2015年11月30日月曜日

カルトっぽい牧師の妄言や奇行について

 私が知っているカルトっぽい牧師Aは、たぶん典型的な「カルトっぽい牧師」なんだと思う。

 今までここでイロイロなカルトっぽい牧師(クリスチャン)の妄言や奇行を取り上げてきたけれど、そこにはある特徴的な傾向があって、それらがだいたいAの特徴に当てはまるからだ。

 だからAについて語ることは、「カルトっぽい牧師ってこんな感じだよ」ということを端的に表現することになると思う。もちろん人間皆違うので、それで完璧に表現できたとはならない。けれどそれでも何らかの示唆を提供することにはなると思う。自分の通っている教会や知り合いの教会の牧師って大丈夫なの? という懸念がある方は是非ともチェックしてみたらどうかと思う。
 今回はとりあえず5つの特徴を挙げてみた。

■カルトっぽい牧師の妄言や奇行について

・大変なんですアピール
「徹夜で祈りました」
「1週間の断食をしています」
「日本の民が救われる為ならこの身がどうなろうとも・・・」
「日本の宣教を阻む霊的壁は厚い」
「私が立ち上がらなければ日本は救われない」

 牧師業がとっても大変で、すごく忙しくて、大企業の社長も真っ青になるくらいスケジュールが詰まっていて、とにかくシンドイ毎日を送っていますというアピールを説教とか祈り会とかミーティングとかでちょいちょい出してくる。それでいて「大丈夫です」「これこそ主にある特権です」とか言う。基本「ご苦労自慢」なので、「大変だったら辞めればいいんじゃないですか」みたいな忠告は無用。「ご苦労様です。先生が守られるよう祈ります」とか言われると嬉しい。「あの教会の牧師先生も忙しそうですね」とか言うと密に嫉妬する。
 とにかく面倒くさい、子供っぽいアピール。

・いつまでですか?
「皆さん、いつまで眠っているのですか?」
「いつまでそんな霊的鈍感なんですか?」
「いつまでそんな生ぬるいことを続けるのですか?」

 と、自分は目覚めているし気付いているけど、信徒のみんなは誰も起きてないよ、気付いてないよ、というアピール。ちょっと責めているように感じるけど、気にすることはない。単に「自分だけは気付いている」と自慢したいだけ。「すみません、不信仰でした」みたいなことを言えばスル―できる。
 ただ、これを言われて不快でない信徒っているのかな。

・神様を最優先にしなさい
「この(教会の)イベントを最優先にしなさい」
「万障繰り合わせてこのミーティングには参加しなさい」
「この奉仕を最優先にしなさい」

 等、いろいろと優先事項が牧師によって決められる。つまり行動が決められる。理由は「神を優先するため」。でも実際には、牧師が自分の都合を優先させているだけ。自分の都合にすべての信徒を合わさせようとしているだけ。
 たとえばあるミーティングをドタキャンすると牧師から電話がかかってきて、「どこにいる? すぐに来なさい」となる。それに応じないと後から吊し上げに遭う。でも悪いのは「不信仰な自分」となってしまう。
「神のため」となったら誰でも優先しなければと思うだろうけれど、大丈夫。これは単に「牧師のため」でしかないし、従わなくても「神への不従順」にはならない。単に牧師の機嫌を取らないというだけ。

・メールや電話は
「私(牧師)は時間がない。だから私からの電話には必ず出なさい。 そのとき出られないなら必ず折り返しなさい」
「私(牧師)からのメールは必ず返信しなさい。見たかどうかわからないから。ccのメールでも必ず全員返信しなさい」

 ある時牧師がある信徒に電話した。なかなか出なかった。何度かかけ続け、やっと出た。牧師は開口一番、「なぜ出ないんだ! こっちは急いでいるんだ!」と罵声を浴びせた。いやあの、みんな都合があるんですけど?

・自分は何をしても許される
「今日は予定を変更して、○○でなく朝から××をする」
 牧師が突然そう言い出した。信徒はみんな ○○の準備をしていた。けれど急遽××をすることになって、朝からてんてこ舞い。それでもみんな従順に準備して、××が始まった。始まって30分もすると、後ろの方からイビキが聞こえてきた。
 一番後ろで見ていたはずの牧師が、横になって寝始めたのである。あの、まだ朝の9時なんですけど?
 
 以上のような特徴が見られる牧師だったら、悪いことは言わない。今すぐ離れたほうがいい。大丈夫、離れても罪にはならないし地獄にも堕ちない。むしろその牧師に従ってイロイロ奉仕している方が問題ありかもしれない。
 というわけでまた書きたいと思う。

10 件のコメント:

  1. イス⚪︎⚪︎国さんたちと、なんら変わらない人たちですね。
    一神教の怖さでしょうか。

    返信削除
    返信
    1. 一神教の怖さというより、本山のない宗教の怖さといったほうがいいでしょうね。
      イスラムとプロテスタントは「神と直接つながっている」が売りのようですが、その売りの部分こそが恐ろしい結果を生んでしまったわけですよ。

      削除
    2. 本山があり、暴走しないよう統制がとれている日本のキリスト教は、カトリック、聖公会、日本福音ルーテルあたりでしょうか?
      リベラルと言われる日本基督教団やバプテスト連盟でも、各個教会主義なので牧師によってはかなり暴走しますよね。

      削除
    3. 日本基督教団も、聖霊刷新協議会のように什一献金をうるさくいうカルト教会の集団があり、かなりおかしくなっている模様です。

      バプテスト連盟に至ってはもっとおかしくなっているとささやかれています。実際にバプテスト連盟の教会の中には、完全にカルト新興宗教になってしまっている教会が、現時点でもう複数確認されています。
      カルト化しているのは都会の話と傍観していたらとんでもない。地方都市にある連盟の教会でも、顰蹙を買うような狂信的な指導をする教会があるのは事実であります。バプテスト連盟の教会に通ったせいで狂信的な態度をとるようになり、周囲の人を嘆かせている人もいるくらいです。
      連盟の内情に詳しい人の話では、連盟に韓国系の聖職者がここ最近多く入り込むようになったからではないかということでした。
      韓国系の聖職者は、韓国の新興宗教系プロテスタントの影響をどうしても強く受けてしまっていますので、やはり日本で日本人相手に教会で説法していても、韓国で自分が学んだ新興宗教系プロテスタントの教義に近い話になってしまうのはしょうがないのではないでしょうか。
      また彼らが信者に推奨する本も、韓国の新興宗教系プロテスタントがらみの本だったりすることもあります。

      削除
    4. 詳しい情報ありがとうございます。
      教会選びは難しいですね。食べてみないと毒があるかないかわからないってとこでしょうか? わかりやすい目印があると便利なのですけどね。

      削除
    5. 教会選びでわかりやすい目印をいうなら、「ハリストス」あるいは「カトリック」と看板に書いてある教会に行くことでしょうか。プロテスタントは難しいというのはクリスチャンならみんな知っている事実ですので、やはりハリストス正教会かカトリック教会に行ってみるのが、自分の人生や生命や財産をカルト教会から守る一番確実な方法といえます。
      もしプロテスタントの教会に行ってみたいのでしたら、バプテストのように各教会がばらばらでおかしくなりやすいところを避けるのはいうまでもありません。
      組織がある程度しっかりしている聖公会か、日本福音ルーテルあたりに行ってみるという方法も悪くはありませんが、日本基督教団でしたら、花子とアンで有名になったカナダメソジストや八重の桜で有名になった組合教会(ちなみに「あさが来た」のヒロインも組合教会の信者になります)に行くのがコツです。探し方は鳥居坂教会や霊南坂教会に「私は○○県に在住する者ですが、日本基督教団ができる前はカナダメソジスト/組合教会だった教会を教えてください。」と、メールで問い合わせをしてみるといいのではないでしょうか。
      もちろん教えてもらった教会に足を踏み入れたときに必ず問いただすことが、「この教会は聖霊刷新協議会に入っていますか?」なのはいうまでもありませんが。

      削除
    6. 近くにあるのがホーレネス系で「聖化」が特徴と、そこの信徒さんが言われましたが、この系統はどうなのでしょう?

      削除
    7. ホーリネス系の教会を、「初めて足を踏み入れるキリスト教会」にするのはやめたほうがいいと思います。「聖化」はキリスト教のベテランでもない限り、しっかりと理解することは非常に難しいのでここではいちいち説明はしません(Wikipediaに解説が出ています)。
      「聖化」や「きよさ」を強調するのがホーリネス系の特徴といえるでしょうが、大正時代でも終末詐欺をやっていたという話ですので、そのぶん胡散臭さも筋金入りということなのです。
      教義は潔癖といえば聞こえはいいいのかもしれませんが、わかりやすくいえば水清ければ魚棲まずで、現実の生活の中で教義的によしとすることを実践すれば、人間関係を破壊してしまうことがよくあります。

      削除
  2. どこかで読んだ話と思っていたら、キマジメくんシリーズのそれでしたね。
    無論、このトピの続きも興味がありますが、

    キマジメくんの話の続きも、お忘れなく。

    返信削除
  3. 預言・示し・啓示・ロゴス・御心を頻繁に使う。
    「目覚めよ、世の人、マモンの霊、これは神様喜ばない、ここは選ばれた特別な教会、
    リバイバル、十一献金、世界の器、サタンの道具、振るいにかけられる、...」などを聖日礼拝やメッセージで頻繁に使用。その他 教会内の階級制度、選民思想、賜物重視的偏見、などが見られたら、要注意。疑ってかかるとよい。これらばかりを誇張する牧師は本来の聖書が言おうとする真理の意味が解っていないのか?と一度疑って見ると良い。一番は聖書をキチンと自分で読む。聖書的であるかに基準を置く。と言う事。
    私が教会につまずいて学んだこと。

    返信削除