2016年6月11日土曜日

クリスチャン特有の迷言、妄言をまとめてみた(ツッコミ付き)

 時々見かける、一部のクリスチャンの方々の迷言、妄言をまとめてみる。もれなくツッコミ付き。でもそのまま書くのも無粋なので、ちょっと脚色してみる。
 心当たりのある人には、逆上してさらなる妄言を増やさないでいただきたいと思う(苦笑)。
 ではさっそく。

・迷言、妄言
「体の調子が悪いです。〇〇や××や△△の症状があって辛いです。癒されるように祈って下さい」
→さっさと病院に行って下さい。

・迷言、妄言
「祈りは必ず聞かれる!」
→神様には耳があるので、どんな祈りも聞いてます。

・迷言、妄言
「その戦いが神の戦いなら、あなたは疲れることがありません」
→じゃあ24時間寝ないで戦って下さい。

・迷言、妄言
「サンデークリスチャンは御国に行けません」
→じゃあ何クリスチャンなら行けるんですか?

・迷言、妄言
「この世には悪がはびこっています」
→教会の中にもね。

・迷言、妄言
「血肉の家族より、神の家族との絆の方が絶対です」
→何かあればその「神の家族」が真っ先に敵になります。

・迷言、妄言
「礼拝中にお腹が痛くなったり、頭痛がしたりします。やはり礼拝は霊的戦いの場なのですね」
→神社仏閣に油まいてきたら?

・迷言、妄言
「自分が主に用いられるかどうかは、祈りにかかっています」
→じゃああのロバの子は熱心に祈っていたんですね!

・迷言、妄言
「神の国は民主主義ではない」
→独裁政治でもありません。特に牧師の。

・迷言、妄言
「今日の礼拝、恵まれました~」
→恵まれに行ってるんですか?

・迷言、妄言
「リバイバル絶好調!」
→・・・はぁ?

 以上、最近みた迷言、妄言を紹介してみた。
 最後に真面目に書くと、こういう信仰っぽいようで実は全然信仰っぽくない発言の数々は、教会での「教え」に問題がある。聖書がどう言っているかより、教会が代々どう教えてきたか、牧師が代々どう教えられてきたか、が重視された結果。つまり「聖書のことば」より「人の言い伝え」の方が重要になってしまっている、という新約時代のキリストの危惧が、そのまま現代も続いているということ。

 たとえば、「霊の戦い」なんて概念は、聖書というより、『エクソシスト』みたいな映画の影響が強い。仮に「悪霊追い出し」が現在もあるとしても、それは一進一退のドラマチックな「戦い」という意味ではないし、腹痛がしたり頭痛がしたりというセコイ「悪魔の攻撃」をも意味しない。

 だから間違って教えている牧師や教会の責任は大きいし、それを真に受けて新しく「教える側」に回っていく人々も、同様の責任を負わなければならない。自教会でやってる「聖書の学び会♪」に出てもどんどん偏っていくだけだし、間違いが強化されていくだけだ。それよりいろいろな本を読んで、キリスト教の歴史からまず学ぶべきだし、いろいろな教団教派に分かれている理由とか経緯とか、そのあたりの視点から、今自分が立っている「場所」を眺めてみるのが大切だと私は思う。

 間違っても「聖書だけ」「聖書があれば十分」じゃダメ。結局聖書の言っている意味がわからないから他人(牧師とか先輩とか)に聞くことになって、そうすると、その人の「解釈」を聞くことになる。でもそれが間違っていたら? あるいは偏っていたら? 聖書しか読まなかったら、そのへんのことが全然わからなくなってしまう。

 だからクリスチャンの皆さんには(ゆっくり自分のペースでいいから)、ちゃんと勉強すること、自分なりに考えてみることをお勧めする。

2 件のコメント:

  1. 私は、「ノンクリスチャン」の言葉はどうかと考えます。教会の信徒同士の会話でも「あの人ノンクスチャンだから救われるように祈りましょう。」と聞くと違和感を感じます。救われたとしたらウエルカム!でもクリスチャンではないからその以前に振り分けしている言動は考え物です。そんなことを教会に初めて来た人が聞いたら教会の敷居は高いと感じるでしょうよ。

    返信削除
  2. 迷言妄言の中で一番嫌な感じがしたのが、「血肉の家族より、神の家族との絆のほうが絶対です」。
    確かにいいますよね新興宗教系プロテスタントの教会では。この迷言妄言は新興宗教系プロテスタントにヤクザあがりの人たちが多く入ってくるのとつながっているような気がしませんか?ほら、あれですよ。
    「♪親の血を引く兄弟よりも~ かたい契りの義兄弟~」
    ヤクザの世界では親子や兄弟の盃を交わすと、それが絶対的なものとなり、生んで育てた親や血を分けた兄弟よりも、「親分/兄貴」のほうが大事な存在になってしまいます。
    新興宗教系プロテスタントでは洗礼がその盃に当たるものなのでしょうかね(笑)。

    しかしそんなかたい契りの義兄弟であっても、それは宗教のつながりだけです。宗教を離れたらもう敵となってしまいます。
    また宗教の中にいてもいい時だけじゃないですかね。什一献金で生活が苦しい信者に向かって、「お前の信心が足りないんだ!」と怒鳴りつけるのが本当の家族といえるのでしょうか?家族なら少しはいたわりの心くらいみせるべきではないのでしょうか?
    それこそリストラされた人からも失業保険の一割を分捕るなんて。自分たちは本当の家族だというなら、「職がみつかるまで献金は免除します」といえないとおかしいでしょうよ。
    最低限のセーフティネットにすらならないものを、果たして「本当の家族」といっていいものなのでしょうかね?

    返信削除