2015年10月24日土曜日

クリスチャンのあるある的に書いてみた(賛美礼拝篇)

 久しぶりになるけれど、クリスチャンのあるある。聖霊派教会の賛美礼拝の最中に見られる風景について。

■みんなで歌う場面で

・みんなで主旋律を歌っていると、自分だけコーラスパートを歌ってやたら目立つ。
・「その方が賛美が豊かになっていいでしょ」と誰も聞いてないのに後から説明する。
・気持ちが盛り上がってくると、まわりの人に手を置いて祈りだす(賛美中に)。
・気持ちが盛り上がってくると、不仲の人のところに行って泣いて謝りだす(賛美中に)。
・歌詞を間違えると咄嗟に「うー」とか「あー」とかハモっているフリをする。
・一人だけ「霊歌」とか言って全然違う歌詞をつけて歌い出す(まわりは大混乱)。
・その日の気分で熱の入り方が違う。


■手を挙げて歌う場面で

・まわりの人が手を挙げはじめると、自分も手を挙げる。
・次こそ自分から手を挙げようと思う。
・でも次もできなくて、やっぱり誰かが挙げるのを待っている。
・挙げるのはいいが下ろすタイミングがわからない。
・歌いながら腕が疲れてきてどうしようと考えている。

■新来者がいる場面で

・わざわざ新来者の隣に移動して、大きな声で歌う(リードしてあげているつもり)。
・歌詞に難解そうな専門用語があると、いちいち耳元で説明してあげる。

■賛美奉仕者にみられる風景

・前半は意識して笑顔。後半は意識して真顔。
・後半になるにつれ、眉間にシワが寄っていく。目にゴミでも入りましたか。
・得意な曲と苦手な曲とで熱の入り方が違う。
・ちょっと変わったフレーズを弾いたりあえて裏に入ったりと、澄ました顔で小技を使う。
・実はその部分だけたくさん練習してきた。

■牧師の様子

・テンポを上げろとか下げろとか、音量がどうとか、実は細かく指示を出している。
・歌わないで聖書を開いている(今語られてますアピール)。
・後半になるにつれ眉間にシワが寄っていく。やはり目にゴミが入った様子。

■賛美礼拝の後

・賛美に熱が入りすぎて放心状態。席についてちょっとグッタリ。司会者の話が全然入ってこない。
・今日もジーザス最高、とかさっそくSNSにアップしている。
・特に感動した歌詞をSNSにアップしている。
・その歌詞を自分のSNSの背景画像に加工して入れている。
・「いいね」や「リツィート」がいくつ付くかと気が気でない。
・というわけでやっぱり司会者の話は聞いていない。

 ちなみにこういう教会の信徒、自分の教会を紹介するときこんなふうに言う。
「うちは賛美が恵まれた教会です」
  あの、聖霊派教会はどこもみな同じこと言いますけど。

2 件のコメント:

  1. |■みんなで歌う場面で
    |
    |・みんなで主旋律を歌っていると、自分だけコーラスパートを歌ってやたら目立つ。
    |・「その方が賛美が豊かになっていいでしょ」と誰も聞いてないのに後から説明する。

    オイラも讃美歌を歌うときはバリトンパートを歌っていました。
    賛美が豊かになっていいというのではなくて、ようは歌いやすいからです。しかも混声四部パートがちゃんと載っているし。
    ある日牧師が会衆讃美歌はユニゾンで歌うものだと、自分だけマイク使ってフルボリュームでシオカラ声を張り上げてたのには閉口しましたがね。
    本当にそうなら、讃美歌の節にはメロディーだけ載せれはいいのにね。あるいは救世軍の軍歌のように歌詞だけ載せるとかね。

    あンまり自由にさせると、

    賛美の途中で手を挙げるとか、
    祈りのときに合いの手いれるとかをしだすのも認めなければならなくなるのかもなので、

    教会に行かなくなる直前には、讃美歌を歌うの完全にやめてました。

    聖霊に酔うと、こうなるのかしらん、とも感じます。

    返信削除
  2. ある団体による学校!?礼拝!?が首都圏で始まったようですが、
    参加者がいきなり床に仰向けになり、手足をバタつかせて
    「ダディ!!ダディ!!最高だよ!ダディ!!」と叫んだことがあったそうです。

    金粉とか天使の羽がこの団体関連にはよく降るようですね。
    ダイヤモンドが降るという
    この団体とお友達の関西の女性牧師による東京礼拝に参加したことありましたが、
    『天が開けてるのが見える!』との声が参加者からもあがってました・・・。
    手のひらに光るものが、キャーッ金粉!との声が聞こえたので見せていただきましたが、
    汗ではないのかな!?とよく分かりませんでした。

    ブログは見ないほうがいいなとは分かってますが、ついのぞいてしまいます。

    返信削除