2014年10月3日金曜日

「霊的なことがわかる」と言うクリスチャンのわからなさ

 いわゆる聖霊派クリスチャンは、「霊的」という言葉にこだわる。
霊的なことがわかる」というのが彼らにとって重要な価値基準であり、「わかる・わからない」はそのまま「信仰のレベル」とか、「信仰的立場の上下」とかにつながる。だから彼らは口癖のようにこんなことを言う。
「この現象は霊的には〇〇という意味がある」
「霊的なことがわからない人たちは××だ」
「あの教会の人たちは霊的なことがわからないから、言っても無駄だ」

 もっとも、信仰のレベルとか、上下とかいう区別を付ける時点で、その信仰は間違っている。少なくとも、キリスト教信仰ではない。けれど、彼らは気づかない。逆に間違いだと言われれば言われるほど、「霊的なことが万人にわかる訳ではないから」みたいな弁明をする。

 私が思うに、この「霊的なことがわかる・わからない」を主張する人たちは、まず「霊的なことがわかる」のがどういう状態なのか、明確に説明すべきだ。何をもって「わかる」とするのか、「わかる」とは何が「わかる」ことなのか、その基準を聖書からはっきり示してもわらなければ、私は納得できない。
 というのは、彼らの言う「霊的なことがわかる」の実例を見ても、とても「霊的なこと」とは思えないからだ。
 

 たとえばこんな実例がある。
「たまたま開いた聖書の箇所から、神様がタイムリーに語られた」
「宿泊先の部屋番号を合計すると〇〇になり、これは重要なことが起こる年と月を示している」
「空の雲の形が、ちょうど人を乗せたような形になっている。あれは再臨を示す雲だ」

 他にも沢山あるけれど、どれも似たようなものだ。この中で、「偶然」とか「思い込み」とか「こじつけ」とかいう要素を完全に除外できる例が、果たしてあるだろうか
 少なくとも私には、バイアスがかかった見方をしているだけに思える。つまり「こうであってほしい」という彼ら自身の願望が、単に反映されているだけだ。

 それに、仮にそれらが神からの「霊的」なメッセージだとしたら、逆に問題になる。何故なら「霊的」というのが、そんな幼稚で刹那的で、無意味で、何の結実ももたらさない不要物ということになってしまうからだ。
 だいいち、人を乗せた形の雲が見えたから、いったい何になるのか。それで人が救われるのか。雲は、見る角度によって見え方が変わる。たまたま自分の立ち位置から見た雲がそうだったというだけで、他の角度から見たらきっとそうはならない。それは「自分の立ち位置がすべて」という傲慢と自己中心を含んでいる。そんなのが「霊的」なのか。だとしたらかなり見え透いた、稚拙な霊だ。結論から言うと、人間の思い込みでしかない。

 そういうのを表わす日本のことわざがあるので、紹介してみる。

幽霊の 正体見たり 枯れ尾花

 意味はご存知の通り、怖い怖いと思っていると、何でもないものが恐ろしいものに見える、というもの。それと同じで、「イエス様(♡)の再臨が近い♪」とか御花畑気味に考えているから、「あ、あれは再臨雲だ!」とかなるのだ。

 繰り返して書くけれど、そんなのが「霊的」なら、霊など大したことない。それより人間の想像力の方がはるかに勝っている。人間の想定内にある「霊的なこと」は、霊的ではない。単に人間が考え出しただけのことだ

 こう書きつつも、私は霊的なことを否定したいのではない。霊性もクリスチャンにとって大切な資質の一つだと思っている。けれど上記のような聖霊派クリスチャンらの主張が受け入れられてしまうと、クリスチャンの霊性が地に落ちてしまう。クリスチャンは怪しいとか、インチキだとか、頭がおかしいとか思われてしまう。そういうのを避けたいので、こういう記事を私は書き続けている。

7 件のコメント:

  1. イースタン・ブルー2014年10月4日 10:23

    ||もっとも、信仰のレベルとか、上下とかいう区別を付ける時点で、その信仰は間違っている。||

    まったくです。パリサイ人と変わりません。プライドを満足させる偶像礼拝です。

    返信削除
  2. かつて、私自身がその様な流れに身を置いておりましたので、よくわかります。
    本当に「傲慢」でありました。
    ただ、その一言のみですd(^-^)

    返信削除
  3. 「空の雲の形が、ちょうど人を乗せたような形になっている。あれは再臨を示す雲だ」
    このセリフは例の麻原彰晃ばばあですか(笑)。再臨が近いからとろくに仕事らしい仕事もせず、子供はちゃんと学校(といってもチャーチスクールですが)に通わせているのでしょうか?再臨が近いという電波っぷりをみても、しっかり勉強をさせているかどうかも疑わしい・・・
    麻原ばばあは海外によく行っては、空や雲をみては電波なことばかりいっています。
    ちなみに再臨が近いのでもうお別れするからと、親のところに行って最後のあいさつを済ませてきたそうです(笑)。そのときに親にはトマス・チュナムとやらの電波な韓国系アメリカ人の電波文書をプレゼントしたというぶっとびぶりです。どうみても彼女はもう完全に頭がいかれています。

    返信削除
  4. このような記事やコメントを書かれるのは結構ですが、果たしてイエス様が喜ばれますかね?
    イエス様の証になるのでしょうか?
    クリスチャンであれば、記事やコメントに書かれているお花畑気味の方の為にとりなすべきではないでしょうか?

    返信削除
  5. いやいや、「このような記事やコメント」は大事ですよ、大切な情報です。こちらのブログは、証しや伝道が目的ではないようですのでコメントも自由でいいのでは?
    「イエス様が喜ばれること」って便利な言葉ですよね。
    その一言で、弾劾、糾弾、告発を封じ込めることができるとしたら。
    私はクリスチャンですが、信仰が浅く弱いので、その一言で口を閉ざす気にはなれませんが(笑)

    返信削除
  6. このような記事やコメントを書かれるのは結構ですが、果たしてイエス様が喜ばれますかね?イエス様の証になるのでしょうか?

    なかなかいい問題提起と思います。
    この掲示板は人や教会の悪口を言っているのでなく、キリスト教の道を外れていないか、求道者やキリスト教の基本的教理を持ち合わせていない方に、後悔することのないように伝えています。それは主が喜ばれることではないでしょうか。
    カルトは考えさせないことを利用しますから、意見を交わして自戒することは大切です。

    返信削除
  7. 記事やコメントはキリストを喜ばせるために書くものではありませんし、キリストの証にするために書くものでもありません。電波な主張を繰り返している新興宗教系のプロテスタントがツッコミどころ満載なので、ツッコミをいれるために書くものといっても・・・(笑)
    もっとも新興宗教系のプロテスタントの方々は、こんな電波な主張を大真面目に受け取っているので、それがまた笑えるところです。たぶん「携挙が来るぞお物語」は今現在進行形で起こっている日本最大のコメディだと思います。
    彼らの最大の敵は時間です。その時が来て何も起こらないのですから、どのようなコメントで言い逃れをするでしょうね(笑)。
    確か新興宗教系のプロテスタントの方々が大好きな国である韓国で、タミ宣教会事件があったのを思い出します。これは韓国最大の終末詐欺事件だったのかもしれません。あのときに世界の終末が来るとされていた時刻を過ぎ、結局「世はすべてこともなし」とわかったとき、「財産を全部ささげてきたのに!」と絶叫して暴れていたおばさんの姿は世界中の人を大爆笑させました。今回の携挙騒動でも同じような光景が繰り広げられるのを、グラス傾けて楽しみに待つことにします(笑)。

    返信削除