2016年4月9日土曜日

ブログを書く理由についてちょっと整理してみた

 最近気づいたのだけど、SNSで粘着されている。
 少し、追っかけられてるアイドルみたいな心境でもある(ちっとも嬉しくないけど)。
 どうするべきかしばらく検討してみたけれど、今のところ無視が一番のようだ。明らかな名誉棄損があれば、スクショを保存して警察に相談し、対象アカウントの個人情報を開示させて訴訟を起こすしかない。けれど現段階ではそこまでする必要はなさそうだ(必要があれば躊躇なく実行する)。

 経緯はと言うと、私が普段からここで、あるいはSNSで書いている「毒」をお気に召さないアカウントが最近現れて、しつこくケチを付けはじめた。ブロックしても相手は私の投稿を見ていて、何やかやと言っているらしい(見ていないから詳細はわからない。別の人が反撃してくれたみたいだけど)。
 しかしケチと言ってもいわゆる「エアリプ」で、私に直接何か言ってくることはない。文句があるなら直接言えばいいのにね。リアルではコミュ障なのかな。

  私がキリスト教信仰について吐いている毒は、ある意味すごく極端なんだろうと思う。というのはカルト的教会の、どう考えても「おかしい」事態について書いているから、カルトっぽくない教会の人からしたら、「何をそこまで」みたいに思うのかもしれない。私としてはかなり危機感をもって書いているけれど、そういう警告を必要としない人からしたら、「批判してるだけ」と映るのだろう。それはそれで仕方がないとは思う(しかしそこには、批判と中傷の混同がある)。

 時々、そういう私に対して「神様はね・・・」とか「信仰とは・・・」とか上目線なご教示を垂れる人がいるけれど、何だかなあと思う。べつにそれらを否定する気はないし、たぶん私の言葉や説明が足りないからってのもあると思うんだけど、話がズレていて、失礼ではないかと思う。ちゃんと文脈を読んで発言してほしいんだけど。

 私は信仰について模索している訳でもなければ否定している訳でもない。私が書いているのは「正しい信仰とは何か」でなく、「間違った信仰とは何か」の方だ。だから「正しさ」について議論するつもりはない。そういうのは偉い人たちがしたらいい。そうでなく私がしたいのは、○○は間違っていてひどく人を傷つけるものだから気をつけてほしい、というような話だ。だから「立派な」クリスチャンの方々の、「ありがたい」ご教示の数々は、私の主張とはそもそもベクトルが違う。

 私はカルト的教会や、それに傾きやすい信仰の在り方について書いている。そうでない教会やクリスチャンについては何も言っていない。だから私の発言で腹を立てるのは基本的にカルトっぽい人たちか、あるいは原理主義的な人たちだと思う(カルトっぽい=原理主義、なのかもしれないけど)。

 カルトっぽい人たちには次のような特徴がある。

・自分の信仰が唯一絶対正しいと思っている。
・他の信仰の在り方、他の意見に耳を貸せない。
・どれだけ理路整然と説明されても「こいつは真理がわかってない」で一蹴する。

 だから基本、言っても無駄なのだ。彼らが気付く唯一の方法(と私が思うもの)は、自分たちが火を被ることだ。
 映画『セブン』の犯人の名言を借りるなら、「肩を叩くくらいじゃダメだ。ハンマーで殴りつけないと」
 もちろんそれは比喩であって、ハンマーは関係ない。要は、「自分が痛い目を見ないとわからない」ということ。

 ただ、ちょっとやそっとの痛みでは気付かない、というのもまた事実。「神様の要求だから」と言われて幾晩も徹夜で奉仕するとか、国民健康保険と国民年金の支払免除申請を数か月おきに区役所に出しに行くとか、明日の食事代がないと悩んで夜を過ごすとか、奉仕がうまくできなくて怒鳴られたり殴られたりとか、そういう目に遭っても「これは信仰の試練だから・・・ハレルヤ!」みたいな話になってしまう(ダメだこりゃ)。

だからここで色々な酷いケースを紹介して、説明しているのである。それで少しでも多くの人に読んでもらって、少しでも考えてもらえれば、と願っている。その辺に関して私は真剣である。

その意味で、冒頭で紹介した粘着クンも、「中傷」という形ではあるが私の記事を紹介してくれるので、ありがたい側面はある。利用できるものは何でも利用してやらないとね。

という訳で私は悪意あるエアリプも中傷も全然気にしていないので、好きなようにやってくれればいいと思う。ただ名誉毀損のレベルになったら法的手段に出るので、その辺の覚悟が必要なのは明言しておく。ネットは全然匿名ではない。

また個人的には、そういう粘着や中傷にどんな得があるのか全然理解できない。時間の無駄でしかないと思うし、そんなことに時間を費やすには人生は短すぎると思うのだけれど。

3 件のコメント:

  1. 宗教は怖いですね。

    以下引用させていただきます。

    ・自分の信仰が唯一絶対正しいと思っている。

    ・他の信仰の在り方、他の意見に耳を貸せない。

    ・どれだけ理路整然と説明されても「こいつは真理がわかってない」で一蹴する。

    これは、かつての私そのものでした。そして、福音派と言われる教会の主な信仰状態を、簡潔に言い表しています。

    長く、JECA傘下の(今もですが(笑))福音主義の教会に所属して、「神の御心」と追い求めて行った結果、カリスマ運動に魅かれて主の十字架CCと言う団体に入会して、「ああ、これこそ神の御心だ」と心酔し、子供たちも小さい頃に丁度リストラの憂き目に遭って「これは神がなさった事だ。献身に導かれているのだ」と結論付けて(確かに精神的にはある意味「良かった」かな)ダッシュしてしまいました。
    当時はインターネットも普及し始めた頃?でしたし、PCも我が家では「まだ」の頃。献金して牧師には当時のMACを使って頂いた?頃でした。
    今のように、教界に疑問や不満を持っている人達が情報を交換する術もなく、専ら週毎に顔を合わせる「リアルな」関係のみの「時代」でした。
    疑う術も無く、当時団体に起こったスキャンダル(性的・金銭的)すら、ある意味で隠されていたにせよ「神のなさっている事に立ち入る事は許されない」的な思いでいました。
    「神の物」だと言う一言で全てが動いて行ってしまう「自己否定」と「他力本願」と「思考停止」。

    たった一度の人生であるならば、もっと有意義に自由に、法律以外に何事にも縛られない人生を生きたいですね!!

    返信削除
  2. fujimaruさんにケチをつける人には二種類いるのではないかと思います。
    一つは聖職者で、もう一つは信者です。

    聖職者がケチをつけるのは、fujimaruさんの毒が蔓延すると、信者が減ってしまうので、自分がもうからないからです。新興宗教系プロテスタントの聖職者の中には、金儲け目的で教会を開業している人がいるのは事実です。この業界に長く身を置いている老いた聖職者(ちなみにこの人は什一献金や狂信的な指導は一切しない人です)に聞いてみたことがありますが、彼もはっきりと「確かに思い当たる人は何人かいますね」と認めていました。
    信者の場合は、ほとんどが人生そのものを宗教団体に布施してしまっている人です。彼らは創価学会でいう信濃町の職員です。
    そりゃあ誰だって自分が間違った選択をしたとは認めたくないでしょう(笑)。こういった人たちの大半は、新興宗教系プロテスタントに騙された結果、人間関係も職も失い、今更逃げ場がないのです。
    彼らは信濃町の職員と同じで、宗教から離れたら生存するすべがありません。実は信者の中には、「変な宗教に騙された」とうすうす感じ取っている人もいます。しかしそれは絶対に口に出すことはありません。なぜなら新興宗教系プロテスタントは彼らのアイデンティティそのものですので、それを否定することは自分のすべてを否定することになり、精神のバランスを失ってしまうからです。自分の心を守るためにも、そこに忠誠をつくし、必死で守らなくてはならないのです。彼らは本当にかわいそうな人たちといえます。

    マリックさんはすんでのところで助かって本当によかったと思います。一歩間違っていたら、信濃町の職員と同じ境遇になっていたことでしょう。ご家族がまだJECAに残っているというのは非常に残念ですが、一日も早く目が覚めるようお祈りしたいと思います。

    返信削除
  3. >彼らは創価学会でいう信濃町の職員です。

    そういえば、いのちのことば社も昔は信濃町に会社がありましたね。
    信濃町には慶応医学部もカトリックの真生会館もあるから、場所はどうのこうのではないのですが。

    なんだかな気がします。

    返信削除