2015年3月19日木曜日

救われなきゃいけないのは自分の方だった、という話

 教会にて。

「今、聖霊様がここに力強く働いています!」
 と言われるので、両手を挙げて「アーメン!」
 うん、なんか包まれてる気がする。
 
「今日、長年の圧迫からあなたは自由になります!」
 と言われるので、両手を挙げて「私は自由だ!」
 うん、なんか自由になった気がする。何が自由なのかよくわかんないけど。
 
「今日、あなたの病は癒されます!」
 と言われるので、痛いところを触れて「私は癒されました!」
 うん、ちょっと治った気がする。
 
 そんな感じで勢いづけられ、何でもできるような気がしてくる。それにここは神の教会。全能の主が働いているから不可能はない(はず)。
 
 てことは自分らって最強?
 よし、じゃあちょっと「この世」の哀れなノンクリたちにこの恵みを分けてやろうか、どうせ霊的なことなんてわからないだろうけどね!
 そんな感じの上目線で「奉仕活動」が始まる。あいたたた。
 
 でも奉仕が始まるとイロイロ忙しくなる。

 教会にて。
 
「今、主がこの集会を開くことを願っておられる」
 と言われるので、毎日遅くまでその準備に追われる。
 うん、仕えてる気がする。
 
「今、主が〇〇へ宣教へ行くよう命じておられる」
 と言われるので、スーツケースに荷物を詰め込んでさあ出発。
 うん、寝る間も惜しむとはこのこと。
 
「今、主がこの事業を始めるよう導いておられる。どうしても始めなければならない」
 と言われるので、キャパ越えてるけど更に頑張る。
 うん、これぞ献身。見返りなんて求めません。
 
 他にもあれやこれやの奉仕があり、ミーティングに呼ばれ、祈り会に呼ばれ、家にいてもメールや電話がきて、プライベートって何ですか? って状態。
 
 そんなことが何年も続いて、ええ、私は主の僕ですから、「この世」の民とは違うんです、忙しいかって? これも神の民の特権ですよ~ って変なプライドを持つに至る。合掌。
 
 でもフとした時に、なんか忙しすぎると気付く。
 自由って言われても自由じゃない気がする。
 恵みって言われても恵みじゃない気がする。
 束縛と、強制と、恐怖・・・。あ、すみません、そんなこと考える自分が不信仰でした! サタンに騙されてました! 悔い改めます! 断食して祈ります!
 という訳で抜け出せず、更なる深みへと。またまた合掌。
 
 というのが、ある教会スタッフの「献身生活」。
 偶然か何かで抜け出して、教会と関係ない生活を送るようになって、はじめてその異常さに気づくのである。
 
 忙しさから解放され、ちょっと余裕ができて、風呂場の鏡で自分の顔をまじまじ見つめる。
 老けたな、やつれたな、と思う。
 あ、ヒゲ剃り残してる、って気づいてヒゲを剃る。
 ゆっくり泡立てて、丁寧に剃って、その時やっと気づく。
 あ、ゆっくりヒゲを剃る時間もなかったな、と。

 救われなきゃいけないのは自分の方だったな、と。

7 件のコメント:

  1. 7年の月日がたち今、徐ろにあれはなんだったのかと考える、献金、奉仕、水・金祈祷、聖会準備、神学校、日曜日以外も生活のほとんどが、教会中心だったなぁ 霊的成長したいなら、週2回以上は、教会で油注がれる必要がある、と教えられたものだった。私たちは普通のクリスチャンとは違って、選ばれているんですよー選ばれているが故に 神はこの教会に従順を求めておられると、煽られる。当時は 煽られているなんておもいもせず、本気で信じてたなぁ。
    これも訓練なんだと。皆、笑わなくなった兄弟姉妹を見て、私もそうなのかなぁと心でつぶやいて見た。いやいや、2,3年前はあぁはならないように気お付けていたはずだ。
    うーん、何かがおかしい。気づくのに6年もかかった。7年目には牧師や兄弟姉妹や教会の為に取りなしの祈りでいっぱい、いっぱいだった。
    他教会のクリスチャンに相談したら、後に私の教会がおかしい事を知らされた。
    「いつ気づくのかと思っていたよ」と軽くいわれた。ショックだった。そのまた違う教会の親しい人にその事を話したら、あなたの教会の教え、ゆがんでいるからなぁ、と遠慮がちに言われた。やっぱりかと なんとなく気づいてはいたが確信つかれたようでなんとも言えない気持ちだった。少しは教会や上の兄弟姉妹に伝えようと試みたが、自分の無力さだけが残った。
    この神学校と関わりのない教会に行こうと決めた。とりなしは、ここを出ても出来る と自分に言い聞かせながら。とても不安ではあったが、霊的成長を追い求めない 御言葉に根付く教会にした。相反するものも、知って見たかった。教会難民にはなりたくなっかた。という理由だったが、これがビンゴ!!!これが私の成長過程に本当に必要なものだったからだ。
    少し遅れたが、毒麦を抜く作業にあたっている。そう言えば何かの本に毒麦はある程度伸びてからでないと抜けないと聞いた事がある。確か、小さいうちに抜くとその周りの良い麦まで根が
    支障をきたすからだったような。しかるべくして今なんだとしみじみ思う。
    鏡に映った私をみながら、少し老けたなと思う反面、自由と喜びが少しだけ戻って来たような気がする。 うーん 悪くない。

    返信削除
    返信
    1. ですから、その昔私も親族に言われた言葉が響くんですよ。
      「のめり込むんでないよ」と。
      宗教の怖さを知っているのは、年長者であり親族であったから。遠くの親戚より・・・・などと言う言葉もありますけれど、やはり親族ですね。
      叔父さん・叔母さんetc・・・ その時は「ふん!真理はただ一つなのさ!イエス・キリストだけが救いなのさ!」と思いながら、優越感に浸っていた学生時代。
      今思うに「何も知らなかったな~」と恥ずかしさを通り越して、教会に来ている人に「この道だけが全てではないですよ!」と言ってるので、その内マークされて追い出されるでしょうね!!

      削除
  2. 宗教にのめり込む恐ろしさは、中東の状況を見ていて思います。
    日本のカチカチクリスチャン(ファンダメンタルな福音派)も殺人さえしないが、ものの見方考え方があちらの過激派と似ていて身震いします。

    返信削除
    返信
    1. 日本のカチカチクリスチャンが殺人をしないとでも思っているのですか?それはあまりにも甘い考えではないかと思います。彼らは人の生命や人生をなんとも思っていません。
      新興宗教系のプロテスタントの教会の中には、病気になった人に対して、「病院に行くのは不信心者のやることだ。病気になったら祈って治せ。」と指導する、創価学会そっくりのところがあります。こういったところではよくあるのです。ガンが手遅れになって亡くなったという痛ましいケースが。
      あと直接的な人殺しこそしないものの、自分が進化論というものを気に食わないからという個人的な趣味の問題で、わが子を一般の学校にやると進化論を教えられるので嫌だといって、学校にやらずにチャーチスクールやホームスクールで教育するケースをみれば、これは子供の人生や未来や可能性をつぶしてしまったわけですので、社会的殺人といえましょう。また若い人ひとたちをマインドコントロールして、学校をやめさせてしまったり、会社をやめさせてしまうのも社会的殺人です。また大人に対しても終末をあおって多額の金品を巻き上げる終末詐欺をやっているところもあり、これも広い意味での殺人といえます。(これは終末詐欺と呼ばれているようです)
      終末詐欺で多額の金品を巻き上げられて、自分の子供の教育費すら出せなくなって家庭が崩壊して一家離散になったケースなどは、家族全員が殺害されたのと同じことといえるのではないでしょうか。
      新興宗教系のプロテスタントの団体は、ものの考え方がイスラム国と同じで、素人目に見ても完全にカルトなのであります。

      削除
  3. キリスト教もイスラム教も原理主義の最大の問題は、「自分の正義」の主張のあまりに他の価値観や異なる者を認め ずに、これを排除しようとするところ。ファンダメンタルな福音派はこの点で過ちを犯し、信徒を狂信的にさせていると思う。
    キリスト教会の皆さん、よーく考えましょう。危ないと思ったら早く脱会すること。

    返信削除
  4. 聖書を使えばどのような説教でも出来、都合良く特定の教理をクローズアップして語れば、教会(宗教団体)はそれだけで安泰です。それを時々変えて行けば良いのです。キャンペーンの様に色々な活動を盛り込んで。
    所詮宗教なのですから、そこに行かなければならないとか、所属しなければならないとか、救いに漏れるとか、何だとか・・・・・「目を覚ましていなさい」と言うのは「人に騙されないで(ローマ教から流れて来ている現在の全てのキリスト教会)、個人個人で主なる神とつながっていなさい」と言う事ではないでしょうか?人が集まれば問題は山積ですから!
    教会はとにかく「教会はキリストの体なのだから、つながっていないとダメダメ・・」と強調し、やれ再臨だ携挙だ、裁きだどうだと強迫観念思想を植え付けて、囲い込むことばかりを続けています。
    宗教団体も商売ですから(笑) そこの所をしっかりと考えて向き合わないと、毟り取られます。
    あるものないもの(笑) 何とかの毛までも(笑)
    とにかく私も経験者ですから、今も所属していますから(笑)、頭を使ってよ~~く考えて、自分にとって家族にとって一番の徳となる選択をすべきです。宗教は自我・この世・我欲を否定し(当たり前です。組織にとって組織に捧げてもらう事を一番にしないと困るからです!)、聖書の箇所を引き合いに出しながら「この世を愛してはなりません。自分を捨て自分の十字架を負って。」と書いてあるではないですか?と正統化します。
    ですから、そんなところに所属しなければよいのです。
    私は最近、つくづくそう思っています。

    返信削除
    返信
    1. 本当にそうですね。
      聖書に書いてある、「この世を愛してはならない」という箇所は、世の文化や物質的な物全てを禁ずるかのような言い回しに聞こえてしまいます。本当は個人の信仰上における、世の中という社会的人間の作り出した基準やルールに完全に浸るのではなく、個人の信仰生活上における神の基準を意識して行動しながら世の中を生活していきなさいと言っているのであって、世の中(文化、趣味、生活環境)=戒律ではないです。

      削除