5月18日木曜日

聖書を使ったイジメ

・「聖書を使って叩きのめす」の図

 
 上記はSNSで拾った画像ですが、すごく象徴的な一枚だと思います。
 見ての通りですが、LGBTQの人を「聖書を使って叩きのめしている」図です。
聖書に同性愛は罪だと書いてあるだろう! だからお前は罪人なんだ!」みたいなセリフが聞こえてきそうです。
 でもこれはproof texting と呼ばれる行為であって、要するに「聖書を都合よく使ったイジメ」みたいなものです。
 このように他者を平気で断罪するクリスチャンがいるようですが、おそらく自分自身も罪人であることを、スッカリ忘れてしまっているのでしょう。残念なことですが。

 ここでLGBTQの方のブログ記事を紹介したいと思います。


 LGBTQに関するキリスト教界の現状を、的確に捉えておられると思います。個人的には「荒唐無稽な愛のようなもの」という表現がすごく捉えているなあと思います。
 ちなみに当ブログでも最近LGBTQに関するシリーズ記事を書いていますので、ここに再掲しておきます。私の考え方については、詳しくはこちらをご参照下さい。

 性的マイノリティがキリスト教界でどのように扱われているか(あるいは扱われていないか)というお話。
 
 「同性愛=罪」とどうしても主張したい人たちの、聖書を利用した論理について。

  聖書は何と言っているか(あるいは言っていないか)。都市伝説的な「同性愛神話」について。

  個人的な物語をいくつか。

 理由はわかりませんが、この中だと「その4」がものすごい閲覧数を記録しています。

・「聖書の言葉なら傷つかない」のウソ

 時々、こんな発言を目にします。
正しいクリスチャンが御言葉(聖書の言葉)を正しく語れば、誰も傷つけません

 なんか自信満々な様子でそんなことを言うんですが、そもそも「正しいクリスチャン」って何だろうって疑問です。何をもって「正しい」とするのか、そしてなんで自分のことを臆面なく「正しい」と断言できるのか、不思議でなりません。
 また「聖書の言葉を正しく語れば誰も傷つけない」というのも「?」です。「正しく語る」って、何なのでしょう。

 聖書の言葉がどうであれ、問題は「人がそれをどう解釈するか」です。「聖書を語る」というのは、とりもなおさず、「自分の解釈で聖書を語る」ことに他なりません。だから「正しいか正しくないか」は、端的に言って「人それぞれ」なわけです。
 だから「正しく語れば誰も傷つけない」というのは一方的な話です。もし自分が聖書を語って相手が傷ついたら、「それは相手の解釈が悪いからだ」という話になってしまいますから。

 これも proof texting の一つだと思います。聖書を振り回して相手を叩きのめしてから、「こいつの解釈が悪いからだ」と満足して去っていくのです。でもそんなクリスチャンに、誰が憧れるでしょう?

 極論を承知であえて書かせてもらいますが、クリスチャンが信仰熱心になると、あんまりロクなことになりません。事前活動に熱心になるなら良いと思いますが、持論を補強するための聖書研究とか、持論に基づく「預言」とか「異言」とかに熱心になると、上記のような proof texting に陥りやすくなりますから。
 要は、「聖書を使ったイジメ」です。
 良識ある皆さんには、是非そのへん気をつけて頂きたいと思います。

4 件のコメント:

  1. 聖書を使っての暴力は、殴るける以上の暴力なのかもしれません。
    プロテスタントはその上に「聖書を個人でいかようにも解釈していい」という世界ですので、一部だけを取り出してトンデモな解釈をして、多くの人々を苦しめてしまうことがおうおうにしてあります。
    そういえば新興宗教系プロテスタントの中に、聖書のどの箇所を取り出しているのかまではわかりませんが、「貧乏人は呪われた存在だから地獄に落ちる」と教えている教会があるそうです。献金が十分にできない人を、「お前は貧乏で献金ができない。だから地獄に落ちることが確定している」と脅迫するのは、いじめ以外のなにものでもありません。

    >「正しいクリスチャンが御言葉(聖書の言葉)を正しく語れば、誰も傷つけません」
    これは新興宗教系プロテスタントの人が好んではくセリフではないのかなあと思います。プロテスタントは本山がない以上、何を基準にすべきかが公にはっきりと決まっているわけではありません。「聖書のこの箇所は前後の文章から見て、この単語をこんな意味で使っているので、こんなふうに解釈するのが正しい」となっていないため、困った解釈をする「困ったちゃん」が本当にぞろぞろいるのです。
    教理省なる省庁も存在しませんので、「正しい」「間違っている」と判定することができません。つまり「自分たちが正しいクリスチャンだ」とは絶対にいえない以上、「み言葉を正しく語っている」と誰一人保証されていないのですが・・・
    プロテスタント、とくに新興宗教系プロテスタントの最大の問題点をあげるとすれば、聖職者も信者も、「プロテスタントとは何か?」を全くもってわかっていないことだと思います。

    返信削除
  2. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  3. そういえば、仙台ラブリ聖書教会の元牧師であった藤本光悦はどうしてるんでしょうかね。聖書を武器にして信徒を使いまくる。全くだ!

    返信削除
    返信
    1. 札幌にいるという噂を聞いたことがありますよ。さすがに仙台市内で新たに新興宗教系プロテスタントの教会を開業するのは無理でしょうから、北海道あたりで開業して教祖稼業に励んで、バカ信者をだまして尻の毛をむしりとってやろうとたくらんでいるんじゃないでしょうかね。

      削除