2014年11月9日日曜日

「それが御心だ」で人生が操作されてしまう危険性について

 キリスト教信仰によって、人生が操作されることがある。

 この「操作」が神によってなら問題ない。けれどしばしば人間によって行われる。
「あなたは〇〇になる、と主が語られている」

 この一言で、たとえば音楽業界に向かわせられる人がいる。
「あなたには賛美の賜物がある。ゴスペルシンガーの道を主が備えておられる」
 以前コメントでもいただいたけれど、それを信じて本気でシンガーになろうとして、結局なれず、就職のタイミングも逃してしまった、というケースはけっこう多い。それでも人生は続く訳で、挫折感や不甲斐なさを抱えながら、それでも健気に礼拝で賛美奉仕をしていたりする。

 ある学生は、「芸能人になって芸能人伝道するよう主が導かれている」と牧師に言われて本気にしてしまった。牧師の指導で、メイクやら衣装やらにお金をかけるようになった。けれど肝心の実技レッスンまで受ける余裕はなかった。結局教会の集会で歌ったり、素人レベルのプロモーションビデオを作って教会で流したりするだけで、何の実も結ばなかった。

 またある学生は、「あなたが〇〇の学生になっているのが見える」と進路を誘導された。学校名まで指定された。本人はそうすべきかどうか散々葛藤した。けれど、結局自分が望む学校に入って事なきを得た。

 こういう進路操作、人生操作は「それが御心だ」が根拠になっていてタチが悪い。若く純粋な学生ほどそれを疑わない。疑えない。むしろ「神様のために」と一途に頑張ってしまう。

 また、たとえば「芸能人になれ」みたいなハードルは、本人がいくら努力してもどうにもならないところがある。苦労することも多い。けれど「御心なんだからできるはずだ。諦めるのは不信仰だ」などと言われて、退路を断たれてしまう。
「諦めない限り失敗したことにならない」という普通なら励まされる格言も、この場合は本人を追い詰めることになる。

 こういう人生操作をする牧師やリーダーらの動機は、大きく2つに分かれると思う。

 1つは、単に自分の「霊性の高さ」をアピールしたい、という動機だ。
「主が〇〇と語っておられる」を連発することで、「あの先生は神の代弁者だ」みたいな評価を得ようとする。この場合、「芸能人になれ」みたいな無茶な誘導はしない。あくまで相手の「適性」を考えて、できそうなことを言う。たとえば医学部を志望していて、実際に入れそうな学生に向かって、「医者になって〇〇をするよう主が導かれている」みたいなことを言う。何故か。言った通りに実現すれば、自分の言葉が神からのものだと証明されるからだ。
 けれどこれは、想定内の未来について言っているだけで、誰にでもできる。

 もう1つは、自分の願望(野望)を実現したい、という動機だ。
 たとえば芸能人伝道をする教会として有名になりたいとか、目立ちたいとか、富と名声を得たいとか、そういう動機だ。この場合、信徒はリーダーの野望実現のために利用し尽くされる。かなり無茶なことも「主のために」させられる。もちろん本人は神様に仕えているつもりだけれど。リーダーはすべてを神様のせいにして、結果的に自分の思惑通りになるよう仕向けている。

 繰り返すが、こういう操作は「それが御心だ」が根拠になっていてタチが悪い。
 特に若い人は、神の僕のフリをした偽善者に騙されないよう、よくよく注意すべきだ。未成年なら保護者がしっかり守るべきだ。もっとも、その保護者も騙されている、なんてこともあるけれど。

 いずれにせよ、誰に何を言われたにせよ、どんな状況だったにせよ、自分の選択の結果は自分が負わなければならない。「牧師がこう言ったから」「自分は正しいと思ったから」とか言っても何も取り戻せない。そういうことをよくよくわきまえて、私たちは日々、何かを選択していくのである。

2 件のコメント:

  1. とある男性の話をすると、

    彼は子どものころからやんちゃで、
    野山をかけずりまわったり、
    弱い子がいじめられてるのを見て黙ってみていられない子で、
    成長しても、まがったこととかいじめとかを見ると動かずにはいられない、
    クルマのスピードを出しすぎてパトカーと追いかけっこしたりはしてたけど、
    よく言えばジャイアンのような男気のあるタイプでした。

    そンなひとが、ある日父親にこう言われるのです。


    「お前はキリストを受け入れるか、それとも否定するか、どちらかに決めなければいけないよ。

    このままずっと中途半端なところでうろうろしているのは良くないことだ。

    主にお従いするか、

    それとも拒否するかだ。」


    ずいぶんとまぁ、究極の選択をせまるオヤジではあります。

    ちなみに、このひとは、礼拝はほとンど欠かさず出ていました(と思う)。
    学生の頃、ガールフレンドと旅行に行って、寮に帰るのが一夜遅れたくらいで。
    キリストを拒否、とかは、とりあえずしてないだろ、と言えるひとです。

    結論を言えば、このひとはフランクリン・グラハムで、件の父親はビリー・グラハムでした。

    あとの話は、『フランクリン・グラハム 逃避から希望へ』を読むといいところですが、
    <上の箇所は、66ページ>

    将来の進路について、ハッキリ牧師になれ!と言わないぶん、オヤジが優しいのか、
    それとも拒否したら勘当しないとしても邪険にはしただろうとも思える。

    父親の言葉からしばらくして、フランクリンは「主を受け入れる」のですが、

    聞けば大人になるまでは、なンとなくいいヤツだったのに、

    旅行の一件で退学になったあと、別の学校に入って卒業はしたが、就職の決まらないうちにそのガールフレンドと
    結婚したり、

    そのあたりの人生がかえって中途半端にみえるのは、本人のせいだけでしょうか。

    返信削除
  2. 「あなたは○○になる」とカリスマ的な教祖がやることはよくあるようですね。
    しかしこれをやる人たちには興味深い共通点があります。それはそのようなことをいうのは、あくまで他人の子供に対してであって、自分の子供に対しては絶対にそのようなことをいうことはないということなのですよ。
    これは赤の他人の子供が、自分のおバカな思い付きを本気にして人生を踏みはずしても、それは自分たち一家にとっては痛くもかゆくもないということなのではないでしょうか。

    返信削除