2015年7月13日月曜日

アンチでもなく、批判でもなく

■コメントについてお願い

 いつもコメントをいただき、本当にありがとうございます。

 コメントのページでも書いていますが、無用なトラブルを避けるため、コメントは承認制にしています。ですが、反対意見だから承認しないとか、気に入らないから承認しないとか、そういうことはありません。実績として、コメント者様本人が非公開を希望する場合を除いて、ほぼ全て承認させていただいています。 ちゃんと計算していませんが、9割9分9厘は承認していると思います。

 というわけで賛成反対含めていろいろなコメントを掲載させていただいていますが、それは単純に、いろいろな意見があっていいと思うからです。世界にはただ一つの正しいものがあるのでなく、いろいろな選択肢の中に正しさが含まれているからです。また「正しさ」の概念も視点を変えればいろいろ変わるわけで、唯一絶対の、これでなければならない、という選択肢はさほど多くはないでしょう(中にはそういう選択肢もあるでしょうが)。

 そういうふうに考えるのは、カルト化教会を通しての反省でもあります。 カルト化教会はあらゆる事柄において「これだけが正しい」「この選択肢以外に御心はない」「他は全て間違っている」と教えます。そしてあの手この手を使って、信徒を「ただ一つの道」に追いやっていくのです。それは多くの場合「教会献身」であり、「教会内時間無制限奉仕」であり、「牧師絶対主義」であります。

 しかし事実はその逆で、世界は多くの良いものと、数少ないダメなものとでできています。ちょうどエデンの園がそうだったように。
 だから世界にはいろいろな木があっていいし、いろいろな木の実があっていいのです。いろいろな形の花が咲いていていいのだし、色は赤でも黄色でも青でもいいのです。
 当ブログのコメント欄も、そうであってほしいと思います。

 というのが前置きで、ここから本題。

 コメントをいただけて本当に感謝なのですが、時々、
「○○なんてダメだ!」
「こんなのは××でけしからん!」
 みたいな、ちょっと激しい体育会系なノリのコメントをいただきます。
 この2年半、そういうコメントをほぼスルーして掲載してきました。それは一重に、コメント者様本人の素直な気持ち、正直な感情の表れをそのまま掲載すべきと思ったからです。またあるコメントは承認してあるコメントは承認しないとか、そういう情報統制みたいなこともしたくありませんでした。

 ただ個人的には、あまり関わりたくない種類のコメントでしたが。

 けれど最近、ちょっと事情が変わってきました。と言っても大した変化ではないのですが、「アンチ・キリスト教系のブログからここにたどり着きました」みたいなコメントが散見されるようになったのです。どうやら私のブログは、「アンチ・キリスト教系ブログ」に数えられている(?)のかもしれません。

「そりゃそうだろう、さんざん人の文句ばかり書いてるんだから」とかいうツッコミが入りそうですが、正直なところ、すごく心外です。私はキリスト教そのものを否定しようとは思いませんし、神もキリストも否定しようなんて思ったこともないからです。だた牧師や教会について「それって違うんじゃね」ということを書いているだけです(もしかしてそれがアンチの定義なのでしょうか? よくわかりません)。

 とにかくアンチというのは事実と違いますので、もしそういうイメージを持たれているのであれば、訂正したいと思います。基本姿勢を変えるつもりはありませんが、何か違うアプローチがあるのなら、少しずつでも変えていこうと思っています。
 同時に、上記の「○○なんてダメだ!」系の激しいコメントは、できたらご遠慮いただけたらと思っています。コメントをいただいている立場でこういうことを書くのも、本当に恐縮なのですが。

 ■アンチでもなく、批判でもなく

 また私のブログはよくこう言われます。
「人の文句ばっかじゃん」
「問題を挙げ連ねるだけで何の解決も提示してないよね」
「いったいどこに向かっているのかわからない」

 人の意見は様々なので、そういう意見があってもいいと思います。また事実を含んでいるとも思います。

 けれど、文章力・表現力の不足もあると思いますが、私は基本的に文句を言いたいのでなく、批判したいのでもありません。どちらかと言うと、カルト化教会の被害者や、そこまでいかなくてもそれに近い境遇にある人たちについて、書きたいと思っています。こういう被害がある、でもその被害は見えにくい、その理由は○○だ、みたいなことをいつも書いているつもりです。そしてその流れの中で、必然的にカルト化牧師やそれに近い牧師、問題の大きい教会についても触れることのなるのですが。

 物事にはいろいろな面があって、一概に良い・悪いを言うことはできません。善人に悪い面がないのでなく、悪人に良い面がないのではありません。すごい不良少年と思われていた子が案外優しい一面を持っている、なんてドラマの定番もあります(その逆もしかり)。それにだいたい、善人も悪人も見方次第で微妙に変わってくるものです。もっと言うと「善人」「悪人」という言葉さえも疑わしいです。

 たとえば「チャーチスクール」というのがあって、15年くらい前にちょっとしたムーブメントを起こしました。「教育界の革命」みたいなかなり言い過ぎなキャッチフレーズまで付けられて、キリスト教メディアに取り上げられました。それで一応の発展を見せたのですが、数年前からあちこちで問題が発覚し、もはやかつての勢いはありません(それでもたぶん現場レベルでは頑張ってらっしゃると思います)。
 今はチャーチスクールと言うと、「素人経営の怪しい宗教教育」というのが一般的な認識ではないかと思います。

  それでチャーチスクールは悪い悪いという話になるのですが、私個人はそこまで大きな声で悪いとも言えません。
 もちろん問題は沢山あって、無認可だとか、教師の大部分が無資格だとか、カリキュラムが定まっていない(つまりやりたい放題)だとか、卒業後の進路があやふやだとか、挙げればいろいろ出てきます。
 けれどそれでもチャーチスクールには一定の存在価値があると私は思っています。たとえば公教育になじめず、いじめの対象となり、親にも理解されず、もはや(精神的に)死んだも同然な子どもたちのセーフティーネットは、現在ほとんど整備されていません。そういう子がもしチャーチスクールと接点を持てたなら、少なくとも居場所にはなるでしょうし、社会とのつながりを保つことになるでしょう。受け入れられるほとんど唯一の場所かもしれません。その場合、そのチャーチスクールが(一般的に見て)どれだけ問題が多いとしても、その子にとっては唯一の救いとなるのです。

 もちろんそれがどうしてもチャーチスクールでなければダメだったかと言えば、そうではないと思います。民間のフリースクールなんかでも良かったかもしれませんが。

  とにかくそのように、「○○は完全に悪い」「滅び失せてしまえ」と断言できるような事柄は、それほど多くはないと思います。だから私が普段書いているのは、物事の中に含まれる悪い面・問題な面についてであり、それそのものを完全否定したいのではありません。なので「アンチ」とか「批判するだけ」とか言われるのは、私としては心外なわけです。

■解決策を提示しろ?

 最後になりますが、「批判だけでなく解決策も提示しなければダメだ」というコメントについて。
 批判と同時に解決策も挙げろ、というのは企業の会議なんかでよく言われる言葉です。けれどカルト化教会について言えば、簡単に解決できるなら初めから問題はないわけで、そんな単純な話ではないと思います。簡単な解決策があるなら、とっくに書いているでしょう。というか誰もカルト被害に遭わないでしょう。
 もっと言えば、その解決を私一人に求められても困るわけです。むしろ本ブログの記事を読んで下さった皆さんで考えるのが筋ではないでしょうか。
 だから「解決策も挙げろ」と言う人に対しては、こう答えましょう。「あなたには何のアイディアもないんですか?」

7 件のコメント:

  1. キリスト教を長いこと経験してわかった事は、プロテスタントには様々な教派があり、考え方や教えが違うことです。ここでカルト化に出てくる教派はペンテコステからホーリネス系の教えです。カルヴァン主義の予定説の要素も入っています。だったら、そこから出て聖公会、ルーテル、カトリック、組合系が懐は深いと思います。

    返信削除
  2. 保守層のことだけでなく、リベラル層のことも良かったら書いてください。
    保守層にもリベラル層にも良識のある人はいますし、その逆も同じです。

    N極とS極はまったく性質が違うものでありますが、両者は引き付け合い、そしてくっつきます。
    カルトはカルト。右も左も関係なく、それは存在します。

    返信削除
  3. リベラル社会派はメッセージの90パーセントは政治の話。以前は反天皇・反靖国で、最近は反原発・辺野古基地問題・反安保法案が花盛りですね。聖書の箇所は決まって「剣を取るものは剣で滅びる」。聖書のことは何処へやらで、社会問題ばかりですね。ある信徒がその事の改善をお願いしたら「政治の話をあまりするなというの事こそ政治的。なぜなら自民党は政治に無関心な国民を作っているのだから、その策略に乗ることになる」だそうです。
    信徒にとっては日々のエネルギーが欲しいのに、政治講演会のようですよ。まぁ好き好きですからなんとも言えませんが。

    返信削除
    返信
    1. 社会派と狂信的な新興宗教プロテスタントは、神社を敵視しているので、当然靖国神社も敵視しますよ。昔から両極端は相通ずるといいますが、まさしくそうですね。彼らの興味深い共通点は、靖国を守ったのはキリスト教であったという史実を絶対に信者には教えないことです。彼らのアキレスけんみたいですねこれは。マッカーサーは最初は靖国をつぶしてドッグレース場にしようという計画を立てていたそうですから。靖国がドッグレース場にならなくてすんだのはキリスト教のおかげであるとは、信者には知られたくない都合の悪いことなのでしょうね(笑)。

      削除
    2. |リベラル社会派はメッセージの90パーセントは政治の話。以前は反天皇・反靖国で、最近は反原発・辺野古基地問題・反安保法案が花盛りですね。聖書の箇所は決まって「剣を取るものは剣で滅びる」。聖書のことは何処へやらで、社会問題ばかりですね。ある信徒がその事の改善をお願いしたら「政治の話をあまりするなというの事こそ政治的。なぜなら自民党は政治に無関心な国民を作っているのだから、その策略に乗ることになる」だそうです。


      それ、どこの教会?

      や、批判とかではなくて、いっぺん聞いてみたい気がする、そんな説教。

      自分のいたところは「福音的」で、ウザすぎたから(苦笑)

      削除
    3. リベラル社会派牧師を見つけるのは簡単ですよ。下記の言葉を検索し講師になっている牧師の教会です。

      牧師 ➕ キリスト教会 ➕ 脱原発 従軍慰安婦 性奴隷 靖国問題 平和講演会 平和集会 沖縄基地 九条の会・・・

      削除
  4. |同時に、上記の「○○なんてダメだ!」系の激しいコメントは、できたらご遠慮いただけたらと思っています。コメントをいただいている立場でこういうことを書くのも、本当に恐縮なのですが。


    いやいや!
    「福音派なンてダメだ!」
    「ペンテコステ派なンてアカン!」
    というコメントに、してやったり、かくありなむと思えるのが、このブログのよさです。
    無論、リベラルは気に入らん、(日本キリスト)教団は性にあわない、という意見があれば、
    投稿していいと思いますがね。


    まあ、教団のなかにも「聖霊主義」で一割献金しろのところは、ありますからねぇ。

    返信削除