2015年10月2日金曜日

その「天国」は何教の「天国」ですかって話

 某自称クリスチャンは「天国を見た」とか「地獄を見た」とかいう話が好きらしいけれど、最近「天国見学」「地獄見学」という動画を紹介している。ためしに「天国見学」の方を見てみたけれど、本当にひどい。これを見て信じてしまうクリスチャンがいるとは思えないのだけれど、残念ながらいるようだ。信じてしまう人には基本的に何を言っても無駄なのだけれど、かと言って黙ってもいられないので、この動画の明らかに間違いについて書いてみる。

 たぶん細かく検証すれば沢山の間違いがありそうだけれど、ザッと見ただけでも指摘できるのは次の点だ。

 「地上での義の行いを霊魂が吸収して、(天国での)体に変化する
平凡に生きたクリスチャンと一生懸命頑張ったクリスチャンが同じ天国に住むのは不公平なので、天国ではそれぞれ違った待遇を受ける

 これは要するに、「地上でクリスチャンとして長く多く善行を積まないと、天国でみじめな思いをするぜ」ということだ。だから教会に仕えろ、頑張って奉仕しろ、たくさん献金しろ、牧師の言うことを聞け、みたいな話になる。「天国で永遠に愛し合う」とか言っているけれど、要は自由競争の天国であって、その意味でこの世界の延長でしかない。天国でも永遠に競争したい、優劣の差を見せつけたい、という人には良い場所かもしれないけれど。

 しかしこの考え方は、聖書の基本的な主張に思いっきり反している。マタイの福音書20章が支持する天の御国の在り方は、「労働時間にかかわらず皆同じ報酬がもらえる」である。そのことは例話で紹介されているけれど、ぶどう園に朝早くに雇われた人、9時頃雇われた人、12時頃雇われた人、15時頃雇われた人、17時頃雇われた人、みんな同じ1デナリを約束され、その通り1デナリをもらっている。早朝から働いた人と夕方から働いた人とではたぶん労働時間が10時間以上違うけれど、どちらも報酬は同じである。
 これは労働者の視点に立てば相当不公平な話だけれど、神様の視点ではそうではない。

 だからこの動画は人間側の視点で作られており、神様の視点を無視している。神様を無視しているのに、それが神様からのメッセージであるはずがない。

  他にも、天国の描写がまるで丹波哲郎の『大霊界』(古いか) みたいで、見ていると何教なのかわからなくなる。イスラム教だとジハード(聖戦)で殉教した者は天国ですごい待遇を受けるとされているけれど、それに近いものがある。どれだけ頑張ったか・頑張らなかったか、が問題とされているからだ。そこでは「キリストの恵み」はもはや恵みでなく、たくさん奉仕して献金しないと得られない報酬となっている。


 という訳でこの動画、たぶんキリスト教の「天国」の話でなく、べつの宗教の「天国」の話だと思う。この動画を支持する人は基本的な聖書教理を間違えているので、考え直した方がいいと私は思う。

 ちなみに動画はyoutubeで「天国見学」「地獄見学」で検索すれば出てくると思うので、興味のある方はどうぞ。長くて見るのが大変な割に、得るものは少ないと思うけれど。

8 件のコメント:

  1. 天国と地獄の動画は確か韓国で作られたものだったと思います。二つの動画は、できるときには什一献金をするものの、ちょっとできなくなるとびた一文献金をしなくなり、しまいにはカトリックにさっさと宗旨替えをしてしまう、変わり身の早い国民性をもつ韓国人に向けてのものであって、日本人が見てもあまり意味はないものではないかと思うのです。
    韓国の新興宗教系プロテスタントが、天国と地獄のアメとムチで脅迫しているような映像を作成した意図はどういったものなのかを、まずここで私たち日本人は考えてみる必要があります。このような映像を企画し作成したのは、やはりどうしようもないところまで韓国の新興宗教系プロテスタントが追いつめられているということなのではないのでしょうか?
    現実に90年代に入って、ソウルオリンピックの好景気が終焉して、給料の伸びが鈍化すると、新興宗教系プロテスタントからカトリックに宗旨替えする韓国人が爆発的に増えたといいます。そして98年のIMF以降は、経済危機が深刻になり、たくさんの人が給料が減るどころか失職の危機を迎えるに至ったせいか、新興宗教系プロテスタントでは、大手といわれる宗教団体ですら、かなりの信者が逃げていきました。
    こんな状況下ではそりゃあ作りたくもなるというか、何が何でも作らざるをえなくなるでしょう。弟子訓練をやったとしても、韓国人は日本人とちがっておとなしく従うことはありません。「ならカトリックにでも行くわ。弟子訓練なんて馬鹿げたことをやらないしね」といって、後足で砂をかけて去って行ってしまう国民では、日本のように被害者というものが絶対に出ないかわりに、新興宗教系プロテスタントの教会を開業しても簡単に儲けられないのです。
    毎年のように金づるがどんどん逃げ出していってしまう状況では、半分脅迫するような動画でも作成しないと、もうやっていられないでしょう(笑)。私たち日本人はメイド・イン・コリアの動画を見たら、婆原教祖の一味のように真に受けるのではなく、「なんだか必死になっているね韓国の新興宗教系プロテスタントは。金づるを逃がしてたまるかと必死になっているよ~」と笑っていればいいのです。

    返信削除
    返信
    1. 日本でもプロテスタントの信徒数がこの10年で大きく減っていると聞きます。
      高齢化もあるでしょうが、失望した人たちも多い気がします。
      新興宗教系プロテスタントは金儲けのところが多いのも原因でしよう。
      行くなら歴史のある、戦前に宣教師が開拓した、落ち着いた教会を選ぶのも、後悔しない為の指針ではないでしょうか。

      削除
  2. 宣教師の開拓時期を戦前にするのはまだまだ危険だと思いますよ。ホーリネスは明治の終わりから活動を活発化させていますしね。それをいうなら「都内なら明治の初め、地方なら明治の中ごろまでに開拓した教会」という方が、後悔しないための指針として適切といえますね。

    新興宗教系プロテスタントの信者減少は、韓国だけではなく日本でも状況は似たようなものなのですね。創価学会も二世三世の棄教で信者数が減っていると聞いていますし、天理教も今やどんどん信者を減らしている状況です。やはり韓国と同じで雇用環境もあれですし、でかい建物欲しい子供の留学費用出してくれという教会は切り捨てられて当然ですよ。
    カトリックとメインラインと呼ばれる伝統宗教系のプロテスタントでよく聞かれる声は「昔は葬式もあったが七五三もあった。秋になると千歳あめの袋をもった晴れ着の女の子やはかま姿の男の子をつれて紋付をきたお母さんが・・・」と昔をなつかしむものです。(ちなみにキリスト教会が七五三で配る千歳あめは神社でのそれと区別するためなのか、マリア様のおメダイや天使の絵のかわいらしいカードが入っています)
    エバンジェリカルと呼ばれる新興宗教系のプロテスタントは、そもそも教会の中には若い人しかいません。信者は三年ほどかけて教会を通り過ぎていくだけなのですよ。長い時間をかけて信者を育てていこうという気持ちはもともとありません。お金と時間と労働力を搾り取って、何もでなくなったらポイ捨てするだけでした。
    今までは十人がいなくなっても、また十人が補充されていましたが、今は十人出て行って、五人しか補充されない状況ではないかと思いますね。
    焼香拒否の戒律を指導する新興宗教系のプロテスタントの牧師がこう言っていたのを覚えています。「うちでは焼香を拒否するように教えているが、別に困ったことなんかない。若い人は不祝儀に出る機会なんかないから」。
    つまり親どころか祖父母が亡くなるような年齢(今は孫が三十すぎまで存命の祖父母が少なくない)になる前に、信者はいなくなってしまうのだという事実を示しています。
    若い人をトイレットペーパーのように消耗していただけの新興宗教系のプロテスタントは、高齢化社会ではますます信者を減らしていくことでしょうよ。

    返信削除
  3. なんの意図があってあれを神様がみせようとするのか?
    あれを見て、幸せになる人なんかいないよ。

    神から来てるのか、人から来てるのか、又は神のふりした悪の惑わしか。。。

    返信削除
  4. 天国に行ってまでも、カースト制度を持ち込もうとする韓国人。
    元をたどれば、韓国人からしかそういう話(働きによっての待遇説)聞いたことがないよ。
    天国で自分家に螺旋階段があったという人。高ぶった為にダイヤモンドを、取り去られたなどと、カリスマと呼ばれる牧師や長老の証し。なんだかなぁ。その為に頑張っているって言うんなら本来の召しから外れてるよーな気がするのは私だけだろーか?

    返信削除
  5. 動画を見て驚きました。
    2017/1/6現在you tubeで「天国見学」で検索してトップに上がってくる動画についてですが、これはプロテスタント系の新興宗教でもなく異端の「摂理」という団体の動画です。
    イエス様を救い主としているのではなく、『御子の霊は今の時代はイエス様ではなく教祖に宿っている。だから実質救い人(メシア)となった教祖を信じてそこでの説教を聞かなければ救われない』というトンデモ系団体です。


    2006年頃に教祖が強姦罪で服役して一時日本でもメディアで大々的に取り上げられました。
    現在は昔のような学生向けの偽装サークルを用いるだけでなく、You TubeやTwitterでも宣教活動をしているようなので、クリスチャンであっても動画をきっかけに騙されて入信してしまう方もいるかもしれません。
    積極的に注意を呼びかけていった方が良いかもしれませんね。

    返信削除
    返信
    1. 動画に興味はあるけど、心が弱いので私は見ないようにしよう
      洗脳されて(インパクトがあり過ぎて)頭から離れなくなると怖いから。
      信仰ってこんなに大変だったっけ?
      昔はもっと素直に天に向かって「神様!」と心から思えた気がするが、どうやら最近ひねくれてしまったせいか素直に手放しで喜んだり信仰したりが難しくなったようだ ><

      削除
  6. うちの牧師天国で豚に乗ってたそうだ。吉田美穂子夫人天国での自分家に螺旋階段があってお庭でイエス様と語らう場所があるとか。。吉田長老天国の家の家紋にダイヤがはめ込まれているそうだ。。。もはや私にとってはファンタジーの世界でしかない。。。

    返信削除