2015年6月11日木曜日

「油事件」に対するクリスチャンの反応について

 神社仏閣に不法侵入して「きよめの油」を撒いちゃったキリスト教団体幹部の事件について、私たちクリスチャンはどんな態度を取るべきか。

 あれは行き過ぎでしょ、というのがごく普通の態度だと思う。ほかにも同じクリスチャンと思われても困るとか、重大な教義的逸脱があるとか、まあ意見はいろいろありそうだ。

 その中で私が注目したいのは、同じように「霊の戦い」を強調し実践してきた人々がどんな態度を取るか、だ。自分たちの同類に対して彼らがどんな態度を示すのか、非常に興味深かった。

 けれど残念なことに、ほとんど何の反応もないのが現状だ。もちろん全ての教会の反応を網羅している訳ではないし、彼らが教会内で言っていることは確認しようがない。けれど少なくとも公式な発言は何も聞こえてこない。「霊の戦い」を実践している教会ほど、今回の件に関して「沈黙」を守っている。
 ではその「沈黙」は何を意味するのだろうか。

 沖縄の某自称クリスチャンは「霊の戦い」の実践者として有名(?)だけれど、こんなことを言っている。
この件に関しては聖霊様から沈黙するよう言われています
 まあ自分も同じようなことをしてきたのだから、当然ながら慎重になるのであろう。下手に発言して問題になっても面白くないだろうし。

 しかしこのケースの場合、「沈黙」はほとんど「支持」と同じ意味になる。間違っていることを間違っていると言わないのは、中立にはならない。たぶん「霊の戦い」はキリスト教界で是か非かはっきり分かれる問題だろうし、そこに中立という立場は存在しないだろう。肯定か否定か、どちらかしかない。

 たとえばイジメの現場を見て見ぬフリをする人は、「自分には関係ない」と中立的立場に立っているつもりだろうけれど、イジメられている人からしたら敵でしかない。助けてくれる人、後からでも何かのフォローをしてくれる人だけが味方なのだ。

 だから今回の事件に関して「沈黙を守ります」と言うのは、その犯行を暗に支持しているのと同じことになる。自分たちだって同じようなことをしてきたし、これからもするからだ。けれど不法侵入とか器物損壊といった犯罪行為を公に肯定する訳にもいかないから、沈黙する他ない。彼らとしては気まずい状況である。

 気まずい時にどうするかというと、責任転嫁である。「神様がそう言った」「神様が〇〇しろと言った」からそうしたのであって、自分はあくまでそれに従っただけ、という「従順なる僕」を気取る。全部神様のせいにして、自分は何も悪くないのである。

 正直なところ、彼らにとって問題なのは油を撒いたことではない。むしろそれは当然すべき使命でさえある。問題なのは犯人が不法侵入とか器物損壊とかで逮捕騒ぎになったことだけだ。彼らにとって神社仏閣が「敵」であるのは、今もこれからも変わらない。夜な夜な神社仏閣に向かって罵声を浴びせ続けるのも、変わらない。

 彼らは多分「あんなふうに報道に取り上げられるのは困る」くらいにしか思っていない。「もっとうまくやるべきだ」「もっと賢い方法ですべきだ」というのが正直な感想だろう。

 つまり、犯人とその犯行を基本的に「支持」している。だからこその「沈黙」なのだ。

 先の某自称クリスチャンの談に戻ると、
同じクリスチャンとして悔い改めます
同じクリスチャンとして裁くことはしません
 みたいなことを言っている。

 けれどあなたが悔い改めても、犯人が悔い改めないと意味がない。たとえあなたが土下座して謝っても、神社仏閣側からしたら「あんた誰」である。

 また聖書をちょっと読んでみれば、クリスチャンがクリスチャンを裁くのは至極当然だとわかる(コリント第一)。偽物を見抜くようにとも書いてある(黙示録)。
 ということは教会とかクリスチャンの集まりにはどうしても偽物が紛れ込む訳で、それはある程度避けられない。だからこそ間違った教えを吹き込む輩をちゃんと見つけ出して、然るべき対処をするのも教会の重要な役目だ。

 だから彼らは「人を裁くな」の意味を履き違えている。自分たちに追求が及ぶのを恐れている。だからこそ今「沈黙」している。不利な状況が過ぎ去るまで、じっと身を潜めている。
 でもそれってズルいことでしょ。と私は思う。

10 件のコメント:

  1. やはりと言うか、至極当然と言うか…
    私を誘った人も、家に仏壇が有ると聞くと「オリーブ油とワインで浄めなさい」とのたまっていました。
    なので、油事件が発覚した時、狂信的なクリスチャンの仕業かと見当は付いていたのですが…。
    ええ、彼等は何事も無かったようにこれについて何にもコメントしていませんね。
    彼等は「この世と調子をあわせてはいけません」(ローマ12.2)ですから。
    なんだかなあ…。

    返信削除
    返信
    1. 私の知り合いの福音派クリスチャンは20年前位から「近所に神社仏閣のある悪霊が支配する嫌なところで、霊の地図を作っている」とかおかしな事を言っていました。今回の事件はそれが土台となった氷山の一角に過ぎないと思いました。
      過激派キリスト教原理主義は目覚めてほしいものです。

      削除
  2. 同感です。霊的訓練学校を開校する牧師は黙りを決め込んでいる。謝ることができないのは、その訓練学校を否定することになるので、場合によっては閉校するその覚悟がない。だから気まずいのだ。
    わたしはドクター金山はカルト化した教会が生み出した被害者だと思っている。医者でありながら自分の名誉も傷をつけたわけで、もし、彼がクリスチャンでなかったら、又は正しい教会に導かれていたら?と他人事ではない。私たちもそのような教えを教会で(韓国経由)学んでいたのだから。彼は熱心に教えの実践をしたまでで、村上密が警察に通報しなければ、それが犯罪行為である事さえ、分別できなかった。分別、識別、常識にかけているのが、日本の今のクリスチャン状況だと思っています。 許しなさい・愛しなさい を彼らは履き違えているので、裁かなければ、自分も裁かれないですむ。が背後にある。だから彼らからは愛を感じません。それなので彼らは意見を言いません。黙って、自分は罪を犯さないようにと努めるのです。罪も犯さないが、何もしない。(神にも人にも)やっぱりそういった無関心、事勿れ主義は日本のクリスチャンの中にも生きていると思う。間違っていることを間違っていると 討論もしない。だから、間違いから何も学ぼうとしないのです。指導者が間違った所(緑の牧場ではないところ)に率いて行こうとしているのに、他の羊と一緒に黙って見過ごす。これがずるくなくてなんだろう。

    返信削除
  3. 様々なムーブメントに便乗する牧師と称する人は、それがリバイバルに、そして教会成長につながる。信者の獲得につながるなどと思い込み深みにはまり過ちに気が付かない。教会のメンバーもそこに便乗する。そして牧師と称する人は聖書の言葉をうまくつかいその気にさせる。そして、外部の有名?な講師を招いて講演を教会で行い深みに余計はまる。
    たとえ、外部からの情報などでそのことが間違いに気づいても、「黙る。」「隠す。」「なかったことにする。」などあくまで関係を断つような仕草をする。逃げてどうするのだろう・・・。向き合わない姿勢は、ますます不安や不信につながる。悪循環につながる。



    返信削除
  4. 今回起こした油まき事件に関して、日本国内の新興宗教系プロテスタントでは黙して語らずという方針でいるところが多いようです。この教祖様の講演会を開催した教会ですら、「私達とは一切関係がありませんので・・・」という感じで、とにかく人のうわさも七十五日と沈黙を決め込んでいます。しかし今回の事件で何も発言しないのは、あまりにも無責任ではないでしょうか。
    講演会のときに、くだんの教祖様が神社や仏閣に油をまいたと説法の中ではっきりいっているのを聞いていながら、「こんな考えを持っているとは思わなかった」みたいなまぬけな発言をするのですから、世の中をなめきっているとしか思えません。油をまいたと向こうがはっきりいっているのを拝聴しながら、油まき事件がマスコミに出たときに警察に相談もしなかったのはおかしいのではありませんか?それで世の中通るとでも考えているのですか?
    新興宗教系プロテスタントはやはり世間一般と感覚がずれてしまっていると思うのです。今回の事件はオウム真理教の地下鉄サリン事件以来の恐ろしいテロであるという認識がありません。確かに毒ガスで人命を奪ったほどのインパクトはありませんが、神社や仏閣に油をまいたというのは、明らかに日本の文化に対してのテロそのものであります。この事件はゆゆしき事態であると新興宗教系プロテスタントでは考えていないというのはいったいどういうことなのかと呆れてしまいます。
    新興宗教系プロテスタントの関係者にいいたいのです。「あなた方は本当に日本人なのですか?キリスト教を信じるということは、日本人であることをやめることではありません。むしろキリスト教を信じたからこそ立派な日本人でいなくてはならないのではないでしょうか?日本人であることを否定するのであれば、あなたはどこの国の人間でもなくなってしまいます。」と。

    返信削除
  5. 本題とは少しずれてしまいもうしわけないのですが・・・・
    教会で、長年役員をやっている男性の奥様(=教会内で力がかなりある)から、大勢人がいる前で攻められたことがあります。
    内容ははっきりいっていちゃもんに近く、発言している顔はかなり醜いものでした。
    しかし周りにいた信徒たちは、みな沈黙しているだけでした。
    沈黙=肯定はそのとき強く思いましたし、後からフォローしてくれた方もいましたが、慰めにはなりませんでした。
    小さい教会の小さな事件ですが、規模が大きくなっても、場所が変わっても、クリスチャンが行うことは変わらないのですね。
    見てみぬふり。力をもつひとには流されて、沈黙で肯定。


    返信削除
    返信
    1. 美羽様
      コメントありがとうございます。

      教会も何も存じ上げませんが、その時の様子だけは目に浮かびます。
      大変な経験をされてきたことと思います。少しずつでも回復されていくことを心から願っています。

      削除
    2. そこに愛がないと感じたら、出ましょう。
      牧師と
      話し合える環境が出来ているなら、話して見て祈ってもらいましょう。
      牧師も危険と感じたら、教会を出て後日、手紙(自分の気持ち)を書くのも手かも。
      大勢の前で見せしめするくらいの教会なら、自分が傷つく前に出ることをおススメします。私も カルト化教会からでたひとりだよ。

      削除
    3. 管理人様 ありがとうございます。分かっていただける方がいるだけで救われます。

      匿名様 分かりにくかったですね、すみません。これはもうかなり前の話なんです。とっくにこの教会は出ています。今は信頼できる教会に通っています(当然籍も移しています)よ。
      ただ、そのことでセカンドレイプに近いことも相当ありましたので、分かっていただける人のほうが少ないというのも感じました。

      削除
    4. 長年役員をやっている男性の奥様は、たぶん美羽さんに嫉妬をしていたのではないでしょうか(笑)。きっとその奥様は「あの美羽とかいうの、自分より美人でスタイルがよくて・・・キーッ悔しいーーーっ!」と常々思っていたのかもしれませんよ。腹の底で「いつかいちゃもんつけていじめてやるー」とたくらんでいたのでしょうね。
      あっちは「いつも憎らしいと思っていたあいつをいじめてやった」とほくそ笑んでいるでしょう。離れて正解でしたよ。もし美羽さんが謝ったとしても、問題は美羽さんにあるのではなく、その長老の奥さん自身の内面にあるわけですからね(笑)。しかも内面にあるドロドロは嫉妬ですからーーー!
      亭主が長老をやるほど信心がしっかりしていたとしても、肝心の家庭内はどうしても収めることができず、自分の女房の嫉妬心すらどうにか解消するすべもない(笑)。
      これが人間というものの救いようのない愚かさなのでしょうね。もうこれは苦笑するしかないでしょう。きっと一番苦しんでいるのは、こんな嫉妬深い女と結婚生活を送らざるを得ない長老ではないでしょうか?腹の底では「うちのかーちゃんの嫉妬深さときたら・・・」とうんざりしていると思いますよ。
      キリスト教では嫉妬は大罪の一つであるというのに、この長老の奥さんは信仰歴は決して短くはないと思われますが、嫉妬の大罪を犯してしまうということで、信仰心は全然成長していないという憐れむべき人といえましょうね。

      削除