2014年10月9日木曜日

クリスチャンと安息日について

 前回はクリスチャンとタバコについて書いた。今回は「安息日」について考えてみたい。
 
 実はこれは、少し前に投稿していただいた体験談に基づいている。大変興味深かったので、ずっと記事にしたいと思っていた。ちなみに投稿者の許可は得ているが、団体名等は伏せておく。
 
 ある教団は安息日(金曜の日没から土曜の日没まで)を非常に重視している。
 その日は仕事のみならず、娯楽も禁止、家事も禁止、テレビやラジオの視聴も禁止、音楽はキリスト教関連のもののみ可、とのこと。ちなみに教団関連の医療福祉施設の職員は、働いて良いことになっている。
 
「安息日」は旧約聖書の規定で、いわゆる「十戒」にも含まれている。いわゆる土曜日1日、「何のわざもしてはならない」と書かれていて、「労働」を禁止しているように読める。その意味で、上記の教団は聖書をそのまま実行しているように思える。
 
 けれど安息日の神様の意図は「休みなさい」というところにあると思う。働くのは週に6日間で十分だから、1日はちゃんと休みなさいよ、みたいな神様の人間に対する配慮のように私には思える。つまり「禁止」というより、文字通り「安息」という意味合いである。
 
 そのへんを勘違いして、「安息日には何もしてはいけない」という「禁止」にばかり目がいく律法学者が大勢いたらしい。だからイエス・キリストは、彼らにこう言っている。
「あなたがたは安息日にも牛や家畜に水をあげてるでしょうよ」(ルカ13章から・筆者による意訳)
 だから、「安息日だから何がなんでも何もしてはいけない」というのは、勘違いが過ぎる。神様の意図を履き違えて、勝手に自分たちのルールにしてしまっている(信者が全員それに納得して集っているなら、特に問題ないかもしれないけれど)。
 
 それに旧約時代のイスラエル人に与えられた命令が、新約時代である今日の、しかも異邦人である私たちにも有効なのか、甚だ疑問である。
 
 その投稿者がある土曜日、家の掃除をしてから教会に行ったら、少し遅れてしまった。すると他の信徒から、お叱りを受けた。「安息日は家事を含め一切の仕事をしてはなりません。覚えておいて下さい」
 その信徒は教団のルールには精通しているようだが、どうやら聖書はちゃんと読んでいないようだ。
 
 そこまで厳格にされると、むしろ「何もしない」ように「する」必要が出てくる。「休んでいい」という話でなく、「一歩も動くな」という命令になってしまう。「動かない」ように「じっとして」いなければならなくなる。しかしそれは、逆に「労働」であろう。
 
 その教団の最初の動機は、「聖書を忠実に守りたい」という純粋なものだったかもしれない。しかしそれが結果的に、信徒をガチガチに縛り上げることになるとしたら、動機が純粋かどうかはもはや関係ない。単なる律法主義である。
 
 またその教団に属する限り、土曜勤務のある仕事はできない。あるいは土曜を必ず休みにしてもらわなければならない。そしてそれができない職場には就職できないし、いるなら転職しなければならない。
 
 しかしそれもやはり、聖書の意図を履き違えている。それに農耕牧畜がメインだった社会と現代とでは、社会環境が全然違う。現代日本は第三次産業が中心なのだから、土曜勤務がある業種なんて相当多い。そこで土曜に必ず休める業種や職場を選ぶとしたら、就職の幅がかなり制限されてしまう。やりたい仕事もできないかもしれない。

 そんな風に信者を縛り付ける教義は、やはりおかしいと私には思えてならない。

2 件のコメント:

  1. キマジメ君は大学を中退してしまいましたが、大学を中退せずに四年間なんとか通ったものの、就職活動で安息日を守らなくてはならないという戒律があるがゆえに、春からは派遣社員になってしまった学生もぜひ登場させていただきたいと思います。
    新興宗教系のキリスト教がしばしばいう安息日を守れという戒律は、会社の人たちにとってはかなり迷惑な戒律であることは間違いがありません。何年か前ですが、新興宗教系のキリスト教を熱心に信じている社員が、安息日は教会に行かなくてはならないからと、みんなが出てきて働いているのに、その社員だけは出てこないので困るという相談を受けたことがあります。
    新興宗教系のキリスト教の中には「キリスト教の本道は戒律を守ることであって隣人愛の実践ではない」と教えるところもあります。きっとその社員が行っている教会も、そのような教えの教会なのでしょう。

    返信削除
  2. 今回の投稿を読ませて頂きまして、聖書主義者の共通項を見いだしました。
    彼らは目が見えない方たちです。
    しかも指導者が見えないので、正に盲人が盲人を導いているのです。
    そして悪いことに、見えないと言うことさえわかっていないのです。
    宗教とはこんなものです。

    返信削除