2014年10月27日月曜日

【雑記】ハロウィン・携挙騒動・もしもの話

 ちょっと雑談。

・ハロウィン

 昨日はあちこちでハロウィンの催し物があった様子。といっても「収穫祭」的な意味合いでなく、仮装イベントとか、子どもパーティとか、そういう娯楽だったようだ。仮装は素人でもかなりのクオリティである。きっと楽しかったであろう。

 そういうのをよそに、「ハロウィンの悪魔を退ける」みたいな「霊的戦い」をしてしまったクリスチャンや教会がきっとあったろうと思う。痛々しい限りである。
ハロウィンを祝うと呪われる」と彼らは言うけれど、じゃあ昨日、日本中が呪われてしまったのだろうか。昨日と今日とで、自殺率や殺人事件が格段に増えただろうか。

 そういう連中の「霊的冒険譚」を見ると、たとえば台風を祈りで退けたとか、自由の女神を退けたとか、徳川家康の結界を打ち破ったとか、パチンコ屋を祈りで潰したとか、そういう証明不能、根拠不明、結果不明の「妄言」でしかない。
 たとえば自由の女神と戦って勝ったと言うけれど、その「勝った」とはどういう意味なのだろうか。彼らが勝とうが負けようが、自由の女神は依然としてそこに建っているし、べつに接近禁止とかにもなっていない。アメリカの経済も政治も相変わらずである。

「霊の領域で勝った」を主張する場合、その「勝った」には、実質が伴わなければならない。実質とは現実世界の明らかな変化である。そして明らかな変化とは、様々な要因による偶然の変化を完全に否定した、れっきとした「戦い」の、純然たる「結果」でなければならない。一切の「こじつけ」や「思い込み」を排除しなければならない。そこまで証明して、ようやく「霊的に勝った」と言うことができる。

 べつにハロウィンをどう言おうと勝手だけれど、人の楽しみに水を差すべきではない。なのにそういう無粋なことをするから、「キリスト教は排他的だ」と言われるのではあるまいか。

・携挙騒動

「もうすぐ携挙」と言っていた人が、ついに「言い訳」を公表した。驚きの内容である。

「携挙がくると言ってこなかったのは、それでもなお(神を)信じるかどうか、試すためだった」
「批判者には言いたいことを言わせておけばいい」
「離れていった人ははじめから花嫁ではなかった」

 完全に手前勝手である。「信じていたのに裏切られた」という人の心情に、まったく配慮していない。保身しか考えていない。また、全てを神のせいにしている。神をおとしめている。神と人とに不誠実である。

 もはやかける言葉がないのだけれど、一つだけ、例を挙げてみたい。

 あなたが、友人と待ち合わせをしたとする。
 友人は「じゃあ11時に新宿駅東口で」と言う。
 あなたは11時前に新宿駅東口に行く。
 けれど、友人は11時を過ぎても、12時を過ぎても、来なかった。
 あなたは帰る。友人に電話する。友人は言う。
「行くと言って行かなかったのは、あなたが本当の友人かどうか試すためだった。あしからず!」
 あなたは、その人を次回も信じるだろうか?

 
・もしもの話

「もしも桃太郎がカルト的牧師だったら」という短編を3回に分けて書いたけれど、書いていて楽しかった。フィクションだからこそ、カルト牧師の特徴を、これでもかという程書けたように思う。
 実は最後の「後日談」にもまだ続きがある。「続・後日談」とも言うべきか。ただちょっとブラックなので、公開しない方がいいかと思っている。興味のある方がいれば、個別にご案内したい。

追記)
 当ブログへ来られた方の検索ワードに「携挙 2014」というのがあった。検索された方の意図とは別に、なんだか笑えた。C級ホラー映画の邦題みたいで、「携挙2015」とか、「大携挙2016」とか、「最後の携挙2017」とか、そういう展開を勝手に想像してしまった。もちろん聖書からは一万光年以上かけ離れた発想だけれど。

8 件のコメント:

  1. 記事を拝見していて思いました。
    キリスト教福音主義新興宗教系の教会とは、何とも身勝手で思い込みの激しい、自己中で引きこもり的で、注意欠陥で自分が見えず、お節介で傲慢で、夢見心地で役立たずの・・・・はっきり言って病気ですね((T_T))

    先日の礼拝の日のこと。
    かなり遅れて教会に到着した私が耳にしたものとは。
    いわゆる「証しの時間」(信仰体験談を語る)でした。しかし時間的には既に牧師の説教の時間のはず。
    何とある人が、自分の子供のホームスクールや自身がようやく仕事にありついた事を、神が私の信仰姿勢を見て祝福して下さって、備えられたんです。どうですか、私の家庭は素晴らしいと、持ち時間を大幅に過ぎようが何の遠慮もなく、何とあの宮城のポール・ブローマン氏のビデオを交えながら、涙ながらにとうとうと語っているではありませんか。しかもこの日は、地方の協力教会の牧師が来賓で来られており、説教時間に大幅に食い込んで、僅か15分で終わらせて下さるなど、周りに迷惑を掛けているにも拘らず、全く分からないのでしょう。まあ普段からですが、司会の公同のお祈りでも自分の事ばかりとうとうと述べて、一体いつになったら終わるの?と言うような行動の人なので、推して知るべしですが、こう言う人が福音主義新興宗教系のキリスト教の看板ですね。
    まさに、代表各に相応しい!

    返信削除
  2. はじめまして。初めてコメントさせて頂きます。ペンテコステ系教会のクリスチャンです。

    管理人様の、「友人との待ち合わせ」の例に、思わず、その通り!と笑ってしまいました。本当にそうですよね、そんな、人を試すような友人は、こちらから願い下げです(笑

    所属する教団の牧師から、ひと月ほど前に、今回の「携挙騒ぎ」をちらりと聞いて、(ちなみに、牧師は、「み言葉よりも、自分の主観的体験を信仰の土台にしてしまうことの危険性、あるいは、いつの間にか聖書信仰から逸脱していくという、反面教師の一例として、今回の騒ぎに少し触れた、という程度だったのですが)、携挙の日時を特定しているという時点で、信じられない思いで色々と検索して、くだんの方のブログに行きついて、もう目がテン状態です。どうして、こんなのに巻き込まれるかなぁ・・・(遠い目)。

    10月10日を越えたら、どういう言い訳をこしらえるのだろうと、コメント欄も含めて、生暖かく見ていましたが、ブログの管理人と閲覧者、というより、もはや教祖と信者の関係と言った方がぴったりくるというか・・・、いやー、カルトの教祖って、こういう風に信者を騙すんだなー、という典型ですね。悪気が無いぶん、タチが悪いです。

    こちらのブログに行きついて、胸がすく思いがしました。実は、くだんのブログに、二度ばかり、やんわりと、「おかしいんじゃないですか」的なコメントをした所、まったく無視されましたので(苦笑)。自分に都合の良いコメントしか載せないあたりも、もはや、末期というか・・・。霊的高慢って、本当に恐ろしいです。・・・すみません、長いコメント失礼しました。また立ち寄らせて頂きます!

    返信削除
  3. ここまでくると宗教の恐ろしさを感じます。
    オウム真理教も驚きでしたが、この辺りのキリスト教会も。
    狂信的になるなら足を踏み入れない方が賢明ですね。

    返信削除
  4. マリック様
    いつもコメントありがとうございます。
    涙ながらに延々と語る方、いますね。
    はじめは感動しながら聞いていても、次第にウンザリ、でもそんなこと顔に出せない、という雰囲気になりますね。本人だけがわかっていないようですが。

    グレース様
    コメントありがとうございます。
    当ブログでいつもペンテコステ系の問題ばかり取り上げていて恐縮です。
    例のブログでコメントが承認されない人はきっと多いかと思います。私もその一人ですが。

    返信削除
  5. 婆原彰晃ブログは今や新興宗教になってしまっていますね。最初は私もこれはスターとファンの関係みたいなものかなあと思ってみていましたが、今や素人目にもこれは教祖と信者の関係だとわかりますよ。
    あのブログはテーマパークになってしまっているように感じられますね。テーマパークでは誰もが守らなくてはならないお約束があります。それはテーマパークの中のアトラクションの世界にどっぷりつかって、その住人としてふるまうことなのです。
    たとえば大阪のユニヴァーサルにあるジュラシックパークのアトラクションを例にとりましょうか。草食恐竜のいるエリアを通り過ぎると、次はいよいよ肉食恐竜のいるエリアです。ここではおっかないティラノザウルスがいることになっていますので、ティラノザウルスがガオーと吠えながら追いかけてくるのを、キャー怖いという感じで私たちはふるまわなくてはならないのです。ここで「いやあ、このティラノザウルスは精巧な作りだなあ。これだけ大きいとメンテナンスも大変だろうねえ」と笑ってしまってはいけませんよ。あくまで本物のティラノザウルスに遭遇したという設定になっているので、みんなの夢を壊すことはタブーなのですからね。
    あのブログにもこれと同じことがいえるのではないでしょうか。携挙とかキリストの花嫁とか、バカげた幻想を楽しむのが、あのブログのルールなのですよ。婆原彰晃教祖はテーマパークの経営者で、信者はキャストであり客でもあるのですね。ティラノザウルスが精巧な作りものであるとは口が裂けてもいってはいけません。
    世界が終るという共同幻想に酔っていたい基地外が、みんなでテーマパークごっこをしているだけにすぎません。私たちのすることはせいぜい「ガキは生産活動もせずに幻想に酔っていられていいねえ・・・」と鼻でふんと笑うことだけでしょうね。

    返信削除
  6. こんにちは。

    「携挙」で話題になっているブログ主さん。facebookで最近友達になった人がこのブログ主さんと友達になっていて、その関係で、このブログ主さんのブログや投稿を目にする機会が増えました。

    そして、この方は「聖霊様に語られたから」と、以前にアップしたという「ハロウィンに関わると呪いを受ける」と題した記事をまたアップされていました。

    どんなやりとりをしているのだろうと、コメントのやりとりを読んだのですが、確かに「教祖」と取り巻きという関係を感じました。
    他のタイトル記事のコメントの中に(明日香さんというのは、このブログ主さんI)、
    「明日香さんのいうことを信じない人は天国にあがれません」
    「明日香さんが神様の御声に忠実に従ってくださったので、私は救われました。」
    というのがありました。本当に聖書に忠実であるならば、このようなコメントがあれば、それは違いますよ、と言って当然だと思うのですが、そのような応答は全然なかったのが気になりました。

    私たちが救われたのは、ただひとえにイエス様の十字架のみわざの故であって、それ以外の何ものでもないのに。

    「私が最後の日に神の前に出る時には、私はどうして立ち得るか。私のなした僅かな伝道、事業、私の努力、そんなものは何にもならぬ。私は何によって神の前に立つか。我が主イエス・キリストを我が義として前に立てて、私はその陰にかくれるのである!」
    との内村鑑三の言葉通りだと思います。

    返信削除
  7. 婆原彰晃教祖とゆかいな仲間たちで構成されている例のブログですが、ああいう集団に聖典に忠実であることを期待するのはいかがなものかと思います。
    婆原を麻原、神様をシヴァ神といいかえれば、そのまんまオウム真理教になるではありませんか。あのブログの中はサティアンになっています。上九一色村のサティアンで麻原のいうことをおかしいといえば確実にポアです。「婆原を信じて最後までついていく人でないと携挙されない」だけが真理なのです。婆原尊師についていって携挙されるか、尊師に従わずに滅びるかのどちらかしか選択肢はありません。「婆原についていかなくても別に滅びることはない。だいいち携挙なんか来ないのだから、婆原尊師なんかただの宗教詐欺師だ」と本当のことをいう権利はありません。王様は裸だと指摘したところで誰も聞く耳を持ちません。

    麻原の周囲には誰一人として「チベット密教の聖典に基づけばそれは違います」といった弟子はいませんでした。
    さしずめあのブログに出てくる有名な宣教者たちはダライラマに相当する人たちですか(笑)。麻原は長女だけは幼稚園と一年だけ静岡県内の私立小学校にやりましたが、次女以下の子供は一般の学校にやりませんでしたが、婆原も同じようなことをしているではありませんか。
    あれはどうみても新宿のオウム真理教といえましょう。

    返信削除
  8. 10月28日の投稿の際に、礼拝である方が長々と喋り続けて、と例話を上げさせていただきましたが、本日またその方が礼拝の司会をなさってお祈りが長くて、何と10分もの時間をかけておりました。殆どの方は嫌になって、最後の「アーメン」も疲れ果てた声でした。
    公同の祈り・代表しての祈り、と言うよりも、一般常識に著しく欠けていて、大人としてどうなのか?とさえ思わされました。
    福音主義系新興宗教の教会にはこういう方が多いですね。

    返信削除