2014年8月6日水曜日

ハロウィンを悪魔崇拝と決めつけるクリスチャンの浅はかさ・その2

 前回に続いてハロウィンの話。

 元悪魔崇拝者(自称)のジョン・ラミラスという人がいて、今はクリスチャン(?)になっているようだけれど、これが「ハロウィンは悪魔の祝日」説を展開している。ハロウィンに関する一般的な通説は全部ウソで、悪魔が人に憑りつくために巧妙に仕掛けた罠だ、という。
 
 悪魔が巧妙だということ自体に私は同意する。けれど、果たして同氏の説に登場する悪魔は、巧妙なのだろうか。
 
 
 まず驚きなのが、「カボチャは悪魔の通り道だ」というトンデモ話。カボチャをドアの前に置くと、悪魔が家に入ってくるという。そして憑りつかれて、四代に渡って呪われるという。
 この冒頭ですでに「ちょっと待ってくれ」である。

 なぜなら悪魔はどこにでもいるからだ。悪魔は天国のミーティングにだって参加できる(ヨブ記1章6節)。カボチャがあろうがなかろうが、悪魔は私たちの家に入ってくる(というか、いる)。防ぐ手立てはない。
 それをカボチャを置かないことで制限できるなら、世界はもうちょっと良くなっているはずだ。世界中のカボチャ畑と、スーパーのカボチャ売り場以外は(ここ笑うところ)。
 
 次の驚きは、「カボチャ経由で入ってきた悪魔に憑りつかれる」というくだりだ。
 確かに聖書には、悪魔に憑りつかれた人というのが登場する。だからそういうこともあるのだと思う。けれど少なくとも、クリスチャンはイエス・キリストに贖われた(買い取られた)存在であり、「聖霊の宮」でもある。「悪魔が入るのは空っぽの家だ」というような意味の箇所もある(ルカ11章24節)から、クリスチャンが悪魔に憑りつかれるということは、あり得ない。
 だいいちカボチャごときで誰も彼もが悪霊に憑かれてしまうなら、人類はすでに大部分が悪霊憑きになっているだろう。カボチャで悪魔に憑かれるなど、もはやB級ホラー映画の世界だ。
 
 3つ目は、「仮装するとアイデンティティを失い、クリスチャンでなくなってしまう」という話。もはや反論するのもバカらしいのだけれど、これはつまり、キリストの救いは仮装一つで簡単に無効になってしまうという主張だ。十字架の血潮もキリストの愛も、仮装一つで簡単に人から離れてしまうというのは、キリスト教の根幹をゆるがす大問題である。神は実は、人間を愛しておられないのだろうか? 私たちは本当に救われているのだろうか? はたして救われる人間はいるのだろうか? そんな絶望に叩き落されてしまう。もはや悪魔など関係ない。憑りつくとか呪うとか、そんなの後にしてくれ。
 
 という訳で、ラミレス氏の主張は、キリスト教教理を思いっきり無視している。本当にクリスチャンなのだろうか。もしかしたらクロスチャンとかクリソチャンとか、一文字違いのバッタものなのかもしれない、と言ったら言い過ぎだろうか。
 
 私はべつにハロウィンに興味はない。あってもなくてもどちらでも構わない。けれどここまで聖書無視の暴論が拡散されてキリスト教があらぬ誤解を受けるのは避けたいので、ハロウィン擁護の記事を書いた次第である。

22 件のコメント:

  1. 救われても自分が罪を犯し続けるなら、悪霊の影響を必ず受けます。
    ビデオで危ない扉は開くなと警告しているんだと思いますけど。
    悪魔の働きを暴くことによって命を狙われていますから、命がけでメッセージを伝えていると思いますよ。
    ちなみに彼のほかの証もご覧になりましたか?
    「悪魔の手口の暴く」
    http://youtu.be/7engo8pzevI?list=UU1DwW7Il7-7JEiZHvRBa6lA
    TBN インタビュー
    http://youtu.be/vg4aEdoIDMk?list=UU1DwW7Il7-7JEiZHvRBa6lA
    救いの証
    http://youtu.be/s2skdsTp3Zc?list=UU1DwW7Il7-7JEiZHvRBa6lA

    返信削除
  2. 匿名様
    コメントありがとうございます。

    質問です。
    悪魔の働き(カボチャの働き?)を暴くことで、誰から命を狙われるのですか? その話、具体的に教えていただけませんか?

    返信削除
    返信
    1. 横からコメントします。
      かぼちゃから入ってくる、っていうのは、かぼちゃはそのお祭りのシンボルだからだと思います。(衣装を着る事のように)悪魔は何でも使いますから。テレビ番組でも、ファッションでも、流行でも、伝統でも…何であっても、神様よりとの関係よりも、それ以外のものを重要とし、そちらを優先させてしまうしまうところに偶像礼拝(アイドルワーシップ)が生まれるのだと思います。

      有名人をアイドルというように、そのアイドルを崇めて、ついてまわって、アイドルと同じ服を着ようとしたり、アイドルのまねをしようとする。だからハロウィンもアイドル崇拝のことで、しかもこの場合のアイドルは悪魔だから、その祭りのどんな要素を取り入れても、悪魔に隙間を与えてしまう、ということだと思います。

      削除
    2. fuminaruさん、一緒に祈りましょう!ジョンさんは、人を呪い殺したり、ランクを上げるためにたくさんの悪魔からのチャレンジを受けて25年間悪魔に仕えていたので、彼がキリストに向くと決めた時、「お前は闇の世界のことを知りすぎた。30日以内に殺す」と言われたそうです。でもイエスは悪魔より強かったから、彼は15年も(それ以上?)イエスを宣べ伝える伝道者でいるのです。彼は悪魔がどれほど巧妙で恐ろしい者か個人的に知っているからこそ、「悪魔に機会を与えないようにしなさい」エペソ4:26-27 と警告しているのだと思います。「かぼちゃの働きを暴くことで命を狙われる」とは誰も言ってないですよ。メッセージの深いところを理解できるように祈りましょう!ここでは批判誹謗中傷しあうより、「私の中に住んでおられる聖霊様、あなたがこのメッセージが私に必要か教えてください。真理があるかどうか教えてください。そしてあなたは必ず導いてくださることを信じます!」そのように聞いてみましょう!またイエスキリストを救い主だと宣言し、世の中にこのような大胆なメッセージを発信しているジョンさんが守られるように一緒に祈りましょう!牧師やリーダーたちはわたしたちより、たくさんの霊的な攻撃を受けるのですから。

      削除
    3. 特に神に救われた後でも、悪魔を祭る祝い事に表面的にでも加担することは、結婚して奥さんや旦那さんがいるのに、違う人とセックスはしないけど、手をつなぐのはいいでしょ?って言っているようなものだと思います。手をつないだり、一緒に食事にでかけるのは、寝たことにならないでしょ?って言ってることと同じことだと思います。

      削除
    4. 匿名様(複数いらっしゃるかもしれませんが)

      返信ありがとうございます。
      悪魔が直接、同氏に、「30日以内に殺す」と言ったのですか?
      そのへんの話、詳しく聞きたいのですが。ちょっと概略すぎて、参考にできません。よければ詳細を教えていただけませんか。

      削除
    5. fuminaruさん、このビデオ観られるといいですよ ^^
      http://youtu.be/s2skdsTp3Zc

      削除
    6. こちらをぜひご覧ください。「30日以内に殺す」と言ったのは、悪魔崇拝を抜けた後、昔の仲間たちに宣告されたそうです。

      http://www.youtube.com/watch?v=vg4aEdoIDMk&list=UU1DwW7Il7-7JEiZHvRBa6lA

      削除
    7. 匿名様
      ありがとうございます。
      ただ、全部本人の証言ですよね。体中の傷が消えたとか、いわゆるポルターガイスト現象とか、悪魔の脅迫とか。それを客観的に証明するものはないのですか?
      聖書的根拠も全然ありませんから、本人の言葉を無条件に信じるかどうかって問題になりますよね。無条件にってのも恐ろしい話ですが。

      削除
  3. 匿名様

    質問ですが、ここで言う「罪」とは具体的にどのような事なのでしょうか?


    この世界には、本当にサタン=ルシファーに命を捧げている人々が居るようです。そこでは血のイニシエーションと言う儀式も存在し、実際に生きた人?(赤ん坊?)が生きたまま捧げられる(?)という記事を、読んだ事があります。

    これもまた信仰であり、マインドコントロールはないでしょうか。

    しかしながら、キリスト教世界において、ことさらに悪魔をクローズアップする必要があるのかどうか、また、そこで以前にサタンに仕えていたが、今はクリスチャンになったと語る何名かの方の事も読みましたが、だからと言ってその方が語る内容が100%信頼に値するのかどうか(失礼かも知れないですが)?
    よくよく注意する必要があると思います。
    かえって悪魔に興味を持たせ、焦点を当てて行き、そこから魂を奪おうとしているのかも知れません。
    あくまでも私の考えですが。

    返信削除
    返信
    1. マリックさん、「罪」とは、クリスチャンになって、心の中にイエス様を受け入れると、聖霊が自分の中に入ってきて、何が「罪―自分の汚い部分」なのかっていうのがはっきりわかります。それに、聖霊が入ってくると、霊的な目が開かれて、神様がやっていること、そして悪魔がその反対でやっていることが、はっきり見えるようになります。

      自分も「自分がよければ、何の宗教でもいいんじゃない?」みたいな感じでずーーーーっと生きてきて、なんでクリスチャンの人がイエス様が大事っていうのか分かりませんでした。

      でも、あることがきっかけで聖霊を心で受け入れると、聖霊が内なる声で、こうしろ、あそこに行け、この人に電話しろ、これはいけないよ、とか本当に奇跡的に守ってくれたり、導いて教えてくれたりして、後で聖書を読んでみると、「ああ、ほんとに聖書に書いてある!!」みたいなことが数え切れないほどたくさんありました。
      特に、どの教会でどの牧師の教えをうけている、ということはありませんでした。ほんとに神様と自分の対話と関係の中で、聖霊ってほんとなんだな、って思いました。

      そして、ハロウィンに関しても、いけないことだ、って感じます。昔は何も考えずにやってましたが。

      霊的に…例えばですけど、自殺が多発して、死体がぶら下がったり、ころがったりして、汚い霊がうようよしているところで、小さな子供も巻き添えにして、お祝いしましょうっていうのと同じくらい気持ち悪いことなんだと感じます。

      削除
    2. マリックさん、確かに私たちは悪魔に焦点を充てる必要はないです。でも「滅びに至る道は広く真理に至る道は狭い」と聖書にあるように、終わりの時代に悪魔がどうやって私たちを滅びに至らせようかとちょっとでも隙があればそこから人生に入り込んで徐々にその人を縛って行くのです。だから、小さなドアも開けないことにこしたことありません。恐れの中に生きるのではなく、神の光の中を生きる努力をしていけばいいのです。ハロウィンはどうみたって暗いお祭りですよね。なんでわざわざ恐ろしい格好をして「trick or treat」(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!)と言って人々の家に行くんでしょうか?そもそも子供にそんなことさせたり言わせるのも変ですよね。

      削除
    3. ここでの匿名さん
      ハロウィーンの祭りの根源について若干、今まで見聞きした事の中で、思い出したので書きたいと思います。
      資料を引っ張り出して見ながらです。
      Witchcraftの世界で、ドルイド教(オカルト信仰)と言うのがあり、これの大きな祭りが「ハロウィーン」らしいです。その宗教のお坊さんと信者たちが、城から城へ、農奴から農奴たちへ「トリック・オア・トリート」と言いながら渡り歩きます。お坊さんたちが城で要求する「トリート」とは、その城の王妃か他の女性の生贄だそうです。その女をお坊さんが気に入ると、人間の脂肪で作ったろうそくが灯る「ジャック・オ・ランターン」を置いて行く。その事は、悪霊によってその城の内部者が、その夜に殺されるのを防ぐもの・・・・・・と言う事です。
      尚、お坊さんの要求が答えられない時には、「ヘキサグラム」(Hex)が入り口のドアに書かれるが、これが「トリック」だと言う。サタンとその手下達が、城の誰かを恐怖のうちに殺してしまう・・・・・・というものです。

      こう言う、実際の悪魔崇拝者の組織があって、その元に米国を中心として一般に普及してしまったのが、今のハロウィーンパーティーなのでしょう。

      しかし私は、この祭りの根源だけを言いたかったのではありません。それよりもキリスト教にはもっと大きな、一般的に普及しているお祭りがあるのをご存知でしょうか?

      根源を言うならば、全く同じ物です。

      それは「クリスマス」と「イースター」です。どちらもその根源は、どうやら悪魔崇拝から来ています。
      クリスマスの由来は、旧約聖書に出てくる、バベルの塔を作った二ムロデの誕生日12月25日です。キリストの降誕を祝うという名目で、サタンの子の誕生日のお祝いにすりかえられたのではないか、としています。
      私がもう一つ読んだ物の中では、「今の」キリスト教設立時に、当時ローマ帝国に根付いていた「ミトラ(またはミトラス)教」の神様の誕生日(不滅の太陽の誕生日)が12月25日であるとの事。キリスト教の設立(ローマ皇帝の政策的に、ローマカトリック教会が作られ(マリア崇拝・三位一体・十字架等)時に、これが導入された。ここにも相互に関連性がありそうです。
      Merry Xmas と表記します。本当の意味は「Magical or Merriment Communion with Nimrod」(二ムロデとの魔術や快楽の交わり)であるそうです。
      この二ムロデは、クシュとセミラミスとの間に生まれた子供ですが、クシュが死ぬ時に、自分の妻セミラミスと二ムロデを結婚させます。そして生まれたのがタンムズ。彼女は、奇跡的に解任したと宣言したそうです。ここに三位一体の原型や聖母子(イエスとマリア)と言う考えの根源があるそうです。
      二ムロデは全能の神に公然と反抗し背教し、バベルの塔を築きます。しかしノアの子供であるセムが、彼に裁きを告げ、彼を殺してバラバラにし、使者と共に異教の幾つかの神殿に送りつけます。バアル・モレク等の礼拝者にはこの同じ裁きが来ると。
      セミラミスは二ムロデの遺体を捜します。しかし「男根」だけがありません。こうしてそのオカルト力を結集して、必死に男根を捜し(Callback)ますが、これが多くの異教の礼拝となっている。そのシンボルが「オベリスク」だとの事。そしてこれらの宗教は地下にもぐり、古代の秘儀となる。
      二ムロデ=タンムズ=バアル=不滅の太陽=人類の解放者=民の救い主と言う流れです。

      年末に、神の一人子、主イエスキリストが、我らの罪を購うために来られた、神の救いの大計画をお祝いする日として、カトリック教会をはじめとして、ほとんどのプロテスタント教会も、この日を祝いますね。
      その本当の意味は、とんでもない偶像礼拝になっているのではないでしょうか。

      また、イースターについてですが、上記のセミラミスは、カルデア人名で「アシュタロテ」、シリア人名で「イースター」となるのですが、彼女がその子供=夫である二ムロデが、奇跡的に復活したと言った為、これがキリスト復活祭になったとの事です。
      その母=妻=女大祭司=アシュタロテ=イシュタル=イースター=天の女王。

      どうでしょう。こえがバリバリ偶像礼拝でなくて何でしょう? 
      そして反キリストの予形とも言えますね。

      結論として何を言いたいのかというと、ハロウィーンだけを取り上げて見た所で、キリスト教にはもっと、根本的問題があるのだし、ではこの事を持ってこれらのお祭りに反対している人々は居ないのか?ですが、実際幾つかの教会では、クリスマスやイースターをお祝いしない所もあります。

      この事だけではないのですが、現在のキリスト教はかなりの重要な部分に、異教が取り入れられ、混濁していますので、あまり牧師さんや各種書籍を通して流される情報を鵜呑みにしてしまっては、マインドコントロールされてしまう事になると思われます。
      もちろん、いくらインターネット社会となっても、調べるには時間と労力が必要ですし、大変です。しかし充分調べて考えるというのは、私たちにとって最も必要で、大切な物ではないかと思います。
      自分の頭で考えて、色んな情報をつかんで行く事こそ、確かな信仰が、良くありがちな牧師・教職者・信徒などの「人」に対してではなく「神との間に」結ばれるのかな、と思う次第です。
      勿論、間違いも多々あるかと思いますが、私が調べた内容で書かせていただきました。

      削除
  4. ハロウィンやかぼちゃを目の敵にしているのですか?○○から悪霊が悪魔が・・・という人もいますね。たとえば人形やぬいぐるみは偶像崇拝につながるし、そこから悪霊や悪魔があなたに近づいてくると教えているところもあるやに聞いています。
    新興宗教の聖職者は統合失調症の患者が多いせいか、いわゆる「電波系」と嘲笑されている聖職者の存在は珍しいことではありません。彼らは医療を拒否することがほとんどです。統合失調症なのに治療も受けずにいるため、病気がどんどん進行してひどくなっていく一方ですので、病気の悪化とともに妄想や躁状態がひどくなっていく患者もいます。
    このラミレスとやらいう電波系の患者さんも、そのうち妄想や躁状態がこうじて、もっと大爆笑ものの説法をすることになるでしょう。そしてそれをありがたがって「ラミレス教祖様はキリストの生まれ変わりじゃ~」と拝むバカも出てくるでしょう。新興宗教なんてどうせそんなばかばかしいものでしかないのですからね(笑)。

    返信削除
    返信
    1. メッセージの深いところを読み取りましょう。ハロウィンやかぼちゃを目の敵にすることが目的ではないことがわかりませんか?
      少しでも扉を開かないように、悪魔に隙を与えないようにしましょうという警告だとわかりませんか?

      削除
  5. 新興宗教系のキリスト教ではメッセージというのは、統合失調症の患者のたわごとを指します(笑)。患者のたわごとに深い意味はありません。こういった話をありがたいメッセージとして聞きたいのでしたら、精神病院に行けばいくらでも聞くことができると思いますが?
    昔から気が狂った教祖様が生き神様になり、わけのわからないたわごとをわめきちらし、無知蒙昧な人々が「あ~ありがてえ。神様がわしらになにやらわからんけれども、非常にありがて~えお言葉をくださるだあ」と拝んできたのです。明治以降こういうものはよくないと日本中の賢明な人々が尽力してきた歴史を無駄にしてはいけません。
    終わりの時・・・という単語は終末詐欺師がよく使う単語です。地震がおこれば終末が近いとわめきちらし、信者の財物を収奪しようとする詐欺師が新興宗教にはいくらでもいるのです。
    その手のバカ話をうのみにする大馬鹿野郎が山ほどいるせいで、統合失調症の患者が調子づいて終末詐欺をはたらくわけです。こういうものにだまされないのが教養というものなのではないでしょうか。

    返信削除
  6. 匿名様
     
     
     複数いらっしゃるようですが、横からのレスをお許し下さい。
     
     「統合失調症の患者のたわごとを」とお書きになられた、匿名様。わたしは聴覚に障がいがある障がい者で、うつ病経験者でもあります。キリスト教の中の新興宗教系な主張をする牧師や信徒の中に問題がある、ここで何度も取り上げられているように問題が起きているのは事実ですが、それと統合失調症とはどういう関係があるのでしょうか。
     わたしでいえば耳が聞こえないから、あいつは適当なことをいう、とかでたらめなやつだ、というのに等しいものです。クリスチャンであるなしにかかわらず、統合失調症で苦しんでいる方々が現にいらっしゃることをあなたはどうお考えでしょうか。統合失調症はじめ病に苦しんでいる方への偏見を招き序章しかねない書き込みは、避けていただきたいと思います。
     
     次にかぼちゃ、また30人殺す、というメッセージ。
     わたしもYouTubeで見ましたが、聖書に根拠があるわけではなく、彼(ラミレス氏)の主張にすぎないと判断いたします。聖書にないことを主張するのはおかしい、というのがわたしの立場信条です。
     
     そういう意味ではエンパワード21などにもみられる、ご都合主義や大きく見せようというものと同じですね。
     
    スマイル
     

    返信削除
  7. スマイルさんのお気に触った点があるのでしたら申し訳なかったと思います。ただちょっと誤解していらっしゃる点があるように感じられますので、それが残念です。
    天理教等を調べてみればわかることですが、よく新興宗教の開祖の話で「神が腹の中に宿った」とか、わけのわからないたわごとをいって、人々を惑わずことは昔からよくある話ではあります。
    聴覚障害やうつ病の人は自分が病人であるという意識を持つことができ、病院にいっています。統合失調症にかかった人でも自分が病人であるという自覚をもち、きちんと通院して治療を受けている人は何の問題もありません。きちんと通院して医師のアドバイス通りに薬を飲んで静かに暮らしている人は、そもそも医師の指示に従いますので医師からすすめられたわけでもないのに宗教にいくことはなく、また教祖になって人々を惑わそうとはしないと思います。
    私がいいたかったのは、医者に行くのは不信仰であるといって病院にもいかず、かぼちゃやぬいぐるみに悪魔が云々・・・という電波な発言をしている人たちと、その周囲にいる人たちは明らかにおかしいということです。実際に明らかに精神に異常をきたしている人が教祖となっている新興宗教団体の中では、自殺や殺人といったいたましい事件が起こっているのです。

    返信削除
  8. 2014年8月9日 9:07 コメントを下さった匿名様


     コメントへのご返事を下さりまことにありがとうございました。すぐにご返事をさしあげようと思いましたが、熟慮してからの方がよいと思い、遅くなりました次第です。
     なるほど、新興宗教において教祖がわけのわからないことを言いだす話、人々を惑わす話は古今東西あり、いまに始まったことではありませんね。
     わたしのようなろう者やうつ病に限らず、自分が病人だと意識して(自覚して)医療機関にかかる方もいらっしゃいます。断っておきますが、教祖になろうとか惑わそうとかいうことは考えません。
     しかし医者に行くのは不信仰であるといって病院にもいかず、かぼちゃやぬいぐるみに悪魔が云々……というのを、即「統合失調症」と決めつけるのはいかがなものかと思います。もちろん中には言動のおかしなかたもいらっしゃるでしょうし、意味不明な場合もあるでしょう。具体的なケースを持ち出しませんが、いやしだとか奇跡だとか悪魔払いだとか言って信者に暴行を加えて死なせた、ご指摘のように自殺や殺人を起こしたなどというケースをどう考えるか。
     明らかな精神に異常をきたしている、という場合、それはやはり医療機関に本人を連れていくなどするしかないでしょう。素人目で判断したり決めつけたりするのではなく、医療機関にみてもらうのが最適です。しかし本人が自分が正常だと思っているのでしょうから周囲は苦慮するわけでしょう。

     医者に行くのは不信仰だ、というのは新興宗教に限った話ではありません。ここのブログでブログ主さんが以前書いていらしたことですが「疑うのは不信仰だ」とペンテコステ派やカルト化教会では教えられる。けれどそれは違う。疑うのは不信仰ではなく、誠実な姿勢です。正常冷静な思考をさせない論理や集団思考に問題があるのです。疑うことを不信仰だと決めつけて冷静に考える吟味する思考を奪うのが彼らの論理であり思考だからです。
     
     そういう、ペンテコステや福音派、カルト化教会キリスト教の中の問題や新興宗教におけるマインドコントロールや特殊な論理思考から、正常な思考へ戻すかが大事であって、教祖を統合失調症と一面化してしまうのはいささか疑問に感じます。教祖を批判してしまえばそれで済むほど簡単な問題ではないというのがわたしの考えです。

    スマイル

    返信削除
  9. 福音派・カリスマ派・ホーリネス派・ペンテコステ派はーーー掲示板で誰かが開設されていたのをそのまま出しますがーーー仏教でいうなら、福音派が霊友会、ホーリネス派が立正佼成会、カリスマ派とペンテコステ派は創価学会に相当するという話でした。
    つまりこの四つはただの新興宗教ということになります。ちなみにものみの塔聖書冊子協会と統一教会とモルモン教は異端です。異端と新興宗教は違います。そのあたりを間違えていらっしゃるのではありませんでしょうか?
    新興宗教の四つの派はすべてカルト化した新興宗教であると断言している人がよくいるのですが、それは完全に間違いです。
    ペンテコステ派で新興宗教ではあっても全然カルト化していない教会もちゃんとあります。(カルト化はプロテスタントというものがこの世に誕生したときから必然的に起こることを運命づけられた病気かもしれません。)
    新興宗教の教祖に精神に異常をきたしている人や人格障碍者は明らかに多いと思いますが、問題は周囲の人間も共依存状態に陥っていることがおうおうにしてあり、どうにもならない現状があります。

    返信削除
  10. カボチャがあろうがなかろうが悪魔は入りたければ入るでしょうが、カボチャがあればもっと入り易く、好き放題悪事をすると思います

    返信削除
    返信
    1. だーかーらー、カボチャは関係ないってば。
      トンデモ説だって言ってるでしょう?(;´д`)

      削除