2016年5月15日日曜日

神の愛と予定論をめぐる、クリスチャンの自己中心性について

■映画『神は死んだのか』で気付いたこと

 少し古い話になるけど、2014年のアメリカ映画『神は死んだのか』(God's not dead)を公開当時に劇場で観た。その内容を今でも時々思い出しては、いろいろ反芻している。で、最近ふと気づいたことがあるので、それについて書いてみたい。



 この映画のメインストーリーは、クリスチャンの大学生が無神論の哲学教授に対して「神の存在」を証明しようとするもの。群像劇的な作りになっていて、同時にいろいろなエピソードが進行していく。その中の一つに、デイヴ牧師とジュード牧師のエピソードがある。

 デイヴ牧師とジュード牧師が、2人で車で出掛けようとする。しかし車が故障したり、借りた車が故障したり、教会で何だかんだトラブルが起きたりで、なかなか出発できない。そうこうするうちに半日たち、1日たち、数日たってしまう。そして映画の終盤、ようやく2人は出発できる。しかし今度は目の前で交通事故が起き、人がはねられるのを目撃する。2人はすぐ救助に向かう(結果やはり出発できない)。

 このはねられた人というのが、先の哲学教授である。瀕死の重傷で、すでに虫の息。2人の牧師が路上でその死を看取ることになった。デイヴ牧師が手短に福音を語る。すると無神論だった教授が、死に直面し、ついに神を信じ受け入れる。
 要は、死ぬ前に救われて良かったね、牧師たちが出発できなかったのはこの為だったんだね、というような話。

  このエピソードの背後には、予定論とか運命論とかいうものがあって、そこに神の愛が絡み合っている。つまり、神は無神論者の教授さえも愛しており、なんとか救おうとしている。しかし教授はその夜、交通事故で死ぬことになっている。だからそこに2人の牧師を居合わせようとして、車を故障させたりトラブルを起こさせたりで出発を遅らせた。そして瀕死の教授に福音を語れるよう、お膳立てした。

 という訳で、全てのことは起こるべくして起こった、すべては神のご意志のまま、ハレルヤ、アーメン、というお話。

 ちなみに言うと、その夜はクリスチャンバンド『ニュースボーイズ』のライブがあり、クリスチャンの登場人物たちが盛り上がって賛美している。そのすぐそばの道路で教授が死んでいく、という構図。まさにクリスチャンの「勝利」と無神論者の「敗北」を提示している。まあクリスチャン映画だからそうなるよね。

 私は映画は映画で単純に楽しめて感動できる方なので、この映画も感動しながら観れた。特にムスリム家庭に育った女子大生がクリスチャンになり、そのことが親にバレて家を追い出されるくだりは心が痛かった。

■「神の愛が絡んだ予定論」が全部「自分の為」というのは

 で、何が言いたいかというと、この「神の愛が絡んだ予定論」について。
 神は私を愛しておられる。だから私の周囲のいろいろな状況を操作して、私に最善を成してくれる。たとえ悪いことが起こってもそれは一時的で、最後は全てが益とされる。
 つまり全ては起こるべくして起こるし、それは全部「私」の為なんだ、ということ。
  これは昨今の福音派、聖霊派あたりでよく言われることだ。たとえば、

「今この試練にあっているのは、きっと私が何かに気付く為なんだ」
「あの試練の意味は××だったのだ。結果私は幸いだった」

 みたいな感じ。
 神が全てを益にして下さることも、試練とともに逃れの道を用意しておられることも、聖書に書かれているからその通りだと思う。けれどこの場合の用法は全部「私が」「自分が」となってしまっていて、結局自分中心な発想から抜け出せていない。全てが自分を中心に回っている、神は自分の益のために状況を都合よく操作してくれる、という訳で、要は自分のことしか眼中にない。なんだかんだ綺麗事を言っても、それは「自分中心クリスチャン」なのだ。

 ちなみに言うと、他のクリスチャンに対して「この試練は必ずあなたにとって益になります」というのも、根っこは同じ。「自分の為」を「あなたの為」に置き換えているだけで、根本的な発想は同じ。

 少女マンガのヒロインの典型的な敵役として、「学園の才女」が出てくる。彼女は成績優秀でスポーツもできて、生徒会長とかやってて、しかも父親が学園の理事長ときてるから、何でもやりたい放題だ。気に入らないヤツがいれば「お父さん」に訴えて、強引に退学させることもできる。つまり、学園のことは何でも自分を中心に回っている、と信じている。状況は違うけど、自分中心クリスチャンはこれとあんまり変わらない。

 あるいはコロンブスの時代に、天動説を主張した教会の考え方にも似ている。太陽も星もこの地球を中心に回っている、海の果ては断崖絶壁だ、地球が丸いなんて馬鹿なことがあるか、と彼らは主張した。けれど結局全部間違っていた。真相は地動説であって、地球の方が(つまり自分たちが)太陽を中心に回っており、地球は丸かった。

 彼らの間違いのもとは、自分の視点から見えるものが全てだ、と信じていた点だろう。早い話が自分中心。中心が他にあって、自分たちの方が回っている、とは考えられなかった。

■「自分の為」から「他者の為」へのシフトが必要では

 私は映画『神は死んだのか』を観て感動したんだけど、何か違和感のようなものも感じていた。そしてそれはきっと、このクリスチャンの側の「自分中心」という考え方に対してだったろうと思う。それはある登場人物からでなく、この映画全体から感じられた。

 ではどうするべきかと言うと、私たちは「自分の為」から「他者の為」へと、ちょっとでも考え方をシフトしていく必要があると思う。自分中心なのは人間の根本的な性質であって、変えられないだろう。でも私たちには考える力があるので、いつも何かを選択することができる。つまり「自分の為」を考えるか、「他者の為」を考えるか。

 そしてそのどちらがキリスト教の理念を実現するものかは、いちいち説明する必要はないだろう。

3 件のコメント:

  1. 「あの試練の意味は××だったのだ。結果私は幸いだった」
    この手の話は必ずと言っていいほどハッピーエンドです。最後はめでたしめでたしで終わることが義務付けられているかのように。
    しかしこの試練の結果、お世辞にも幸せとは言えない状況になってしまっている人たちも現実には存在しているわけです。
    新興宗教系プロテスタントだけではなく、新興宗教系の宗教団体なら、これと同じようなことは、仏教でも神道でもいっているのではないでしょうか。
    だいいち「あの試練があったからこそ今私は幸せ」と人前で発表できる人は、その宗教団体に残っていられるわけですが、試練の結果もっとひどい状況に陥ってしまった人たちは、もうその宗教団体には残っていませんので、「あの試練があったからこそ今私は悲惨です」と発表する人がいないという・・・(笑)
    どうみても「過去の試練自慢」をする人の話はあまり信用しないほうがよさそうです。

    「この試練は必ずあなたにとって益になります」
    このセリフがなぜかいつも、聖職者から信者へいわれるセリフになっているのは興味深いと思いませんか?信者から聖職者にこのセリフをいったら、聖職者はどのような顔をするのでしょうか?
    最近の新興宗教系プロテスタントは、どんどん信者が減ってしまっていまして、ビルの一室を借りてやっていた教会が、家賃を踏み倒して夜逃げみたいなこともあるやに聞いております。
    そんな聖職者に向かってぜひこちらからはいてみたいセリフでありませんか。
    「大きな試練ですが、きっとあなたにとって大きな益になります。金がなくてさまざまな不幸が襲いかかっても、今降りかかっているひどい試練の意味が将来わかるようになります。そして『結果として私は幸いだった』と、みんなの前で発表できるようになるはずです。だっていつもあなたが私たちにそういっているのですから。さあ、今はこう考えましょう。『今信者が減って収入が大幅にダウンして、家賃が払えなくて、自分の生活が苦しいのは、きっと私が自分の中の虚栄心に気づくためなんだ』と」

    返信削除
  2. オースティン・スパークス
    『このことは、自分にどう関係するのだろうではなく、
     神にとってどのようなことなんだろう、と考えること』

    マリリン・マンソン
    『わたしは、神が嫌いなのではない。”神”を信じる人々が嫌いナノダ』

    返信削除
  3. しょうゆ揚げ煎2016年5月21日 18:39

    ”彼らの間違いのもとは、自分の視点から見えるものが全てだ、と信じていた点だろう。早い話が自分中心。中心が他にあって、自分たちの方が回っている、とは考えられなかった”
    最近ふと感じた事をfuminaruさんがまとめて?下さっていたので思わずコメントしました。
    多くの人がご存じのクリスチャンのブログ主さんが、空がどんよりして雨が降りそうだったのを祈って命じて雲を散らせたらカラッと晴れた・・・というエピソードをよく書かれているのですが、(偶然ではなく祈ったあとみるみる空が晴れてきたのだそうです)晴れる事だけがそれ程大事で大切で必要なのだろうかと思ったのです。同じ地域に例えば農家の人がいて、雨雲に命じて雨を降らせる祈りをしていたのに聞かれなかったのでしょうか。農作物の危機かもしれない、でもみるみるなぜか晴れていく・・・。
    私たちは主を信じた瞬間から、クリスチャンが吸う空気だけ酸素が濃くなったりしない、とどなたかが言われてたのを聞いて妙に納得したことがあるのですが、あまりにも特別意識が強すぎてゆがんでる気がしています。
    そういう私も以前はいい曲を聞いても、なにかいい作品を見てもクリスチャン作かどうかに重きを置いてました。すごくいいんだけど、結局本当の神様知らないから説得力欠けるよねぇ、と。
    例えば金子みすゞさんの詩も、(今はこのようには思いませんが)いいこと書いてる、聖書に近い、真理だろうけど・・・この人クリスチャン?と。
    まことの神を知っている自分という上から目線で物事をいつも見ていました。何とも心の狭い傲慢で高慢チキな考えでした。

    長くなりました、また色々な映画評記事も楽しみにしています。

    返信削除