2015年11月5日木曜日

神学校がネイビーシールズみたいだったら、入学希望者の質的低下は起こらないでしょう、って話

 またまた他ブログの記事を引用させていただきますが。

「神学校、献身ホイホイ化するなかれ?」(命と性の日記)

■神学校入学者の質的低下

 この現象、すごくよくわかります。神学校に行きたい人とか卒業した人とかいろいろ見ましたが、 手放しに応援できない人が少なからずいます。
 たとえばチャーチスクールで高校3年生になって進路で焦りだし、でも学力的にどこの大学にも行けない、やりたい分野もないから専門学校も選べない、かと言って就職もしたくない、みたいな消極的な理由で、神学校とか神学部を選ぶ人がいます。もちろん本人はそんなこと言わず、「神様からの召命がきました」みたいなことを言います。けれどその人の学校生活とか対人関係とか聖書や祈りに向かう姿勢とかずっと見ていると、どうもその「召命」に真実味が感じられない訳です。のらりくらりやってきて、とりあえず決めなきゃいけないから決めました、みたいな印象さえ受けます。ただ本人が神妙な顔で「神様が・・・」「召しが・・・」とか言うので、無下にできないというだけで。

 元記事によると、「心配な献身者」の9割は心配が的中し、1割は立派に成長されるそうです。私の感覚だと本当に1割もいるのかって感じですけれど、まあ事実だとして、その1割を価値ある収穫ととるか、犠牲が大きすぎるととるか、議論が分かれるところでしょう。

 ただ一つ断っておくと、献身者として立派に成長したから問題を起こさない、という話ではありません。どんな人格者であっても、対人援助という仕事である限り、失敗しないということはありません。むしろ多くの失敗をしていくでしょう。人格的に欠落しているから問題を起こす、というものもちろんありますが、牧師という職業自体が、失敗の連続を宿命とするものではないかと私は思います。

 たぶん、多少心配な人間であっても神学校に行きたいという人がいるなら、1割の可能性に期待をかけて推薦したいのが牧師の本音だと思います。たとえ明確な人格的問題があるとわかっていても、学業を通して変わっていくかもしれない、成長してくれるかもしれない、その可能性はゼロではない、というふうに考えるのだと思います。
 もちろんそこは議論の分かれるところで、問題があるとわかっているなら推薦してくれるな、という意見も多いのだと思いますが。

 いずれにせよ、神学校入学者の質的低下というのは、現状起こっている事実だと思います。頑張っていらっしゃる神学生の皆さんには大変失礼な話なのですが。私個人の実感としては、そういう結論しかありません。

 この結論を補強するために一つ事例を挙げますが、ある神学校入学希望者がいました。牧師の推薦を得て、願書を提出した結果、入学が決まりました。 しかし入学直前に決して軽くない罪を犯してしまいました。罪と言っても聖書的な罪でなく、いわゆる軽犯罪です。けれど幸か不幸か警察沙汰にはならず、教会内のごく一部だけで、話を収めることになりました。本人は深く反省した様子を見せました。牧師は迷い、一度は推薦取り消しを考えたようですが、結局そのまま入学させることにしました。「学校での劇的変化」を期待してのことでした。
 しかし結果から言うと、その人は神学校を卒業し、教会の献身者となってから、より大きな犯罪を犯してしまいました。結局のところ、何も変わっていなかったのです。

■問題の本質は

 元記事によると、こういう「消極的入学希望者」の動機は「競争社会からの逃避」と、「一般社会ではリーダーになれないけれどキリスト教界でならなれそう」といったものです。私もそれには同意します。そういう消極的な動機を隠して「神からの召命」をタテにするのは、明らかに偽りでしょう。
 けれど問題の本質は、そういう消極的入学希望者の存在にでなく、そういうふうに思わせるキリスト教界の方にあると思います。つまり、キリスト教界なら競争が厳しくなさそうだ、あるいは競争しなくて済みそうだ、簡単にリーダーになれそうだ、地位ある何かになれそうだ、と安易に思わせている現状に、原因があるのだと思います。

 たとえばもし日本の神学校が軒並み、ネイビーシールズみたいな過酷すぎる訓練をするところだったとしたら、入学者の質はむしろ上がるでしょう。誰も苦しみたくはなしい、あえて苦しむのはそれなりの目的があってのことだからです。少なくとも勉強できない、働きたくない、という人間が選ぶ都合のいい進路とはなりません。

↑参考動画。ネイビーシールズの訓練風景(映画「ローンサバイバーより」)。

 しかし日本のキリスト教界の現状で言うと、特に聖霊派や福音派でそうだと思いますが、「霊的っぽいことが言える」「人前で上手にしゃべれる」「歌が多少うまい」というだけで、安易に評価されてしまう傾向があるように思います。聖書知識や理解が乏しくてもほとんど問題視されません。むしろ「本番で上手にしゃべって祈れればいい」みたいな、パフォーマー志向が強まっていて、それに見合う人たちが集まっているように思います。たとえば超教派の集会なんかに行くと、ゲストは皆そこそこ有名な「パフォーマー」ばかりです。

 ちなみに超教派の集会について書きますが、そこは「舞台に立って何を披露するか」が大事な世界です。信仰とか敬虔とか霊的とか、そいういうものは実は要りません。そうでなく、いかに信仰っぽい、敬虔っぽい、霊的っぽいパフォーマンスができるか、が一番重要だし一番評価されるのです。

■問題の解決は

 神学校の入学者の質的低下、という問題の一つの解決は、とにもかくにも「ハードルを上げる」ことにあると思います。安易な希望者を減らすには、安易な道にしないことです。
 いろいろなハードルがあると思いますが、たとえば、ある程度高度な入学試験を課すだけで、安易な入学規模者を減らすことができるでしょう。あるいは神学過程における試験やレポートの難易度を上げ、容易に落第させられる制度にすれば、生徒たちはより真剣に取り組むようになるでしょう。

 こういうことを書くと、いや神学校も経営しなければならないから生徒が必要なんだとか、人間みんな変われるんだからとか、そういう反論があるかもしれません。けれどその学校の目的を考えるなら、答えは明白でしょう。つまり学校の第一義は学校を維持することでなく、良い卒業生を排出することにあるのです。義務教育とは違います。もちろんうまく経営しなければ成り立ちませんが、学校を成り立たせたところで、役に立たない生徒しか排出できないとしたら、そこに何の意味もありません。

 という訳で、「献身ホイホイ化」しつつある神学校について書いてみました。

5 件のコメント:

  1. 日本国内の神学校では格好がつかないからと、アメリカの神学校に進学させるケースもあります。もちろんこれは親にお金があって本人も英語がなんとかこなせるだけの能力がある家だけに限られますが。
    新興宗教系プロテスタントの業界には確かにたくさんの神学校があります。個々の宗教団体が小規模なことがほとんどとあって、宗門の大学というものをもつことがなく、最近になってようやっと東京基督教大学ができたくらいです。
    周知のように新興宗教系プロテスタントの特徴は反知性主義です。この反知性主義ゆえにもともと大学どころか神学校ですら必要としませんでした。
    個人的には新興宗教系プロテスタントの聖職者になるのに学校教育は不要ではないのかと考えています。なぜなら彼らには「知識は人を高慢にする」という伝統があり、その伝統を守るべきであるので、学校と名のつく場所に通って聖職者の資格をとるなど言語道断で、日ごろの主義主張からは矛盾しているといえるからです。
    しかしこのところ韓国やアメリカの影響なのか、やたらおかしな神学校が乱立し、またディプロマ・ミルと呼ばれるニセ学歴の博士号を乱発する新興宗教系プロテスタントの団体もあるくらいです。彼らは反知性主義を標榜しながら、なぜか強い学歴コンプレックスがあるのか、金を払ってでもニセ学歴の博士号を買うという、池田大作そっくりの行動に出ています(笑)。
    こんな状況ですので、新興宗教系プロテスタントは(本来は学校に行かなくても聖職者になれるはずですのに)なぜか「聖職者の資格あげますよー」な学校が即席で出来上がり、中には通信でとれますなどという呆れたものもあるくらいです。通信では黙想行はどうやってするのでしょうか?永平寺のように起きて半畳寝て一畳で、大寒の早朝暗いうちに起床して、掃除を徹底的に全員ですることもできないではありませんか。
    簡便に聖職者の資格がとれましたといっても、それは所詮ディプロマ・ミルなみのニセ資格といってもいいでしょう。
    地元の小学校にもろくに通ったことがなく、チャーチスクールでずーっときて、最終駅としてこの手の神学校にいって聖職者になるコースは、新興宗教系プロテスタントでは純粋培養として高く評価されるのかもしれませんが、一般社会では「最終学歴幼稚園卒」の変わり者でしかありません。幼卒ではどこの会社だって雇ってはくれません。親にしたら自慢の娘や息子なのかもしれませんが(笑)。

    返信削除
    返信
    1. 概ね賛同できるのですが、パプテスト神学校の様な、通信制の神学校にも価値はあると思います。社会人としての経験を積みながら、牧師になられるからこそ、視野が広がると思います。

      削除
    2. 通信ではどうしてもできないことがあります(たとえば黙想行や清掃がそうです)。本来なら全寮制にして、娑婆っ気を抜く環境に身をおいて、宝塚音楽学校なみの厳格さがある場所で、きちんと修行をしたほうがいいのではないかと個人的には思っています。モン・サンミッシェルをみてもわかりますが、僧侶が修行するには都市の喧騒を離れた静かな空間に一定期間身を置くことは、やはりどうしても必要なのではないでしょうか。
      社会人としての経験をつみながらというよりも、積んだあとで・・・というほうが望ましいのかもしれません。
      曹洞宗では定年になった人が一定期間永平寺に入って修行をし、檀家が少ない過疎地域で無住になってしまった寺に派遣して寺を守ってもらうシステムがあります。これをプロテスタントも取り入れるべきだと思います。そうすれば社会人としての経験を積んだ人が、何年か静かな場所で修行をし、そののちに信者の少ない教会でやっていくことができます。

      削除
  2. 「献身ホイホイ」か~。あの牧師さん、たまには的確なこと言えるんだね。
    私の行ってた教会の説教師さんが、某アルファベット3文字の神学校の講師やってるけど、たしかそこって元ヤクザの人を入学させて、その人は卒業して牧師になってから在学中にクスリをやってたことをカミングアウトしたらしい。神学校の人達は「今は悔い改めの実がなっている」とか言って問題にもしてないみたい。一般社会なら大変だよね。

    返信削除
  3. 献身ホイホイ、って軽く言えるくらい、教会の牧師って志願者がいるンですかねぇ?
    30人くらいの会員のうち大半が中高年女性の、地域の自治会のような教会の精神指導者を薄給でやらざるを得ない、そンな職業を、「普通の若者」は志願しないですよ。いまどきは超のつく不況だから、また少し状況が違うのだろうけど。
    牧師から見ても、頼りなさすぎて情けないな青年であっても、いちおうやらせてみようとは思わないのですかねぇ。裁いた挙句むげにしてれば、「この世の」会社と少しも変わらないと思えてくるのですがね。

    余裕こいてられるンですか、どこの教団も。

    返信削除