2015年10月19日月曜日

クリスチャンが教会に定着できない(しない)理由について考えてみた・その4

 クリスチャンが教会に定着できない(しない)理由について、シリーズで書いている。今回は4回目。
 バックナンバーはこちらから。

 私が勝手に想像する、クリスチャンが教会に定着できない理由は、次のようなもの(再掲)。

①奉仕を求められるのが苦痛
②毎回献金しなければならないから
③時間的にも人情的にも拘束されるから
④牧師とうまくやれないから
⑤教会の雰囲気が合わないから
⑥正直つまらないから

 今回は⑤と⑥について。

⑤教会の雰囲気が合わないから

 これは前回も書いたけれど、牧師の権力が強い教会(牧師がそう言わなくても事実上そうなっている教会も含む)においては、教会の雰囲気はほとんど牧師が作っている。だからある人にとって教会の雰囲気が合うか合わないかは、牧師との相性の善し悪しと直結している。

「なんかこの教会の雰囲気は自分に合わないな」と感じたら、たぶん牧師とも相性が合わない。ちょっと極論だけど。

 でもまあ基本的に教会はどこでもいいはずで、合わないなら行かなければいいだけだ。無理して行く必要はない。もっと自分に合いそうな教会(それは教会の優劣の話ではない)を探せばいいし、友達に聞くとかしてもいいだろう。
 常々思うのだけれど、この教会はこんな雰囲気、ってことがわかるサービスがあったらいいと思う。雰囲気で決めるなって怒られそうだけど。たしか教会年鑑みたいな本が毎年出版されているはずだけど、あれだと雰囲気まではわからないし。

 ところで教会をどう選ぶか、という文脈でよく引き合いに出されるのが、「自分が植えられるべき教会がある」という考え方だ。これは一部のクリスチャンにはけっこう信じられている。クリスチャンはそれぞれ決められた教会があって、そこで仕えて成長することが御心だ、みたいな感じ。聖書的根拠は詩篇16篇の「測り綱」の箇所なんかだと思う。教会を離れようとする信徒をそういう論理で説得する教会(牧師)もある。

 けれどそれは運命論か、その延長にある話だ。あなたは運命的にこの教会に所属することになっていた、ここで教会(牧師)に仕えることが御心だった、みたいなことを言う牧師がいるけれど、それは信仰とか神からの預言とかじゃない。単に信徒を教会に繋ぎとめておきたいだけだ。なぜなら聖書が支持するのは個人個人の自由意思による自由選択であって、抗えない運命ではないからだ。

 しかしもしある個人の教会が運命的に決められているとしたら、話は全て運命論になってしまう。するとたとえば、イスカリオテのユダはキリストを裏切るべくして裏切ったことになる。つまり彼の裏切りが彼自身の自発的な選択でなく、「運命」という見えない力によって強制されたことになってしまって、そうすると彼に罪はない。もしかしたら彼は裏切りたくなかったのに、不思議な力によって裏切る羽目になってしまった、みたいな話にもなる。

 それと同じ意味合いで「あなたはこの教会に植えられるべきだ」と主張する教会があるけれど、その考え方は聖書信仰から逸脱している。

⑥正直つまらないから

 友達を教会に誘ったことがあるだろうか。
 私は何度かある。ほとんどの友人は、好奇心か付き合いかで一度は来てくれる。けれど二度と来ない。それと同じような話はよく聞く。

 来ない理由はイロイロだろうし、いい大人ならあまり否定的なことは言わないだろう。けれど一つハッキリ言えるのは、一般の人が教会に来ない(あるいは二度と来ない)理由は、そこに価値を見出していないからだ。価値がないと判断したら誰もそこに注意を向けない。当然だけれど。

 ただしここで言う「価値がない」とは、教会や聖書や神様にそもそも価値がないという意味ではない。クリスチャンにとってそれらは非常に価値あるもののはずだ。けれど一般の人にはそうではない、という意味だ。なかなか価値を見出だせない。そしてそれは彼ら自身の責任ではない。

 この「価値を見出だせない」状態をみて、
「ノンクリ(未信者)だからわからないんだ」
「彼らは霊的なことがわからないからね」
とか言うクリスチャンがいるけれど、痛々しいことこの上ない。「霊的」でないとわからない価値なんて、本当の価値ではない。
 たとえばキリストの時代、キリストが積極的に通ったのは娼婦とか取税人とかのところだった。今で言うと新宿歌舞伎町あたりに足しげく通うようなものだろう。娼婦とか取税人とかはもちろん霊的でも何でもなかったはずだ。けれど彼らは、キリストの価値だけはよくわかった。

 つまりそのものの価値がわかるかどうかは、霊的とは関係ない。「霊的」を振り回す人たちはその意味についてよくよ考えてみる必要がある。

 ある中学生が教会にはじめて来た。その教会は教会学校をしていなかった。だからその子は大人と同じ礼拝に出席した。
 礼拝後、たまたま話す機会があって、その子に礼拝の感想を聞いてみた。いわく、「意味がわからなくてつまらなかった」とのこと。子供らしい正直で素直な感想である。

 その子の話をまとめてみると、どうやら説教中の専門用語が多かったことと、そもそも話の意味がわからなかったことと、話そのものが長かったことと、皆が連呼する「アーメン」が気持ち悪かったこととが問題らしい。その後、いくら誘ってもその子は教会に来なかった。正確に言うなら、礼拝には来なかった。

 ちなみにその子は、礼拝以外の時間に教会によく来た。礼拝するわけでもなく、賛美するわけでもなく、聖書勉強をするわけでもなく、ただ他愛もない話をしに来ていた。きっとその子は、教会の何かに価値を見出だしたのだと思う。

 これは商売の話に通じるものがある。
 つまり商品は、価値が見出だされないと購入されない。そしてその価値を決めるのは作り手側ではない。買い手の方だ。買い手が価値を認めることで、商品ははじめて購入される。作り手側がいくら製作過程の困難さアピールしても、素材や工法の良さを宣伝しても、頑張って低価格にしたことを紹介しても、その価格に見合う価値がなければ誰も買わない。

 教会にも同じことが言える。教会全体が伝える神様なり聖書なり信仰なりの概念が未信者の心に響くものでなければ、あるいは礼拝なり賛美なり祈りなりに心を動かす何かがないのなら、見向きされない。
 結果、子供の言葉を借りるなら「正直つまらない」ということになってしまう。

 ただ一つ、誤解のないように書いておくと、だからと言って教会は未信者にも楽しめるエンタメ系施設になれという話ではない。よく「未信者を獲得するため」という文脈で教会でファッションショーをやったり、スポーツ大会を企画したりする教会があって、それはそれで自由にやればいいのだけれど、それで「教会って楽しいところ」というイメージを与えておいて後から礼拝はかくあるべし、祈りはかくあるべし、みたいな話をするのは、ハッキリ言って羊頭狗肉だ。

 楽しいのは結構だけれど、それで教会としての価値はどこにあるのか、という問いにはちゃんと答えられなければ、本末転倒なことになってしまうと私は思う。

7 件のコメント:

  1. その中学生の気持ちよくわかります。
    テレビ朝日のニョースステーションが始まった頃、久米宏がよく「中学生にわかるニョース解説」をモットーにしていると言っていたが、説教もその気持ちは大切。伝わらなければ何もならないのですから。
    学者気取りの牧師さんほど、難解な言葉を使うけど、自己満足に思います。難しい事をわかりやすく伝えてプロと言えるのではないでしょうか。

    返信削除
  2. 「導かれる教会は神様のご意思です」
    これは裏を返せばこういうことなのです。
    「この教会を離れるということは神様のご意思に反することなので地獄に落ちる」


    新興宗教系プロテスタントで、とくに什一献金をうるさくいう教会では、「あなたがこの教会にきたのは決して偶然ではありません。神様のお導きなのです」と教えることがあります。これは信者の脱会を阻止するときに使えるので、しっかりくぎを刺しておくという意味合いもあるのです。
    しかしこれも面白い実話がありまして、教会にとってこの人は手放したくないと思うような信者に対しては、「行く教会は神が決めています」的なことをいい、やめるといったらかなり強い引き止めがあります。
    しかし教会にとってさほどプラスにならない人がやめるといったときは、強い引き止めはありません。(神によってこの教会に導かれたのは、お金持ちのAさんだけではなく、貧乏人のBさんもなのではありませんか?)
    什一献金を言う教会が「導かれる教会は神が決めているので・・・」というセリフをはくとき、それは「あなたの通帳の残高は?資産はどのくらいありますか?」というニュアンスを含んでいるのであります。

    返信削除
  3. 真の神様や聖書に興味を持ったけど、教会とは?という方に
    ぜひ貴殿のブログは読んでいただきたいですね。

    私自身、ある教会に所属して失敗でした。
    もちろん、同時期に受洗した人で、受洗準備会等ともにした方でしたが、
    教会生活は順調で、教会で出会った方と1年後に結婚して(30代半ば)、
    子供も授かったハッピーハッピーな方もいましたよ。

    自分の場合は、受洗前に教会の礼拝や祈祷会に顔を出していて、
    そこで世話になった人に受洗後すぐに奉仕を頼まれて断れず、
    金持ちの家生まれだけどしつけされてないわがままなガキ達(有名私立の小学校の子ばかり)の
    世話を日曜早朝からすることになり、1か月で断りました。

    その後2年は定例献金だけは運んでましたけど、週報棚に
    ○○のための献金、○○会費等の封筒が毎週毎週入っていたのにもうんざりして
    引越しを期に音信不通にさせていただきました。

    どこかの教会で受洗しないと救われない!?と迷って受洗しましたが、
    私としては、教会は不向きでした。

    牧師たちは平日交代で週2回休みとっていて、夏休み等も1週間とって家族旅行、
    礼拝後は、じゃあ後はよろしく、と後かたずけもせずお帰り。
    お子様たちは海外の大学。
    それでも”牧師先生たちは、たいへんな仕事をされているのですから”と
    一部の信徒が牧師先生達をあがめて、いつも”献金、献金”と呼びかけ。

    平日フルタイムで働いて、土日両日教会の奉仕に携わって、疲れた顔の人に
    ”また教会学校、きてください”と言われてぞっとしました。
    人情とかを振り切って、私は無理な奉仕は選びませんでした。

    教会に足を踏み入れて、ハッピーになれればそれでいいのです。
    もし、嫌なことや疑問があれば、ムリせず遠ざかるでいいのではないでしょうか。

    教会に所属するの迷ってる人が、
    どうか、やさしい顔して、他人のコトあれこれ詮索するのが好きな人や
    自分の思い通りに支配しようとする人につかまりませんように。

    返信削除
  4. よく考えますと、教会って
    ①余程のお金持ち
    ②地主等の不動産所有者で時間の有り余る人
    ③個人事業主で中規模経営者以上の社長
    ④医師
    ⑤公務員
    等の固定信者がベースに居ないと、我らカツカツサラリーマンには到底、信仰生活の真似はできないですね。
    そこに「リバイバルが・・」などと妄想が絡んで来ますと、実現しない幻を永遠に抱いたまま、死ぬまで付き合わされます。

    最も普通の一般の国民であれば、お寺さんの檀家であってそれ相当の寄進をしていますし、お葬式でも受ければ臨時の収入となりますし、大きなお寺であればある程その規模は大きくなって行きますし。檀家さんも大変ですよ!

    宗教の世界だって「商売」ですからね。

    どれを選ぶか・・・・まあ、いずれかに所属していなければ「無縁仏」となるでしょうな(笑)
    昨今は、宗教に拘りたくない人達が多くて、どこの自治体でも「合同墓苑」を検討したり、実際立て始めていますよね。

    教会だって何れ減って行くでしょうね。

    返信削除
    返信
    1. 「減っていく」という表現は適切ではないように思われます。正確な表現をするとしたら、「適正化していく」といったほうがいいのではないでしょうか?
      まず最初に考えなくてはならないことは、日本国という市場(これからは少子化でどんどん人口が減っていっている国の市場です)を考えたときに、はたして新興宗教系のプロテスタントの教会数は適切といえるのだろうか?ということがあると思うのです。
      新興宗教系のプロテスタントの宗教団体や教会は、市場規模を考えても、現在は明らかに多すぎるといえるような気がします。
      新興宗教系のプロテスタントの教義にしばしばみられる傾向としていえるのはこの二つですか。
      ・非常識な献金(什一献金)をいう
      ・焼香拒否等の狂信的な戒律で周囲と対立する
      東京や大阪等の大都市圏ならともかく、地方ではこれではだめです。地方だと子供を首都圏の大学に出す家がほとんどで、什一献金では子供の教育費に支障をきたしますし、狂信的な戒律は周囲の人々との対立を生むだけで百害あって一利なしです。
      こういった戒律をもつ新興宗教系のプロテスタントを地方から撤退させることが、まず第一になされなくてはならないことだと思うのです。

      削除
    2. ご指摘も、その通りと思いました。

      あくまでも私の住む地域での事ですが、ざ~っと周りを見渡した時に、伝統宗教系のキリスト教会は高齢化していますし、後継者もおらずに何れ減少して行くであろうとの推測をした記載でした。

      削除
  5. なんかスッキリした。
    教会員、メンバーになるとメリットあるにはあるけど別のウザさも発生する。
    固定献金を納めるのはある程度納得している。
    そうしないと教会を維持できないから。

    教派の教義もそこそこ気に入ってる。
    いわゆる福音派の創造論マンセーにノれなかったから。

    んでも、左翼バリバリな運動、むぅ

    返信削除