2015年5月2日土曜日

牧師に人生を乗っ取られる前に知っておいてほしいこと・その2

「弟子訓練」という言葉、私は嫌いである。

 その構造上の問題点は今まで散々書いてきたけれど、そういう論理的な話を抜きにしても嫌いである。「訓練」とか「厳しく指導」とか「忍耐して受ける」とか「絶対服従」とか、なんで週末の休みの日にまでそんな苦労しなきゃいけないんですか? 週日だって仕事があって大変なんですけど? とか今は思う。自分の実体験を踏まえてみても、やはり「嫌い」という結論は変わらない。

 弟子訓練の弊害について沢山書いてきたけれど、今まで書かなかった視点で言うと、「生涯牧師にお世話してもらわなければならない関係」というのがある。

「弟子訓練ですごく成長した」とかいう話はよく聞く。それが教会の中でしかできなかった成長なのか、あるいは一般社会の方がもっと成長できたのか、そもそもそれが本当に成長なのか、みたいな疑問がまずある。けれどそういう疑問を抜きにしても、
「牧師がいつも上」「自分はいつも下」
「牧師は何でもわかっている」「自分は牧師ほどにはわかっていない」
「牧師が何でも指導」「自分はただ従うのみ」
 という関係がずっとずっと続いていくと考えただけでも、それがおかしいとわかる。

 そこには信徒の「自立」はない。「自立」という言葉がチラついても、幻でしかない。いい年して先輩牧師の言いなりみたいな牧師もいる。彼らには自分の意見がない。すべては牧師のお気に召すまま、だ。

「弟子訓練」牧師にとって、「キリスト教道」は一本道である。選択肢は一切ない。全員一つの道を駆けていく。だからその一本道に先に入った方は永遠に先輩である。そしてただ一つしか道がないから、後輩が道から反れるとすぐわかる。すごくシンプルな話だ。

 けれど人生はさほどシンプルでなく、道は一つでない。様々な価値観や責任や、どうにもならない状況によっていろいろな選択がされていく。キリスト教にしたって、「キリスト教道」みたいな一本道があるのではない。様々な教派に分かれているのを見るだけでもそれがわかる。

 人には自由意思と自由選択の権利があるのだから、そんな理不尽な一本道に従う必要などない。もちろん従うのも権利だ。しかしその先に待っているのは「牧師に乗っ取られた人生」でしかない。先日書いたGさんみたいに土地や家を奪われたりはしないかもしれないけれど、人生そのものが奪われてしまう。そして生涯「君はまだ幼いな」「まだわかってないな」みたいなことを言われ続ける。

 人間幼かろうがわかっていなかろうが、自分の足で人生を進めていくべきだと私は思う。もちろん教えてもらう必要もある。けれど教えてもらうのと、依存するのは違う。そして「弟子訓練」がもたらすのは、牧師に対する際限ない「依存」である。

「弟子訓練」の教会はそういうことを決して教えないので、ここに書いておく。

19 件のコメント:

  1. 私がかつて、ある団体に所属しておりました時の事。
    ここは、主の御声に聞き従っている教会だから、他の教会の様に、他のクリスチャンと仲良くしたり、世の事に時間を割いたり、気楽に信仰生活をやっていれば良いわけではない。献身者の教会なのだから当たり前。
    勿論主の働きが中心だから、家族を養うためにはアルバイトで………等など。
    本当に今思えばやめて良かった。この選択は間違いではなかった。すんでの所で、家族一同を路頭に迷わす所でした。
    思い出せば、イロイロな訓練だの神学校だの、何とかの祈りだのカンとかの献金だの、マインドコントロ-ルで、本当にこの自分が選ばれたエリートさながらの、しかも御心の教会にいて、これからリバイバルだ終末だ再臨だのと、大きく主に用いられるんだ、等と浮かれたり身の引き締まる思いを持ったり。
    そんな35歳の頃を送っていました。
    代表者(教祖)の言葉、物言い、身振り手振りのクロ-ンの様になって行く。
    ギャンブルなどで人生を棒に振るのは、人それぞれでしょう。
    しかし、宗教で人生を棒に振ると言う事もあるのです。
    とかくキリスト教の一部の教派では、この道こそが真実。これしかない。ここを行けば絶対安全と。真理なのだから人生を捧げるに値すると思わせて縛り付けます。
    自分の人生、どう生きようが何をしようが、人にとやかく言われる筋合いはありません。
    宗教は心の問題です。「人が」空想の世界ではなく「現実の世界」で生きるために、心を豊かにし、笑顔と健康と頑張りと喜びを最大限発揮し享受出来るように、手助けするものです。
    趣味ならば深入りしても自分のためです。しかし宗教は深入りすべきではありません。
    「献身したのだから、主が養ってくださいます」と言う他人事の無責任な言葉に惑わされず、アルバイトなどで家族が養えるのか?( ・∇・)と言う心の声をしっかり聞いて離さず、当時丁度リストラに遭い、失職した時でしたから、これは献身に導かれたのだ、と勘違いしたのでしょう。
    しかし、誰の言う事も聞かないで、ひたすら正社員の採用に応募し続けました。
    そして今があるのですが、世の中当たり前の事が否定されていく宗教は、早々に辞めるべきと思います。

    返信削除
    返信
    1. 教祖様の言うとおりにしなくて本当によかったですよ。もし教祖様の御言葉は神様の御言葉と考えてしまって、リストラされたのは神の御心だから、この教会のスタッフとして生きていこうなどと考えていたら、ぞーっとするような人生になってしまうところでしたね。
      それにしても「主が養ってくださいます」などというのは、本当に無責任な発言だと思いました。新興宗教系のプロテスタントでカルト化したところは、どうしてなのかはわかりませんが、こういった根拠のないポジティブシンキングな傾向がしばしばみられると思うのですね。彼らの不思議な共通点をあえてあげるとすれば、どうみても悲惨な人生になっているというのに、自分たちは誰よりも恵まれているという変な自信を持っていることです。
      こういった宗教団体で専従職員になってしまった場合は、人生はさらにひどい状況に陥ってしまうわけですが、死ぬまで目が覚めないのが幸せだといえるでしょうね。専従職員になってしまうと、もう二度と元の世界に戻れなくなってしまいますので、自分だけではなく子供たちまで取り返しのつかない状況になっていることがほとんどですよ。
      最近はいやでもインターネットの情報が入ってきますので、専従職員になったのは完全に失敗だったとわかってはいても、外に出たいと思ってももう出られず、毎日嘆き暮らしている人もいるのです。見聞した中で一番悲劇的だったのは教団から出るわずかな金(給与ではなく教祖からの謝礼金として出る)だけが唯一の収入で、もちろん社会保険も福利厚生も全然だめという中でずーっと人生を過ごしてきて、もう齢不惑になっているというのに、持ち家はおろかろくな金融資産もないというケースがありますよ。このままいくと将来は生活保護になるのではないでしょうかね。
      とくに新興宗教系のプロテスタントでは終末詐欺がいくらでもいます。「どうせ世界の終末が近いから将来のことなんか考えなくていいのだ」とマインドコントロールされた脳は判断しがちです。現に今も沖縄の婆原の口車にのせられて、預貯金を献金したり家を売る人もいるやに聞いておりますよ。もう本当に悲惨です。

      削除
  2. こんにちわ。以前アンチ・キリスト教のブログから飛んできた者です。このブログにしばらくお邪魔させていただきたいと思いまして、HN設定(うひょ)することにしました。

    私は、来月、単立の教会に牧師として入職します。前の仕事はエンジニアと、米国で聖書学の大学教師でした。クリスチャンカルトにも12ヶ月間ほど関わった後、その閉鎖性に気づかされて脱退したという経緯もあります。

    いつもそうなのですが、5年くらい仕事をして、生活が安定して来てそこに安住しようとする度に、抗えない状況が発生して新しい働きの場に送られてきたような気がします。おかげで40過ぎて未だ未婚です。今回の新しい職場も、何年くらい続くか・・・5年か、20年か、私には見当が付きません。そういう先行きが安定しない人生に、妻子供を巻き込みたくないと、個人的には思っています。生涯独身かも知れませんねぇ。

    私はアンチ・キリスト教のブログや、本ブログの記事を読んで、少なからず自らが戒められる気がしています。私が働くのは単立の教会で、教祖は居ませんが、牧師依存型の教会だけは嫌だと思っています。依存される方が困りますし、私にはもう一人だれかの信仰や弟子化の責任を負うことなど出来ませんし、そのつもりもありません。

    福音がまっすぐに語られるところに、弟子化は必然として生ずると私は信じています。それぞれのペースで、それぞれの状況の中で、それぞれの形で。私たちには、その自由がありますからね。そのように「説教者として」働くよ、ということは、相手先にも伝えて、同意を得ていますが。

    また来ます。興味深い記事を期待しています。

    返信削除
    返信
    1. うひょ様

      コメントありがとうございます。
      どうぞご自由になさって下さい。
      興味深い記事を期待されても困りますが。

      削除
  3. とりあえず、偽牧師の韓国人は韓国に帰ってください。韓国で牧師ができないからと行って、偽韓国牧師の為に日本があるわけではないのです。被害者増えているのわかりませんか?

    返信削除
  4. 福音がまっすぐ語られる所に弟子化の位置づけは必要ありません。
    皆、弟子となっていきますから・・・

    返信削除
  5. プロテスタントの同じ『福音派?』○○福音教会 のような教会でも弟子訓練を導入している教会としていない教会があります。弟子訓練を導入している教会と関連性があるのですが、弟子訓練についていいとは思っていないのに、導入していない教会の牧師が、導入している牧師へ注意や勧告をしないのは何故ですか?また同じ福音派で派閥がある事もよく聞きますが、福音系に限らず、そういう事ってあるのですか?

    返信削除
    返信
    1. 弟子訓練を導入していない教会が、導入している教会に注意や勧告をしないのは、新興宗教系のプロテスタントの教会というものが、それぞれインディーズで独立した存在であるからではないかと思われます。またどの業界でもそうではありましょうが、ひとの仕事ややっていることにあれこれいうのは、なんだかケチをつけているような感じで、そんなことをしたくはないという感覚があるようです。相互不干渉ということで業界が成り立っているといってもいいからではないでしょうか。

      削除
    2. そうそう。
      インディーズですね!(笑)(。-∀-)
      羊泥棒だとかなんだとか、少ない羊の奪い合い(笑)
      松尾ジンギスカンですか?( ・∇・)(笑)
      失礼。北海道なものですから!(笑)

      削除
    3. 匿名さん&マリックさん返信ありがとうございます!
      インディーズ・・・なんでも有なんですね・・・そんな教会がプロテスタント教会と言ってほしくないですね。せめて『インディーズ教会○○福音キリスト教会』でいいじゃないですか。プロテスタントとしてはかなり迷惑。
      で・・・マリックさんもしかして『ベルのたれ派』ですか!?(笑)

      削除
    4. そのような発言がすっと出てしまう背景には、日本人がキリスト教という外来の宗教に関して何の知識もないがゆえに、プロテスタントというものが一体どういったものなのかが全く理解されていないという事情があります。こういいかえるとおわかりでしょうか?
      「無法地帯といってほしくない」「無法地帯としてはかなり迷惑」
      プロテスタントなる単語は無法地帯と訳すのが適切なのです。

      削除
    5. ↑匿名さんへ
      匿名さんのおっしゃるとおりです。私はプロテスタント会員として10年近いですが、考えてみた事もなく理解しておりませんでした。色々と教会でおかしいと思う事があり、調べているうちに、こちらのブログへきた次第です。きちんと指摘頂ける方が自分の無知さもわかるので、有難いです。懲りずによろしくお願いします。

      削除
    6. 大当たり~~~!!^^ やっぱり、ベルのたれですね^^
      昔から愛好しています!

      キリスト教がなぜ、日本に根付かないか?答えは簡単と思います。
      欧米白人の植民地支配の道具だからです。それを我々は肌で感じて見抜いているからです。
      原住民を大量虐殺して乗っ取り、信じるか?信じれば生かす。信じなければ殺す。そうして領土を広げてきた歴史。日本だって50万人の娘たちが、カトリック宣教師の手引きにより奴隷として連れ去られた過去があるのです。
      そうした過去を、プロテスタントであろうと、教会は一切言いませんよね?
      教会の外に、真実があるのです。
      臭いものに、都合が悪いものには蓋をして言い訳をして、我らの全能の神が唯一崇拝されるべきお方だ。イエス・キリストが全人類の罪(?)をかぶって十字架にかかったのだから、信じなければならない。信じない者は滅びるだの、早く信じましょうだの、お節介にも程がある。図々しにも程がある。
      信じたら、早く他の人にのべ伝えなさい?
      お給料をもらっている牧師さんのお仕事ですよ!それは!

      そうなんです。自分の頭でよーく考えて、考えて、祈るのでは無くて(笑)考えて、おかしいと思ったら、徹底的に調べる。
      教会に行くと、思考が停止しますよ!講壇から「神に従いなさい」と言われるでしょう?自分を捨て、自分の十字架を負って・・・・と。
      ご都合主義的な聖書解釈や教理によって説教が成されているのが、教会と言う所です。

      神から個人個人に与えられた人生・時間・お金を無駄にするのが、教会だと言う事を、知って欲しいです。

      削除
    7. ここの牧師は逃げたと聞きましたが、弟子訓練、どうなってるござんすか?
      → http://www.nishichurch.com/vision.html
      色々活動してたみたいですけど。自分は断って正解でしたな。
      中途半端な活動で、献金だけさせといて、それって詐欺に近いでしょ。

      削除
    8. マリック様

      50万人の娘とは初めて聞きました。
      どこに史料があるのでしょう?

      削除
    9. 大変遅くなってしまいましたが、下記等を参照ください。
      「キリスト教宣教師 奴隷」等で検索すると、まだまだ出てきますよ。

      http://shibayan1954.blog101.fc2.com/blog-entry-373.html
      http://sound.jp/sodaigomi/dorei/amakusa/amakusa.htm

      削除
  6. → http://www.nishichurch.com/vision.html の教会は、
    問題のあった、http://blog.livedoor.jp/mediaterrace/archives/cat_50038637.html
    との関係もあるようです。

    返信削除
    返信
    1. お金のトラブルだけでなく、女性問題もあった牧師ではないですか?

      削除
  7. 弟子訓練という名前を使い信徒を牧師のパシリとさせてしまうことになりかねない。送迎やコンビニへの買い物、かばんもちなどを牧師はアゴで使った。気に入らない物を買うと機嫌を悪しくした。
    気が付かないまま時間や費用、そして思考が狭まりやがて心身の健康をむしばまれた。
    もしパシリにされそうに感じたら、自分からその「牧師」という人のもとから身を引くべきである。牧師につながるより、「キリスト」につながることが重要だから。

    返信削除