2014年9月18日木曜日

ものすごい「手のひら返し」

 都内のある教会が最近、公に声明を出した。「当教会は、教会として携挙の日を特定することはありません」という声明だ。

 んな当たり前でしょ、という内容の声明だけれど、理由がある。教会内の一部で、携挙の日や月を特定する発言があったからだ。教会が公にそういうことを言っていると取られたら問題になる、と判断したのだろう。それで教会としての立場をはっきり表明する必要があったのだ。
 
 そこのメンバーに、「携挙の日を神様から教えられた」と主張する人がいる。そして自身のブログやら何やらでずっと、その日付をほのめかしてきた。
「携挙の日は『父だけが知っておられる』と聖書に書いてあるけれど、だから知らなくていいとか、知っていたらカルトだとか、そんなこと書いてありません」というような(ワケのわからない)主張をしていて、いわゆる「携挙事前特定可能説」を展開してきた。
 
 けれどその人も、上記の教会の声明発表に合わせて、「携挙の日を特定していません」という文言をブログに掲載した。ものすごい「手のひら返し」である。かなり威勢よく、自信満々に携挙の日はどうのこうのと今まで書いていたけれど、どこ吹く風だ。
 そしてブログ内のある箇所で「世界情勢を見れば、艱難時代は今年の○○月から始まるとわかります」と書いていて、すなわち携挙月をはっきり特定していたのに、その箇所はいつの間にか削除されている。よっぽど都合が悪かったと思われる。
 
 どういう圧力でそういう事態になったのかわからないけれど、いずれにせよ良かったと私は思う。携挙日特定という、聖書的でもなく何の必要性もない「空想話」が諌められ、止められたからだ。依然としてその人の周辺でそういう話が盛り上がるとしても、それが公に広められるのが阻止されたのはやはり良かった。

 その人は「これはサタンの攻撃だ」とか言っているけれど、まあ「霊の戦い」で簡単に打ち破れるだろうから、問題ないのではないだろうか(←皮肉です。念のため)。
 
 教会として上記の声明を出すことができたのは、まだ教会に自浄作用が残っているということではないかと思う。もちろん私が偉そうに言うことではない。けれど、自浄できない教会もあるから、やはりそれは貴重なことだと思う。

4 件のコメント:

  1. この声明は自浄作用があるから出したというのではないと思いますが。
    たぶんここの教祖も、ブログで電波な夢のときあかしをえらそうにやっている信者も、「ひょっとすると携挙は来ないかもしれない。もし来なかったときのために、都合の悪いものは削除して、そんな話はあたかも最初から存在しなかったことにしよう」と今から外れたときの予防線をはっているだけではないでしょうか。
    新興宗教系プロテスタントの中でも終末詐欺をやる教会はかなり巧妙でずるがしこいところがほとんどです。彼らの最大の敵はサタンではなく時間なのです。予言をした時が来た時に、何も起こらなかったら、下手をすると大量の信者たちが反旗を翻したり離反したりするからです。

    返信削除
  2. 別の匿名でございます。

    私の聞き知った教会のことであるとすると、副牧師的立場の人が発言していて、主任牧師がそれでは困るということで止めさせたという展開の様子です。

    返信削除
  3. 携挙の日をはっきり特定して言っていて、すぐに「特定するものではありません」と平気でウソをつく事ができるのは、果たして御霊の実があるのでしょうか?
    啓示に自信があるのなら、堂々としていれば良いのに。
    そういう態度を取った時点で、離れる人も多いのではないでしょうか。

    そこの教会の礼拝の動画を見た時、主任牧師も携挙が来るという話しぶりに聞こえましたが・・。
    「私は家内がいるので、まだ行きませんけど」と。

    返信削除
    返信
    1. イースタン・ブルー2014年9月20日 23:30

      |「私は家内がいるので、まだ行きませんけど」|

      携挙に関する発言としてこれが言える牧師はいないはずです。
      携挙は自分の意思で応じたり止めたりできることではないからです。
      何か違う話のように感じます。

      削除