2016年6月16日木曜日

「脳内神様」か、本当の神様か

■収容所の小さな貴婦人

 原典不明だけれど、『収容所の小さな貴婦人』という話がある。実話かどうかも定かでない。けれど寓話だとしても、人間心理の面白さをよく現している。こんなお話(以前にも紹介したことがある)。

 第二次大戦中、フランス軍の小隊が、ドイツ軍の捕虜になった。
 捕虜生活が長引くうち、みな苛立って、仲間どうしで喧嘩や諍いが絶えなくなった。
 これでは精神衛生上良くないと思ったのか、彼らはその房の中に、架空の1人の「貴婦人」がいると想像することにした。
 具体的にするため、房の隅にテーブルやら椅子やら置いて、そこに貴婦人が座っていて、いつもこちらを見ている、という設定にした。そして着替えの時は貴婦人に見られないように布で隠し、食事の時は彼女の分をちゃんと準備した。彼女の誕生日(みなで決めた日付)にはお祝いしたり、彼女を囲んでクリスマスを祝ったりと、本格的な「同居生活」を演じた(たぶんその過程で、彼女のディティールが決まっていったと思われる)。

 すると最初はゲーム感覚だった貴婦人の存在が、徐々にリアリティを持ち始めた。兵士どうしで喧嘩になりそうな時は、貴婦人の前だからと拳を収めるようになった。汚い言葉を口にしてしまった時は、彼女に謝った。みな毎朝彼女に挨拶し、そのそばを通る時は会釈した。
 その様子があまりにリアルだったので、あるとき監視のドイツ兵が、房を隅々まで捜索した。フランス兵たちが少女をかくまっているのではないかと、本気で疑ったのだ。
 厳しい捕虜生活の中、他の房の捕虜たちには衰弱死したり病死したり、発狂したり自殺したりする者が多く出た。しかし架空の貴婦人と同居していたその小隊のメンバーは全員、正気を保って生き延び、戦後はそろって帰国を果たすことができた。
 というお話。

■「実在」となる「架空の存在」

 そんな馬鹿なことがと思うかもしれないけれど、これと似たような話は他にもある。
 ナショナル・ジオグラフィック・チャンネルの番組"Story of God with Morgan Freeman"で興味深い実験が紹介されていた。対象は幼児で、後ろ向きでボールを投げて的に当てられれば、ご褒美がもらえる。当てられなければ何もない。で、「誰も見ていない」とわかると、ほとんどの子がズルをして、振り向いてボールを投げた。でも「魔法で透明になったお姉さんが見ている」と言われると、ほとんどの子がそういうズルをしなくなった。という実験結果だった。

 これはもちろん幼児だからだけど、「そこに人がいる」と信じることで、そこに人が存在することになる。見えないんだけど、その子にとってリアルな存在となる。だからズルができない。

 こういう例はすごく身近にもある。たとえば学校とか職場とかで、苦手なグループの人たちから悪口を言われているような気がする、というのがある。その人たちが、自分の方も見ながら笑って話しているように見えて仕方がない。あれは絶対に自分の悪口を言っているんだ、自分は嫌われているんだ、物笑いにされているんだ、もう学校(職場)行きたくない、となる。実は悪口なんて全然言われてなくて、完全に気のせいだとしても、そう信じてしまうと訂正できない。その人は存在しない悪口を、自分の中でだけ実在させる。

■では「神」という存在は

 これは「神」という存在に対しても適用されうる話だと思う。
 と言っても、「キリスト教の神様って、もしかしたら想像の産物じゃね?」とか言うつもりはない。これでも一応クリスチャンなので。

 でもそういうクリスチャンが、他宗教の「神」に対しては、同じことを言うだろう。たとえば仏教の「菩薩」とか、ヒンズー教の「シヴァ」とか「ヴィシュヌ」とか、クリスチャンならそういうのは全部「想像の産物でしょ」と言うはずだ。あるいは「悪魔の仮の姿だよそれ」とか言うかもしれない。
 しかし、仏教徒やヒンズー教徒はそれらを真面目に信じている。彼らの中に菩薩は実在し、シヴァは実在する。そして彼らは聖書の「創造主」こそ「想像の産物でしょ」と言うだろう。あるいは多神教的視点から、「神々の1人でしょ」と言うかもしれない。

 つまり、「その存在を信じているから、それは存在する」という話。お互いに。

 じゃあ神様の存在は証明できないのかと言うと、そんなことはなく、証明できると私は思う。聖書も言っているけれど、「被造物が神の存在の証明」になると私は考える。しかしここでそれを説明すると話が脱線しまくるので、べつの機会にしたい。

■問題:「脳内神様」か、本当の神様か

 今回のポイントはここ。
 私たちが「神様」と思って信じている対象は、本当に「聖書の示す神様」だろうか。
 自分たちが(教会が)勝手に作り上げた、「脳内神様」になっていないだろうか。

 たとえばカルト的教会では、「神様」はこんなお方。

・奉仕しない信徒は祝福してくれない神様。
・献金しない信徒は祝福してくれない神様。
・毎週ちゃんと礼拝しないと祝福してくれない神様。
・一生懸命何時間も祈らないと御心を示してくれない神様。
・牧師に意見する信徒は厳しく罰する神様。
・牧師にだけ特別な啓示を与え、信徒には一切与えてくれない神様。
・能力がないと用いてくれない神様。

 他にも沢山あるけれど、これで十分だろう。
 見ての通り、これらは、聖書が示す神様像からかけ離れている。でもそこの信徒にとって、神様とはそういうお方なのだ。もはや愛の神様でなく、憐み深い神様でもなく、厳しい監督官みたいな存在。でもそれは教会が作り上げた「脳内神様」みたいなものだ。上記の「貴婦人」とか「透明なお姉さん」とかと同じで、「その存在を信じているから、それは存在する」という種類のもの。

 自分が礼拝し祈る相手が、自分の「脳内神様」だとしたら、こんなバカらしいことはないと思う。言葉は悪いけど、それは信仰という名のマスターベーションじゃないだろうか。

 またそれはカルトっぽい教会だけの話ではない。信仰熱心な人が、「脳内神様」相手に賛美したり祈ったりしているのを時々見かける。だから自分自身の「神様イメージ」は時々点検した方がいいし、神様をあんまり(自分の中で)人格化しない方がいいと思う。わからない部分はわからないままでいい。牧師に言われるままに「神様との親密な交わり」とやらを試して、自分勝手な「神様像」を作り上げてしまうよりは。

4 件のコメント:

  1. 他人に押し付けないこと、が重要かな。

    私的な見解ですが、義務教育過程で部活動やら体育祭で熱くなることや、学生のサークル活動・合コンが苦手だった人には
    教会に所属するのって、苦痛かも!?

    平日はフルタイムで働きながら、教会に土日はずっと(疲れた顔して)奉仕している人、
    本人が満足しているのならいいのですが、”あの人のように尽くさなければ死後、いい暮らしができない”と
    思ってしまう人がでる危険性もあります。

    押し付けはしないけど、センセーショナルな情報を発信して”自分は神様に忠実です、ご判断は
    ご自由にどうぞ”などと、書かれていれば、とらわれてしまう人もいるでしょうね。

    キャサリン・クールマンちゃん、美人ですよね。癒された!とその場ではおおいに盛り上がったけど、
    実は癒されていなかった、との情報もあります。

    ブログのコメント欄のやりとりで盛り上がって、有名女性のところにわざわざ行ったら、
    ”あら、ほんとにきちゃったの?”みたいな対応をされて、一応、癒しの異言の祈りをしてもらったけど、
    症状は変わらないと、こぼしていた人が、またその人のブログに(*^▽^*)なコメントしだしたの、見たことあります。

    カロリーメ○トの会社の社屋前で、「商談成立!、社長様にも証をしました」と以前、発表されてましたが、
    本格的に東京で販売される”聖なるドリンク”は、ほんとに、その企業とのコラボ商品なんでしょうか・・・。

    返信削除
  2. 依怙贔屓する教会や牧師も、いましたからね~(^_^;)

    返信削除
  3. 世界の歴史を色々調べると、キリスト教の設立に関する事も沢山出て来ます。

    植民地として異国に進出。武力で制圧して宗教を信じさせ、信じなければ惨殺。全能の神以外に居ないから。

    白人至上主義の下、肌に色が付いてれば動物扱い。奴隷として強制連行する。
    広島・長崎への原爆投下も、人種差別の行為から。

    教祖はパウロであって、キリストの精神は反映されていない。

    ローマ帝国に懐柔して、教皇が圧倒的な権限で「真理」を作り上げ、その教えを思考停止して「信じる」(洗脳即ちマインドコントロールされる)事のみが大切だと、教理・信条を鵜呑みにする事で「救われる」と、そう定義したのです。
    しかも、同じキリスト教の星の数ほど存在していた色んな教えの各派の人達をも、改めないなら惨殺。

    ですから、キリスト教信者として言いますが、本当に貴方達が言う神って居るの?

    思い込みでないの?

    そうつくづく思います。特に牧師達に対して。

    イエスの精神の人欠片もない、西洋キリスト教をベースとした人達は、うわべだけ。根本はめちゃくちゃなのに、何を根拠に偶像礼拝?十一献金?聖餐式?

    宗教とは、人を生かし大切にし、生きとし生けるもの全てを愛し、平和に人生を全うすることじゃないですか?

    思い込みですよ。


    本当の神と言うのがいると言う前提でのお話です。
    私も一基督者ですので。

    返信削除
    返信
    1. 主の成し遂げられたこと、”囚われ人の開放”
      苦々しい思いから解放されること、大切なのは新しく創造されること(自力ではなく、主によって)、これを教えないで、
      『悔い改めて忍耐してェ、がまんしてェ・・・』と説教して、専業・信徒からの献金のみで妻子を養っておられる方、
      まあ、最終判決は、腸まで調べられる主によるものですから。

      神学校を出た牧師はいない自由な集まりの小規模の集会に行ったとしても、
      あれこれ、わがままな人、人に失礼なことを言って
      ”私は主イエス様だけに嫌われないようにする、言いたい放題言うわよ”
      などと言う人、不快な思いをしないとも限りません。

      どこか教会とか、小規模なラフな集まりの集会に初めて参加される方は、
      あまり無防備な状態ではなく、”大切なのは主に(決して人ではない)つながっていること”
      が前提で行かれるのがよいかと思います。

      リクエスト”わがままなクリスチャン””人をコントロールしたがるクリスチャン”
      についてもいつか取り上げていただければと思います。

      削除