2015年5月26日火曜日

「ハリーポッター」と悪魔崇拝の関係(あるいは無関係)について

 昨年オープンしたユニバーサルスタジオジャパンの新アトラクションが関係あると思うけれど、「ハリーポッター」がまた盛り上がりを見せている。テレビで映画が続けて放送されているし、SNSでもその手の書き込みが増えている。私は全然詳しくないけれど、人気は根強いようだ。

 そこでまた注目されるのが「ハリーポッターは悪魔崇拝」みたいな一部のクリスチャンの言動である。「霊の戦い」「異言」「預言」「悪霊断ち切り」なんかを強調する人々がそれだ。

 彼らに言わせると、「ハリーポッター」だけでなく映画も音楽もゲームもファッションもガシェットも全て「悪魔崇拝に繋がっている」ことになる。もちろん全部が全部とは言わないだろうけれど、彼らが良しとするのはほんのわずかしかない。

 一つ呆れた例を紹介すると、「ベイブレード」という昔流行ったコマ遊び。ある自称クリスチャンに言わせると、コマの対決が始まると悪霊が召喚されて、コマの上で悪霊どうしが戦うそうだ。
「私のようにジーザスと繋がっていると見えるんです」とか自信満々に言っている。けれどその人が繋がっているのは神様以外のものだろう。なぜなら悪霊どうしが争うことはないと聖書がハッキリ言っているからだ。それにコマが回るだけで悪霊が召喚されるなら、その世代の子供たちは皆悪魔憑きになってしまう。

 仮に「ハリーポッター」が悪魔崇拝をベースにしているとしよう(あくまで仮の話)。
 すると視聴者は、気づかないうちに悪魔の影響を受ける(というのが彼らの主張)。
 じゃあ聞くけど、影響を受けた後はどうなるの?
 悪魔に憑りつかれるの?
 自動的に悪魔崇拝したくなるの?
 観た罰として救いから漏れるの?

 どれも聖書的ではない。
 崇拝は自ら意識して自主的にするものだ。気づかないうちにコントロールされてするものではない。仮に騙されて崇拝したとして、それはあくまで騙されてのことであって本人の過失ではない。

 そういうおかしなルール、たとえば「ハリーポッターを見ると悪霊の影響を受ける」みたいなものは、多くの場合人々の恐怖に訴えかけている。「これを見たら悪魔にやられる」「神様に怒られる」みたいな恐怖。

 でも「ハリーポッター」を例に言えば、それはエンターテイメントであり、フィクションであり、人をいろいろな意味で楽しませる創作物である。それを楽しむのは何も悪いことではない。むしろ人に充足を与え、夢を与え、束の間のやすらぎを与え、あるいは活力を与えるだろう。「魔法」をテーマにしているから「悪魔崇拝」と短絡的に繋げられているだけであって、NHKの大河ドラマなんかと性質は同じだ。「あまちゃん」を観て「悪魔崇拝だ」なんて言う人は誰もいない。

 だからそういう恐怖を煽る一部のクリスチャンの方が、よっぽど「悪魔的」だと私は思う。

 彼らは言う。
「一般の人は目が開かれていないから、悪魔にいいようにやられてしまっている」
 いやいや、悪魔にやられてるのはあんたたちでしょ。

9 件のコメント:

  1. 悪霊がどうこうといっていますが、そんなことをいうご本人は「私はジーザスとつながっている」という感覚を持っているので、悪霊よりもその人の感覚のほうが気持ちが悪いと思いませんか?
    自慢高慢バカがすると昔から申しますが、キリスト教では高慢は大罪の一つになっているではありませんか。どこの世界に「自分はキリストと直接つながっている」と思い込むバカがいるのでしょう?これは高慢の大罪を犯しまくっていることなのですから。
    新興宗教系プロテスタントの中には「そんなことまでいちいち気にしていたら生活できないよー」と絶叫したくなるほど、日常のこまごまとしたことにまで干渉する教会があります。そんな教会ではなにかにつけて、「悪霊のしわざ」といいますが、終末詐欺やユレユレ詐欺をやっているでしょう?あれこそ悪霊の仕業そのものです!

    返信削除
  2. ハリー・ポッターでなくとも、悪魔と結びつけて関わるな!という考えの根底には、
    恐れと、白黒のいずれかという二元的な物の捉え方があるように思います。

    使徒的預言的教会で、悪霊の断ち切り、
    先祖の犯した罪の悔い改めとか
    いろいろ煽ってましたけど、
    それもまた、恐怖がベースなんですよね。

    なんだかもう、集団ヒステリーな世界だったな、と思います。

    その教会から離れて、6年ほどが経った今、
    天地を創られて、イエス様を遣わしてくれた
    神様の恵みや安心感を見失わないようにいたいな、
    と、静かに願っています。

    返信削除
  3. 以前の教会で牧師が ぬいぐるみもよくない(二つ目だからという理由で)偶像と言って排除するよう呼びかけてた。 「神様喜ばないよ、そんな事したら」 を子供たちの世代から使っていた。なんともトホホな神様基準であった。

    返信削除
  4. ぬいぐるみや人形を怖がるといいましょうか忌避するといいましょうか、そういった方向性に行くようになったのは、韓国の創価学会といわれる純福音教会のチョー・ヨンギ教祖の姑のチェ・ジャシル女史が言い出したことがきっかけであったと聞いています。
    日本の新興宗教系プロテスタントは朝鮮半島の影響をやたらと受けてしまいますのでーーーこれはどうみてもチェ女史が電波系の基地外だからこその発言ではないかと思うのですがーーー彼女の妄言を信じ込んでしまって、「自分の教会でもぬいぐるみや人形の追放運動をやろう!」となってしまったのではないかと思われます。
    ぬいぐるみや人形を通してなんらかの悪霊のアタックがあるのだという主張は、統合失調症の患者が「家の中にある電気製品を通して電波が送られてきて、それが頭の中に入って自分を支配している~」という妄想とそっくりではないでしょうか。(二つ目だからどうこうというのも変な話です。ならゲゲゲの鬼太郎のお父さんの人形ならいいわけです。目玉おやじは二つ目ではありませんので。)
    目を恐れるという点をみるに、新興宗教系プロテスタントはイスラム原理主義ともよく似ています。ISがあちこちで遺跡を破壊して、世界中の人々を嘆かせていますが、彼らは「偶像に見られると死ぬ」と本気で考えているのです。破壊行動もこれが世のため人のためだと真剣にやっているのです。
    新興宗教系プロテスタントはISのような過激派と同じ論理で動いていると感じてしまいます。

    返信削除
    返信
    1. 道理で、主の十字架クリスチャンセンタ-に居た時の事ですが、設立初期の頃、このおばちゃんの影響や指導を受けているから他の団体とは違う、とかなんとか言って居たのを思い出しました。
      ああ、だからあの団体では、雛人形や五月人形をも毛嫌いして、霊の戦いだとか言って、バラバラに壊す事を推奨していたんですね。
      他にもお墓に行って、異言で祈った水を聖水と呼び、それを振り掛けながら霊の戦いをして、家族一族老等に掛けられている呪いを解くだの、満月の祈祷会だの(狼男にならないように祈るのかいな?( ・∇・))、訳津わからん事を推奨していたんですね!(`_´メ)
      バカどもの習慣をコピーさせられて、それが真実だと思わされていたなんて!(  ̄▽ ̄)
      2度とクダラナイ事はしたくありませんね(^_^;)

      削除
    2. マリックさんも主の十字架にいたんですか!私もかつていました。
      3年ほどいたら、おかしくなってきて、自死しそうになりました。
      説教を聞いて帰って来て聖書を読み返すと「やっぱり、違う・・」帰って来て聖書を読むとやはり、違う・・を繰り返すようになり、おかしい医、と思い、出ました。
      もう、20年以上前ですが。
      そして、どこへ行っても同じようなを大なり小なりやってます。
      なので結局、この業界(教界、団体)から出たわけです。

      削除
    3. 出られて正解です。
      私は北海道のA市で1998年から2003年まで、所属しておりました!(  ̄▽ ̄)
      今となっては、確かに教えられたこともあるにせよ、大半が可笑しな事の羅列でしたね♪(゜∇^d)!!
      日本人。
      この国を愛して、この国の為に何ができるか。
      私達の使命は、植民地政策のキリスト教ではない!(  ̄▽ ̄)、日本人の信仰を護る事ではないですか(^_^;)

      削除
    4. プロテスタントの聖職者が聖水ですか?笑ってしまいましたね。カトリックと正教会の聖職者が車全般(大型車や二輪車まで含めて)の免許を持っている状態とすると、プロテスタントの聖職者は、AT限定免許しか持っていない状態なのですよ。プロテスタントの聖職者ができることは、当然にカトリックと正教会の聖職者もできますが、その逆はありえないということなのです。プロテスタントでどうしても聖水を使いたいというのなら、神父にお願いして作ってもらうしかありません。牧師が聖水というのは、AT限定免許しか持たない人が大型バスを運転するのと同じことなのです。もし牧師にそんなことができるなら、プロテスタントの礼拝堂の入り口にもカトリックと同じように聖水がないとおかしいでしょうに。

      削除
  5. 「それは神様が喜ばない、そんな事をしたら神様が悲しむ・・・」こういう事を言う人たちは聖書から全く外れています。人が人に言う資格の無いことであり、自分は特別という思いが底にある高慢の極みです。
    神は人に自由意志を与え、人の弱さや脆さを分かったうえで福音を伝えているのであって、人間な勝手な決めつけを超越しています。

    『もし、私たちが自分の罪を言い表すなら、神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、すべての悪から私たちをきよめてくださいます。』第一ヨハネ1:9

    返信削除