2014年10月30日木曜日

教会の「健康状態」の見極め方・その3

 教会の「健康状態」について、3回目。

 前回まで、主任牧師の「夫人の精神状態」が教会の健康状態を表わす、と書いてきた。他にもイロイロ指標はあるけれど、これが一番だと私は思っている。
 もちろん、牧師より夫人の方が発言権が強いとか、そもそも(牧師夫妻より)役員会の方が発言権が強いとか、そういう教会もあるだろから、全てには適用できない。けれど私が書いているようなケースの場合はかなり正確だと思う。それも根本的なところを突く結果になるだろう。
 牧師が夫人をどう扱うか、あるいは信徒らが夫人をどう扱うか、その態度が「教会」そのものなのだ。と私は考えている。

 という前提のもと、それ以外の指標について考えてみたい。以下、箇条書きしてみる。

・会計

 良くも悪くも、金銭には人間の本性が表れる。
 教会会計がオープンで、毎月とか隔月とかで会計報告が出されているのは、基本である。献金や寄付を集めて運営している以上、それは当たり前のことであって、やっているから褒められるというものではない。捧げた献金が何にどう使われているか、いくら残っているか、今後どうしていくのか、は全ての信徒に知る権利がある教会には公開する義務がある

 宗教法人なら、法的強制力のゆえ、会計をしっかりしているところが多い。問題は牧師の個人事業の場合だ。「神に仕える牧師が不正をしないのは当然だ」と牧師自身が主張し、会計報告を出さないところがあるけれど、そんなの何の根拠にも証明にもならない。そもそも「不正をする・しない」と、「会計報告をする・しない」は関係がない。信徒は鵜呑みにしてはいけない。

 また、「ウチは健康的な教会をめざしています」と言いながら、会計報告がいい加減な教会がある。ちゃんと紙面で出さない、スクリーンにちらっと映すだけ、マイクで読み上げるだけ、みたいなのは、会計報告とは言わない。

 それと、会計報告があってもまだ安心できない。内容が肝心である。会計報告は後から計算して出すものだから、辻褄合わせの操作ができる。だから会計担当者が牧師の親族なのは危険だ。身内の感情で、操作を許してしまう可能性がある。そして一度許すと、次第に大きな隠蔽につながっていく。

 会計担当は複数の第三者がすべきだ。それに監査も入るべきだ。そして定期的に、公に書面で報告すべきだ。
そこまでやるのは大変だ。教会は忙しいんだ」と言うかもしれない。いやいや、他人のおカネでやってるんでしょ? なんか勘違いしてません?
 

・信徒

 信徒の様子が教会の健康度を表わす、というのは一理あるけれど、実は怪しいと私は思う。
 なぜなら信徒群の雰囲気が教会の雰囲気になる訳だから、「教会のイメージ」を大事にする牧師は、それをも操作しようとするからだ。
 たとえば什一献金があって、奉仕も忙しくて、信徒を拘束しがちな教会が、「これこそ信仰だ、神に喜ばれている、あなたがたの受ける報いは大きい」と常日頃から教えていると、信徒は貧しくて忙しくても、案外イキイキして喜んでいる。むしろ幸せそうにすら見える。けれどそれが健康的かと言うと、そうではない。

「教会は人が集まってナンボ」と考える牧師は、人集めを最優先する。だから良い雰囲気、居心地の良さ、楽しさ、明るさを気にするし、信徒らがそういう雰囲気になるように努力する。
 けれどそれは表面の話だ。本当の健康状態は測れない。むしろ不健康の証かもしれない。たとえば重病を必死で隠して笑顔で踊る人が、健康だろうか。

・おまけ
 牧師の子ども

 牧師の子どもの(見た目の)元気さは、教会の健康とは関係ないと思う。
 あくまで一般論だけれど、牧師の子どもには苦労が多い。両親がいわゆる長時間労働で、休みでもいつ呼ばれるかわからないとか、知らない人と突然同居する羽目になるとか、大切なオモチャを他の子にあげさせられたとか、教会では模範的に振る舞わなければならないとか、イロイロある。それで子どもなのだから、当然不満も募る。

 そういう牧師の子どもが、一切不満を見せず、教会でイキイキ元気にしているのは、逆に心配ではないだろうか。むしろちょっと不満そうで、だるそうにしている方が、本当なのではないかと思う。そしてそういう姿を臆面なく見せられる子どもは案外幸せではないかと思う。
 そういう教会の方が、健康的かもしれない。

6 件のコメント:

  1. 一般の企業でさえ、中間決算、期末決算を出します。教会の会計も細部にわたるきちんとした公表が必要です。自分が、以前ペンテコステ系の教会に行っていた時、牧師が「教会に車が必要になったので献金してください。これは主のためです。」などといって募っていたことがありました。きちんと考えれば牧師が乗りたい車が欲しいから献金してくれと言っていたことでした。献金が集まり車が納車されましたが、献金額や諸経費等の報告はありませんでした。結局牧師が家族と共に出かけるための車代を信徒にださせた。教会に還元はなかったです。年に一度の教会総会のとき会計の決算は牧師夫人がやっていました。会計ができる方はいたはずなのに絶対に会計操作はあったはずと考えます。

    返信削除
  2. はっきりと言いますが、神への「献金」だと称して、実のところ「寄付」でしかないのがキリスト教の行っている「献金制度」ではないですか?
    しかも、聖書の都合の良いところを引っ張り出しては「これは神への捧げものです。義務ではなく、喜びをもって捧げなければならない当然のものです。十分の一は神のものです!!」 と言ってはばからず、自分たちの当然の権利を主張し、神の仕事に就いているのだから、報酬は当然だと言わんばかりの姿勢。
    所詮宗教です。
    日本の牧師さん他、すべての神への奉仕者だと名乗る方々に申し上げます。特に神学校を出られて数々の資格を授与され、○○学教授とか…そう言う方!
    数ある宗教団体の中の一つに過ぎない「キリスト教」の教職にありながら、これ以上自分の欲のために金銭を要求するのをお止めなさい!!
    寄付であるならば、金額の多少にかかわらず受けなさい。しかし、10%と言う様な利率を要求するなど、以ての外です。
    自分たちの生活のラインを、聖書を振りかざして商売をしているとしか思えません。
    特に、福音主義的新興宗教系の教会に警告しておきます。
    イエス・キリストの歩まれた、その与える一方の人生を目指されては如何ですか??

    返信削除
  3. 重病を必死でかくして笑顔で踊る人が健康だろうか?

    カトリック多摩教会の10月26日「暗闇の聖人」を読んで、「ああ、まさにこれだ」と思いました。

    返信削除
  4. 福音派だけでなく社会派も度量が狭くて、正論を吐く人を追い出し、現世利益で献金にこだわります。どちらも趣味の集まりかセクト意識旺盛。反目しあっていますが。

    返信削除
  5. 私の行っていた教会の牧師夫人とその子供たちは暗かった。
    救われていない人たちよりも、暗かった。
    う~ん、気になる。
    イヤなのか?牧師夫人であることが?
    精神的なものであるなら、何故 癒されてないのか?
    気になるところだ。

    返信削除
  6. 教会奉仕に励んでいたけれど、教会のトップの姉妹が私の事をボーッとしている。と言っていたの聞いてしまった。確かにマイペースなところはあるかもしれないが、ボランティアを遅くまでお腹すきながら何度も仕えていたのに少し傷ついた。当たり前的な心で要求する奉仕の姿勢ってどうよ?って思う。そもそも仕事でもないし、金もらっているわけでもないのに仕事が早いか遅いかほっといて欲しいもんだ。案の定私以外の信徒も奉仕につまずいた。また体調不良続出。帯状疱疹にかかった人を2人知っている。これじゃあ教会ってどうよ?本末転倒もいいとこである。やっていることは強制の自己啓発訓練教会だったなぁ。それでも「愛しマース」が合言葉の教会だった。そこに愛はあるのか (笑)

    返信削除