2016年7月3日日曜日

カトリックとプロテスタントの大きな違い。「人とのかかわり方」について

 カトリックとプロテスタントの両方に触れて思ったことを、1つ紹介したい。

 と言ってもカトリックはまだまだ勉強中なので、教義面ではまだ何も言えない。言えるのは実際の教会生活(主に礼拝)についてになる。
 またプロテスタントと言っても幅が広くて、一概に言えない。だから私が長くかかわってきた聖霊派・福音派の話になる。ルーテルや聖公会になるとまた話が変わってくるので、そのへんを了解したうえで読んでいただきたい。

■カトリックとプロテスタントの実際面の大きな違い

 カトリックとプロテスタントの大きな違いとして、「人とのかかわり方」があると思う。

 カトリックだと、自分から動かない限り、誰も何も教えてくれない。特別話しかけられることもない。だから人とのかかわりは文字通りゼロになる。個人的に仲の良い間柄はあるだろうけれど、教会で知り合った人たちと関係を築いていこう、みたいな雰囲気はない。青年会とか婦人会とかのグループ活動もない(と思う)。(→訂正。あるみたいです)。

 カトリックに通って1年になるけれど、私はいまだカトリックの知り合いがいない。もちろんやり方次第で、誰かと知り合いにはなれると思う。ただ私個人がそれを願っておらず、話しかけることもせず、それでも通い続けられる雰囲気がカトリックにはある、ということだと思う。
 たとえばこれで周りに沢山のグループがあって、会堂のあちこちでワイワイガヤガヤやっていたら、ぼっちの私は寂しくなって、どこかのグループにいずれ入りたくなる。
 しかしカトリックのミサ(礼拝)に通っている限り、ぼっちを意識することはない。少なくともそこでは皆がぼっちであり、1人1人が神に向かっているからだ(と思う)。礼拝堂を出れば、固まって話している人たちもいる。けれどそこはもう教会とは関係ない。

 というのが私のカトリックのイメージ。自分から動かないと、何のかかわりも生まれない。

 この点がプロテスタントはまったく逆になる。
 プロテスタントだと教会に入った瞬間から話しかけられる。まず受付で挨拶され、次に隣の席の人に話しかけられる。礼拝中にまわりの人たちと挨拶する時間があり、下手すると初対面の人とハグする羽目にもなる(カトリックにもこの時間はあるけれど、頭を下げるだけでいい)。また礼拝中に立って自己紹介させられることもある。
 礼拝が終わると、初来会の場合はまず間違いなく牧師に話しかけられる。どこの誰で、どんな仕事してて、どこに住んでて、どこ出身で、どんな家族構成で、どんな事情で来たのか、とかいう個人情報を聞かれる。そしてさっそくいろいろな教会活動を紹介されて、是非どうぞ! ってなる。連絡先を教えると、いろいろお誘いをいただいたり、お元気ですか? とか脈絡なく聞かれたりする。
 また青年であれば青年会、婦人であれば婦人会など、年齢性別に合ったグループを紹介される。そこのリーダーにもいろいろ話しかけれらる。「弟子訓練」を導入している教会だと、一対一でいろいろ教えられることにもなる。またそういうグループとか師弟関係とかでなくても、誰かに個人的に気に掛けられて、願うと願わざるとにかかわらず、あれこれお世話されることもある。

 つまりプロテスタントだと、ぼっちではいられない。誰かと関係を持たざるを得なくなる。
 カトリックみたいに、礼拝が終わると皆すぐ会堂を出ていくってこともない。礼拝後は「交わり」の時間だったり、昼食会だったりして、いずれにせよ誰かと話すことになる。教会に来たばかりだと、そこでいろいろ教えられることになる。

 まあ、どっちが良い悪いという話ではない。そういう違いがあるよって話。
 しいて言うと、ぼっちでいたければカトリックは居心地がいいし、ぼっちが嫌ならプロテスタントの方が居心地がいい。かもしれない。

■プロテスタントの「かかわりすぎ」

 そういう基本理解を踏まえたうえで、プロテスタントの「人とのかかわり方」の問題点を挙げてみよう。それは一にも二にも「かかわりすぎ」というのが根本にある。

事例1
 クリスチャンになったばかりのAさん。先輩信徒Bさんが、事実上の指導係になった(頼んでないけど)。
 ある日曜の礼拝。Aさんは教会にきて、いつも通り一番後ろの席に座った。そこへBさんがやってきた。「Aさん、今日から礼拝では前の席に座りましょう」「なんでですか」「礼拝に集中できるためです」
 で、Aさんは仕方なく前の方の席へ。隣にはBさんがいる。で礼拝がはじまって、終わって、Aさんは帰った。以降来ていない。

事例2
 弟子訓練教会にて。Cさんがリーダーで、Dさんがフォロワー。Dさんは結婚について悩んでいた。結婚を考えている交際相手が、未信者だったからだ。 でCさんがアドバイスした。相手が未信者でも、ちゃんと話し合って信仰について理解してもらえれば、結婚の妨げにはならないのではないか、みたいな感じに。Dさんはちょっと安心した。
 さてCさんが牧師に呼ばれて、Dさんの教育の進捗状況について聞かれた。Cさんは結婚のことも含めて報告した。すると牧師が激怒して、未信者との結婚なんてダメに決まってるだろう! みたいな感じで怒鳴りつけた。
 そして後日、DさんはCさんに呼ばれた。Cさんは神妙な表情で、やっぱり未信者との結婚は考え直した方がいいと思う・・・と言う。
 え、どっち?
 というのがDさんの感想。

 他にもイロイロあるけれど、要するに「余計なお世話」な事例が多い。と言うか余計すぎて、不信感を抱かせたり、教会から離れさせたりしてしまうことがある。たとえ善意からだとしても。
 Aさんのケースで言えば、礼拝で座る席なんか好きにさせろって話。Dさんのケースで言えば、教える側の不一致が問題だけれど、そもそも人の結婚に教会が口を出すのがおかしいと思う。しかも未信者じゃダメだとか、昭和初期の親じゃあるまいし。
 これが分別のつかない未成年ならまだわかるけれど、大人相手にすることではないと思う。

■プロテスタントの千差万別さ

 これらは極端な例だろうけれど、プロテスタントの「人とのかかわり方」を突き詰めた結果でもあると思う。知っているルーテル教会だと、人間関係はもっとあっさりしている。もっとバランスのいいところもあるかもしれない。

 でもそういうふうに、人間関係が密だったり稀薄だったりとイロイロあるのが、プロテスタントの特徴の一つだと思う。
 だから教会と言っても千差万別なので、選ぶ際にはイロイロ見たり聞いたり試したりした方がいい。「人はそれぞれ植えられる教会が決められている」みたいな運命論を主張する牧師もいるけれど、聖書にそんな根拠はない。決めるのはあくまで自分自身。だからはじめから「ここ」って決めるより、いろいろ見てからでも全然遅くないと、私は思う。カトリックもプロテスタントも含めて。

5 件のコメント:

  1. カトリックの教会には行った事はないですが、何となくイメージ出来ます。
    同じプロテスタントの教会でも本当に様々ですよね。私が好きだった教会は牧師さんが年配の方だったんですが、個人情報を聞き出さず、気を使わせず、そっと笑顔でいてくれる方でした。
    そして何年も会ってないのに、偶然に共通の知人を通してですが私の事をフルネームでちゃんと覚えて下さって、話した内容も覚えててくれ嬉しかったです。
    それも牧師の仕事の一部だと言われればそれまでですが、やはりそういう方はいつまでも記憶に残りますね。良い意味で。

    返信削除
  2. プロテスタントの千差万別さでいうと、教会の牧師や関係者が、ネット上で「教会へ行ってみましょう」と呼びかけてるのは、無責任極まりないと思いますね。

    だって、プロテスタント教会なんて、どこに共通点があるのかわからないくらいバラバラで、そもそもちゃんとしたキリスト教の教会なのかもあやしいですから。


    彼らはプロテスタント教会の実情をちゃんと把握した上で、「教会へ行きましょう」と言ってるのか、はなはだ疑問です。

    返信削除
    返信
    1. ルパン13世さんのおっしゃる通りですよ。「お近くのプロテスタント教会をお気軽にお訪ねください」という人がいますが、プロテスタントは無法地帯だということを、一番わかっていないのはこういう発言をする人ですよ。
      無責任といいましょうか能天気といいましょうか、たまたま自分は運よくいい教会に当たったのかもしれませんが、世の中の人が全員ラッキーな人とでも思っているのでしょうか?頭がおめでたいにもほどがあると思いますね。

      削除
  3. >ある日曜の礼拝。Aさんは教会にきて、いつも通り一番後ろの席に座った。そこへBさんがやってきた。「Aさん、今日から礼拝では前の席に座りましょう」「なんでですか」「礼拝に集中できるためです」
    >で、Aさんは仕方なく前の方の席へ。隣にはBさんがいる。で礼拝がはじまって、終わって、Aさんは帰った。以降来ていない。


    なぜ教会では前の席に座らなくてはいけないのでしょうかね。


    一昔前の深夜アニメに、「ラブゲッCHU 〜ミラクル声優白書〜」というのがありました。
    その第一話、初めての授業で教室の席の最前列に座った生徒が一人しかいなかったのを見て、
    声優養成所の講師が、やる気のなさをとがめたシーンがあったのを思い出しました。
    ええ、古いです。さらに、カルトです笑 
    でも、タイトルもキャラクターも軽そうに見えて、その実かなりシリアスな内容だったという評価がついたと記憶しています。
    <ちなみに、講師役は野沢雅子氏でした>


    話かわって、下北沢の小劇場ザ・スズナリホールは、いまは客席前方にはベンチシートが
    あるのですが、昔は床に座布団が敷いてあって、混んでくるとそこの観客は三角座りをして鑑賞せざるを得なかったと、
    最前列だから、役者にもっとも近い位置で見られる、ある意味では最高の場所だったのですが。


    礼拝は芝居ではない。
    声優修業者のような気持ちでメッセージに臨んでほしい、という牧師の思いもわからなくはないのです。
    でもその割には、特等席とも言えるはずの最前列の場所に、教会役員はたいてい座ろうとしない、
    主の恵みを奪い合う気持ちで、前につめて座るはず、ではないのですな。
    だったら、昔のスズナリのように、前方は椅子ではなく床に座布団かマットレス敷けば、
    高齢者が喜んで、正座しながらメッセージを聞いてくれるはずなのにね。

    新興宗教系とリベラル、いや大半のキリスト教会は、
    一部の九州の畳敷きのところを除いて、
    椅子にこだわったあげく、
    後ろに座りたいという信徒の思いをガンシカトして、
    前にお詰め下さい、などとほざくのですな。


    ではなぜ、信徒は後ろに座りたがるか、

    そのへんだけ学校くさいからでしょうね、教会が。

    返信削除
  4. カトちゃんの方が、お酒には寛容な感じですよね。
    一部のプロちゃんの、”アルコール、スピリッツは、神を退け、悪霊を礼拝する・・”
    礼子ちゃんの旦那チャンが陥った例は極端ですが、、世では真面目に働いて納税して、
    せめてもの楽しみ・慰めでお酒が必要なクリスチャンもいるのです。

    いろいろ批判もあるようですが、M・M氏発信の
    ”ヨナ書は、私たちが思い込んでいる旧約の神観を直してくれる書である。そして、預言者が特別な人ではなく、私たちとそんなに変わらない人であることを教えてくれる。それにしても何と多く「死」を願う人であろうか。そのような人を預言者として用いられる神は憐れみ深い神である。”

    やっぱり、用いられておられる方なのかなと思います。

    返信削除