2014年9月7日日曜日

「ダビデの幕屋の回復」に対する違和感・その3

「ダビデの幕屋の回復」に対する違和感、3回目。
 その運動がもたらす結果について、更に事例を挙げてみたい(前回と同じく、これはあくまで個別の状況についてである)。

・礼拝が悪魔との戦いになってしまっている

 リーダーいわく、ダビデの幕屋の礼拝は、最終的に「打ち破り」を目指さなければならない。そして幕屋の構造で言うところの「至聖所」に達しなければならない。
 つまり、毎回の礼拝の中で「大庭→聖所→至聖所」というステップを「霊的に」踏むことが指導されていて、最終的に至聖所に達すると、神様の深い御心が示される、と教えられている。悪魔がそれを阻んでくるので、礼拝の中でそれらと(霊において)戦い、打ち破らなければならない、と何度も聞かされている。

「ダビデの幕屋の回復」は神にとって重要な働きなので、悪魔の攻撃も一層激しいそうだ。だからリーダーいわく、礼拝のはじめはいつも(霊的に)重苦しくて、その重さを振り払うのに苦労するのだそうだ。そんな中、めげずに「力強く」賛美をしていると、次第に天が開けてきて、悪霊たちが「打ち破られて」いくらしい。

 どのようにして「打ち破られて」いくかというと、要はどれだけ盛り上がるかにかかっている。マイクと楽器の大きな音量、会衆の大きな歌声や叫び声、高揚感、熱気、そういうものが混然一体となり、ある時点で最高潮に達する。もうこれ以上大きくできないというポイントに達すると、急速に静まっていく。それは感覚的・習慣的に「打ち破った」と皆が感じるからだ。
 つまり彼らにとって、そのポイント以降が「至聖所」なのである。

 そこで語られること、つまり「思いつくこと」は、至聖所でなければ聞けない「神の深い御心」であって、彼らだけに与えられる秘密の啓示なのだ。そしてそれが、前回の「結界」の話だったり、「自由の女神」の話だったり、エクソシスト的な話だったりする。

 上記の流れは「ダビデの幕屋の回復」の主要な手順だと思うけれど、根本的に、新約聖書の教理と矛盾している

 まず、「大庭→聖所→至聖所」という幕屋的構造で神に至るという手順は旧約の話であって、キリストの十字架によって終わっているはずだ。新約聖書の礼拝はそういう「場所」とか「手順」とかでなく、「霊とまことによる礼拝」という言葉にある通り、「心」を重視している。

 次に、礼拝は悪魔との戦いではない。ただ神に向かう行為だ。それが「打ち破らなければならない」とノルマ化されるのはおかしい。そういうノルマは人の心を神から引き離す。特に礼拝において、意識する必要のない悪魔を殊更に意識させる。
 だから彼らの目的は、神を礼拝することでなく、悪魔を「打ち破ること」になっている。そしてその礼拝に、神様は何の関係もない。

 また、彼らが「打ち破った」あとに達するのは至聖所ではない。それはもう存在しないからだ。彼らが達するのは自己満足の世界であり、自分の王国なのである。そこで「語られる」ことは神様に何の関係もなく、単に「こうであってほしい」という自分の願いの投影でしかない。あるいは「何となく」の感覚でしかない。

 もう一つ付け加えると、彼らが「打ち破る」のは悪魔でさえない。悪魔は怒鳴り声とか叫び声とか、激しい音楽とかで打ち負かされる訳ではないからだ。「いや、それは御言葉を宣言するからだ」という反論があるかもしれないけれど、ならば楽器も歌も使わず、小さな声でそれを読むだけでいいはずだ。
 彼らが「打ち破り」と感じているのは、単に音楽に伴う精神的高揚感でしかないと考えられる。神様は関係なく、悪魔さえも関係ない。聖書を利用し、神を利用し、悪魔を利用した「何か」である。

3 件のコメント:

  1. 野田様
    いつもコメントありがとうございます。

    確かに驚きだと思います。もちろん彼ら自身は「あくまで神を礼拝している」と主張するでしょうけれど。
    また、仰る通り、キリスト教を勘違いされているフシがあると思います。けれど彼らは自分たちを生粋のクリスチャンだと自負しており、むしろ他の教派の連中よりよほど真理に通じている、などと勘違いしている向きもあるでしょう。

    返信削除
  2. 最近教会が面倒くさくなっている者です。
    聖書は以前より年新に通読してるし神様は大好きで神様のいない人生は考えられません。
    だけど、教会が面倒です。
    自分はプロテスタントだけど、この際カトリックかいっそ正教会へ行ってみようかなどと考えています。
    人間の集まる所はどこも同じかもしれないけど、行って祈って献金して終わりにしたい。
    それ以上はやる気出ない。
    どなたか正教会の居心地を教えてくださいませんか。

    返信削除
    返信
    1. 正教会に行きたいというのでしたら、二時間近く立ったままでお参りしますので、靴を選んでいかなくてはなりません。
      正教会の聖体礼儀に出るときでも、カトリックのミサに出るときでも、プロテスタントの洗礼では聖体を受けることはできません。カトリックですと、聖体を受けられない人は神父の前で頭を下げて「祝福してください」とお願いすれば祝福してくれますが、正教会はこのあたりはどうなっているのかはよく知りません。ごめんなさい。どちらにせよ案ずるより産むがやすしで、日曜日に教会に行って案内係に教えてもらうのがよいでしょう。
      ちなみにカトリックではミサの時間帯以外は、昼間は教会が開いていることが多いので、だれでも(それこそクリスチャンではなくても)入って黙とうすることができます。静謐を守りさえすれば好きな時間祈ることができますので、こちらのほうがミサより気楽といえば気楽かもしれません。

      削除