2016年11月2日水曜日

神による「大逆転」

 聖書を読んでいると時々、神様は「大逆転」が好きなのかな、と思うことがある。
 虐げられた人たちが後になって形成逆転する、という展開がしばしばあるからだ。

 たとえば創世記でいえばノア。方舟を造っている最中、彼は周囲からバカにされ、変人扱いされていたと考えられる。そうでなくても好意的に見られていなかったはずだ。しかし実際に洪水が起こったとき、立場は逆転した。
 あるいは兄弟たちに売られたヨセフ。エジプトに奴隷として連れて行かれたけれど、そこで大臣となり、王に次ぐ権力を得た。後に兄弟たちが飢饉で苦しんだ時、彼らの命はヨセフの手の中にあった。
 またはダビデ。家族から軽んじられ、来る日も来る日も羊の番をしていたけれど、後にイスラエルの王となった。
 他にもヨナ、ギデオン、ルツ、ダニエルなどなど。神様が「大逆転」が好きかどうかは置いておくとしても、虐げられた人たちをそのままにされないのが、神様の基本姿勢なのではないかと思う。
 新約のキリストの行動を見てもそれが言えると思う。彼は弱者の味方だった。虐げられ、あるいは差別された人々に寄り添った。

 私が知る限りでも、神様は虐げられた人たちをそのままにはされない。あるいは虐げる人たちを、そのままにはされない。
 ここでよく取り上げているカルト化教会についてもそうだ。いくつかの教会、あるいは牧師たちはその悪事が発覚し、その立場を追われている。彼らの多くは決して十分な社会的制裁を受けておらず、法的に罰せられてもいないけれど、少なくともその悪事を延々と続けられる状態からは追いやられた。

 もちろん、まだ発覚しておらず、問題化されていない牧師も沢山いると思う。だから「必ず正義がなされる」とは言えない。けれど、諦めるべきではないと私は思う。
 私の知るケースでも、問題が発覚して処分を受けた牧師は、それまで十年以上かかっている。何年も何年も信徒を騙し続け、教会を綺麗ごとで飾り、美しいメッセージを発信しながら、そのくせ影でとんでもないことをしていた。そんなことまったく想像しない信徒たちは、「訓練」と称する過重労働や暴言に長年忍耐し続けた(中には暴力を振るわれ続けた人もいる)。
 そんな状態が十年以上続いた。信徒たちはそういうのを全部「神様のため」「これが本当の信仰」と信じていた。しかしある日突然、まったく逆の事実を突きつけられた。すなわち牧師がきよくも正しくもなく、むしろ悪事にまみれ、それを巧妙に隠し続けていたのだと。「神に語られた」と言っていた諸々が、実はそうではなかったのだと。

 だから長い時間がかかったとしても、不正、特に教会における不正には、神様の介入が起こるのだと私は思う。
 もちろん歴史を見れば、また現状を見る限り、虐げられた人たちが、必ずしも後に報われる訳ではないのだけれど。


 聖書を読んで思うことのもう一つは、神様のなさることはイマイチわからない、ということだ。
 たとえば、なぜヨブは苦しまなければならなかったのか。たぶんこう聞くとイロイロしたり顔で説明しだす人がいそうだけど、私が聞きたいのはそういうウンチクではない。
 なぜヨブみたいな人が、あんなに苦しまなければならなかったのか。なぜヨブの子たちは突然死ななければならなかったのか(それは悪魔の仕業だと言うかもしれないけれど、それを許可したのは神様だ)。
 あるいは、なぜディナやタマルは強姦され、しかもそれを聖書の記録に残されねばならなかったのか。
 また現代に話も戻すと、なぜカルト化教会が十年も二十年も放置され、そこで信徒たちが苦しまねばならないのか。
 そして現在進行形で苦しめられている人たちは、いつまでそれが続くのか。
 悪事が発覚する牧師と、発覚しない牧師がいるのはなぜなのか。

 いろいろわからない。

 ただ、繰り返すけれど、諦めるべきではないと思う。
 時間がかかるかもしれないけれど、神様の介入があるはずだから。そしてカルト化教会だけの話でなく、また特定の何かの話でなく、あるいはご利益主義的な信仰でもなく、いつか神様の介入があると信じ続けることが、クリスチャンの持ちうる希望ではないかと私は思う。

3 件のコメント:

  1. 励まされました。
    もう、しばらく忍耐して神様の介入の結果を待つ事にします。

    返信削除
  2. 一番効果的なのは、やはりカルトに詳しい弁護士に相談して、訴訟を起こすことでしょうか。たとえ100点満点の結果でなかったとしても、起こすという行為に意味があります。なぜなら世の中にインパクトを与えるからです。

    もう四十年以上も前の話ですが、日本で初めて化粧品会社を相手取って裁判が行われました。日本初の化粧品裁判なのですが、この訴訟を行ったのは黒皮症になった無名の主婦たちでした。

    私はこの裁判の原告団の一人だったかたからお話を伺ったことがあります。
    家庭の主婦がこういった裁判を起こすことは、当時は極めてセンセーショナルなこととして受け取られ、「化粧品会社をゆすってお金を巻き上げようとするごろつきではないのか?」と心無い中傷を受け、世間全体を敵に回すようなものだったのだそうです。

    彼女たちは女性の顔を真っ黒にした責任は化粧品会社にあると法廷で主張しました。
    化粧品会社は(今もそうですが)しゃれたCMをテレビで流し、それこそ女性の味方のような顔で商売をしていますが、外面如菩薩内面夜叉とはまさに化粧品会社のことです。法廷では「あなたがうちの化粧品を使用している場面を、こちらが直接確認したわけじゃないから」とか「おたくのおとうさんの給料は安い。こんな安月給じゃ、うちの化粧品は高くて買えないはずだ」とか、あきれるような屁理屈をこねて言い逃ればかりしていました。
    しかし主婦たちは、世間の批判にも化粧品会社の屁理屈にも負けず、おかしいことはおかしいと訴え続けました。その結果、化粧品会社も自分たちの過失を認め、和解がなんとか成立しました。

    今は昔のように、黒皮症になるほど粗悪な原材料を使っている会社はありません。化粧品会社も昔と違って、クレームには誠実に対応するようになりました。四十年前のあの裁判がなければ、化粧品会社は今も粗悪な原材料を使った化粧品をぼったくり価格で売り、被害が出ても「あなたの肌にたまたま合わなかっただけ」くらいで、のらりくらりと逃げ続けていたでしょう。名もない主婦たちが行動を起こしたことが、今を作っているーーーこれを私たちは忘れてはいけないのです。

    神様のなさることは人間には計り知れないといいますが、やはり最初はまず人間が抗議の声を上げることも、ときには大切ではないのかなあとも思います。

    返信削除
  3. 私も励まされました。
    たとえこの世で神の介入がなかった場合でも、カルト化教会の牧師の不正が永遠に放置されるということは絶対にないですね。
    マタイ10:26、ルカ12:1-2、Ⅰテモテ5:24-25を信じます。
    私もカルト化した教会の出身です。

    返信削除