2015年2月9日月曜日

クリスチャンと「特別さ」の関係

 長崎旅行の帰りの飛行機で激しい頭痛があった。私は以前からそうで、着陸の頃に必ずと言っていいほど頭痛が起こる。どうやら「飛行機頭痛」のようだ。今回も行きも帰りも同じように痛んだ。

 その頭痛で思い出したけれど、以前ある教会で海外研修のようなことをした。研修と言っても海外の親しい教会で、賛美や祈りや礼拝に明け暮れるのである。ただの海外旅行じゃないかと思われるかもしれない。まあそうなのだ。けれど信徒にとっては重要な意味があった。

 その海外の教会は特別なスタイルの礼拝をしていた。それが当時は斬新だった。そしてそのスタイルを取り入れようと躍起になって、教会を挙げて何度も研修に行ったのだ。

 その研修に参加するのは特別なことだった。「導き」のところでも書いたけれど、「行きます」と言って行けるものではない。「祈っていたら〇〇と示されました。だから参加します」というようなプロセス(というか見栄)が必要だった。だからみんなそういう「語られ体験」を持って研修に参加していた。

 それで海外の教会に行って、特別なスタイルの礼拝の中、祈ったり祈られたり、「預言」されたり倒れたり、体中が痺れたり涙が止まらなかったり、というような体験をする。それで「特別さ」を享受する。日本では受けれらない「特別な油注ぎ」を受けて、「特別なクリスチャン」になったという訳だ。

 それは当時はもっともらしく思えた。聖書をちゃんと読んでいなかったというのもある。海外の秘密の場所で秘密の祈りを受け、何か特別な者になる、という古いハリウッド映画みたいな展開に興奮したのもあっただろう。みんな大真面目だった。

 それでその研修旅行の帰り道に、体調を崩す人がチラホラいた。と言っても頭痛とか腹痛とか、一過性のものだった。中には帰りの飛行機でひどい頭痛を起こす人もいた。

 そういう体調不良者を見て牧師はこんなふうに言った。「海外で特別な祈りを受けて帰ってきたから、日本を支配する悪霊たちが嫌がって攻撃しているんだ。けれど敵の攻撃に負けてはならない。祈りと霊の戦いによって勝利せねばならない」

 今思うとそれは私と同じ飛行機頭痛とか、時差ボケとか疲労とか、現地の食事が合わなかったからとか、そういうわかりやすい原因によるものだとわかる。けれど当時は「私たちは特別な者になった。だから特別な次元の戦いに入っているのだ」みたいな勘違いをしていた。

 だいいち特別な油注ぎを受けて特別な者になったなら、悪霊に負けない訳で、そもそも攻撃などされない。それに地域によって油注ぎが変わるという発想は、「礼拝はエルサレムじゃなきゃダメなんですよね」とキリストに尋ねたサマリヤの女と同じだ。見当違いも甚だしい。

 けれどそういう発想の人は今も多く、「再臨が近いからエルサレムに行かないと」みたいなことを本気で言っている。たぶん聖書を読んだことがないのだろう。

 という訳でただの飛行機頭痛を、「あ、海外で特別な祈りを受けちゃったから、特別なクリスチャンになって敵の反感を買っちゃったかな」みたいな壮大で痛々しい妄想として受け止めることがあるので要注意だ。
 そういう人はしばらく教会活動から離れて、自由気ままに旅行でもしてみたらいいと思う。きっと特別な祈りとか礼拝とか関係なく、飛行機に乗る度に一過性の頭痛が起こるのがわかるだろう。そして自分自身が全然特別でない、ただの人であることがよくわかるだろうと思う。

3 件のコメント:

  1. 悪霊達からクレームが入りそうですね。「主よ!クリスチャン共は、我々が加えていない害まで捏造しています!」と。

    返信削除
    返信
    1. 確かに。自作自演の「戦い」ですね。

      削除
  2. 「特別」 これは、カルト化して行く教会のサインだと思う。
    私たちは特別に選ばれている。この教会は神様が特別に選ばれているんで、その使命があるから、従順に従おう。今、私たちは後の為に神様がひとりひとりを訓練している。だから、何も言わないでその訓練に応じよう、というわけである。高慢な牧師に限って従順、従順を羊に押し付ける。で、われら信徒のほうも神様が言うのなら と、どんな理不尽な事がおころうとも、教会牧師の与えた試練困難であっても、これも、み心と勝手な解釈で自分に暗示をかける。
    これがカルト化して行く教会のマインドコントロールの始まりだと思う。
    少々の困難と、「特別」というご褒美で、上下関係(支配関係)の構図の完成である。
    気おつけよう。イエス様でさえ、12弟子のひとりにも従え、従え とはいわなかった。ましてや、誰が一番この中(弟子の中)で偉いか競っている弟子にさえ 上になりたい者は下の者に仕えなさい。と言われたのに、指導者はそれをスルーする。なんだか、特別だと思いたい人の心理にうまくつけこんだ牧師と信徒の特別な使命感の新喜劇みたいだ。そういう教会に限って地域に大したことはしていない。せいぜい地域の呪いを断ち切るみたいな。 人に寄り添いもしない隣人に目を止めずに大きな手柄だけを追い掛けて してやったみたいな。理由のわからない祈りで特別と思えるなんともとんちんかんな特別クリスチャンに見える。

    返信削除