2015年11月19日木曜日

PKの方々の苦労について

 若干デリケートな話題ですが、"PK"について。

 PKというと普通ならサッカーのシュート合戦を思い出すでしょうが、プロテスタント界隈では"Pastor's kid"こと「牧師の子」の方で専ら使われています。と言ってもこの言葉、牧師の子たちが自分自身を指してやや自嘲気味(?)に使うことが多い気がします。だから牧師家庭でない信徒の方には、あまり馴染みがないかもしれません。
 このPという言葉には、特別な意味が込められています。その意味を的確に表現しているかどうかわかりませんが、たぶん次のような意味になります。

 牧師家庭特有の「苦労」を経験して育った子。

 人間みんな環境とか親とかを選べないで生まれてきます。だからどうしても不公平感があります。たとえば裕福な家庭と貧しい家庭とでは、子供の将来の可能性は大きく変わります。またお金の話でなくても、子供がどう育つかは親次第とも言えます(特に思春期までは)。そしてたぶん多くの子供が、「こんな家に生まれてこなければ良かった」みたいなことを一度は考えるでしょう。反抗期やら思春期の苛立ちやらがイロイロ混じり合って、そういう感情に辿りつくのだと思います。

 けれど、そういう葛藤は多くの人にとって通り雨みたいなもので、いつまでも持ち続けることはないでしょう。でもPKの場合、その葛藤がわりと長く続く傾向があるように思います。もちろんいろんなPKがいるので一括りに語ることはできません。また牧師の子だけが特別ひどい苦労をするという訳でもないはずです。けれど「牧師家庭で育つ」ということが彼らにある似通った負荷をかけていて、その影響は決して小さくなく、だからこそPKに共通した特徴みたいなものがあるのだと思います。

 では実際に、PKの方々から聞いたり見たりした「牧師家庭の子の苦労」について、挙げてみましょう。これは私が知り得た範囲のことなので、もっと他にもあるでしょうし、もしかしたら偏っているかもしれません。

■PK(牧師の子)の苦労

・礼拝に必ず出席しなければならないから、日曜日に出かけたことがない。
・学校の部活動などは基本できない。できても日曜の試合に出られないのでレギュラーになれない。
・教会に行くと大勢の親が待っていて、だからいつも「良い子」でいなければならない。 
・他の信徒の子たちに比べて模範的でならなければならない(演出でも)。
・年齢が上がれば上がるほど、礼拝が苦痛になっていく。でも休めない。
・牧師の子として敬虔さを見せるか、あるいはその反動としてグレるか。でもグレてもグレきれない。
・家に第三者がいることが多く、プライベートを持ちづらい。
・大切にしている玩具や服やその他の持ち物を、(親である牧師に言われて)信徒の子供に泣く泣く譲ることがある。あるいは無断で既に譲られている。
・家におカネがないのがわかっているから欲しがれない。
・テレビゲームとかしたいけどしたいと言えない。
・学校の成績が悪いと、いつのまにか大勢の信徒が家庭教師になっている。
・親である牧師が教会を優先するので、結果家族の時間がない。
・進路のことでハンパなく悩む。牧師になりたくないけどそう期待されているのがわかるから。
・親の職業を聞かれるとつい「社長」とか「自営業」とか言ってしまう。

 以上、目に見えてわかりやすいことを挙げました。これだけ見ると「ちょっと大変そう」ってレベルを抜けないかもしれませんが、事態はもっと深刻だと思います。
 たとえばあるPKの場合、ほとんどいつも家に第三者がいたそうです。問題のある信徒の子供とか、他教会の牧師の子供(問題児)とか、ちょっとメンヘラな人とか、DV被害から逃げてきた親子とか、行くあてのない高齢者とか、とにかくいろんな素性の人が、家にやってきたそうです。しかも予定も何もなく、家に帰ると突然いたり、突然いなくなっていたり、夜中に来たり、自分の部屋を開放しなければならなかったりと、まあプライバシーなどなかったようです。それに対して嫌な顔一つすることもできません。したら牧師である親に怒られるからです。

 ちなみにそのPKは年齢の割に大人びていました。いつも笑顔で、よく気が利いて、不平不満など一切言いません。それでいてどこか覚めた目をしているのです。たぶん生育環境の中で、自分なりに適応してきた結果なのでしょう。

 では何故こうなってしまうのか? という話になると、当然ですが牧師業について言及することになるでしょう。牧師業と言っても教団教派によってずいぶん違うと思いますが、このPK問題がよく取り上げられるのは、やはり聖霊派に多いと思います。だから聖霊派の牧師業についてみていくことが、PK問題の原因を探るうえで重要だと思います。というわけで次回に続きます。

2 件のコメント:

  1. 確かに、プライベートがないところが大きいと感じています。
    そして、親である牧師が価値観を子供に押し付けられて生活のし辛さを抱えてしまうのもあると思います。(これは一般のキリスト者の家庭でも価値観を子に押し付けてしまうことにもつながるとおもいますが。)
    ある牧師のご子息が、私に不満を話してきました。親の不満をぶちまけるなかで本人がスッキリしていくのを表情を見て感じました。
    親は選べませんが、子の立場で自分なりの生き方は選べます。牧師の家庭でも一般の家庭でも子の意思を尊重していかないと生き辛さの人生につながると感じます。

    返信削除
  2. 寺や宮とちょっとくらべてみましょうか。

    ・お参りは朝晩家族だけでやり日曜日は部活をやっています。もちろんレギュラーになり日曜日の試合も出ます。
    ・寺や宮に行事で人が集まっても、神職や住職の夫人が手伝いには出るが、子供は庫裏で自分の時間を好きなように使える。
    ・模範的ないい子か?勉強ができるか?はその家によって違うのでいちがいにはいえませんが、私の見聞する限り、勉強のできが今一つと嘆いている話はあるかもしれませんが、ぐれて困ったという話はあまり聞かないような・・・
    ・庫裏に赤の他人が足を踏み入れることは特別な事情でもない限りはない。したがって家に第三者がいることもなく、プライベートが十分に保障されている。おもちゃや服を氏子や檀家の子供にやらなくてはならない、あるいは本人に無断で譲渡されるという話は聞いたことがない。
    ・家にお金があるかないかはその宮や寺によって違うが、欲しいものは買ってもらえることもあればないこともある。親である神職や住職はよほどおかしな人でない限り、大半は氏子や檀家に気を使って生活していると思う。
    ・学校の成績が悪くても氏子や檀家が家庭教師になることはほとんどない。(あるとしたら有償であり決してボランティアではない。)私の知っている範囲内では寺も宮も自分の子供を塾に通わせている。
    ・家族の時間に関しては宮は大半はサラリーマンをしているので、普通のサラリーマン家庭程度には家族との時間を持てると思う。寺は人の死を扱っているので、夜中でも明け方でも連絡が入って枕経をあげにいかなくてはならなかったりする。(夫人は絶対といっていいほど家をあけられない)。檀家の多い寺では家族との時間を多く持てないかもしれない。しかし檀家が少なくサラリーマンの副業程度でやっているような寺ならわりと普通のサラリーマンと同じような生活になるので、家族との時間も多少はもてると思う。
    ・進路に関しては「しょうがない。宮(寺)を守らなきゃ」という感じ。
    ・親の職業を聞かれると「うち神社(寺)だから」と苦笑いして答えるかも?

    こうして比較してみると教会の子供の生活環境は寺や宮のそれよりも、創価学会の地区担の家に近いかもしれません。
    選挙の票集め、高齢者の家々(たいていは団地住まいで生活保護)を回ってご機嫌伺い、早朝から聖教新聞の配達等々を一銭の報酬もなしで親はやっています。婦人部の集まりや唱題会や座談会に家を提供することがよくあるので、家にはいつも誰かいるような具合で、プライバシーが守られているとはいいがたいです。ひどいときは夫婦喧嘩をして家を飛び出してきた人が夜中に転がり込んできて・・・ということもあると聞いたことがあります。
    問題児やDV被害者や行くあてのない高齢者が、ある日帰ってきたら突然家にいたりいなくなったりで、彼らのために自分の部屋を提供しなければならないこともあります。もちろん嫌な顔をすると地区担をしている親から叱られますので忍耐の日々です。
    子供のほうも学会の未来部の活動があり、学校生活より学会生活を重視する親の方針で、あまり好きなようにやれないかもしれません。

    新興宗教系は仏教もプロテスタントも非常によく似ているような気がします。

    返信削除