2017年7月23日日曜日

『キマジメくん』の連載を再開したワケ

・完全に私事ですが

 今回、およそ2年と5ヶ月ぶりに、『キマジメくんのクリスチャン生活』という小説の連載を再開しました。
 なんでこんなに空いたのか、またなぜ今になって再開したのか、今回はちょっとそのへんの経緯を書きたいと思います。

 ちなみにこのおよそ2年半の間、何度か「続きはまだですか?」という問い合わせをいただきました。正直嬉しかったです。同時に心苦しくもありました。そういう方々の期待に応えたい、というのも今回再開した動機の一つであります。

  連載を(勝手に)中断した理由は、単純に学校に通い始めたからです。2015年の4月のことでした。そこから学業と仕事の両立が始まりましたので、当ブログは「最小限にしてできるだけ続ける」ことが目標になりました。
 ブログ記事はけっこうランダムに、単発で自由に書けるからいいのですが、連載小説となると、事情が違ってきます。週1本ずつの連載でも、先を見据えて書かなければならないし、それまでの話しとの整合性にも注意しなければならないので、けっこう手間がかかります。学業も片手間でできるものではありませんでしたので、連載はちょっと無理だなと気付きました。

 かと言って、「学校に行くので連載を中断します」とも表明できませんでした。それ自体がプレッシャーになりそうだったからです。すべてが終わってから、「学校卒業しました」と言いたかったのです(実際、今年の3月に報告させていただきました)。
 それに、詭弁のようですが、『キマジメくん』は「不定期連載」と毎回明示していましたので、「まあ2年くらい空いても不定期なんだからいいだろう」くらいに思ったのもまた事実です。ズルいっちゃズルいんですけど(笑)。

 で、今年の3月に学校を無事卒業しました。それからしばらくは放心状態というか、骨休めの期間に入りました。それまで我慢していた読書や映画鑑賞にドップリ浸かりました。よく言えばインプットの期間というか。
 それから早いもので7月も半ばを過ぎ、「そろそろ何か(生産的なことを)始めよう」という気持ちになりました。で、真っ先に思いついたのが『キマジメくん』だったわけです。

 そして2年間放置していた、52話分の『キマジメくん』を久しぶりに読み返してみました。なかなか辛いというか、面白いというか、複雑な気持ちになりました。自分で書いていてアレですが、教会生活の「リアル」を感じたからです。それもカルトっぽい教会のリアルです。

 この小説、もちろんフィクションですし、半ば冗談っぽく書いていますが、けっこうマジな話なのです(もちろん脚色しています)。「信じられない」という人がいるかもしれませんが、そういう人は幸せな人なので、対岸の火事を眺めるような感じで読んでいただけたらと思います(皮肉ではありません)。

・なぜ小説(物語)なのか

 私が『キマジメくん』を書くもっとも大きな理由は、牧師や教会のおかしなところを訴えるのに、論理的に「こうでこうでこうなんです」と書くだけでは「足りない」と思ったからです。やはり人間は感情で動く生き物なので、物語の中で登場人物たちが動いたりしゃべったり、傷つけたり傷つけられたりするのを見ることで、はじめて共感したり、理解できたりすることがあるんじゃないかな、と思うわけです。

 いくら筋道立てて論理的に説明しても、伝わらないものは伝わらないのです。

 旧約聖書から引用しますが、ダビデという王様がいますね。彼はゴリアテを倒したことで有名ですけれど、イスラエルの王様になった後も連戦連勝の強者でした。もちろん神の助けがあってのことなのですが、それも含めて彼は「偉大な王」だったわけです。
 しかしダビデの弱点は女性だったようです。部下のウリヤから奥さんを奪い取り、しかもウリヤを激戦地に送って戦死させてしまいました。万事うまく運んだと思ったことでしょう。しかし神様はご存知でした。そして預言者ナタンを送り、ダビデを責めさせます。

 その方法が、なかなかエゲツないのですね。
 ナタンはダビデにたとえ話をしました。金持ちと貧乏人がいて、金持ちは羊をたくさん持っていたけれど、貧乏人は一頭しか持っていなかった。金持ちのところに客人が来た時、金持ちは自分の羊を提供するのを惜しんだ。で、貧乏人の唯一の羊を奪って、客人にもてなした、と。
 ダビデはそれを聞いて激怒して、「その金持ちは死刑だ!」と言います。そこですかさずナタンが言います。「あなたがその金持ちです」

 たぶんダビデはガツンとやられたと思います。
 もしナタンが「王様、ウリヤとその妻のことで、主が怒っておられます」と言ったら、ダビデはどう反応したでしょう。もしかしたら素直に認めなかったかもしれません。適当に誤魔化そうとさえしたかもしれません。
 しかし金持ちと貧乏人のたとえ話を聞いて、ダビデはその悪事に心底腹を立てたのでした。そしてそれが自分のしたことだと指摘され、はじめて自分の悪事に「気付いた」のではないでしょうか。

 物語には、そのような力があります。ある意味、論理を越えているかもしれません。
 もちろん論理は論理で必要なのですけれど。

 私も同じような理由で、『キマジメくん』を書き始めました。表現力とか描写力とか、まだまだ勉強が必要なのは承知しているのですが、それでも「何とかして表現しなければ」と思っています。

 というわけで『キマジメくん』を再開したのでした。これからどういう展開になるか、自分でもまだハッキリとはわかっていません。でもキマジメくんやその他の人物が今後たどる運命をみて、何かを感じ取っていただければ、何かを考えるキッカケにしていただければ、それはとても幸いなことです。

1 件のコメント:

  1. ハレルヤ〜、キマジメ君連載は主の御心ですから今後もぜひよろしくお願いします。いよいよ後半戦に向かってドラマチックになっていく予感満載ですね。個人的に溝田牧師の最後の抵抗の描写を心から主にあって期待しています。fuck(笑)

    返信削除