2016年5月20日金曜日

「神の側」vs「悪魔の側」という構図に「中立」という立場をくわえてみたら

キリスト教系の季刊誌『ミニストリー』の2016年5月号に、「『女神転生』にみる千年王国思想」という記事があった。懐かしさもあって、興味深く読んだ。内容には触れないけれど、日本文化における「千年王国の受け取られ方」が、時代と共に変遷している、という切り口。興味のある方は書店等へどうぞ。

 で、今回はその記事に触発されて考えたことについて書く。でも本当にどうでもいい話なので、たぶん何の役にも立たないと思う。

・『女神転生』というビデオゲームについて

 まず簡単に説明すると、『女神転生』は20世紀末に流行ったビデオゲームのシリーズである。RPG形式で、ドラクエとかFFとかに比べてダークでシリアスな展開が売りだった。崩壊後の東京が舞台で、コンピュータープログラムで「悪魔」を召喚したり会話したり仲間にできたりして、いろいろな敵と戦い、終末的世界の中、主人公は絶えず何かを選択していく。その選択によって最終ボスが変わり、エンディングも変わる。けれどどのエンディングも「これで良かったのか」という疑問を残す。

 この「悪魔」というのは、いわゆるキリスト教的世界観の悪魔という意味ではない。もちろんそれも含むんだけど、もっと広く、仏教の神々とかヒンズーの神々とか、ヨーロッパの神話上の神とか妖精とか、日本に古くから伝わる魑魅魍魎とかも含んで、かつキリスト教で言う天使たちもそこに数えられている。つまり、「人間でない超自然的な存在」は全部「悪魔」として括られている。世界の宗教のごった煮的なゲームだ。

 またこのゲームの重要な要素として、主人公が選択できる「属性」がある。「LAW(秩序)」と「CHAOS(混沌)」と「NEUTRAL(中立)」だ。
 この属性の分け方はキリスト教的で、「LAW」とは創造主なる神の側、「CHAOS」はサタンをリーダーとする悪魔の側である。そこに第三の勢力として存在するのが「NEUTRAL」で、これは神にもサタンにも属さない立場、となっている。

 この「神にもサタンにも属さない立場」というところで、きっと熱心なクリスチャンの反発を招くと思う。聖書的価値観で言うと、「一緒に集めない者はちらす者」という訳で、神に属さない者は悪魔の側の者、ということになるからだ。神の側でないなら中立も何もない、というのが一般的なクリスチャンの考え方だろう。

・神とも戦い、サタンとも戦う「NEUTRAL(中立)」

 しかしゲーム上では、この「中立」が成立する。主人公は天使とも悪魔とも戦うことで、「中立」という属性をキープしていく。そして終盤のある時点で属性変更ができなくなると、この「中立」の主人公は神と戦い、サタンとも戦うことが避けられなくなる。神も悪魔も全部滅ぼして、人間だけの世界をもたらす、というのが「中立」のエンディングだ。

 ところで「神を滅ぼすなんて!」みたいな反応はご遠慮いただきたい。ただのゲームの話なので。

 でもこの「中立」という存在が、今回なんとも考えさせられたポイントだった。

 この「中立」とは、いわゆる平和主義でなく、民主主義でもない。「悪魔」という侵略勢力と戦い、「神」という侵略勢力とも戦う。「神の側」も「悪魔の側」も受け入れない。どちらか一方の極に振れない。あくまで自由意思を貫く、という立場だ。熱心なクリスチャンからしたら「それこそ悪魔の側だ」「悪魔の策略だ」という話になるだろうけれど、私はそうは思わない。

 と言っても「中立」の立場に立ちたいという話ではない。私はあくまで創造主なる神を信じているし、神を礼拝する者でありたい。そうでなく私が言いたいのは、どちらの側にも組しない中立的な視点でものを見るのも大切だ、ということだ。

・不適切な対立の構図

 ちょっとわかりづらいと思うので、言い方を変える。「神の側」と「悪魔の側」という表現だと、おそらく誰もが「神の側」を選ぶし、そこで迷う人はほとんどいない。クリスチャンであれば。でも話はそんな単純ではない。私が今回「中立」という言葉から想像した構図は実はこうだ。「教会の側」と、「教会が作り出したイメージとしての悪魔の側」という構図。

教会の側
vs
教会が作り出したイメージとしての悪魔の側

 教会の言うことが絶対だ、教会のやることが絶対だ、私たちは間違いなく「神の側」だ、という教会絶対視が一方にある。そしてもう一方には、その教会が作り出した「悪魔とはこんな存在だ」「悪魔の手口・策略はこうだ」「悪魔に騙されないようにしなさい」という悪魔像がある。つまり、

教会絶対視
vs
(教会が作り出した)悪魔像

 という構図の中、クリスチャンたちは当然のように「教会絶対視」の側に立ち、イメージとしての「悪魔像」に敵対している、ということはないだろうか。でもそれは、本来的な「神の側」vs「悪魔の側」とは全然関係がない。むしろそういう単純な構図と思い込んでいて、実は「神」が「教会」に、「悪魔」が「悪魔像」にすり替わっている、ということはないだろうか。

 つまり絶対的に正しい「教会の側」があり、その教会が主張する「敵」としての「悪魔」が存在し、信徒はその中で「教会」に仕え、「悪魔」に立ち向かうことが「聖書的」とされている。
 なんかややこしい話かもしれないけれど。

 だからちょっと中立的な立場に立ってみて、「神の側」と思っていることが本当に「神の側」に属することなのか、「悪魔の側」と思って敵対していることが本当に「悪魔の側」に属することなのか、考えてみるといいかもしれない。

 そしてそれは本当の意味で「中立」なのでなく、結果的に「神の側」 に立つ手助けになる、と私は思う。

 という訳で、本当にどうでもいい話なんだけど、最後まで読んでいただいて本当にありがとう。

9 件のコメント:

  1. くだらねー。くだらねーよ。
    でも、そこが良い(笑)
    今度はファイナルファンタジー4のゴルベーザに見るキリスト教系カルト洗脳問題をお願いします!(笑)

    返信削除
    返信
    1. 「そこが良い」というお言葉にジョルノ・ジョバーナを思い出しました(笑)。ありがとうございます。FFでしたら2が好きなので、「自己犠牲の連鎖にみられるキリストの十字架」みたいな感じでどうでしょう(笑)。

      削除
  2. どこかの国のことわざ!?だったか、誰か著名人の言葉!?なのか、
    「地獄への道は、人の善意で満ちている」みたいなのを思い出しました。

    返信削除
    返信
    1. 「地獄への道は善意で舗装されている」ということわざですね。なかなか良いたとえだと思います。

      削除
  3. そうなんですよね。読んでいてうなづきまくりでした。

    困ったことに、NCCに属する宗教団体に加盟している教会の牧師でも、「自分たちは神の側」「自分たちとは違うものは悪魔の側」という考えの人がいるのですよ。
    「悪魔は○○です。だから私たちクリスチャンは悪魔に騙されないようにしなくてはなりません」。
    NCC系の団体の教会とあって、さすがに日曜日に仕事をするなという過激な主張まではしないとはいえ、たとえば「悪魔は日曜日に休めない仕事を社会に用意し、人々を教会の礼拝に出席することから遠ざけようとしているのです」とかね。
    これでは北朝鮮の朝鮮少年団あたりが、赤いスカーフを首にまいて「ハンサンチュンビ!(常に準備)」とやるのと同じではありませんか。
    北朝鮮は第二次大戦下の大日本帝国の状況が、物心ともに今も続いているわけですが、
    キリスト教会がこれを日本国内でやるとなれば、日本の中に北朝鮮ができてしまうわけですよ。
    NCCに属する団体の教会ですらこれなのですから、JEAに至ってはいわんやであります。
    プロテスタントは恐ろしいといわれるのは、まさにこういうことがあるからではないのでしょうか?

    返信削除
  4. しょうゆ揚げ煎2016年5月21日 18:17

    ゲームについての話は消化不良でしたが、
    ”だからちょっと中立的な立場に立ってみて、「神の側」と思っていることが本当に「神の側」に属することなのか、「悪魔の側」と思って敵対していることが本当に「悪魔の側」に属することなのか・・・”
    という部分で、色々と考えさせられることが多いなと感じました。
    教会は聖書に基づいてる存在(立場)だから、変な間違いなどないというイメージ、いつも正しい(判断ができている、御心しかならないから)と思い込んでいるという部分が多々あると思います。
    究極は自分達は常に正しい、自分達こそ(だけ)正しい、とかですね。

    教会という組織からの束縛、人の教えを混ぜ込んだ神学や規則(律法では決してない)、クリスチャン界特有の常識etc..それらすべてが結局人々を迷いださせ、苦しめ、疲れさせているのに、自由だ、救われている、世の人は悪魔の奴隷状態だぁ、真の自由を得てないんだぁ...というクリスチャン(一応神の側)。

    こちらのブログで過去の教会での出来事を記事にされていましたが、不思議なのが一般社会で同じような出来事が起きたら、事件として明るみになって大変な事態になっている所(のはず)なのに、ということです。報道されたらちょっとしたワイドショーのコーナーを独占する程の事が教会内で起きていたことに本当に驚きました。あまりにも人の道をはずれた生き方、結末だと。
    私はfuminaruさんが経験された程の事件は目にしませんでしたが、今でも忘れられないことが一つあります。ある姉妹が先生方に呼び出され日頃の態度(賛美の奉仕者で献身者という立場)を注意されたのですが、まぁ最終通達みたいな場になったようで、態度を改めなければちょっと考えないと・・・という話までいったそうです。結局教会を去ったのですが、その姉妹が本気で驚いた様子で、『あの人たち本当にクリスチャン?って思うような言い方だった。信じられない。普通あんな風に言える?人に。めちゃくちゃに言われたんだけど。。。いやちょっとあれは人としてどうなの。。。』と。
    最近ではもう人に私クリスチャンって言うのをやめたところです。

    返信削除
    返信
    1. すみません。ゲームの話はスルーしてもらって構いません。本当にくだらない話で恐縮です。

      しょうゆ揚げ煎様のお話にあった姉妹の件ですが、そういうことは私の教会ではわりと日常的な風景でしたね。当然ながら人の出入りの激しい教会でした。

      削除
  5. 中立って私も大事なことだと思う。でも、それを言うと「高等批評に毒されてる」とか「自由主義神学の悪魔」とかまるで危険思想。んなこと言ってるから「教会絶対視」になってきちゃう。
    カールセーガンって人の話を思い出した。この科学者がダライラマと会ったときに「もしもこの宗教の中核が科学によって反証されたらどうしますか?」と質問した。(スゴイね)
    そうしたら、「そうなったら、チベット仏教は変わらなければなりません。」と答えた。
    「例えば、生まれ変わりのような、真に中核となる教えでも?」「はい。」「しかし、」とダライラマは付け加えた。「生まれ変わりを反証するのは難しいでしょうね。」と余裕だった。カールセーガンはこのことについて、「つまり、反証しようのない宗教上の教義に関しては、科学の進歩を懸念する必要はないのだ。」と言ってる。
    私たちはもっと鷹揚でいていいんだし、神様を「守ろ」うとなんてしなくてもいいんじゃないかしら。教会の言ってることが神様の全てじゃないよね。

    返信削除
    返信
    1. 「教会絶対視」が興味深いと思いました。
      宗教改革のときに「人と神の間は直接つながっているべきである」と考えたはずですが?プロテスタントは誕生した時点では、人と神との間に何ものも入ってはならないという建前が存在したはずです。しかし時代を経るにつれ、その建前がなぜかどこかにふっとんでしまっていて、気が付いたら「教会絶対主義」がまた幅を利かせているという・・・
      「教会絶対主義」に抗議して起こった宗教改革によって誕生したプロテスタントが、今や「教会=神」となってしまいました。
      ほら、新興宗教系プロテスタントにはよくあるでしょう?「この教会を離れたら地獄に落ちる」と教えているところが。彼らがしばしば批判するカトリックは、もうとっくの昔に「教会の外に救いなし」という考えを捨て去っています。
      プロテスタントは、過去にカトリックが犯した過ちをまた繰り返しているのですが・・・。そのうちプロテスタントもカトリックのように、「教会の外に救いなし」という考えを捨て去るといいなあと思いました(笑)。

      削除