2015年10月1日木曜日

捏造される「霊的意味」について

 前回は「イスラム国」によって拉致・殺害された後藤さんについて、一方的な「霊的意味」を展開していた某ブログを取り上げてみた。今回はそんな風に捏造されていく「霊的意味」について考えてみたい。

 聖霊派クリスチャンの教会生活の一コマとして、たとえば次のような「祈りのミーティング」の場面がよく見られる。

A「じゃあ今日は、みんなで○○の為に祈りましょう。しばらく異言で祈って、それぞれ示されたことをシェアして下さい」
一同「アーメン」
(しばらく「異言」モドキの祈りが続く。次第に盛り上がり、叫び出す人までいる。やがて収束し、静かになる)
A「だいぶ祈りが積み上げられましたね。ではBさんから、示されたことをシェアして下さい」
B「○○については△△だと語られました」
一同「アーメン」
C「私は聖書のこの箇所が示されました」
一同「アーメン」
D「○○は△△であると同時に、××でもあると語られました」
一同「おおー。アーメン」
E「私も○○は××だと語られました」
一同「アーメン」
F「○○は結局のところ、●●だと主が示しておられます」
一同「おおおー。アーメン」
G「私は聖書のこの箇所が示されていましたが、兄弟姉妹のシェアを聞いていて確信が来ました。○○は▲▲なのだと」
一同「おおおおー。アーメン」
A「ふむ。霊的情報が揃いましたね。私も実は初めから、○○は▲▲だと示されていました。皆さんのシェアを聞いていて、本当にそうだと確信しました。○○は▲▲なのです!」
一同「アーメン!」
(また盛り上がって祈りが始まる)

 すごく「霊的」で「啓示に満ちた」ミーティングに見える。
 けれどこういう「祈りのミーティング」の特徴は、

・あとで語られたことを皆にシェアしなければならない。
・だから祈って「語られる」ことが前提になっている。
・だから「何も語られなかった」とは言えない(言いづらい)。
・何も「語られない」と不信仰な気がする。
・先輩クリスチャンなら余計に「すごい啓示」をシェアすべきというプレッシャーがかかっている。

 というようなことだ。
 だから「何が何でも神様に語られて、皆がアーメンしてくれるような霊的意味を披露しなければ」という心理状態に多くのクリスチャンがなる。たまにそういうことを全然気にしない人もいるけれど、多くの人はそうではない。

 で、どうなるかと言うと、「△△と語られている気がする」「○○はきっと△△なのだろう」みたいな推測でモノを言いだす人が出てくる。そして彼らはそれを「推測」でなく「語られた」と信じるようになってしまう。

 けれど、たとえばどこかで自然災害が起きて、そのために祈ってみて「これは神からの警告だと示された」とか「これを通して主の御業が現されると語られた」とか言う人がいるけれど、そんなこと誰でも思いつくし、予測の範囲内だし、わざわざ「啓示」されなくても察しがつく。それに「啓示」にしては抽象的過ぎる。

 聖書をみると、それが神様からの啓示かどうかを確かめる一つの指標として、「予測不能性」というのがある。誰も想像できない、思い付きもしない、というような事柄だ。そしてもう一つは「具体性」だ。何がどうなるのかハッキリ語られており、それが寸分違わず実現する、ということ。聖書に描かれている「預言」は、この二つを兼ね備えている。
 逆に言うと、そういう指標が満たされないなら、それが神様からのものと証明することができない。簡単に思い付く抽象的な事柄なら、どこの誰にでも言えるからだ。

 だから先の「祈りのミーティング」で言えば、「語られた」ということでシェアされる内容が、どれも簡単に予測できたり抽象的だったりする。でもそういう内容が「アーメン」「ハレルヤ」と受け入れられてしまうので、言う方はどんどんエスカレートしてしまう。そして自分の勝手な「思い込み」を、「主の御心」と言い張るようになっていく。

 結果そういうミーティングは、ただの「ホラ吹き大会」になってしまう。何かすごいことを言おう、皆を驚かそう、みたいな動機になっているからだ。だから彼らは「主がこう言われる」を連発するけれど、かなり怪しい。神様が脇でそれを見ているとして、どう思われるのかとても興味深い。

 先のミーティングの例のように、彼らの元々の動機は、「神に語られねばならない」というようなものだったはずだ。あるいは「神は語って下さるはずだ」とか、「自分には罪がないから神の声が聞こえるはずだ」とか、そういうものだったと思う。けれど明確に「語られた」感じもなく、でも何かをシェアする必要があって、結果的に「こうではないか」という推測とか思い込みとかいうものを「語られた」と言ってしまう。そういう構造は少なからずあると思う。

 その構造は必ずしも、「捏造」ではないかもしれない。祈りに祈ってふと心に浮かんだものを「主から語られた」と都合よく考えてしまったかもしれない。
 けれど間違いは間違いであり、嘘は嘘である。先のミーティングのような状況に心当たりのある方は、ちょっと反省してみることを私は強く勧める。

3 件のコメント:

  1. 「予測不能性」「具体性」
    聖書に描かれている「預言」は、この二つを兼ね備えている。

    すっきりする見識ですね(^O^)
    確かに、預言者が預言して、
    『主の憐れみにより回避された』
    『私たちの祈りが届いた』
    とかわいらしいこと言ってる記述ないですし。

    いくら万人祭司とはいえ、
    『神から示された』の濫用は、主の名をみだりに唱えることになるのでは!?

    返信削除
  2. ただ自分の心にふと思いついただけのものかもしれない、でも吟味もしない・・・
    そんなホラ吹き大会をずっとやってると、自分たちだけは神様の言葉を聞けるという間違った思い込み・選民意識が強くなってくると思います。
    謙遜さに欠けていると思います。


    それとアーメンの使い方も間違っていると思います。
    何でも簡単にアーメンと言えばいいのでしょうか?
    またこういった人の集まりでは、牧師などが「アーメンですか?」と聞いてきますが、そんなふうに聞く側に強要していいのでしょうか?

    返信削除
  3. 万人祭祀の怖さですね。
    いわゆる「み声を聞く方々」には本当に困ったものですよ。
    選民思想は新興宗教系プロテスタントでよくみられる特徴ではありますが、謙遜さに欠けてしまうのも彼らの必然でしょうね。キリスト教には七つの大罪というものがありまして、その中には当然高慢も大罪の一つとしてカウントされています。
    しかし「み声を聞く方々」はしばしば他者に向かって「お前は○○の大罪を犯している」とさばきますよね?自分たちはしっかり高慢の大罪を犯しているというのに・・・

    返信削除