2014年12月4日木曜日

クリスチャンと「祈り」と「サタン」の関係

 先日の体験談記事「クリスチャンの禁止事項(?)について・その2」について、投稿された方から追加情報をいただいたので書いてみたい。

 同記事に「徹夜で祈る」という項目があり、「金曜の夜が特に重要」と書いたけれど、その理由が「イスラエルが安息日に入るから」だとのこと。
 つまり、安息日でイスラエル人が休んでいるから、サタンに襲われやすい状態にあり、私たちがその分祈らなければならない、ということだそうだ。

 これは単純に考えて、おかしい点が3つある。

 まず1つ目。サタンは一人しかいないし、神様のように偏在でない。だからもし安息日のイスラエルを襲うなら、日本は襲えない。逆もまたしかり。それにもし仮に、安息日がサタンにとって襲いやすい日なのなら、むしろイスラエルの方を襲うはずで、安息日という習慣のない日本が特に「襲われやすい」ことにはならない。

 2つ目。ヨブ記を見ればわかるけれど、サタンは神様の許可がなければ直接人間を襲えない。だから安息日とか関係なく、人間がサタンに襲われるということは基本的にない。それにもし仮にあるとしたら、人間は「霊の戦い」とかしている余裕もなく一瞬でやられるだろう。ヨブが受けた被害を見ればわかる。一晩祈ってサタンと戦うとか、そもそもそういう戦いにはならない。

 3つ目。日本とイスラエルは7時間の時差があり、日本の方が進んでいる。だから日本の方が7時間早く安息日に入り、7時間早く明ける。だから日本で徹夜で祈るだけでは向こうの安息日をカバーできない。

 他にもおかしな点があるかもしれない。見つけた方はご一報下さればと思う。

 という訳で、おかしいことだらけである。
 聖書をちゃんと読んでいればそういう間違いには陥らない気がするけれど、やはり指導者とか、有名牧師とかの話を鵜呑みにしてしまうのだろう。あるいは聖書との矛盾に気づいても、実際的にお世話になっている人の話は無下にできないのかもしれない。

 また、金曜の徹夜の祈りとは関係ないけれど、「私たちが祈らなければこの世界が大変なことになる」という発想はそもそも傲慢であろう。神様が無能で、人間が祈らなければサタンの好き放題にされる、と言っているのと同じだからだ。けれど実際は逆で、神様がサタンなり悪魔なりを制しておられて、その上で人間が勝手に「霊の戦い」だと騒いでいるに過ぎない。

 私たちの個々の祈りは、たとえばアマゾン川とかナイル川に一滴の水を垂らすようなものだと私は思う。それは大河にとって何の影響もない。その一滴で「流れを変える」と主張するのが上記の「霊の戦い」推進クリスチャンたちだけれど、傲慢にも程がある。

 しかし「大河も一滴の水から」という言葉もある通り、その一滴に何の意味もないのではない。神様も私たち一人一人の祈りを決して無下にはされない。むしろその一滴一滴に目を留めておられる。ただし一滴はあくまで一滴であって、それ以上ではない。その謙虚さは持っていなければならないと私は思う。

2 件のコメント:

  1. 初めまして。
    わたしは12年前に単立のペンテコステで洗礼を受けました。3人目の信者でした。
    それ以来というもの、霊の闘いと称して各地の神社仏閣に連れて行かれサタンよ出ていけとみんなで祈らされました。
    今では「直接闘ったら返り討ちにあう」とい言って、どっかから仕入れてきた闘いの祈りを皆に薦めているが。
    また、3人しかいなかたので奉仕は集中して疲れ果て、癌になり、休ませて下さいと言えば、信仰が下がったとかサタンの誘惑とかで皆で陰で祈られたり、牧師の態度は極端によそよそしくなった。
    韓国やアメリカからの教えを次から次に取り入れては信者をふりまわす。
    今は24時間の祈りや10人そこらしかいないのにセルを取り入れて、みんなが分断されギクシャクしてる。
    信者以外は滅ぶという完璧な原理主義を洗脳され、母からもらった人形やお守りなど全部燃やした。
    誰も牧師に意見する人はいない。
    ユースにまで異言で祈らせる。
    教会を離れたいけど、離れたらサタンにやられて滅ぶという、お きまりの洗脳 は溶けていない。それに、信者はみんな素直でよい人ばかり。でも、みんな心の奥では真理を知っているのか、誰も友達を連れてこない。
    牧師もまた洗脳されてきた被害者なのかな。
    イエス様は本当にこんな教会を望まれてるねかな?また、ご自分が言ってもいない教義をキリスト教とされていることに、どう思ってらっしゃるのだろう。
    ただ私達は心の純粋さと平安、本当の幸せを求めているだけなのに、、

    返信削除
    返信
    1. >ご自分が言ってもいない教義をキリスト教とされていることに、どう思ってらっしゃるのだろう。
      この部分でぷっと吹いてしまいました。なぜなら筒井康隆の短編を思い出したからであります。
      その短編は「末世法華経」というタイトルだったと記憶しております。
      日蓮が現代にタイムスリップしてやってきて、総花学会という新興宗教のイベントに出かけます。そこで幹部講師の説法を聞いて、「わしはそんなこといっとらん!!!」

      たぶんキリストがタイムスリップして、その単立ペンテコステ教会にいき、説法を聞いたならば、「わしはそんなこといっとらん!!!」

      霊の戦い
      神社仏閣で断ち切りの祈り
      しんどい奉仕
      信者以外は滅ぶ
      人形やお守りは燃やす
      異言で祈る
      恐怖による支配etc・・・
      これらはカルト化した新興宗教系プロテスタントによくある話で、別に珍しいことでもなんでもありません。
      唯一の救いは、「なにガンになった?病院なんていくのは不信心だ。祈って治せ」となって、命を落とすという悲劇だけは免れたことでしょうか。

      聖職者も被害者です。結論からいえばですが。新興宗教系プロテスタントの恐ろしさは、ゾンビと同じものです。すなわち、「食い物にされた側が、今度は食い物にする側にまわる」ということなのです。
      この人が求道したときに、「ペンテコステ教会は新興宗教系プロテスタントで、こういうところはカルト化しやすいので、近づかないほうが身のためです。」と、教えてくれる人がいなかったことが、不幸にして不運であったとしかいいようがありません。



      削除