2018年4月3日火曜日

イースターって悪魔崇拝なんですか?

 去る4月1日は、多くの教会がイースターをお祝いしたと思います。
 SNSにも色とりどりのイースターエッグが投稿されていました。皆さんはどう過ごされたでしょうか。

 イースターは日本語では「復活祭」とか「復活節」とかになると思います。十字架で刑死したキリストが3日目によみがえった、というのを記念するイベントですね。そして「復活=新しい命」というテーマが「卵」に象徴されるので、イースターエッグだと。

 イースターは年1回、4月あたりに行われます。移動祝日なので日付は毎年変わります。ちなみに西方教会は(今年は)4月1日でしたが、東方教会は8日ですので、後者はこれからになります。

 いずれにせよ、皆さんイースターおめでとうございます(ました)。

 ところで、イースターに否定的な教会群もあるようです。
 彼らの主張はこんな感じです。
「もともとゲルマン民族の女神Eostreを祭るものが、英語圏に入ってEasterに化けただけなのだから、悪魔崇拝だ。真のクリスチャンなら、イースターなどすべきでない」
 そして卵を壁に投げつける・・・かどうかはわかりません(笑)。

 とにかくそんな感じで、巷がイースターで盛り上がっているのを、半ば馬鹿にしながら見るわけです。「かわいそうな人たちだ」くらいの勢いで。自分たちこそ「事情通」だと思っているのですね。

 そんな彼らにかかると、クリスマスでさえ「あやしい」ものになります。
「12月25日はイエス様の誕生日ではない。だから祝っても意味がない」
「でも巷がクリスマス気分になっているから、それを利用して何かイベントをやってあげよう」
 クリスマスに意味がないと知りつつ、それを利用して伝道に生かそうとする自分たちは真に賢いクリスチャンだ、他のただクリスマスを祝うだけのクリスチャンたちとは格が違う、というわけです。
 やはり、「自分たちこそ事情通」なのですね。

 でも彼らが見落としているのは、それが「記念日」だということです。
 なにもイースターの日に、キリストが復活したのではありません(なにせ移動祝日ですからね!)。12月25日にキリストが生まれたのでもありません。
 そもそもその「日」を特定して祝おう、とするものではありません。そうでなく、「復活や誕生を覚えてお祝いする日にしよう」と取り決めただけの話です。「霊的な意味」とか、「真の意味」とか、「悪魔の策略」とか、そういうのは関係ありません。

 そもそもの話、「巷のクリスチャンたちはわかっていない。自分たちこそ真理を知っている」みたいな態度が、クリスチャンとしてよろしくないでしょう。なんでそんな上目線なんでしょうか。12月25日がキリストの誕生日でないと知っているから? そんなの調べればすぐわかりますけどね。

 むしろ彼らの方こそ、ちゃんと(自分で)調べていないと思いますよ。「えらい先生」の「ありがたいお話」を、鵜呑みにしているだけですから。あるいは「海外の神の器」が自分たちにだけ教えてくれた「霊的な秘密」とやらを、信じているだけですから。

 仮に自分で調べたとしても、そのソースはやはり「えらい先生」や「海外の神の器」からのものでしょう。何もないところから、ポッとそんな話が出てくることはありません。たぶん言われなければ、自分たちだってイースターやクリスマスを単純に祝っていたはずです。

 そういうのは「賢い」とは言いません。「事情通」でもありません。聖書的な表現で言えば、「教えの風に吹き回されている」だけです。

 というわけで、私は単純に記念日としてお祝いしたいと思います。
 繰り返しますが、イースターおめでとうございます。

4 件のコメント:

  1. 一部のクリスチャンが、季節や記念のイベントを取り上げて他の人を批判するのはナンセンスですね。
    癒し・奇跡・霊の戦いや聖霊偏重の人たちは、同時に悪魔や悪霊を過剰に強調する傾向があるようです。彼らの主張からは神を見くびっているとしか思えません。まるで、神は人間の助けがないと計画を遂行できないので、その為に選ばれた自分たちが頑張るんだみたいな・・・
    福音に対して完全にピントがずれている気がします。神はその気になれば、誰の力を借りなくても完全な癒しや疑いようのない超自然的な奇跡を行なえるし、十字架の贖いの根幹には悪魔に既に勝利していることがあるのに、それらに眼を背けているとしか思えません。

    返信削除
    返信
    1. まったくおっしゃる通りだと思います。

      「霊的」という言葉で事態の複雑さ、困難さを強調し、「自分たちが立ち上がらなければ」という根拠のない義務感を抱くところが、まさにメサイア・コンプレックスではないでしょうか。
      神を信仰しているようで、実のところ自分たちの理想や都合を追求しているに過ぎません。それはむしろ神への冒涜ではないかと私は思いますね。

      削除
  2. カトリック教会は、今年は4月1日が復活祭、前日が徹夜祭、徹夜祭は夜ミサが行われ、その後パーティが開かれますね。クリスマス徹夜祭よりは控えめですか。僕は、パーティが嫌いなので、今年は夜のミサも参加せず。復活祭ミサでは、玉子が例年配られる。前日、嫁様が20個ゆでて教会へ持って行きましたが。
    イエスの復活を祝うイベントですが、日にちはあくまで教会が決めたものですね。春の季節の良い日に設定されるわけです。春がやってきたなあと思うためにあるようなものですね。

    返信削除
    返信
    1. クリスマスもイースターも季節のイベントですよね。そこに過剰に「霊的な意味」を求め、ありもしない「霊的真実」をでっち上げるのは徒労に過ぎません。ご苦労なこったと思いますね。
      カトリック教会のように、パーティを開いて卵を食べる方がよっぽど健康的だし無害だと思います。

      削除