2015年10月27日火曜日

【雑記】ハロウィン。コン・ヒー有罪。携挙に関する誤解。

 最近のキリスト教関連の気になったこと、考えたこと。

■ハロウィンについて(昨年と同じ話)

 早いもので10月も終わりに近づいている。
 この時期の巷のイベントと言えば「ハロウィン」である。カボチャやら何やらの装飾が街のあちこちで見られるようになり、数年前までさほどメジャーでなかったハロウィンも、だいぶ定着しているようだ。以前は「カボチャ」と「トリックオアトリート」がキーワードだったけれど、最近はそれに「仮装」が加わって、というよりむしろ仮装がメインになって、あちこちでイベントが予定されている。

 ところでこういうタイミングで、また痛々しいクリスチャンらが「ハロウィンは悪魔崇拝だからやめておきなさい」みたいなことを言いだすと思う。もう言っているかもしれない。だからそれについて注意喚起したいと思うけれど、昨年も同じような時期にこの話題について書いている。だから私のハロウィンに対する意見は、そちらを見ていただきたい。

→「ハロウィン悪魔崇拝説」のまとめ

 要はカボチャが悪魔の通り道になるとか、仮装することでクリスチャンのアイデンティティが失われるとか、その秘密をバラした元サタニスト(なにそれ)が悪魔に命を狙われているとか、そういうのは荒唐無稽な与太話であってキリスト教信仰とは全然関係ない、という話。久しぶりに読み返してみて、また馬鹿らしくなった。

 パウロいわく、偶像に捧げられた食物だって神様が造ったものなのだからきよい訳で、食べても構わない。としたらカボチャが殊更悪いとか穢れているとか、そういう話にもならない。たぶんそのサタニスト(だからなにそれ)は聖書をちゃんと読んだことがないんだと思う。でないとそこまで聖書から逸脱した発想はできないだろう。
 そしてそういう与太話を真剣に聞いてしまう日本の(ごく一部の)クリスチャンらの聖書知識や聖書理解も、相当怪しいということになる。

■コン・ヒーに有罪判決

 シンガポールのシティハーベストチャーチの主任牧師であるコン・ヒーとその側近たちに有罪判決が下された。教会への献金43億4千万円を着服したとのこと。数年前から調べられていたはずだけれど、今回ようやく結論が出たようだ。神に仕える牧師とかクリスチャンとか呼ばれる人たちも、このように罪を犯す訳である。当たり前だけれど。

  シティハーベストチャーチと言えば爆発的な成長と新進的な伝道アプローチで有名な教会である。牧師夫人自ら芸能活動をしたり、数々の「世俗的な」伝道イベントを開催したりと、いつも内外から注目を浴びてきた。どこを取っても華々しい、輝かしい教会に見えた。特に日本の(一部の)福音派・聖霊派教会の人たちには。

 私が知っているいくつかの教会の人々も、シティハーベストに研修に行ったとか、コン・ヒー先生と話したとか、そういうことで盛り上がっていた。数年前には、コン・ヒーを初めて日本に呼ぼうという動きもあったと思う。だからコン・ヒーに関わることは名誉なことで、嬉しいことで、すごいことなんだ、みたいな認識はあっただろう。

 で、今回の有罪判決である。コン・ヒー贔屓だった人たちがどんな反応をするか見てみたい。と言っても彼らの反応は容易に想像がつくけれど、まず第一に「沈黙」、第二に「無反応」、第三に「忘却」である。つまり何事もなかったようにやり過ごそうとする。不都合なことに触れてくれるな、そっとしておいてくれ、という良くも悪くも日本人的な反応だ。ずるいと言えばずるいのだけれど、まあ不都合であることを認めているとも言える。

 もっと悪質になると、 「あの逮捕は不当だ。悪魔の策略だ」とか、「コン・ヒー先生は身内の罪を被っただけだ。彼は犠牲の小羊だ」とか、「これは霊的には○○という意味がある。最後には主の栄光が現される」とかいうトンデモ論が展開される。どうあっても自分たちの非を認めない訳だ。

■携挙に関する誤解

 「大患難時代が来る前に携挙されるから大丈夫」と真顔で言うクリスチャンがいるけれど、一体なにがどう大丈夫なのか聞いてみたい。
 携挙について語ることはすなわち終末について語ることだと思うけれど、終末論にはいくつかの説がある。「千年王国」がこれから来るのか、あるいはもう既に来たのか、あるいは今がそうなのか、とうい3つだ(他にもあるのかな)。それぞれで当然「携挙」のタイミングは変わるし、そもそも携挙ってあるんですか? みたいな根本的な議論もある。

だから
①千年王国がこれからやって来る。

②その前に大患難時代がある。

③その前に携挙がある。

 というのは1つの説の中の1つの流れであって、何かを保障するものではない。
 また仮にそれが真実だとして、果たして自分が携挙されるのか? という問いに現段階で答えられる人は1人もいないはずだ。自信満々で言っておいて携挙されなかったらすごく痛い。
 そういうことを考えると、上記の「携挙されるから大丈夫」と言うのは浅はかだ。それに多少傲慢でもある。

 と、そんなことを最近考えてみた。

11 件のコメント:

  1. 例の如く、一部の熱狂的クリスチャンが、うちの教会は正しい教会です。
    ぜひここと繋がって下さい的なメッセージを流しているのですが

    あんたのところは毎度携挙騒動を繰り返して
    さらに、「この世と調子を合わせてはいけません」と
    正常な日常を無くしているじゃねーか?!と突っ込みたくなります。
    あんた方のいう通りに過ごしていたら、世間から浮き、しまいには
    精神衛生にも宜しくない。

    もう、信仰と宗教の取り違えには懲り懲りです。

    返信削除
  2. ハロウィンは悪魔崇拝の祭りだと興ざめなことをいい、あちこちで顰蹙をかうばかものどもが大量に出ています(笑)。
    妖怪や魔女のコスプレをするとクリスチャンとしてのアイデンティティが失われるというのは大爆笑です。「コスプレをしたくらいで失われるような、そんなちっぽけなアイデンティティしか持ち合わせていないのなら、最初からクリスチャンにならなければよかったのにね。」といいたくなりました。
    私はハロウィンの時期になると、キリスト教のことを何も知らない人にいろいろと説明します。
    「日本では夏がお盆で地獄の釜の蓋も休みになるといいますが、外国では秋がその季節です。私たち日本人はお盆になると迎え火をしますよね。アメリカではハロウィンになると、ジャック・オ・ランタンという、カボチャをくりぬいてその中にろうそくを立てるちょうちんが作られますが、これがお盆の迎え火です。この灯を頼りにご先祖様が帰省してくるのだそうです。」
    「ハロウィンはヨーロッパではあまり盛んではありません。ジャック・オ・ランタンも作られません。でも11月2日は死者のためのミサという法事のようなお参りが教会であり、この日にお墓まいりをします。メキシコだと死者の日の時期は街中に骸骨のモチーフがあふれます。」
    こういったハロウィンにまつわるキリスト教文化誌をお話しすると、みなさん「へえ、キリスト教のお盆ですか。地獄の釜の蓋が秋に休みになるというのは面白いですね。」と興味を持っていただけます。
    日本にキリスト教の信者を増やそうというのであれば、悪魔崇拝だと批判するより、「これはお盆にあたるものでして、ジャック・オ・ランタンは迎え火ですよ。」という話をしたほうが、たくさんの人がキリスト教に興味を持ってくれるでしょうに。
    こういったこと一つとっても、新興宗教系のプロテスタントは他者を攻撃するだけで、みんなと仲良くやっていこうという姿勢がないので落第だと思いました。

    返信削除
    返信
    1. 天晴れです(^.^)

      削除
    2. キリスト教って、ご先祖様の魂がある時期になると戻ってくるんでしたっけ?
      あの、、、

      削除
  3. そういえば・・・ガジマ師が逮捕されたという話はその後どうなったのでしょうか?

    携挙のことを語る方たちはご自分たちが挙げられるのが当然の如くです、その上目線が怖いです。

    返信削除
    返信
    1. 政府に毒を盛られて、緊急入院って日本の教会では語られています。
      アフリカタンザニアのニュースでは、国外に逃亡を計画するも失敗し、所得隠しに体調不良を訴え、入院となっていたが。
      あの豪邸と車の数を見れば、教会増築よりも、自分の私財に力入れたことは明白であるが。。。

      削除
    2. そうだったんですね。情報をありがとうございます。あんなにガジマガジマと騒いでいた日本の教会は今どう思っているんだろう…

      削除
    3. 口をつぐんでいるか、そうでなければ「政府に毒をもられて~」などというオカルト雑誌の陰謀論みたいな話でお茶を濁しているか、そのどちらかでしょう。
      なぜならば、新興宗教系プロテスタントでは、自分たちの過ちを認めることは絶対にないからです。カジマを日本に招待し、あちこちの教会で聖会と称するイベントをやりましたが、関係者は誰一人として責任を取って聖職者をやめたり、宗教団体を解散したりといったことはしていないではありませんか。
      そりゃあそうでしょう。二十世紀の終わりに終末詐欺をやりまくった聖職者が、新興宗教系プロテスタントの業界に掃いて捨てるほどいたのを思い出してください。彼らの中で「私は終末が来るといってみなさんを騙していました。すいません」と頭を下げて謝罪した人がいましたか?責任を取って辞職し、聖職者の資格がないからといって宗教団体を去った人がいましたか?最近も沖縄の婆原彰晃教祖がCERNがどうとかいって終末が来るのだとわめいていましたが、あの婆さん教祖も絶対に責任を取りません。これが新興宗教系プロテスタントの実態なのです。
      一時のブームに乗っておまつり騒ぎをし、カジマのようなカリスマ的スターをちやほやし、都合が悪くなると適当な嘘をついてごまかす。その場限りで信者をまるめこめると考えています。完全に信者はバカにされています。
      聖職者でも幹部でもない一般信者で、今もなお新興宗教系プロテスタントにとどまっている人たちは、どうみてもどこかおかしいのではないかと思います。

      削除
  4. 与太話ですね(p^-^)p

    しかし彼らは本気で思い込んでますよ(^_^;)))
    クリスチャンであればこうすべきだ❗と言って憚りません(^o^;)
    これこそが正統だと(-_-#)

    そもそも一神教の国は可笑しいです(^_^;)))
    だからその中で、神か悪魔かの二者択一で、サタン礼拝者が居るのでしょう。

    どちらも生け贄を捧げたり、肉を食べたり血を飲んだり、正常な人間のやることでは無いですよ(^_^;)))

    キリスト教は象徴だと言うけれど。

    宗教ビジネスの虜になって、あれこれ大騒ぎしている人が、周りに居ますよ(* ̄∇ ̄)ノ

    返信削除
  5. 昨日のTBSの夕方のニュースで、ハロウィンでなぜ仮装をするのか?という意味の解説をやっていて、悪魔の仲間だという意味があると報道されていました。
    一般で、そう認識されているみたいです。

    返信削除
    返信
    1. そんなことをいっているのですか。それなら京都の花街には節分の時期に芸妓さんたちが仮装をする「お化け」という行事がありますが、こんなのも「悪魔の仲間」ということになるのでしょうね。

      削除