2015年6月8日月曜日

「油事件」に思う「霊の戦い」の問題点・その2

 このところ「油事件」関連の話を取り上げているけれど、この問題の根本にあるのは「霊の戦い」の問題だ。油で悪を清めるとか、祈って悪を清めるとか、「聖vs悪」という構図が前提となっているからだ。
 この「霊の戦い」の問題点について前回少し書いたけれど、今回はもう少し掘り下げて書いてみたい。ポイントは「架空である」ということだ。

・架空の敵

「霊の戦い」と言うからには「敵」がいなければならない。そしてこの場合、敵というのは「サタン」とか「悪霊」とかいう存在になる。
 それらが存在するのは聖書が言っている。だから否定しない。けれど彼らが言う「敵」というのは極めて怪しい。たとえばこんな感じ。

「礼拝の雰囲気が重苦しいから敵がいる」
「祈っていて圧迫感があるから敵がいる」
「この場所(神社とか)に近づくと気分が悪くなるから敵がいる」
「○○をしようとしたら妨害が入ったから敵がいる」

 そうやって「敵」が形作られていく。礼拝を邪魔する霊、祈りを圧迫する霊、神社仏閣に巣食う霊、何でも妨害する霊、みたいな感じ。
 けれどそれらはあくまで個人の主観の問題で、「霊的感覚」などではない。単なる「五感」の話だ。見て聞いて肌で感じた「感覚」でモノを言っているに過ぎない。
 もちろん彼らは「御霊に感じだ」みたいな聖書用語を使うだろうけれど。

 けれどそのやり方でいくなら、「悪霊」はいくらでも創造される。たとえば朝起きがけに気分を悪くさせる霊、出勤するのを億劫にさせる霊、満員電車でウンザリさせる霊、ギターで賛美しようとすると弦を切る霊、メッセージを始めるとワイヤレスマイクの電池を空にする霊、とか、まあ何とでも言えてしまう。

 そういう「敵」が日常的に私たちの周囲にウジャウジャしているとしたら、私たちは四六時中戦っていなければならない。決して休めない。休んだらその「敵」にやられてしまうからだ。

 現にそうやって戦ってばかりで心を休めなくなり、精神的に参ってしまったクリスチャンがいる。

 けれどそういう「霊の戦い」を率先する牧師を見てみると、目立つところで「戦い」を演じているだけだ。あとは教会会計で食べたり飲んだり、親しい信徒を囲ってバカ話に盛り上がったり、牧師室でイビキをかいて寝たりと、やりたい放題。
 結局のところ彼にとって「霊の戦い」はパフォーマンスでしかない。都合のいいように「敵」を作り出しているだけ。存在しない敵を。

・勢いで押しきる架空の戦い

 では架空の敵に対してどう戦うのか。
 存在しない敵なのだから、当然ながらその「戦い」自体存在しない。戦っている振りをしているだけ。
 その「戦い」というのがまた神学的にメチャクチャなのだけれど、一応彼らの主張を説明してみると、ザッとこんな感じになる。

 まずは神を礼拝する。大音量で、大きな声で、「異言」で、盛り上がって礼拝することで、「霊的力」が補充される。それで「霊的に敏感」になれる。
 その礼拝のクライマックスで「霊的至聖所」に至ると、神の御心がバンバン入ってくる。それで「敵」の存在についても啓示される。
 啓示された「敵」と戦う。「イエスの御名によって出ていけ!」とできるだけ大きな声で、怒鳴って、怒って、指をつきつけて、「宣言」すると効果的(らしい)。
 その「宣言」に敵は抗うことができないので、クリスチャンの側が自動的に勝利する(じゃあ怒鳴る必要なくね?)。
 ↓
「勝利」したので皆でハレルヤ三唱。

 まあいつも書いていることだけれど、「異言」の祈りで「霊的力」が充電されるとか、それによって秘密の「敵」が啓示されるとか、怒鳴らないと勝てないとか、聖書のどこにも書かれていないことが勝手に展開されている。

 そういうふうに「霊の戦い」は、全行程においておかしい。くわえて戦う前に設定される「敵」が架空なのだから、その後の「戦い」も「ハレルヤ三唱」も全部架空なのである。

「敵」もおらず、「戦い」もなく、「勝利」もなく、それを導いた「神」もいないのに、その全てを妄想して「ハレルヤ―」と喜ぶ人々がいる。これが痛々しくなくて何なのだろう。

・結局何も変わらない徒労感

 そういう訳で「霊の戦い」は架空の話であり想像の世界の話なのだけれど、それを実行する人々は実在する。彼らは上記の行程をクソ真面目に実践するから、非常に大変だ。朝だろうが夜だろうが教会に集まって、何時間も祈ったり叫んだり、深夜にこっそり神社仏閣で祈ったり、とにかく「戦い」の連続である。休む間もなく、その忙しさを「神への献身」と思い込んでいる(彼らが早く誤りに気付くことを私は願う)。

 だから架空の戦いを繰り広げる彼らの徒労は非常に大きい。
 それをしたから「霊的に成長」する訳でもないし、金銭が入る訳でもない。時間と労力を浪費するだけ。あるいはせいぜい聖書箇所に詳しくなるだけだ(あくまで箇所に詳しくなるだけ)。

「いや、たしかに霊的には成長した」と主張する方がいるかもしれない。しかし人間は知的にはいつまでも成長する生き物である。だからその「成長」が本当に「霊的」なものなのかどうか、どうやって証明するのだろうか。またどれだけ「霊の戦い」を繰り広げたとて、自分の中の罪深さが全然変わっていないのは、あなた自身が一番よく理解しているはずだ。

 くわえて「敵」が架空なのだから、当然ながら現実世界に何の変化ももたらさない。たとえば神社仏閣で「戦って」「勝利」したからとて、何も変わらない。神社は以降も存続する。NYで自由の女神と「戦って」「勝った」からって、それがいったい何なのだろうか。彼らは「霊的世界が変化した」とか言うけれど、現実世界が明らかに変化しなければ、霊がどうのなんて何の意味もない。

 という訳で「霊の戦い」は全行程において徒労なのである。もし熱心に頑張っている方がいるなら再考をお勧めする。

5 件のコメント:

  1. 以前ドクター金山の証しDVDを教会の大スクリーンで見せられた。霊的訓練学校を開校していた教会だったので、牧師をはじめ、皆彼(ドクター金山)を賞賛した。それでこのDVDを販売していた。それからしばらくすると、彼の証しは嘘偽りだと、他教会のクリスチャンから私の耳に入ってきた。牧師に問い合せたところ、他の牧師から聞いていると言って既に知っていた。
    良かった、皆に訂正するだろうと思っていたのも束の間、一向に訂正しない。待てど暮らせど何もいう様子がなく、タイミングを見計らっているのだろうかとか、私がいない時に訂正したのだろうか?とかおもっていたが、随分たってからも、姉妹がドクター金山の証しすごいよね。車で毎日きいていて、あまりに凄いので、他のクリスチャンにDVDをプレゼントしようかと思って、と言ってきた。私は少しがっかりした。謝らないで、そのままとんずらするのだろうか?DVDも回収しないのだろうか?色々な疑問が沸いてきた。そこの牧師が名を挙げる全ての牧師はいつも後に刑事事件や、噂の絶えない牧師だった。あれから、この事件が明るみに出て知らんふりできなくなったのだろう。その牧師が言うには、「私はしっていたが、確たる証拠がないので何も言えなかった」 ですって。これって、リーダーとしてどうよ。謝れないリーダーって人の上に建つ意味あるの?ってはなし。

    返信削除
    返信
    1. 新興宗教系のプロテスタントでとくにカルト化してしまったところは、北朝鮮と同じ状況ですので、教祖様は金日成首領様と同じで生き神様でいらっしゃいます。よって神様である以上は無謬ということになっており、自分の誤謬を絶対に認めることはありません。
      この教会の聖職者もただのミーハーおやじにすぎなかったということではないのでしょうか?そのときどきで、ちょっと話題になっている人の講演会を開催したり、DVDを見せたりすれば、自分のお株もちょっとは上がるという、安易な考えでやっていたのではないかと思うのです。
      典型的な小者という感じです。コバンザメ状態でやっていれば、多少のおこぼれにありつけるというもくろみがあったからでしょう。何かあっても「自分はそれについては知らなかった。だまされた」と他人のせいにして、自分は絶対に責任をとろうとはしません。新興宗教系のプロテスタントにはえてしてこういった手合いが多いと思います。

      削除
  2. そー言えば、祈りは霊的呼吸とツラノトレーニング訓練学校で教えていた。
    4時間祈ったら、霊的打ち破りとやらが来るらしい。そこの講師が言うには、私は眠たくなったら、冷蔵庫に顔を突っ込んでも、断食しながら祈った。皆さん そのぐらいしてください。だそうだ。みな、その講師を尊敬の目でみていたよ。そんな授業に毎月1万円収めて聖書にないこと習いに3年も通わなければ、卒業できない。その金の流れ韓国にいくんだぞー

    返信削除
    返信
    1. ツラノと言えば、リビングライフの韓国ですね!
      いい加減、あの馬鹿な国(?)の戦略に乗せられるような事から、目覚めて欲しい!!
      と言うか、国ですかね?あそこ!!
      国家単位でカネを毟り取っているだけの、正にダニ以下!ダニに申し訳ない!
      何とかならないのでしょうか??

      削除
    2. 断交でもしないかぎりどうにもなりませんね。こちらが来てくれともいっていないのに、あちらがジャパンマネーを搾り取ってやろうと勝手に押しかけてくるのです。
      誰が悪いのか?と問われて、しいて答えるとするなら、韓(から)わたりをありがたがる日本国内の新興宗教系プロテスタントの人間が悪いとしかいいようがないでしょうよ。
      むこうにしてみれば日本が自分たちにお金を落としてくれるという当てがあるのでやってくるのですよ。押し売りをここまで増長させたのは日本です。買い手である日本が、あちらの商品(たとえばビュン教祖の小牧舎出版の商品等)を安易に買ってしまいますし、彼らの持ちこむムーブメントにもすぐに飛びついてしまうので、「日本人はバカだから濡れ手に粟で儲かる」と完全になめられているのですよ。

      削除