2014年11月8日土曜日

「長時間祈れ」というスピリチュアル・ハラスメント・その3

「長時間祈れ」というスピリチュアル・ハラスメントについて、3回目。

 彼らの長時間の祈りの内訳は、前回書いた通りである。教会によって多少の変形はあるだろうけれど、基本的に「異言」なる意味不明な単語の連発であり、それに「祈りのプロセス」という「意味づけ」をしているだけだ。

 この「意味付け」というのも、考えればおかしな話だ。
「異言」の意味は、神のみが知る。「知性では実を結ばない」とある通り、人間にはその意味を理解することができない。だから意味付けすることもできない。なのに「この異言はこのプロセスを意味する」などと、意味づけしてしまうのである。

「それは異言の解き明かしの賜物があるからだ」と彼らは反論するだろう。けれど解き明かし(翻訳)は、一つの単語に対して一つの訳語でなければならない。ダニエル書に登場する「神の指が書いた文字」も、誰にも読めない、わからない単語だったけれど、その意味は一つだった。

 なのに彼らの「異言」はだいたいいつも同じ単語で、せいぜい二つか三つのバリエーションがあるくらいなのに、その「意味」となると、無限に広がってしまう。たとえば「バラバラ」が「スウェーデンのための祈り」と解き明かされ、同じ「バラバラ」が「終末の為の備え」と解き明かされる。違うのは抑揚や激しさ、音量だけだ。同じ単語なのに、無限の意味がある。それは言語として明らかにおかしい。

 もちろん複数の意味を持つ単語はある。中国語だと、発音で意味を変える単語もある。しかしだからと言って、二つか三つの単語ですべての表現をカバーする、という言語などあり得ない
 だからハッキリ書くけれど、彼らの「異言」も「解き明かし」もホンモノではない。ニセモノだ。
 そんな気がする、そうであるはずだ、そうであってほしい、という気持ちの表れでしかない。

 また余談が長くなってしまった。ここから本題。

・「長時間の祈り」によって何が起こるか
 
 彼らは長時間、集中して祈ることで、主に親しく語られる、と言う。長時間祈って打ち破らなければ聞けない御心がある、と言う。
 それが単なる能力主義、律法主義であることは前回までにも書いた。
 今回は、彼らが何故長時間にこだわるか、考えてみたい。

 音楽療法の分野では、単音を延々と聞かせることで脳波を低周波に保ち、心身をリラックス状態(あるいは催眠状態)にする、というのが理論的に証明されている。これは座禅を組んだお坊さんが、お経を唱えることで瞑想状態に入るのに似ている。ヨガでマントラを唱えるのも同じだ。だから怪しいプロテスタントの怪しい「異言」も、同様の効果が得られると考えられる。

 だから自ら「異言」で祈り、周囲からもいろんな単調な「異言」が聞こえてくる状況で、それが長く続くと、夢を見ているような状態になり得る。すると何かが見えたり聞こえたりもするだろう。あるいは誰かが言った何かがキッカケとなって、関連したイメージが膨らむかもしれない。あるいは本当に夢を見ている、ということもあるだろう。

 そういう精神状態になることを無視して、長時間祈れば「神に語られる」と言うのは単なる神秘主義だ。
 
 またもう一つの影響として、集団ヒステリーが考えられる。
 これはまだ原因が解明されていないけれど、たとえばある集団内で誰かが泣き出すと、その感情が伝播して全員が泣き出す、という現象だ。
 怪しいプロテスタントでも、誰かが(祈られて)痙攣して倒れると、同じようにバッタバッタ倒れていく、という現象がある。泣くのもそうだし、笑うのもそうだ。あるいは「主が〇〇と語られた」と誰かが言うと、全員が「そうだ、〇〇だ」「私も今〇〇と語られた」なんて言いだす。

 長時間の祈りの中で、いわゆる夢見状態になって、集団ヒステリー状態になる。それは残念ながら科学的には解明されていないけれど、それを体験してきた私には、とても説得力がある。
 今そういうのに夢中になっている人も、冷静になって自己の内面を考えてみれば、その可能性を否定できないはずだ。

 もちろん、神様は語られるし、答えて下さる。私はすべてを否定したいのではない。
 けれど私がこうやって問題提起ばかりしているのは、そういうことをするクリスチャンが、不道徳な問題ばかり起こすのを見てきたからだ。

 言うことがどんなに素晴らしくても、本人の人格が伴っていない。それはクリスチャンとしてホンモノでない証拠だ。つまりニセモノだ。

 私たちが長時間祈らなくても、神様は語って下さる。既に語っておられる。私たちが努力して神様に近づかなくても、神様の方から近づいて下さる。私たちが救いようのない存在でも、神様は救って下さる。それが福音のはずだ。
 教会に行くと、「良きサマリヤ人」のたとえを引用されて、「私たちは良きサマリヤ人であるべきだ」と語られる。けれど、私たちはもともと、そして今も、強盗に襲われた旅人の方なのだ。もちろん親切な隣人でありたい。けれど、そうできない自分自身を認めることから始めないと、結局のところ、私たちも偽善者でしかない。そうではないだろうか。

4 件のコメント:

  1. サル信仰とネコ信仰を思い出しました。サルが移動するとき子供は母親に振り落とされないように必死でしがみつきますが、ネコは母親に振り落とされる心配をして必死になってしがみつく必要はありません。移動するときは母親が子供をくわえて運ぶからです。什一献金をして教会の奉仕を完ぺきにやって長時間祈って・・・はサル信仰です。
    キリスト教はネコ信仰ですので、そんなことをする必要はないと思います。もしサル信仰が正しいというのでしたら、その人はユダヤ教ファリサイ派に改宗して、割礼をして黒い帽子と髭のいでたちで、教会ではなくシナゴーグに通えばいいと思います。もちろんクリームシチューとも豚骨ラーメンとも無縁の人生になります。

    返信削除
  2. 「ディボーション」と言う言葉に集約されるのではないかと思います。
    これが出来ていないと、御心がわからない。何のための人生かわからないではないか。
    ただ「クリスチャン」では駄目だ。御心に従っていないと・・・・・。
    今所属している教会の牧師が毎週語る説教の要約です。
    基本的に同じ事ばかりなのです。そしてそれは、韓国の教会が日本に進出して来て「教え」ている内容です。テキストを用いて聖書箇所~語られた内容~適用させる事等パターン化しています。それが素晴らしい事の様に勧め、QTの分かち合い等と言う時間を毎月持たせ、その発言内容をリーダーがまとめ、牧師に報告させています。
    福音主義系・カリスマ系・ペンテコステ系の教会は、実際に韓国から来た人間が牧師である教会や、CGN-TV等の働きに取り込まれている(私の所属している教会もそうです)教会が多い。
    なぜあのように、国家を挙げて反日(金をむしり取るための作り話)である者たちの言う事・成す事を受け入れて、しかも有り難がっているのか。完全に「頭に虫が入っている」と言うしかない人で構成されているのです。
    近年、リベラルと言われる日本キリスト教団・バプテスト連盟等でも、教職には韓国人が多くなって来ていますが。
    我々は日本人なのですから、白人欧米・黒人南米・似たような顔つきでも全く違う黄色人種等のしきたり・習慣・文化・ムーブメント・圧力等に屈せず、この国にあってキリストにある愛と喜びを土台として、隣人に仕える教会を目指して行くべきだと思います。
    今の福音主義系・カリスマ系・ペンテコステ系の教会がやっている事は、「他国の文化・習慣をのべ伝えている」だけです。宣教でも伝道でも主の働きでもありません。

    返信削除
    返信
    1. |今所属している教会の牧師が毎週語る説教の要約です。

      |福音主義系・カリスマ系・ペンテコステ系の教会は、実際に韓国から来た人間が牧師である教会や、CGN-TV等の働きに取り込まれている(私の所属している教会もそうです)教会が多い。
      |なぜあのように、国家を挙げて反日(金をむしり取るための作り話)である者たちの言う事・成す事を受け入れて、しかも有り難がっているのか。完全に「頭に虫が入っている」と言うしかない人で構成されているのです。
      |近年、リベラルと言われる日本キリスト教団・バプテスト連盟等でも、教職には韓国人が多くなって来ていますが。
      我々は日本人なのですから、白人欧米・黒人南米・似たような顔つきでも全く違う黄色人種等のしきたり・習慣・文化・ムーブメント・圧力等に屈せず、この国にあってキリストにある愛と喜びを土台として、隣人に仕える教会を目指して行くべきだと思います。

      そこまで言えるのに、何故その教会に通うのですか?
      悪いというのではありませんが、時間がもったいなくはないですか?

      |今の福音主義系・カリスマ系・ペンテコステ系の教会がやっている事は、「他国の文化・習慣をのべ伝えている」だけです。宣教でも伝道でも主の働きでもありません。

      「のべ伝えている」を「宣べ伝えている」と書かなかったマリックさん。
      天晴れです!

      削除
    2. ありがとうございます。
      キリスト教を宗教としている身。
      もう40年近くになります。
      付かず離れずとは良い言葉です。
      近年になって、キリスト教の成り立ち・歴史・内情・教理など様々な疑問から、調べて行くと出るわでるわ・・・・。で、今があります。

      削除