2015年12月16日水曜日

カルトっぽい教会を離れた後の話・3

 カルトな教会が解散して、信仰上のいろいろな間違いに気づいて後、私はあることに気付いた。「信仰には選択肢がある」というごく単純な事実にだ。そんなの当たり前な話なのだけれど、当時の私には衝撃的は気付きだった。選択肢は一つ、すなわち「神の御心」しかない、と単純に信じていたからだ。

 たとえばカルトな教会では、牧師がこんなふうに言う。
「○○こそが神の御心です」
 まず、その言葉の信憑性は決して疑われない。牧師の言葉は全て真実である、というのが暗黙的前提となっているからだ。疑問を差し挟む余地はない。もし空気を読めない人が能天気に「それ本当ですか」みたいなことを言ってしまうと大変なことになる(どう大変かは趣旨が異なるのでここでは書かない)。だから「牧師の言葉=神の言葉」という図式が既に出来上がっている。

 そういう前提で「○○は神の御心です」と言われるものだから、もうこの○○は絶対なのである。○○こそが間違えようのない神の御心であり、△△でも××でもない。だから教会は一丸となって○○に突き進むことになる。ちょっとでもブレて△△の方に傾くなんてあってはならない。

 具体的な話をすると、たとえばこういうカルト教祖っぽい牧師がすぐ持ち出す話の一つに「新会堂」がある。
 ちょっと教会が活発になるとすぐ、
「新しい会堂を主の為に建てよう」
「主の宮をこの地に建てあげるのが我々の使命だ」
とかいう話になって、いつの間にか教会全体の悲願みたいになっている。予算をどうするとか、維持していけるのかとか、そもそも本当に必要なのかとか、そういう根本的かつ現実的な話し合いは一切ない。

 べつにみんながそれを願うなら新しい建物を建てたらいいし、豪勢な舞台でも高級な音響でも揃えたらいいと思う。それはそれで教会の自由であって、止める理由はない。でも問題は「それこそが御心だ」とされてしまう状況にある。つまりこの場合で言うと、新会堂を建てることが唯一絶対の御心になってしまって、決して逆らってはいけない、何がなんでも新会堂を建てあげる以外にない、という逆走禁止の一方通行になってしまう点にある。

  その結果、教会全体が新会堂のことばかりになってしまって、礼拝説教も祈祷会もその話ばかりになり、やれ準備委員会やら特別献金やらと、信徒もいろいろ駆り立てられていく。CSの子供が大人の真似をして「新会堂のためにお小遣いを献金します」とか言うと、感動の美談として長く語り継がれてしまう。それを聞いた大人がもらい泣きして、更に献金するようになるからだ。
 というのは私の教会で実際にあった話。

 けれど私の教会は解散になって、みんなの血と汗と涙の結晶であった新会堂もあっさりと他人の手に渡ってしまった。今はもう見る影もない。
 他にもいろいろな話があるけれど、そんなこんなで私は前述の「信仰には選択肢がある」に気付いた訳である。

  新会堂で言えば、それが唯一絶対で変更不能な神の御心だったはずがない。最初から。だいいち今考えてみると、キャパを越えた予算をかけてまで新会堂を建てなければならない明確な理由など一つもなかった。人で溢れていた訳でもないし、会堂が古すぎた訳でもない。どうしてもスペースが必要だったら近所のテナントなど賃貸すれば済んだはずだし、他にもやり方はいろいろあったはずだ。しかし私たちに与えられたのはただ一つの道、ただ一つの選択肢だけだったのだ(それはもはや選択とは言わない)。それが神様からのものと、どうして言えるだろうか。

 結局のところ、そこにも牧師のいろいろな嘘があった訳だ。そして私たちは「信仰には一つの選択肢しかない」と思わせられていた。
 唯一絶対に正しいことと、それ以外の間違っている全て。
 そんな図式であった。

 御心が一つしかない、というケースももちろんある。たとえば殺してはならない、盗んではならない、みたいなケースだ。そこには条件が揃えば殺していいとか盗んでいいとか、そういう選択の幅はない。
 けれど私たちが生きる現実の信仰生活においては、そういう白黒ハッキリしたケースの方がはるかに少ない。たとえば今日伝道するにしても、場所や日時や相手が神によって厳密に指定されるなんてことはない。しゃべる言葉や順序、相手がこう言ったらこう返せ、みたいな厳密なルールがあってそれを破れない、なんて不自由なこともない。他にも、私たちは教会を自由に選ぶこともできる。日曜の礼拝が複数回あるなら、好きな回に出席できる。この奉仕を絶対にしなければならない、なんてこともない。
 私たちには多くの自由が与えられていて、自分の信仰や聖書理解や良心に従って、何でも自由に選ぶことができるのだ。

 もしそういう自由がないなら、すなわち御心が一つしかなく、聖書解釈も一つしかなく、信仰の在り方も一つしかないなら、様々な教団教派や教会が現に存在していることの説明がつかない。

 という訳で教会の解散後、私は上記のような意味で自由であることに気付いた。それはそれで喜ばしいことだった。全ての強制や命令や束縛から解放されたのだから、ハッピーエンドと言ってもいいだろう。それは間違いない。

 けれど私が次に直面した問題は、じゃあどうすればいいんだろう? 何を選べばいいだろう? という問いだった。

14 件のコメント:

  1. これを読んでいてヤマギシを思い出してしまいましたよ。ヤマギシでは「みんなで決めている。私も決めている。」といいます。しかしすべての路線は執行部が決めていまして、村人にそれを「自分たちで決めている。」と錯覚させているのですね。
    たとえば「今日はプリンの生産量を上げるというテーマで研鑽してみましょう。」という議題が出たとしますね、ここで「ちょっと待ってください。本当にプリンの生産量を上げる必要があるのですか?」とか「プリンの生産量なんか別に上げなくてもいいじゃないですか。」という発言は出てきません。なぜなら「プリンの生産量を上げる。」ということがすでに執行部の中で決定されてしまって、村人たちの研鑽にかける時点ではもうすでに「プリンの生産量はどのくらいにするのが適切なのか?」という議論は絶対にできないようになっているからなのですよ。もし「プリンの生産量を本当にあげる必要があるのか?」という発言が村人の側から出たなら、「テーマから外れていますよ。テーマに沿って研鑽してください。」といわれるだけです。
    つまり村人がみんなで決めているといいながら、この研鑽会では「プリンの生産量を上げるにはもっと村人たちの労働時間を増やそう。」という意見しか出ることはありませんよね。なぜなら村人は全員マインドコントロールでまともに考えることができなくなってしまっているので、執行部の出したテーマ「プリンの生産量を上げる。」しか頭になく、生産量を上げることに対する疑念は存在してはいけないという前提がまずあるからですよ。
    なんのことはない。ここに出てくる新興宗教系のプロテスタントとヤマギシは同じだといっていいでしょうね。まず「労働時間を増やす/献金額を増やす。」という結論ありきで、メンバーの思考管理が、執行部の集団指導体制によってなされるか、教祖によってなされるかの違いでしかありません(ちなみにヤマギシではしばしば人員の配置換えが行われますが、なぜか執行部のメンバーだけは変わることがないのだそうです)。

    返信削除
  2. 私のいた教会も新しい会堂をスローガンにと一丸となって、献金し続けた。だがそうやって7年待っても立たない。挙句の果てには信徒が霊的一致してないからだ。と牧師が言う。当時の私は私のせいで一致出来てないと本気で思っていた。そこの教会を出て1ねんがすぎるがまだ一向に新しい会堂は立たずじまい。あなたの言う神の御心って何?

    返信削除
    返信
    1. 草加リバーサイドチャペルですね(笑)
      WRC(ワールドリバイバルセンター)が建つみたいなんですが(笑)
      天野さんの建つ建つサギですね。

      削除
    2. 草加リバーサイドチャペルについてご存じの方におたずねします。
      あそこではチャーチスクールをやっていますが、天野さんの身内の方は通っているのでしょうか?

      削除
    3. いないですね。仮にいたとしたら、もっとましな学校に行かせてるでしょう。中卒&高卒も取れない所ですからね。さらに言うなら、天野さんの配偶者は存在しません。つくる気がないのか、つくる能力がないのか。多分、後者でしょうね。

      削除
    4. 天野さんの身内はいないです。というか、身内自体がいないです。いるのは、普通の学校ではやっていけないダメダメ児童のみです。

      削除
    5. 新興宗教系の宗教団体で出家しているというのは珍しいですね。配偶者のいない教祖として有名なのは、ワールドメイトの教祖深見東州と福永法源がかつて母親と入信していた自然の泉の教祖浅尾法灯ですね。
      深見については知りませんが、浅尾はゲイで教団の出版局員にセクハラを行いました(笑)。もちろん被害者の会もあり裁判で教祖は敗訴し、被害者には償い金が支払われていますよ。
      天野もそのうち浅尾のように男の信者からセクハラで訴えられ、世間は大爆笑するかもしれませんね。
      新興宗教系プロテスタントはゲイを嫌悪するというより、ゲイ恐怖症なのか、やたらとゲイに攻撃的で、中には「ゲイを治す教会」なんてずいぶんとよけいなお世話の教会もあるくらいです。ジーザスキャンプに出ていたテッド・ハガードがゲイ(今は治ったと主張しているようですが)ということもあるくらいですしね・・・

      削除
    6. 今調べてみましたが、天野さんには配偶者はいるようですね。独身ではありませんよ。子供がいないのではないでしょうかね?
      もしかするとゲイ隠しで、お互い納得づくでの結婚ということだったりするのかもしれませんが(笑)。
      あの教会が運営しているチャーチスクールは、日本人の子弟は半分くらいで、残りの半分は日本社会の学歴など別に必要がないと考えている外国人の子弟だという話ですよ。

      削除
    7. 12月17日に書いた匿名の者ですが、これらは沖縄のS教会でのことです。
      なんだか日本の教会ではどこにでも起こり得ることなんですね。もしかして単立?やっぱり?

      削除
    8. 沖縄のS教会っていったら、あそこですね。
      天野さんとも繋がってますよ。どこも似てますね、カルト的カリスマ教会は(笑)

      削除
  3. よくわからないのが、何故牧師の蒸発が教会の解散になったのでしょうか?
    残った信徒で教会を継続するという選択はなかったのですか?
    本当はそれでこそ教会と言えると思うのですが。
    不動産等の資産も全て失うって借金の抵当に取られたってことでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 今のところ、ここに詳しい事情を書く気はありません。よくわからなくて当然だと思います。

      削除
  4. 教会の無計画さがあらわになった形が解散なのかもしれませんね。
    適当な計画、その場しのぎの考えにに翻弄されるとろくなことにならない。
    信徒は献金で生活面で支障がでる。奉仕に時間を取られ個人の本来とるべきやすらぎもとられてしまう。
    キリストは差別されていたものや病に苦しむ人のそばに寄り添う方だが、教会成長を考える牧師と称する人はキリストの言葉を利用しを商売にうまく利用したとしか考えられない。
    心が痛い。


    返信削除
  5. 新約聖書には、イエスの言われた譬話(愚か者と正しい人の事等)や警告等がありますが、殆どが新興宗教系プロテスタント教会の、牧師と言われる人達に対して言われている内容だと思います。

    宗教団体をこしらえて、教祖の様になって信者から神の御心だとお金と時間を捧げさせ、くだらない律法を課してマインドコントロールする。

    新約聖書のイエスの言われた事を色眼鏡無しに読めば、教会って何よ⁉って染々感じますよ。

    返信削除