2016年6月14日火曜日

「聖霊使い」になっちゃった

■注目される「聖霊」

 1900年代にアメリカで始まったペンテコステ運動以来、その流れをくむ教団教派では、今日も「聖霊」が注目されている。

 その流れにはいわゆる「大物」も関わってきた。たとえばキャサリン・クールマンとかベニー・ヒンとかチョー・ヨンギとか。いずれも集会を開けば大人数を動員する(した)面子だ。彼らが壇上で「聖霊様は〇〇です」と発すれば、次の日には信者の間で「聖霊様は〇〇なんだよ」って話になる。印象的だったのは、ベニー・ヒン著『聖霊様おはようございます』が出版されるやいなや、毎朝「聖霊様おはようございます」って挨拶とともに起きる人が急増したことだ(彼らが今もそういう挨拶をしているのかどうかは知らない)。

 日本ではペンテコステ親交会という集まりがあって、教役者大会というのを毎年開いている。その流れの牧師たちが一同に集まって、最近の海外の「トレンド」を仕入れたり、励まされたり恵まれたり何だりで、それぞれ帰っていく。で、その「トレンド」を自教会で「新しく開かれた真理」みたいな形で信徒たちに紹介していく。だから「後の雨」が流行れば教会全体で「後の雨をくださーい」となって、「レストレーション」が流行れば皆で「レストレーションをこの地に・・・!」となる。
 大変わかりやすい構図だ。

 つまり、「大会で仕入れたこと=真理」となっている。あるいは「海外の最新の動向=真理」となっている。吟味? そんなものはない(キッパリ)。もちろん全部が全部ではない(と思う)けれど。

 ちなみにそういう大会で面白いのは、牧師たちのミーハー振りである。ゲストの「大物牧師」と挨拶できただけでキャーキャー言っちゃう若手牧師とか、iPhone発売当時で言えばiPhone自慢とか、ノートパソコンで聖書検索した結果をパワポに連動させてますけど? 的なガジェット自慢、ツール自慢とか、伝道集会で○○したら何人動員できたとか、そういうの。相手が信徒じゃないからか、けっこう素の牧師の顔が見られる。

■いまいちわからない「聖霊様」

 それはともかく、話を戻すと、要は海外から入ってきたトレンドが、ほとんどノーチェックで聖霊派教会に入っていく。いろいろ意見はあるだろうし例外もあるだろうけれど、そういう現状がある。

 で、牧師は礼拝説教とか祈祷会とか、聖書の勉強会とかで、「聖霊論」を展開する。聖霊関連の信仰書も出版されているから、熱心な信徒なんかは読む。そういう「学び」から読み取れる「聖霊」の特徴は、こんな感じ。

「聖霊様には人格がある」
「彼はすぐ隣にいる助け手で、すべてのことを教えて下さる」
「彼は私たちと交わりたいと願っておられる」
「彼は私たちの友達である」

 というわけで、"I am a friend of God 〜"とノリノリで賛美をすることになる。

 でも、そういう「学び」を総合しても、聖霊に関していまいちピンとこない。

 たとえばだけど、前述のベニー・ヒンの書籍によれば、彼は「聖霊様」に乞われて夜中に何時間も「聖霊様と語り合った」という。そういうのを読むと「すごい」と思う反面、果たして我々は「天の父よ」と祈るべきなのか、「聖霊様」と祈るべきなのか、ちょっと混乱する。また前述の通り「聖霊様おはようございます」と挨拶するなら、同様に「アバ父よ、おはようございます」とか「イエス様おはよー」とか挨拶すべきではないのか? という疑問も出てくる。そして「天のお父様、またイエス様、そして聖霊様・・・」みたいに3者それぞれの名前を最初に挙げて祈る人も出てくる。

 他にも、「聖霊様が働かれる」とか「聖霊様が語られる」とか教えられるんだけど、それらを実生活にどう適応したらよいのか、いまいちわからない。ベニー・ヒンの真似をして誰もいない椅子に向き合い、「聖霊様、どうぞそこにお座りになって、私と語って下さい」と祈ってずーっと返事を待ってて、いつの間にか寝てました、という話も聞いたことがある。

 教会で「聖霊様はね、」としたり顔で話す牧師とか先輩信徒とかも、案外よくわかっていない。質問されると「それは祈っている人にならわかります」とか「祈りが全てです」とか適当なことを言って、煙に巻くのをよく聞いた。

 しかしそれは仕方のないことだ。なぜなら前述の通り、それが「大会で仕入れてきたトレンド」だからだ。たとえば大会で「聖霊様は私の親友だ」とか聞いてくると、ミーハー牧師たちにとって「聖霊様は親友」というのが大前提になって、それを裏付ける聖書箇所を、後付けで引っ張ってくることになる。つまり「後付け神学」なのだ。だから細かいことを聞かれても当然わからない。

 それで一番迷惑するのは真面目な信徒たちであろう。わからないから信仰書を読みあさったり、いろんな大会や集会に通ったり、何時間も祈ったりするんだけど、やっぱりわからない。
 で、どうなるかと言うと、だんだん自己流の解釈をするようになっていく。

■ゼスチャーコントロールされる「聖霊」

 今日の聖霊派教会でみられる「聖霊像」とか「聖霊のイメージ」とかには、そういう自己流の解釈が多分に混じっていると思う。意識的にか無意識的にか、「自分たちにとってわかりやすい何か」に置き換えられつつある気がする。

 たとえば「聖霊よ、流れよ!」とか仰々しく祈るとき、多くの牧師は手をバーっと広げて、明らかに「風」の形を意識している。それは「息吹」という聖書表現を意識してのことだろう。また「聖霊を注いで下さい!」と祈るときは、両手を広げて天を仰ぐ。空から「雨」が降ってくるようなイメージだ。また「聖霊充満!」と祈るときは体内にガソリンでも充填するようなゼスチャーをする。つまり聖霊を「エネルギー体」みたいに捉えている。

 それの何が問題かと言うと、たとえば手をバーっと広げれば聖霊のウェーブが放たれるとか、両手を広げれば聖霊が雨となって降ってくるとか、そういう「ゼスチャーコントロール聖霊」になってしまっている点だ。『ジョジョ』で言えば「スタンド」みたいな感じで、聖霊を都合よく操れるエネルギー体みたいに考えている。

 その顕著な例を挙げると、「聖霊を飲みなさい!」と言って、信徒に向かって大きなバケツをひっくり返すようなゼスチャーをする海外の「大物ゲスト」がいた。聖霊を完全に飲み物にしている。
 あるいは「聖霊を受けよ!」と叫んで、自分の口で「プシュー」とか言いながら、信徒の顔に息を吹きかける牧師もいた。べつにプシューでも何でもいいんだけど、やる前にマウスウォッシュをしてもらわないと困る。本当に(苦笑)。

 そう考えてみると、信徒に手を置いて「倒す」行為にも、そういう側面があると思う。自分の手から波動か何かを送って信徒を倒す、みたいな感じだ。

 それはつまり、自分の「祈り」で聖霊を自在に操れる、ということと等しい。「聖霊は私の友達」と言う割に、扱いがずいぶん雑じゃないだろうか。
 手をバーってしたり、雨が注ぐように上下に手を振ったり、泉が湧くように手を押し上げたり、そういうゼスチャー付きで「聖霊よ! 〇〇!」とか叫ぶ牧師の姿を思い返してみると、なんか「聖霊使い」という言葉を連想する。『ジョジョ』の「スタンド使い」じゃないけれど。

4 件のコメント:

  1. まだプッチ神父の方がリアリティがあってマシですな(笑)
    クリスチャンがジョジョ読んで良いんでしょうか?(笑)

    返信削除
    返信
    1. あー『ジョジョ』なんか読んだら「悪魔の影響」を受けてしまいますね(笑)。

      関係ないですけど、第6部のエンディングが大好きですね。「僕の名前はエンポリオです」ってとこ。

      削除
    2. 6部最高ですよね〜。
      マンガと言えば、クリスチャンマンガのレベルの低さは半端ないですね。読めたもんじゃあないですよ(笑)

      削除
  2. 「聖霊様に人格があるから」という理由で、朝起きるときに挨拶をしたり、誰も座っていない椅子に向かって座ってくれといったり、ちょっとほほえましいですね。

    なぜほほえましいと思ったかというと、ユネスコの世界無形遺産になった「奥能登のあえのこと」を思い出したからです。
    キリスト教が聖霊様(=父なる神であり子なるキリストでもある)なら、奥能登のあえのことは田んぼの神様です。田んぼの神様は三位一体ではなく夫婦です。
    紋付袴姿で田んぼに入り、鍬を入れて神様にまず家に来ていただくのですが、炉端で少し休憩したあと、お風呂に招き入れ湯かげんを尋ねます。お風呂から神様夫婦があがったあとは、二の膳つきのごちそうが並んだ床の間の前に案内します(目が悪いので料理について説明する)。一時間後に食事が終わり、そのおさがりを家族でいただくのです。神様は12月の初めから2か月間滞在し、2月9日になったらまた田んぼに送り出し鍬を入れて終了です。
    とてもほほえましい新嘗の祭りだと思いませんか?神と人との間のあたたかな交流があるのですよ。

    新興宗教系プロテスタントも、聖霊様にご挨拶をし、椅子に向かって「お座りください」とやるのでしたら、ここでもっと発展させてあえのことにも負けない神事にしたらいいのにと思ってしまいました。
    クリスマスかイースターの時期に、紋付袴姿でお風呂に案内して、床の間には二の膳まで並べて、お酒の代わりに甘酒でも出してもてなすくらいのことをしてはいかがでしょうかね。一年の労をねぎらったらいいではありませんか。そこまで信心深いならですよ。
    自分たちこそ本物だというなら、やはりこれはあえのこと並みの神事にしないと本物とは言えないでしょうね(笑)。

    返信削除