2015年11月24日火曜日

PKを育てる牧師の(無駄な)苦労について

 前回は「PKの方々の苦労について」書きました。

 PK(牧師の子供)の苦労の具体例を挙げてみましたが、その原因はもちろんPK自身にでなく、その親である牧師の稼業の方にあります。それもたぶん、福音派・聖霊派あたりに特徴的にみられる「牧師業」の実態に、根本的な問題があるようと私は見ています。

 牧師業と言っても教団教派で実態は全然違うと思います。ここで想定しているのは、福音派・聖霊派あたりの、単立あるいは小規模なグループ教会で、教会運営にかかわる人たち(牧師とかスタッフとか伝道師とか長老とかいろいろ)が規模にくらべて少ない教会です。あるいは人数が多くても、相対的に業務量が多くて結果的に「人手不足」になっている教会です。

 という前提で始めますが、プロテスタントの牧師業を大雑把に挙げると以下のようになると思います。

・教会の管理と運営
・礼拝にかかわるあれこれ
・礼拝説教とその準備
・信徒のケア(訪問とかカウンセリングとかその家族への対応とか)
・伝道(新規か継続か開拓か)
・礼拝以外の集会のあれこれ
・年中行事やイベントのあれこれ
・他教会や団体とのかかわり
・その他、超教派的な活動とか新規事業とかいろいろ

「教会の管理と運営」なんてザックリすぎる書き方ですが、そこには週報作りやら会堂掃除やら楽器のメンテナスやらいろんな支払いやら会計やら、けっこう煩雑な業務があると思います。
 たぶん上記の中で一番時間がかかるのは「信徒のケア」でしょう。信徒の人数にもよりますが、アポを取って会いに行って話をするのは結構時間がかかります。中には緊急のこともあるでしょう。一度話したから解決するというものでもありません。そしてまともな牧師なら事務作業より信徒ケアを優先するはずなので、結果事務的なことが遅れ遅れになってしまって、ストレスフルな状況になるのが常かもしれません。
 それはそれで大変ご苦労なことです。そういうことを真面目に取り組んでいる牧師には頭が下がります。

 けれど、以前も一度書きましたが、「信徒のことが気がかりで睡眠薬を飲まなければ夜眠れない」くらいの状態になっている牧師もいて、それはハッキリ言って行き過ぎだと私は思います。「それほど信徒のことを愛している」と言いたいかもしれませんが、たとえばプロのカウンセラーがクライアントのことで不眠症になるとしたら、プロ失格です。クライアントのことを負いすぎない、適度な距離を置く、客観性を保つ、というのは冷たい態度でなく、対人援助の基本だからです。あるいは対人援助の分野でなくても、自分の仕事のことが家に帰っても頭から離れない、気になって眠れない、というのが常態化しているとしたら、その人は仕事をうまくやっているとは言えないでしょう。仕事に振り回されているのです。

 けれど前回書いたPKの親である牧師を見ると、いわゆる「牧師業に振り回されている人」が多いように思います。
 たとえば、「信徒の悩み相談には24時間対応する」みたいなことを言う牧師がいて、それはそれでご苦労なことですが、結果家族に迷惑がかかっているとか、教会運営に支障が出ているとか、会計報告ができなくなっているとか、大事なミーティングで居眠りしているとか、そういう状態になっているとしたら、それは牧師業をうまく回せていないのです。24時間悩み相談なんかしている場合ではありません(悩み相談がどうでもいいという意味ではありません)。

 つまり人を助けるのは大事なことですが、助けるにも限度があるということです。対人援助において重要なのは、まず援助者自身が健康であることです。自分を犠牲にしても人を助ける、と言うと聞こえはいいですが、人間はキャパを越えると途端に効率が下がるので、十分な援助ができなくなります。

 悩み相談だけでなく、礼拝にしろ伝道にしろイベントにしろ、何でも「やりすぎ」になっている牧師がいます。完璧主義なのか一生懸命なのか知りませんが、自ら仕事を忙しくしておいて、それでいて「牧師は大変」とか「命がけの仕事」とか「カネにならないけれど神からの尊い使命だ」とか言います。私に言わせれば、やっていることの大半が「余計なお世話」なのですが。

 それでその「牧師業の大変さ」の犠牲になっているのが、前述のPKたちです。


 つまり見当違いな努力の結果、家族のことを二の次、三の次にしている牧師がいて、それでいて家族(子供)に対して高いハードルを要求するので、いわゆるPK問題が起こるのではないかと思います。

 時間がないなら時間ができるように調整するべきですし、経済的に困窮しているなら少しでも給与労働をするべきです。信徒のことで不眠症になっているなら、自分自身が健全でないことを認めるべきです。毎晩眠れなくて睡眠薬をのんでいる牧師と聞いて、悪い人間とは思わないにしても、いったい誰が(牧師業者として)信頼するでしょう。信頼より不安が先立つのではないでしょうか。

 だからPK問題の本質は、牧師業の根本的な問題にかかわっていると思います。というよりむしろ、牧師業の問題がPK問題を生んでいると言ったほうがよいでしょう。

4 件のコメント:

  1. PKに関してちょっと思い出したことがあります。PKはぐれるという話があるそうですが、全共闘世代のPKに関していえばですが、ぐれるというよりも学生運動に走ってしまった人がよくいたと聞いたことがあります。
    困窮した生活を「清貧はいいことだ」と幼いころから強いられ続け、親は信者のためにと家族を大いに犠牲にしてきた結果、子供たちはキリスト教が生んだ最大のカルトであるマルキシズムにはまってしまったというところでしょうか(笑)。
    実際にキリスト教会の息子で現在は参議院議員になった某氏は、学生運動に突っ走った青春を送っていたという話です。

    返信削除
  2. 自分は改革派系リベラルの牧師の息子ですが、小さいころ結構大変だったなあー。
    当時、福音派のPKの友達2人(姉妹)がいて、そのうちの一人と結婚をし色々と話を聞いてみると
    僕の感覚ではリベラルも福音派も牧師の仕事って大変なのだなーと感じました。

    何かをすると石を投げられる。
    何もしなくても石を投げられる。

    牧師って大変ですよね・・・、よくやるわーって思います(笑)

    返信削除
  3. 地域の神社がお祭りのときに児童会がやる子供みこし(もちろん神社とは何の関係もなく、便乗イベントとしてやっているものですが)に、PKが親の意向で参加させてもらえなかったという話を聞いたことがあります。
    そのみこしは宗教色抜きでやるもので、もちろんみこしも担ぎ手の子供たちも神社でお祓いを受けるような儀式は経ていません。あくまで便乗イベントでお遊びでしかないからです。なぜならばその地域ではお寺が何軒もあるので、宗教色を抜きにしてお寺の子供も参加できるようにという配慮がなされたものでした。
    その地域にある夫婦が新興宗教系プロテスタントの教会を開業しました(建物は新興宗教系プロテスタントに多い民家で、近所の人くらいしかその家が日曜日はキリスト教会になるということを知りません)。
    児童会の役員をしている人がその家に「○月○日は子供みこしです」といったら、「宗教上の理由でうちは子供を参加させません」という木で鼻をくくったような返事で、初めてこの家が宗教をやっていることをみんなが知ったそうです。いくら宗教色抜きでやっているしお寺の子供ですら参加できるので大丈夫だと説明しても、「みこし=神道=悪魔」の一点張りで頑固なんてものではなかったという話でした。
    はっぴをきてみこしをかつぎ、終わったあとはファミリーレストランにつれていってもらって、食事の後はお菓子の詰め合わせの袋をもらえて、みんながニコニコ顔で楽しい一日を過ごしているというのに、そのPKは土曜日はいつものように掃除の手伝い等をさせられ、みんなと同じようにイベントを楽しむこともできなかったのでした。

    パーフェクトワールドという映画、確か冒頭で地域の子供たちがハロウィンを楽しんでいるのですが、エホバの証人の家では子供を参加させないという場面があったのを思い出しました。
    なぜかこういった新興宗教系プロテスタントに限って、ものみの塔聖書冊子協会に批判的で、中にはエホバの証人を脱会させるという使命に燃えている教会まであったりしますが、狂信的な教会のPKとエホバの証人の二世はそっくりではありませんか。
    親の宗教に子供を巻き込んでいいものなのか本当に疑問です。たとえ親が狂信的な新興宗教系プロテスタントでも、それは子供にとっては何の関係もないことではないでしょうか。親と子は別人格なのです。親の狂信のために、子供がその地域の子供ならみんな経験するようなことを経験できないのは、地域の一員という感覚も持てず、本当にかわいそうだなあと思いました。

    返信削除
    返信
    1. 〉なぜかこういった新興宗教系プロテスタントに限って、ものみの塔聖書冊子協会に批判的で、
      ものみの塔は三位一体説を支持しないからというのが主な理由で異端認定されてるね。「異端を信じると地獄行きだから真理であるコチラに引き入れなければ」ってコトさ。でもホント、傍目には似たり寄ったりだよね~。そういうと「傍目である世間一般は霊の目が開かれていないから分からないんだ、異端者と一緒なんだ、コレも救わなければ!」という話になっちゃう。救いって狭き門だな~。
      「そう、らくだが針の穴を通るより難しいと書いてある。」
      んー、もういいって。(--;)

      削除