2014年10月28日火曜日

教会の「健康状態」の見極め方

 教会の「健康状態」を測る方法はいくらでもあるだろうけれど、私が特に注目すべきと思うのは、牧師の「家族の精神状態」である。それも子どもより、配偶者(多くは夫人)に注目すべきだと思う。
 
 ちょっと前に "Ministry" という雑誌に、「牧師夫人」をテーマにした記事があった。なかなかない視点だと思う。興味があって立ち読みしたけれど(すみません、買ってません)、やはり、牧師夫人にはいろいろありそうであった。
 
 同時に、これはタブー視されがちな話題だ。少なくとも教会員が、そこの牧師に向かって、「奥さんの精神状態は大丈夫ですか」などとは言えない。とても言えない。「夫婦の問題に立ち入るな」という話になってしまうし、それはそれで一理あるからだ。
 
 けれど一方で、そういう理由で牧師夫人の抱える苦悩や葛藤が覆い隠され、見えなくなっているケースもあると思う。
 
 牧師夫人は、教会では言わば「みんなのお母さん」みたいな存在であろう。特に女性信徒にとって、何でも相談できる人、あるいはそうであってほしい人であろう。そしてそういう役割を喜んで引き受ける根っからの「お母さん夫人」もいれば、実は重荷に感じながら無理している夫人もいる。
 後者の場合、深刻な問題にもなり得る。
 
 ある牧師夫人は、とても献身的で、誰にでも優しく、よく働き、よく祈る、まさに理想の「牧師夫人」だった。私も初めて見た時、こんな人が本当にこの世に存在したのか、と感動したものだった。
 
 けれどその教会が成長していくのに反比例して、夫人は元気をなくしていった。相変わらず優しく、一生懸命に仕えているのだけれど、どこか悲壮感があって、見ていて痛々しい時があった。そして時折、不可思議な言動もするようになった。
 
 夫人を心配する声も一部で上がった。けれど、前述の「夫婦の問題に立ち入るな」で断ち切られた。また夫人の心配をすることは、その夫である牧師の問題を指摘することに直結する。そうなると、何人かの信徒が集まったところでどうにもできない。下手すると牧師と対決することになるし、それは信徒生命を懸けることにもなるからだ。
 
 また問題は、それに気づくのが一部の信徒しかいない、という点にもある。古くからいて、牧師夫妻と個人的に親しい位置にいる信徒でないと、見えてこないのだ。日曜礼拝の前後にちょっと接するくらいでは、全く気づかない。また、夫人もそういうのを懸命に隠そうとする。
 
 いつも多くの信徒に囲まれ、皆に頼られ、ともすると華々しくも見える牧師夫人が、実はその陰で孤独に悩み、苦しんでいる、という図がある。
 もちろん、一部の教会だけの話だろうけれど。
 
 その夫人がその後どうなったかは書かないけれど、教会は大きな問題を起こした。というか、牧師が大きな問題を起こした。
 そのことから、断言できることが2つある。
 1つは、「夫婦の問題だから」で片付けてはいけない場合がある、ということだ。何らかの方法で介入しなければ大変なことになってしまう、というケースは、少ないかもしれないけれど、存在する。
 もう1つは、牧師夫人の精神状態が不健康なら、その教会も致命的に不健康だ、ということだ。確実に、牧師個人に問題がある。自分の妻を大事にできない人間が、そうでない他人の集団を、大事にできる訳がないからだ。
 
 何かできるかどうかは別として、その教会の健康状態を見極めるには、牧師夫人の健康状態を見極めるのが一番だろうと私は思う。
 どうかあなたの教会の牧師夫人が、心底元気で、生き生きしていることを願う。
 
追記)
「牧師夫人が元気で生き生きしている」というのは、あくまで健全、すこやか、安定、という意味合いである。カネの亡者であるとか、専制君主的であるとかいう意味ではない。それはそれで不健全であって、やはり問題がある。

5 件のコメント:

  1. 教会の奥さんが生き生きしていたらその教会は健全であるというのは、新興宗教系のキリスト教会ではあてはまらないのではないでしょうか?こういう教会では奥さんもかなりの暴君で則天武后も裸足で逃げ出すくらいですので、大きな権力と財力でいつも笑って暮らしています。

    奥さんはニコニコしています。ーーーそりゃあそうでしょう。デパートで高級婦人服を買って二十万円以上もぽんとキャッシュでお支払あそばしているのですから。(バカからだまし取った金を献金箱からひっつかんでデパートに直行。目をつけていたブランド品買わなきゃ!)
    奥さんはご機嫌です。ーーーそりゃあそうでしょう。もうすぐ休暇ということで、夫婦で海外に大名旅行をあそばすのですから。(さあ、ブランド品買おうっと!繁栄の神学マンセー!!)
    奥さんはお元気です。---そりゃあそうでしょう。またバカが一人洗脳されてくれて多額の献金を申し出てくれたのですから。(これでまたデパートで高級婦人服買えるわ~)
    奥さんの目が輝いています。---そりゃあそうでしょう。自分たちより優秀なのを苛め抜いて追い出すのに成功したのですから。(こんなのにいられちゃこっちがバカだってばれるじゃん。金持ち信者引き抜いて独立されたら、こっちは商売あがったりだ)

    返信削除
  2. クリスチャン女性は多いですね。「牧師婦人にだけはなりたくない」という声。かくいう私もでしたが・・・・。
    私の知っている牧師婦人はある寒い冬の日に、信徒から「牧師婦人はスカートにストッキングで、ゆかしさをだすべき」と言われて、それ以来どんなに寒い日でもパンツははいていませんでした。

    ・・・・聖書にそんなこと書いてありましたっけ?

    返信削除
  3. 教会の健康度を測定するには、信者がどのくらい人生を楽しんでいるかに注目したほうがわかりやすいのではないかと思いますよ。

    世間並みにグルメやショッピングや旅行をしているか?
    家や車のローンを順調に返済できているか?
    子供は受験生になったり学校の勉強が遅れ気味になっていたなら、塾や家庭教師といった民間教育サービスを利用させてもらうことができているか?そして本人の望むように進学できているか?
    女の人なら美容やおしゃれにお金をかけているか?

    とりあえずこのあたりがチェックポイントになるかもしれませんね。

    返信削除
  4. 教会に10分の1献金他、たくさんの献金をしなければならないので、余程の高額所得者でなければ、叶わぬ夢物語でしょうね♪(ノ-_-)ノ~┻━┻

    返信削除
  5. 美羽様
    コメントありがとうございます。
    確かに、牧師夫人に向けられる目は厳しいものがあると思います。かなりハードルが高かったりします。それもやむを得ない部分もあるとは思いますが、スカートにストッキングだけというのは「行き過ぎ」のレベルでしょうね。でもそういう「行き過ぎ」が案外多い気がします。

    匿名様
    コメントありがとうございます。
    確かに、信徒の元気さも大切な指標の一つだと思います。

    マリック様
    確かに、十分の一献金をしている教会で、信徒が伸び伸び自由にやっているというのは、レアケースだと思います。そこまで裕福な家庭も少ないでしょうからね。

    返信削除