2016年3月19日土曜日

未信者をどう扱うかに、クリスチャンの本質が現れると思う、という話。

 最近考えさせられることがあった。一部のクリスチャンにみられる、未信者の扱い方のひどさについてだ。

 たとえば以前にも書いたけれど、ある牧師は、日常的に「所詮ノンクリは・・・」「ノンクリなんてそんなもんだ」という言い方をしていた。未信者を明らかに蔑視していた。
 だからそこの信徒にもそういう考え方が伝染していて、必要以上に未信者を避けるというか、「別物扱い」するというか、馬鹿にするというか、そういう態度が見て取れた。
 それで「伝道しよう」と言うのだから、どういうことになるか、おわかりだろう。

「福音を、伝えてあげよう
「恵みを、与えてあげよう
どうせわからないだろうけど、教えてあげよう」

 みたいな感じ。
 特に「霊的」を標榜する教会だったから、「自分たちはすごく霊的で霊的なことがよくわかっている」のに対して、「未信者は霊が死んでる状態だから何を言ってもわからない」というのが(教会内の)一般的な理解だった。

 だから彼らにとって福音伝道が困難なのは、福音を宣べ伝える自分たちの責任でなく、「霊的なことが全然わからないノンクリ」の責任だった。そこを何とかして伝えようとしている自分たちの努力や功績や犠牲は大きいのだけれど、いかんせん、結果が伴わない。それは一重に、「霊的なことが全然わからないノンクリ」のせいだった。そのせいで伝道が進まない。そして信者が増えない。だからいつまで経っても教会に来るメンバーが変わらない。「霊的なことが全然わからない未信者」のせいで。

 でも現実問題として、伝道が全然進まないのである。教会員数は何年経っても同じだった。「24時間の礼拝」とかいろんな事業が始まって一時期頭数が増えたけれど、それは未信者が入信したからでなく、活発に活動している教会だという噂を聞きつけたクリスチャンが集まってきたからに過ぎない。

 だからその教会の「福音伝道効率」で言えば、年間0%に近かったはずだ。

 ということは、霊的かどうかとか、聖霊が働かれるかどうかとか、そういうことを抜きにして(それらについては十分に頑張っていたはずだ)、ちゃんと他の原因について考えなければならなかったはずだ。日本中の教会の伝道効率が0%なはずはなく、増えているところは増えている。もちろん全国的に状況は厳しいし、いろいろ難しいのは事実だと思う。でも増えている教会もあるということは、「未信者の霊的無理解」は絶対的障壁ではないということだ。でも何年も同じことを繰り返しているのだから、ちょっとは考えを改めてもいいはずだった。いつまでも「霊的」のせいにだけしていても、何にもならない。

 で、私が根本的に問題だと分析するのは、その教会の未信者に対する高飛車な態度だ。かつて私自身もそうだったから偉そうなことは言えないのだけれど、未信者を別世界の、我々とは全然別種の、下等な生物みたいに思っていたら、そもそも伝道などできない。そういう態度は言わなくても表に出てしまうから。人生経験をある程度積んでこられた方なら、そういうことがおわかりだと思う。

 想像してみてほしい。街を歩いていたら、見知らぬ人に突然声をかけられる。すました笑顔で彼(彼女)はこっちを見ている。そして「哀れなあなたに大切なことを教えてあげますけど」みたいな雰囲気で話しはじめる。 あなたは最初から最後まで、あまり良い心地がしない。それは話の内容の問題ではない。まして福音そのものの問題でもない。相手の言い方や態度の問題なのだ。書かれた文章だと伝えられないけれど、たとえば「あなたを愛します」という台詞も言い方次第でいろいろなニュアンスを含む。言い方次第では、それは必ずしも「愛」を表す言葉にならない。

 あるいはそういう小難しい話でなくても、近所のコンビニの店員さんの態度を見れば、好感を持てる人と持てない人とがいるのがわかるでしょ。店員が何も言わなくても、その表情やしぐさや動作から、その人となりがイロイロ伝わってくる。いわゆるノンバーバルなコミュニケーションってやつ。

 たとえばある商品がある。素晴らしく良い商品で、今すぐにでも買いたいとあなたに思わせるに十分な魅力がある。しかしそれを紹介するセールスマンが、どうにも鼻持ちならない態度で、「売ってやってもいいけど」みたいなことを言う。説明もいちいち上目線だ。あなたはその人から買いたいだろうか。少なくとも喜んで買いたい、気持ちよく買い物できた、とはならないだろう。

 だから未信者の人に対する横柄な態度とか、下等扱いする態度は、絶対に見直すべきだと私は強く思う。だって同じ人間なんだし、クリスチャンだからって何も変わるところがないんだから。

 確かに聖書を見ると「聖なる国民」みたいな表現があって、なにか特別な存在になった気がするかもしれない。けれど私たちはこの地上に立って、現実社会の中で生きているのだ。宙を浮いて何も食べず排泄もしないで生きているのではない。言い換えると大勢の未信者の人たちの中で、いろいろな人たちのいろいろな仕事の恩恵を受けながら、生きているのだ。水道から毎日清潔な水が出るのも、トイレが毎日詰まらず使えるのも、雨が降っても道路が冠水しないのも、テレビで天気予報を確認できるのも、電車が恐ろしく定刻通りに動いてくれるのも、誰かの仕事のおかげなのだ(ジョージアのCMではないけれど)。

 クリスチャンだけがなぜか尊い存在みたいに考えられる雰囲気が、多くの教会にある気がする。けれど神様から見たら全ての人(信者・未信者関係なく)が尊いのであって、滅びてほしくない存在なのだ。神が愛しているのは信者だけではない。すごく極悪に思える人だって神は同じように愛しておられる。

 あなた(あるいは私)と超極悪人との違いは何か。答えは「何も違わない」だと私は思う。ただ神を先に信じたというだけだ。そしてそれは、現時点において、何か決定的な違いを生んでいる訳ではない。私は日本の刑法に触れたことはないけれど、それでも極悪人の素質はあり、極悪人になる可能性はある。いやもしかしたら、既に極悪人なのかもしれない。そう考えるなら、どうして未信者の人に対して偉そうに何かが言えるだろう。少なくとも私には言えない。

7 件のコメント:

  1. 「最善の家系」と「最悪の家系」って知ってる?「ジョナサン・エドワード家」と「ジュークス家」とかいうんだけど。子孫6代を調べたら、前者は社会的成功者ばかり、後者は犯罪者や惨めな人生ばかり。理由は、前者が信仰と聖書を基盤としていて、後者は無信仰で放任的だったからだというもの。こんなことをフツーに教会は教えているんだね。
    現代日本社会はもの凄く多くの「ジュークス家」に支えられているのにね。

    返信削除
    返信
    1. 読みました。このような記事を平気で書く無神経さに呆れました。

      削除
    2. 「ほうら見てみろ」と言わんばかりの態度に腹が立ちました。
      クリスチャンは、社会的に地位の高い人ばかりになるのです。支配者の側になるのです。
      そうなれない人は、クリスチャンであっても、地位が低いのです。
      そう言う言葉が裏側から聞こえて来そうですね。

      削除
    3. http://ameblo.jp/pastorswife/entry-12137502755.html

      上目線ですね。こういった上目線を持った人に伝道されたくないですね。

      謙遜さの欠片もないですね。がっかり。同じクリスチャンとして!

      削除
    4. 17:39の者です。

      http://ameblo.jp/pastorswife/entry-12137502755.html

      あまりの無神経さにコメントを書き込みましたが、アップされるかは分かりません。憤りを感じましたが、こういった記事を書く人が自分の教会の人でなくって良かったと思います。

      削除
    5. 「最善の家系、最悪の家系」の情報提供ありがとうございました。記事として書かせていただきました。信憑性のない「研究結果」を真に受けるのは危険ですね。

      削除
  2. pastorwifeのブログを書いている人は、確か婆原彰晃のブログにも時々コメントを寄せていた記憶があります。彼女は新興宗教系プロテスタントの教会の奥さんですが、この人自身も親が聖職者でした。
    読んでいますと、典型的な新興宗教系プロテスタントのクリスチャンホームの二世らしいと思いましたね。もちろん悪い意味でですが(笑)。
    彼女はきっといつもこう思っているに違いないでしょうよ。「世の中で自分ほどキリスト教をよく知っている人間はいないはず。だって親は聖職者で家がキリスト教会だったんだもーん!」
    彼女のブログを見て笑ってしまったのは、NHKのドラマで取り上げられたクリスチャンを話題に取り上げては、いかにも自分たちがこの人たちの後継者とでもいいたいような・・・
    しかし見る人がみればわかりますよね?これは創価学会の幹部講師が、蓮如上人の人生をNHKのドラマで取り上げたといっているのと同じだと(笑)。自分が所属している業界が、創価学会と同じものだということに全然気づかない・・・これは新興宗教系プロテスタントの二世に多い、爆笑物の勘違いですよ(笑)。(「新島夫妻の宗教団体は、あなたの宗教団体とは、完全に別の宗教なのですよ」と教えてくれる人がいないのですから、しょうがないといえばしょうがないのでしょうがね。)

    新興宗教系プロテスタントの関係者は、しばしば家系が云々という話を好んでしますが、「家系」という概念が使われるのは、常に信者の側のみを裁くためであるというのは、問題ではないかなあと思うのですよ。
    信者の側を裁くより、むしろ聖職者の側を裁くために使ってみたらいいのではないでしょうかね。
    たとえば「宗教詐欺師の家系」というものが、新興宗教系プロテスタントの聖職者の家にはかなりの確率でありますよ。親である聖職者が、終末や再臨や携挙をいいながら子供を結婚させるのを終末詐欺といいますが、二世も聖職者になって、やはり終末や再臨や携挙をいいつつ子供を結婚させるという、詐欺の輪廻をやっているじゃありませんか!
    これこそ終末詐欺師の家系なので、コモンセンスでは「詐欺をやるなんて最悪の家系だ」となりますが、新興宗教系プロテスタントの業界では、「子供の結婚プレゼントに、詐欺でだまし取った金で新築の億ションを買ってやったのだから最善の家系だ。この家を見習って、うちも終末が来るとやって、信者から金をしこたまだまし取って、子供が結婚するときに億ションかってやろうじゃないか」となるのですね。(笑)

    返信削除