2015年5月25日月曜日

「寛容さ」と「不寛容さ」について考えさせられた、という話

 少し前に個人的にいただいた意見に、「いつも他人の文句ばっかりですね」というのがある。

 私は当ブログで、昨今のクリスチャンや教会や牧師(主に牧師だけど)の問題点を指摘してばかりいるから、まあ「いつも他人の文句」と映るのかもしれない。
 頷けるところもある。けれど、なかなか心外であった。

 でもおそらくそういう意見の人は、昨今のカルト化教会の実態を知らないんじゃないかと思う。たぶん幸せな教会生活を送っているだろうから、信仰や聖書や神の名がいいように利用されている現状を知らないのだと思う。でないとそういう意見にならない気がする。

 カルト化教会やカルト化牧師が信徒に与えるダメージは計り知れない。人生を台無しにされてしまう人も大勢いる。結果的に信仰を捨ててしまう人も大勢いる。
 そういう危険性に対して警鐘を鳴らすのは、むしろ絶対的に必要だと私は思う。だから「いつも文句ばかり」と言われたところで、やめる訳にはいかない。

 まだ成熟できていない私は、その意見にちょっと皮肉っぽく答えてしまった。けれど、べつにそういう意見があっても構わないと思っている。だから無視しようとか、ブロックしようとか、反撃しようとか、そういう選択はしなかった。けれど先方が私を一方的に「ニセモノ」扱いして、ブロックしたようである。

 正直残念だった。もう少し対話姿勢だあってもいいんじゃないかなと思う。自分を義と堅く認め、他者(私)を不義と一方的に決めつけるのはどうなのだろうか。キリスト教的に言うとその姿勢は「不寛容」なのではないだろうか。
 まあもう遅いのだけれど。

 当然ながら、私は自分が正しいとは思っていない。もちろん正しくありたいとは思っている。ただ自分がどんな点でも正しいとは言えない。正しくないところが沢山あるし、たぶん自分で気づいていない不義も沢山ある。だから自分の正当性など主張できない。

 けれどそれは皆が皆同じ訳で、クリスチャン、ノンクリスチャン問わず誰も自分が絶対的に正しいとは言えないはずだ。

「十字架で罪を赦されたのだから、私に罪はない」と言う人がいて、それは根本的に間違っていない。けれど、単に罪を赦されただけであって、根本的に罪人であるのは変わらない。私たちはいつまた罪を犯してしまうかわからないし、未来永劫罪を犯さないなどあり得ない。

 その意味で、自分を義とし他者を不義とする姿勢はあまり感心できないと私は思う。皆それぞれ不義な部分がある。「他者を自分より優れたものと思え」とも聖書は言っている。
 そういうことを考えるなら、「寛容さ」はクリスチャンにとってなかなか重要な性質ではないかと思う。

 さてその視点でキリスト教界を見てみると、「寛容さ」と「不寛容さ」、どちらが多いだろうか。大変興味深い。誰か調べてくれないだろうか。

8 件のコメント:

  1. そうですね。体験した人でないと、文句に聞こえるかもしれません。でも批判ではなくて、意見であり、感想でもあり、とにかくこんな体験をしてほしくない、という意味もあります。
    もう出たから関係ないとも言えません。
    でも、周りがみんなそうなんですから、困ってしまいます。

    返信削除
  2. 日本のクリスチャンはおかしなことをおかしいといえば、文句になります。間違っている事を間違っていると指摘すれば、批判といいます。彼らには判断力という力さえ教会で奪わているので、その判断がつきません。だから、同じような教会が蔓延しているのです。私たちは間違っていた、正しい方向に軌道修正しよう。という指導者が出てこないのです。また、それを許す信徒がいて成り立っています。彼らは自分が裁かれなければ良い思考しかないので、成熟したクリスチャンにはなれません。自分が裁かれても、隣人の為に声を上げることもせずに、愛のない義の剣で人々を裂くのです。そんな人のことなんぞ、気にせんぞ。

    返信削除
    返信
    1. 日曜日ごとに講壇から「神の言葉に聞き従え!」とマインドコントロールしているからです!
      「思考停止」状態と言うのは、今やキリスト教会の信者に言える事なのです!
      よーく考えましょう!そして「おかしい!」と思うならば、声を上げましょう!

      削除
  3. おかしなことをおかしいといえば文句になり、間違っていることを間違っていると指摘すると批判になるというのは、ひとえに感覚が世間一般とずれてしまっているからではないのでしょうか。
    当たり前のことを当たり前といえないのは、たとえば終末詐欺を例にとってみればわかると思うのです。
    終末が近いと大声で主張しながら、聖職者の息子が結婚しているのは明らかにおかしいのですが、これをおかしいと指摘する信者は一人もいません。世間一般の感覚では「終末が近いといっていたが息子が結婚した。あれは要するに信者から金をだまし取るつもりで、世界の終末をでっちあげていたのだろうて。」となります。
    世間一般は感覚がずれていませんので、終末詐欺をやっている新興宗教系プロテスタントはサイテーとなりますが、あの中にいると世界の終末と息子の結婚が矛盾していることに気づきません。この感覚のずれこそが新興宗教系プロテスタントの大きな特徴といえましょう。

    返信削除
    返信
    1. 終末が近くても結婚してもいいかも。。。
      そんな事よりも何よりも、間違っている事を間違っている、聖書的でないことを聖書的でないと言えない教会が、牧師崇拝している信徒に、またはその風潮に嫌気が差しているのです。牧師会なり、何か気がつかせる手段はないのかとかんがえています。

      削除
    2. それがダメなんですよ。
      つい最近もある牧師会に出席した牧師が、ぼやいていました。
      聖書の話や信仰の話をするんではなく、「あなたはどこの教派ですか?」「どこどこです」と答えたら、ずいぶん小さいんですね」と言われたそうです。
      大きい小さいで何が決まるんだ、寄らば大樹の陰で、いわゆる有力な指導者や社会的地位の高い人、有名人の集まる教会に身を寄せようとして、そして安心している・・結局、信仰を持っていると言いながらも、この世の力関係に依存しての歩みになっている、という情けない残念クリスチャンが多すぎます。

      削除
    3. はっきり言いますと、キリスト教特に福音主義・カリスマ・ペンテコステ系統の新興宗教勢力は、現世御利益主義でしょう。
      その教え・流れ・やっている事等など、全てにおいてそうです。
      リバイバルが起きて(そんな事などあり得ませんが)大教会になった。そら神が働いて聖霊の油注ぎが起きて、イエスキリストが臨在される教会だ、みたいな感覚を持って高慢になっているのです。
      全てカネ!
      全てのクリスチャンよ、目を覚まして教会から出ましょう!
      教会にキリストは居ません!

      削除
  4. 「言い方の問題」だと思います。
    「○○は××です」とか「~だと思います」という言い方にとどめれば良いのかもしれないですね。

    ( )のなかで「はいはい」とか「またそれですか?」とか、そういう表現をすると
    「冷たいな」とか思われるのかもしれませんね

    返信削除