2015年1月21日水曜日

賢いクリスチャンとそうでないクリスチャンの分かれ目

 たとえば「異言」を語れるとか「預言」を語れるとか、「霊を見分けられる」とか「霊的に戦っている」とか言うクリスチャンがいる。それらの行為に対して「何言ってんの」「それ本当なの」とか疑いをかけると、彼らの答えはだいたい決まっている。

「これは回復された真理であって、霊的に覚醒していない人にはわからない」

 みたいなことを言う。
 ハナから自分たちが正しく、特別で、優っていると信じて疑わない。信じない人、疑う人は自分たちより下等という訳だ。そういう表現を直接的にしなくても、結局のところ同じようなことになってしまっている。

 そういう「特別な人にしかわからない」という概念そのものを聖書は否定していない。キリストは「新しく生まれなければ神の国は見えない」と言っている。けれどそこには人間としての優劣とか上等下等とか序列とかいうニュアンスはない。また努力とか祈りの長さとか敬虔さとかいう条件もない。それに異言とか預言とかいう現象の話でもない。

 ひるがえって上記の「賜物自慢」を見てみると、優越感や特別意識に満ちている。「自分たちは秘密の真理を回復された、特別な使命を帯びたクリスチャンだ」と自負している。というか自慢している。そしてそういう態度そのものが聖書の支持するクリスチャン像に反している。

 特別な人にしかわからないというのは、逆に言えば一般的には否定されるということだ。
 ここで彼らは「救いに至る門は狭い」とか持ち出してマイノリティの利点を説く。けれどいつも大勢が間違えていて少数が正しいとは限らない。もちろん大勢が騙されていることもあるけれど、少数が大きな勘違いをしていることもある。それは内容による。

 その内容だけれど、彼らが言う「異言」も「預言」も「見分ける」もその他諸々も、だいたいは内外の有名牧師・宣教師や有名教会の受け売りでしかない。誰々がこう言ったから、というのが彼らの主要な根拠となっている。

 自分で聖書をちゃんと読んでいるなら、たとえば「ダダダ」とかの単音の繰り返しが、言語としての「異言」であるはずがないのは明白だ。「預言」にしたって予測可能なこと、万人にあてはまることなら簡単に言える。私もウソの預言をしようと思えば、いくらでも本当らしくできると思う。「いや、私が受けた預言は個人的なことだったから本当だ」と言う人は、手品師の手法をちょっと学んでみることをお勧めする。

 そのへんの聖書学習とか一般常識的な吟味を無視して、「私は特別な真理を知っている」とするのは浅はかでしかない。それこそ神に対する冒涜であろう。神が言ってもいないことを「言った」と主張しているのだから。

 たとえば彼らは進化論を取り上げて、「猿が人間になる訳がない。進化論は明らかに間違ってる」と言う。もちろん猿は人間にはならない。種が違うからだ。その意味で進化論にも誤りはある。けれど全てが誤りではない。たとえばウィルスは絶えず変異し進化しているから、去年インフルエンザA型にかかって免疫を獲得した人も、今年の新しいA型にかかる恐れがある。細菌は抗生剤に耐性をつけるように自らを進化させている。ゴキブリも殺虫剤に耐性をつけた種が誕生している。環境に適応するための進化は、現に存在しているのだ。

 そういうことを学ぶなら、「進化論=間違い」という単純な決めつけはできなくなる。
「異言」にしたって賛否両論分かれた議論がずっと続いている訳で、それを単純に決めつけてしまうのは、やはり愚かなことだ。

「私は知っている」と思うより、「私は多くを知らない」とする方がイロイロな間違いに陥る危険が少ない。そしてそれこそがクリスチャンとしての賢さだろうと私は思う。

5 件のコメント:

  1. 細かい話で恐縮なのですが・・・ウィルスは生物ではありません。なので進化論のテーマで持ち出すのは不適当です。進化論は生物の進化を論じたものなので・・・。さらに、ウィルスと細菌を混同しているようですが、この二つは全くの別物です。別に創造論支持者ではないのですが、批判が不適当かと思ったので投稿させていただきました。生意気すみません・・・。

    返信削除
    返信
    1. 細かいことですが。

      どこで学ばれたか知りませんが、ウィルスは動物でないけれど生物に分類されています。生物学では。ウィルスは生物でないと書いている教科書もまだあって、間違えている人もいますが。

      また、ウィルスと細菌を混同している記述などありません。あるとしたら読解力の問題です。

      また仮にウィルスの生物・無生物の議論があるとしても、細菌は明らかに生物であって、抗生剤によって耐性菌に進化するので、至って適当な記述です。

      いずれにせよ本記事の趣旨はそんなところにはありませんので、これ以上の問答は無用です。

      削除
  2. キリスト教という信仰について信じたいし信じているけれど・・・でも・・・なんだかおかしい・・・
    そういう自分は不信仰だと自分を攻めてみたり疑ったり。
    異言を語る信者に色々と吹き込まれた?結果、数年もの間苦しめられ続けています
    あなたの信仰が薄いんでしょと言われれば「違います」とは言えませんが、今まで私が受け入れてきた事、信仰だと思ってきた事が、ある日突然「あ この人おかしい(異言で聖霊を呼ぶ行為が変だった)」と思い目が覚めた。
    異言を唱える女は人の家庭に入り込んで来て嵐のごとく分裂を起こさせた。
    計画的な犯行にしか思えない。悪ぶる様子もない。まるでオウム真理教で異言を唱えているような姿だった。全国版のテレビ放送でその格好を皆に見てほしい。
    人の家族をけなし、人の人生の善し悪しを言い、今考えると、とてつもなく図々しい女だ。
    その事がトラウマになり、正しかと思われる礼拝ですら疑心暗鬼にならざる負えない。
    自分自身の養う目も必要であり、なんでも信じる事が信仰ではないと思う。
    私は賢いクリスチャンとは言えないが、また神様の本来の信仰の軌道に乗れればと時期も持っている。
    異言を唱える人に聞きたい。
    どんな形?声?イメージ?で、何が見えるんですか?聞こえるんですか?
    まだ、「騙す事を知らない」信じる事を強要されるわけでもなく、信じるのも信じないのもあなたの買ってですよという占い師の方が害が無いと思う(占いが信仰上の良いか悪いかは別として)
    主さんの色々な投稿や沢山の人のコメントも見て、助けられた事も多い。
    私は数年もの間、異言をいう女に捕らわれ無駄な時を過ごしているなと思う。
    異言を信じている人、異言を言う人の意見があれば、この場を借りて聞きたいと思う。

    返信削除
    返信
    1. 異言云々で悩んだり苦しんだりしてしまう原因は、「生まれて初めて行ったキリスト教会が、不幸にして新興宗教系プロテスタントの教会だった。」---これに尽きるのではないでしょうか。

      そういうときはこんなふうにするのも一つの方法として提案しておきます。
      ・バチカンのミサの動画を見る
      ・東方教会の聖体礼儀の動画をみる

      昔からあるものをじっくり見ているうちに、「ハハハ・・・私いったい何を悩んでいたんだろうね。」という境地になれた人がいます。
      ローマ教皇やコンスタンティンポリ総主教が、異言を毎日のように語っているのでしょうか?

      削除
    2. 普通にお祈りしている人にでも敏感に反応したり、異言を語る人がよく言ってた聖書の箇所を聞くと その頃を思い出して、不快な気持になったりしてしまうんです。
      祈って不快感を追い払えるものでもなく、祈れば祈るほど「どつぼ」にはまってしまう自分に気づきました

      アドバイスを頂いたので試してみて
      後から笑えるようになれればいいなと思っています。
      ありがとうございます。

      削除