2015年1月31日土曜日

クリスチャンと「癒し」の関係

 神様が今も「癒し」を行うかどうかについては、同じクリスチャンでも教団教派によって立場が分かれる。両者が議論したら永遠に平行線をたどることになると思う。

 ここでよく取り上げる聖霊派は、現代の「癒し」をかなり積極的に肯定している。以前も書いたけれどこんな感じだ。
「アフリカでは癒しがバンバン起こっている」
「アメリカの〇〇聖会では病人が癒されまくっている」
「東南アジアでも奇跡的な癒しが起こり始めた!」

 なぜか全部海外の話で、日本ですごい「癒し」が起こったという話はほとんど聞かない。個人的には聞いたことがあるけれど、あくまで「聞いた」だけであって、事実関係は確認できていない。

 たとえば、「すごい癒し」ではないけれど、こんな話がある。
 長年腰痛がひどかったけれど、〇〇先生に祈ってもらったら骨盤の歪みを指摘された。それで座って両足を伸ばしてみたら、本当に脚の長さに左右差があった。けれど〇〇先生に祈ってもらったら瞬間的に左右差がなくなり、腰痛が楽になった(気がした)。ハレルヤ!
 という。

 これはけっこう聞く話である。ということは日本では、神様は骨盤の歪みによる腰痛だけは積極的に癒される、ということだろうか。他の病気はさほど癒されないのだろうか。腰痛にご利益のある神様なのだろうか。

 ちなみに、脚の長さの左右差はほとんどの人にある。それと脚の長さは座った状態では測らない。元々の姿勢の歪みや座る時のクセ、お尻の筋肉の左右差などが影響して、正確に測れないからだ。脚の長さは通常うつぶせで、訓練を受けた人が測る。
 だから座って測ると、長さの左右差はその時々によって変わってしまう。差が大きいこともあれば小さいこともある。それに祈る時間、意図的に片方の足が引っ張られていれば、徐々に姿勢が変わって一時的に伸びて見えることもあるだろう。

 そういう知識がないと、純粋な人は「脚が瞬時に伸びた」と思い込んでしまう。だからこの「脚が伸びる祈り」は、言葉が悪いけれど、手品好きが定番として披露する手品に似ている。簡単にできてよく驚かれる。

 現にこの「祈り」で腰痛が治ったという人も、そのうちまた腰痛を訴えるようになる。そして同じ「祈り」を受けて「また治った!」というのを繰り返す訳である。それはほとんどプラセボ効果的な現象であって、「癒し」とは言い難い。だいいち本当に癒されたのなら、すぐに再発するなんてことはないだろうに。

 というわけで聖霊派の皆さんは「癒し」が現代も起こると真面目に信じている向きがある。べつにそれを否定しようとは思わない。本当にあるかもしれない。
 けれど上記のような「検証不能な海外のすごい話」とか「脚が伸びるトリック的な祈り」とかを見ると、なんだかすごく怪しく思えてくる。

 でもマジメに信じる人は信じる訳で、やはり真剣に「癒し」を求めている。特に深刻な病気を抱えている方にとっては切実な問題である。それでもっと長時間祈ったり、「癒し」関連の書籍を読み漁ったり、「癒し」の集会に足しげく通ったりする。けれど現実には癒されない。でも「癒し」はあると信じているから諦めない。牧師も信徒も応援して祈ってくれる。それでまた新しい「癒し」に飛びつく、ということを延々繰り返すことになる。

 それでも癒されないとどうなるか。彼らにとって神様は癒しを行う正しい方なので、癒されない原因は神様でなく自分自身にある、と考える。何か罪があるのか、祈りが足りないのか、何か特別な行為が必要なのか、というような発想になる。
 それで「癒しのミニスター」に触れてもらったハンカチを後生大事に持ってみたり、「家系の呪い」を断ち切ってみたり、「病の霊の結界」を断ち切りに行ったり、みたいな奇行に走ってしまう。

 よく聖霊派の牧師は、「癒しには祈り手の信仰と受け手の信仰の両方が欠かせない」と言う。どちらが欠けても癒しが起こらない、という訳だ。けれど聖書を見ると、必ずしも信仰のある人が癒されるのではないことがわかる。それは恵みであって、受けるに値する人が受けるのではない。

 だから「癒し」を信じて果てしない奇行に走ってしまうクリスチャンは、まずそのへんの聖書理解から考え直す必要がある。
 またそれだけ「癒し」を求めているなら「長血の女」の話は当然知っているだろうけれど、この長血の女が自分自身であり、彼女を長年苦しめてきた医者たちが上記の牧師たちであるということに気づくべきだと私は思う。

9 件のコメント:

  1. 皮肉なことに、それを悟るのとその教会を出るのと同時になってしまったが、今でもひとつ疑問に残る事がある。ジョセファット・ガジマ牧師の死人の生き返りだ。沖縄の泡瀬バブテスト教会の聖会でビデオを見せられたが、なんだか信じきることができなかった。もちろん 本当ですか?みんなはそれを信じる事が又は、受け入れる事ができるんですか?と言える雰囲気も許されるわけもなく、心にモヤモヤした気持ちだけを抱いてその聖会から出る羽目になった。
    その聖会で祈ってもらったのだけれども、わたしの中耳炎ですら良くならなかった。
    4,5人の牧師もそこにいたが彼らはどう思っているのだろうか?
    疑ってしまったひとつに まず死んで一週間放置された女の子があまりにも肌ツヤが生き生きしていたこと。なんで少しも腐ってないんだろう アフリカのエアコンもない暑い気候で?
    次に、学校で突然死だったときいたが、何故そこに一週間も先生は放置していたんだろう?
    三番目は、母親と先生が舞台に上げられていたが、生き返った後の反応だ。喜びもせず、どう反応して良いかわからない様子だった。親なのに? 死んだ子供が生き返ったのに?と私の心は疑問だらけ。思わず牧師達の顔を見てみた。一人の牧師以外はこの親たちとおなじ顔をしていた。一人の牧師はキターと織田裕二ふうに言っていた。皆、戸惑っている会場の空気とはうって変わって 空気の読めない牧師の「キター」だけが会場いっぱいにこだました。
    今 思ってもあれはなんだったんだろう?あの時会場にいたひとりひとり捕まえて本音をきいてみたいもんだ。私だけが、又は私と私の知人だけが疑いの気持ちを持つ、不信仰者だったのか?聞けば 彼は400人以上も死人を生き返らしているらしい。神様は一人の人にこんなに特別な力を与えるだろうか?ひとがこんなに高ぶりやすいことを知っていながら。 うーん、
    何かが腑に落ちない。では何故、癌や難病をも通り越して死人が生き返ったのに、ニュースもアメリカのCNNも騒がないのだ?取り上げてもいいくらいの大スクープだと思うのは私だけだろうか?学者や医学者の検証つきで特集が組めると思うのだが。色々考えてみた結果、私の見解はこうだ、少女は没薬や薬草で寝かされていた。どのくらいで起きるかの時間と薬草の調合と配分をした。母親と先生を買収した。
    それだと、全てがしっくりくるのだが。

    返信削除
  2. 詐欺師は置いといて!

    そもそも、「病気」とは何か?「癒し」とは何か?から考えなければならないかも知れません。
    「病気」とは、様々な種類があるでしょうけれど、「不健康」な状態を指しています。
    そしてその病気は、①外科的 ②内科的 と大まかに分けられるでしょう。
    ①は、身体外部の傷ややけど。不慮の事故等で手足などが欠損した(骨折など)または不自由、または失った等など。
    ②は各臓器部位の異常から、いわゆる生活習慣病・癌・腫瘍・難病等など。

    外科的に、不慮の事故やけがで回復出来ないと見られる損傷を負ってしまった場合。また難病等で生まれながらにその発病を阻止できなかった場合など、不可抗力でその様になってしまった場合は、本人がいくら気を付けていても、運命づけられてしまった、またはその危険に巻き込まれてしまったのですから、その回復や癒しを、心から神に祈り求めても当然と感じるのですが、
    方や、生活習慣病・癌・腫瘍など、本人が日常の食生活等に気を付ける事も無く、世間一般で販売されているものを何ら躊躇せず、摂取し続けた結果として、いわゆる内臓の疾患を生み出してしまい、やれ抗がん剤だ切除だ放射線治療だステロイド治療だ・・・・等などあらゆる化学療法を試みても、良くならない(当たり前と思いますが)ので、神に癒しを求める…などは本当に愚かな行為であるし、的外れ千番であると思うのです。
    「癒してください!癒してください!」と叫ぶ前に、あなた!食生活や日常生活の根本から見直してみては?と言いたいです。
    癒しを求めると言う集会の案内を聞くたび、また背後にある「御利益信仰」の根っこを見るたび、一体新興宗教・新宗教とどこがどう違うのか?と呆れてしまいます!

    返信削除
    返信
    1. マリックさん、この文章をどう読んでも、福音派や聖霊派というものが新興宗教じゃないといっているようで、かなりおかしなご意見ですよ(笑)。創価学会をみればわかるじゃありませんか。病気が治るとかいうご利益信仰をいうわけですし、病の癒しを求める集会を開くという発想からして、こういう宗教団体が単なる新興宗教であるということを示しているからなのですね。

      削除
    2. そんなことは一言も書いてはいないつもりですが。
      どこをどのように読まれたか、分りませんが。

      癒しを求める・・と言う前に、その病気、不健康な食生活や生活習慣から来ていませんか?添加物満載・不純油脂にまみれた加工食品や、外食ばかりで血液が汚れていませんか?
      その上健康診断で血中コレステロールがどうの、血圧がどうの、動脈硬化ですね、腫瘍が・・・等などの診断を下されて、化学療法や化学薬品投与で体中が更に汚されて、どうしようもなくなり体が悲鳴を上げて、病気と言う症状になった。

      だから「主よ!癒してください!」と言うのは、おかしくないですか?

      その前に、やる事は沢山あったはずです。

      私が言いたかったのは、福音派・聖霊派・カリスマ派の人達は、文字信仰でファンダメンタルで、律法主義者で、がちがちで石頭。自分達の置かれている背景など全くお構いなし。自分達だけが正しいと言う独善姿勢。
      その行動、神の目から見てどうよ?
      牧師の思考が教会の教えの正誤を決めている。

      区分するなら新興宗教でしょうね。

      しかしそれ以前に、単なる宗教であるにもかかわらず、心だけでなく実際の生き方や思考、行動にまで踏み込んで「ああしろこうしろ」と言う、馬鹿の集まりでしかない集団と言う区分けがふさわしいと思います。

      削除
    3. すみません。私は正直決して頭のよい人間ではありません。私が理解できなかったのは、最後にある「いったい新興宗教・新宗教とどこがどう違うのか?」という表現だったのですよ。こう表現されたのであれば、私でもちゃんと理解できました「福音派や聖霊派がまぎれもなく新興宗教であることを示している」と。
      新興宗教系のプロテスタントが、心はもちろん実際の生き方や思考、行動にまで踏み込んで・・・は、まさしくあそこが十字架をくっつけただけの創価学会だからです。
      創価学会がファンダメンタルで律法主義であるがゆえに、先祖代々の仏壇を破壊して、みんなから狂信的だと嫌われているのは、お釈迦様からみてどうなのでしょうかね?
      勤行をすれば病気が治るといい、病気になるのは信心が足りないからだと主張していましたが、池田大作自体が長年の不摂生がたたったのか、今は生きているのか死んでいるのかもわからない状態なのですよ。
      マリックさんも大声でこう言いたいのではないでしょうかね。「仏教でもキリスト教でも新興宗教系は要注意である」と。

      削除
    4. 匿名様
      言葉がわかりずらくて、ご迷惑をおかけしたようです。
      とかく文章と言うのは、誤解を招きます。
      匿名様のご説明と同じ考えです。

      削除
  3. 癒しをおっている追っていないの問題じゃなく、教会の在り方、牧師が5人以上もいて、羊たちを惑わしても何の咎めもない今の現状にモヤモヤきているのだけれど。
    私 個人的には真理の中にあれば、癒しを願おうと、病を受け入れようと、どっちでもいいと思っています。牧師の責任の無さにがっかりしたのと、ガジマ牧師がニセかどうか知りたかったです。また 沖縄に来るようなので。

    返信削除
    返信
    1. 何のために人を生き返らせる必要があるのか?ですよ!
      現世御利益でしかないのです!
      ベニ―ヒンだとか何だとか、いまだにこの様な人を招へいする人達がいますね。
      関わらない方が良いですよ。

      削除
    2. 牧師が5人以上もいるなんて、恵まれてる~~!、きっと行き届いているのだろうなぁと思っちゃうけれど、そうでもないんですね。そっか、人数がいればいいという問題でも無いのね。やっぱり質の問題・・・。

      ガジマさんが偽ものかどうか?わからないけれど、1回だけ、集会に参加しました。
      特に、なにも感じなかったです。静かな集会だった印象です。癒されたという人も特にいなかったというか、「癒された人!」と問いかけてなかったです。
      空席もあるし、人気は無くなっている気がします。

      削除