2016年10月5日水曜日

一貫性を持つことはクリスチャンとしても大切だと思う、という話

■一貫性を持つこと

 キリスト教信仰と直接関係ないけれど、私が常々心掛けているのは「一貫性を持つこと」である。
 それは無理やり聖書的表現をしてみれば、「安定した歩みをする」ということかもしれない。

 できるだけいつも同じスタンス、同じ立場で、これと決めたことを継続していきたい。始めたことを簡単に辞めたり、右と言ったのに気付くと左になっていたり、Aと言ったりBと言ったり、みたいなことは(できるだけ)したくない。いつも変わらない何かを持っていたい、と言ったらカッコつけすぎだろうけれど。

 でもマンネリとかワンパターンとかにはならないように、いわゆるソフト面では柔軟でありたい。改善できることがあるならしたい。いろいろ試すのも良いと思う。でもそういう表面的なことはともかく、向いている方向はいつも一緒、いつも変わらない、という一貫性を持っていたい。

 なんでこういう話をするかと言うと、これもまた教会時代の反省があるからだ。

■一貫性のなかった教会の話

 私の教会はとにかく活動が多かった。いろいろな「働き」が次々と始まり、ミーティングも頻繁に持たれ、数々の仕事(よく言えば奉仕)がスタッフたちにどんどん割り振られていくのだった。礼拝や祈り会なども毎日あった。みんな遅くまで教会に残って働き、徹夜や泊まり込みも珍しくなかった。

 と言っても、忙しいことに文句があるわけではなかった。私が不満だったのは、「始めたことが続かない」という状態についてだった。

 たとえばだけど、教会の一角で毎週英会話教室を開こう、と牧師が言い出すとする。そのためにスタッフが割り当てられて、チラシを作ったり地域に配ったり、一応教室っぽく整えたりと、希望をもって活動を始める。しばらくすると、(うまくいけば)生徒が何人か集まる。そして毎週何曜日の何時からか、楽しそうな英会話教室が始まる。担当者は「この教室から救われる魂が起こされるのが主のご計画だと思います。ハレルヤ♪」とか、期待に胸を膨らませて皆に話す。

 だけど突然、「○○の地域に伝道旅行に行くよう示された」とか牧師が言い出して、教会を挙げて〇〇に出向くことになる。英会話教室のスタッフも当然のようにそこに連れて行かれる。で、「今週の英会話教室はお休みです」となる。
 次に「海外でこれこれのカンファレンスがある。それには出なければならない。英語ができる人が必要だ」みたいな話になって、また英会話教室のスタッフが引っ張って行かれる。またまた「今週の英会話教室はお休みです」となる。
 で、帰ってくると、「今、実は△△のプロジェクトを始めるように主から促されている。君、担当してくれるか」とか牧師が言い出す。英会話教室のスタッフは、「主からのコーリング」ばかりは断れない。
 というわけで、「英会話教室は事情により閉じさせていただきます」となる。あれ、その教室から救われる魂が起こされるんじゃなかったっけ?

 というのはほんの一例で、似たようなことが沢山あった。なんだかんだで一つのことが継続しなかった。私はその一貫性のなさに違和感を覚えていた(言い出す勇気はなかったけれど)。
 ここで「主にそう導かれたんだから仕方ないだろ」みたいな反論をしたい人には、その英会話教室の生徒さんたちにそれをそのまま言ってもらいたい。「続けられないなら始めるな」と言われたら、どう反論するだろうか。「続けられるかどうか事前に計画せよ」みたいなことを聖書は言ってるんだけど。

 教会が神様にどう導かれたにせよ、その生徒さんたちにとって、その英会話教室が「証」にならなかったのは間違いない。そしてそれを神様のせいにするのは、教会に泥を塗るようなものではないかと私は思う。

■一貫性の有無は伝道にも影響する

 というような経緯から、私は一貫性を持つことが大切だと思っている。クリスチャンであればなおさらだとも思っている。

 べつに押し付ける気はないけれど、一度言ったことは続けるべきだと思う。そしてそれ以前に、続けられるかどうかをよくよく考えたうえで発言すべきだと思う。その目的や動機、どこを目指すのか、どんな方法で続けるのか、みたいなことは最低限考えて、本当にそれを始めるかどうか、自分の中で吟味することを強くお勧めする。

 話を急に小さくするけど、SNSでクリスチャンの皆さんを眺めていると、一部にそういう一貫性のなさを感じることがある。
 たとえば、アカウント名やアカウント画像を頻繁に変えたり、アカウントを削除したかと思えばいつの間にか別アカで復活していたり、辞めたり再開したり、Aと言ったりBと言ったり、なんか右往左往しているように見える。もちろん個人の好みや都合の範疇の話なんだけど、精神的な不安定さが見え隠れしているような気がしてならない。

 もっともそれらは悪いことではない。不安定さは誰にでもある。完全に安定した人もいない。またどんなことにも一貫性を持つべきだという話でもない。辞めるべきと思ったら、長引かせないで辞めた方がいい場合もある。いろいろな事情があるだろうから、一概に言うことはできない。

 しかしごく短期間でAと言ったりBと言ったり、辞めると言ったり辞めないと言ったり態度をコロコロ変えるのは、「落ち着きがない」と言われても仕方がないだろう。そしてそういう落ち着きのない、今日はこうでも明日はどうなるかわからないみたいな人が、「聖書はね」とか言っても、説得力がないだろうと私は思う。

 同じ福音を聞くにしても、聖書の講釈を聞くにしても、言うことややることがコロコロ変わる人から聞きたいか、そうでない人から聞きたいか。
 答えは明白ではないだろうか。

■「継続」することについて

 最後に「一貫性」に関連して、「継続」の話をしたい。

 何事かを継続することは、それを始めることより大変だ、とよく言われる。私はその通りだと思う。何かを始めることは案外簡単にできるけれど、それをずっと続けることは案外難しい。長くやっていれば、良い日もあれば悪い日もある。やる気が失せる日もある。もう辞めようかなと思う日も、度々あるだろう。

 このブログにしても同様で、詳しく書かないけれど、イロイロな時を経てきている。もう辞めようかな、と思ったことは今のところないけれど、何の意味があるかな、意義があるかな、と思ったことは多々ある。

 そう考えると、「一貫性を持つ」ということは、「何かを継続する」ということと、ほぼ同義なのではないかと思えてくる。もちろん一貫性を持つために何かを辞める、ということもあるかもしれないけれど。

 このブログを始めてまだ3年半だから偉そうに言えないけれど、「継続」するためのコツは、「とにかく続ける」ことにあると思う。身も蓋もない言い方だけど。
 とにかく続けないと、続かない。当たり前だけどこれこそ「真理」だと思う。すごく嫌な時でも、やる気が出ない時でも、無心になったりヤケになったりどうでもいいやと思ったりしながら、続ける。続けてみる。結果なんか知らない。というスタンスも時には必要だと思う。

 最後に気の利いた聖書箇所を披露できればいいんだけど、ちょっと思いつかないので、敬愛するマンガ『スラムダンク』から名言を引用して終わりにしたい。
「諦めたらそこで試合終了です」(安西先生)

3 件のコメント:

  1. 私が思うに、この教祖様は子供のころからこんな性格だったのではないでしょうか。
    きっと幼稚園でも小学校でも、行動記録の項に「非常にあきっぽく長続きしない。根気強く気長にやれない」と、記載されていたのではないかと思います。
    かなりの気分屋で、そのときそのときのフィーリングで簡単に決めてしまい、ちょっと面倒になると、すぐ「アトヨロ」で他者に丸投げしてしまうので、結局は周囲の人がしりぬぐいに追われて、散々振り回されるというパターンだったといえます。
    このような性格では、たぶん何をさせても長続きしなかったことでしょう。こどものころは習い事や塾、大人になってからは仕事・・・おそらく中途半端に投げ出してしまっていたのではないかと思われます。
    この人が新興宗教系プロテスタントの業界に入って、自分を教祖とした新興宗教の教会を開業できたのは幸運なうえにも幸運なことでした。人からはそれなりの人物として見てもらえたわけですから。もし宗教と出会わず、この業界に入ることもなかったならば、何度も転職を繰り返していたでしょう。そして上司からは「調子のいいことをいつでもいっているが、すぐに投げ出してしまう根性のないやつ」と評され、会社員ならぬ貝社員で、ちょっと景気が悪くなると真っ先にリストラされ、そのうち正社員で雇ってくれるところもなくなり、派遣社員で食いつなぐ人生を送るしかなかったでしょう。
    この人が新興宗教系プロテスタントの業界に入れて、たとえ短い間であっても、人からはそれなりの人物と思われた瞬間があったのは、神様のお情けであったといえます(笑)。

    返信削除
  2. >そう考えると、「一貫性を持つ」ということは、「何かを継続する」こととほぼ同義なのではないか


    記事を拝読していて思ったのですが、ここでいうところの『一貫性』とは、『土台』とか『基礎』という言葉に置き換えられるのではないでしょうか。

    返信削除
  3. ちょっとつかぬことをお伺いしますが、依然通っていた新興宗教系のプロテスタントの教祖にはこんな症状はありました?

    ◇ 自分は何でも出来る万能な存在で、尊敬されるべき最高な人間であると思う。
    ◇ 上機嫌で陽気な表情。おしゃべりになり、冗談を絶えず言い、よく笑う。
    ◇ 全身にエネルギーが満ちあふれていて、将来は明るい人生が待ち受けているように思う。
    ◇ 注意力が散漫になる。
    ◇ アイディアがこんこんと湧き、爽快な気分。酒に酔ったときのようないい気分になる。
    ◇ 物事を楽天的にとらえ、出来そうもないことを口にしてすぐに決断する。
    ◇ 話し続けなければならないというプレッシャーを常に感じる。
    ◇ 記憶の外に遠ざかっていた過去の思い出がよみがえってくる。
    ◇ 誇大妄想を生み出すこともある。
    ◇ 他人を指図したり、干渉したり、命令的になって高圧的な態度にでる。
    ◇ 新しいプランや目標を放ったらかしにし、意味もなく動き回る。
    ◇ お金を湯水のごとく使い、借金まですることもあるので、後で深刻な状況に陥ることがある。
    ◇ 周囲の人と衝突する。職場では上司や同僚を怒らせ、結果的に自分の評判を落とす。
    ◇ スピード運転をしたり、普段しないような路上での危険な行為に及ぶ。
    ◇ エネルギーに満ちあふれているため、眠る時間がもったいないと考え、一晩中動き回るためろくに眠れず、睡眠不足になる。
    ◇ 眠ったとしてもすぐに目が覚め、頭も冴えて眠りに戻ることができない。
    ◇ 睡眠時間が減っているにも関わらず、その日1日中うまくやり通すことができるように感じる。
    ◇ 食欲が亢進することが多いが体重が増えない。
    ◇ 性欲が亢進し、性的に逸脱することもある。

    もし当てはまる項目が多かったのでしたら、そう状態になっていた可能性があります。
    新興宗教系プロテスタントの教祖になるような人に、時折みられるのがそう状態です。
    通常はそう状態はうつ状態とセットになっていますが、なぜか新興宗教系プロテスタントの教祖には、うつ状態になったときが確認されていません。なぜそう状態のみが表出して、うつ状態が表出しないのか理由はわかりませんが。

    返信削除