2014年8月26日火曜日

「神に語られた」の誤り・まとめ

「神に語られた」の誤りについて、まとめ。
 前回までに、「神に語られた」の3つの誤りを挙げてきた。つまり、
 

 である。
 これらには「確証バイアス」が働く可能性が高い。自分にとって都合の良いこと、語ってほしいこと、こうであってほしいと願うことを無意識的かつ意図的に選びとり、「神にこう語られた。自分の思いではない」と主張するのだ。それは結局のところ「御心の操作」であり、「御心の捏造」である。それが神に喜ばれることかどうか、語るまでもない。

 もちろん、それらの方法を通して神が本当に語られる可能性はある。けれど昨今の教会のカルト化、あるいはそうなる危険性の高い状況下で、信徒が信仰という名の虐待を受けている様を思うと、この「語られた」はよほど慎重に吟味されなければならない。まずは疑ってかかるくらいが丁度いい。

 ここで「疑う」という言葉を出すと、すぐに「それは不信仰だ」と言う人がいる。けれどこの「疑う」は、「本当に語られたのかどうか確かめたい」という種類のものだ。語られた内容がどうこうということではない。
 それに神様は寛容な方だし、私たちが「本当だろうか」と吟味するのを喜ばれる方なので、疑ってかかることは何ら問題ではない。逆にそういうことを問題視する牧師やリーダーの方にこそ問題がある。

 この確証バイアスに満ちた「語られた」の問題点は、自分にとって都合の良いことを御心と決めつける、というだけではない。もっと根本的な間違いがある。というのは、前回「淡いセンセーション」のところでも書いた、「良い結果だったらそれは御心だったと判断する」という点だ。
 つまり、神の御心はいつも自分にとって良いもの、優れたもの、繁栄をもたらすものでなければならなず、そうでないものは御心ではない、ということだ。

 これは繁栄の神学に通じる考え方だ。自分や自分の教会が繁栄することだけが御心であって、信仰に歩んでいるなら繁栄しないはずがない、繁栄しないなんてあってはならない、という発想である。

 彼らに欠落しているのは、良いも悪いも全て神からのものとして受け取る、という視点だ。彼らは暗に、ヨブの苦しみと忍耐とを否定している。
 だから「語られた」にしても、結果的に自分に都合の良いことだけが「語られる」のである。

 最後にもう一つ注意点を挙げると、たとえ不利益を被る内容が「語られた」としても、それを神からのものと断定するのはちょっと早い、ということだ。
 というのは、あえて不利益なことが「語られた」と言って、それに従順する自分の敬虔さをアピールする輩がいるからだ。

 たとえば教会に多額の寄付があり、皆で喜んでいたところ、牧師が神妙な顔で言う。「この寄付を全部、⚪⚪団体に捧げるよう語られました。だから私は信仰に立って、そうすることにします! 私は金銭よりも神に従順します!」
 会衆は驚き、でも感動して、皆で「アーメン」と言う。

 その牧師は、もともと自分のものでない金で、「神の従順なる僕」という評価を買ったのである。
 ここまでして「語られた」を利用しようとする訳で、人間とは本当に恐ろしいものである。

2 件のコメント:

  1. 「この寄付を全部、○○団体にささげるよう語られました」に大爆笑してしまいました。そんなことをいえるのは、その金がしょせん自分の財布から出している金ではないからこそいえることなのではないでしょうか?腹の底で「この金は人からもらった金であるから、全部この団体のためにささげても、ぼっくんの懐は一銭も傷まないも~ん」と舌を出しているでしょう。
    他人からもらった金で、自分の財布の金を一円も減らすことなく、この聖職者は「○○団体に大金を寄付したよいお坊さん」というイメージを人々に与えることができます。こんなずるい方法はないでしょう。
    ひょっとすると「○○団体」というのは、この聖職者の息のかかった人間が運営する団体なのかもしれません。たぶん「寄付した金のうち○割はこっちにまたお礼ということで戻ってくる。つまりこれを寄付することで、ぼっくんはよいお坊さんであるという人々からの賞賛と、いくばくかの金が誰にも知られずにこっそり入ってくる・・・ぼっくん頭いい~」とにんまりしているのだと思います。
    一番バカをみたのは大金を寄付した人です。善意から寄付した金は全部この聖職者のコマーシャルに使われただけなのですから。

    返信削除
  2. 沖縄の献金は韓国に持って行かれた。
    日本の献金はアフリカに持って行かれた。

    返信削除